TOP > オリジナルキャラなりきりチャット

百鬼夜行絵巻(シナリオ選択制/物語性重視/中ロル~)/37


最初 [*]前頁 ▼下へ
自分のトピックを作る
18:  [×]
2021-03-18 08:07:27

>>17 さすらいの旅人様


(/お供について承知しました。すぐにでもPFをお返ししたいところ、私情で非常に恐縮ですが、現在、現実の都合が少々立て込んでおり、最長で週末までを目処に作成させて頂きたいです>< 仕上がり次第投稿させて頂きますので!! どうか宜しくお願いします)

19: さすらいの旅人さん [×]
2021-03-18 11:10:46

>18 主様

(/了解いたしました!こちらは遅くなっても問題ありませんので、ご無理をなさらずとも大丈夫ですよー。のんびりとお待ちしております^^)

20:  [×]
2021-03-21 23:57:26

>19 さすらいの旅人様


(/初手から大変申し訳ありません!!今晩中には提出できますのでもう暫しのお待ちをお願いします・・!!)

21:  [×]
2021-03-22 04:23:02

>19 さすらいの旅人様


(/大変長らくお待たせし、相済みません・・!!PFを作成いたしましたのでご査定をお願いいたします!!結構好みの分かれるキャラ設定にしてしまったし、出会いのエピソードをこちらで勝手に考えてしまいましたし…不備や不満に思える点、改善希望の箇所がございましたら、何なりとお伝え願います。もしも、こちらで問題なければ、契約の証と物語の導入についてのお話に移らせて頂きたいです)


・名前:桜蘭
・読み:おうらん
・性別:女性
・年齢:15歳
・種族:ウマの神霊

・外見:一見すると艶やかな黒髪の持ち主だが、実際には色素が薄く、光を受けると茶色を帯びる。長さは背中までだが、高い位置で縛ってまとめている。所々枝毛のできやすい髪質で、どことなく馬のタテガミを連想させられる質感。肌はやや色白、瞳は奥二重で大きめ、目尻だけ切れており、黒目がちで睫毛は長め。体型はすらりとしており、手足が長めだが、普通に女性らしい起伏もある。顔立ちからして外見年齢は15歳ほどだが、一般的な15歳の少女と比べると、早熟な印象を受ける容姿であり、身長も標準の範囲で高め。服装は臙脂色の絣の着物、履き物は草履。

・性格:表向きは少々臆病で神経質であり、気難しげな表情をしていることも多く、冷ややかな印象を与えるところがあるが、心を許した相手には懐っこく、よく笑顔を見せ、従順でべったり。こと主人に対しては非常に懐いており、期待されることや頼られることに喜びを感じ、応えようとする。真面目で義理堅い性格で、心を開いていない相手にでも親切にされると、それを忘れない。基本的には優しく暴力的ではないが、希に頭に血が上ったり、驚かされたりすると咄嗟に殴打や蹴りで応酬することがあり、そういう面では本人も割りと不本意ながら苛烈さを持ち合わせている。叱られると素直にへこむ。

・能力:『枯樹生華』(コ ジュ セイ カ)/危機に陥った場合に限り、その窮地の度合いに応じて主人の力を増幅させる。窮地であればあるほど、効果は大きくなる。

・備考:ウマの神霊で、本来の姿は白い毛並みに青い紋様、黒いタテガミを持ち、蹄に触っても熱くはない青い焔を纏った霊馬。まだ仔馬の体格なので、荷物運びは出来ても成人が乗るには適さない。過去のことは本人に聞いても曖昧で「神様のところから来た」のようにしか言わないが、発言からして何処かの神社に奉納された神馬(じんめ)にルーツがあるのかもしれない。山中で人の姿を取って迷子になっていたところで現主人に出会い、親切にされたことでそのまま懐き、付きまとうようになって仕舞いには契約を求めた。
 本来の姿の時は俊足だが、人間の姿の時はそうでもない。聴覚に優れ、小さな音も聞き取れる。嗅覚については好みの匂いにのみ敏感で、毒などを識別する能力には劣る。周辺視野が広く、遠視には強いが、近くの物を見るのはやや苦手。体力と筋力は見た目以上で、力があるし、なかなか疲れない。



22: さすらいの旅人さん [×]
2021-03-22 22:03:47

>21 主様

(/お待ちしておりました!とっても素敵な霊獣様ですね!容姿も性格も馬らしくて美麗で可愛らしいです。個人的に怒ったり驚かされると咄嗟に殴打や蹴りが出てしまうところがとても好きです。また、出会いエピソードまで考えていただきありがとうございます。まったく問題はございません。はい、改めてよろしくお願いいたします。ちなみに証は入れ墨、装飾品どちらでもOKですが、主様の方で既にお考えのデザインなどありますでしょうか?)

23:  [×]
2021-03-23 01:52:47

>22 さすらいの旅人様


(/ お待たせしてしまい、すみません!!PFに問題がなくて何より…お褒めの言葉、本当に嬉しいです、有難うございます!! 証については、ご希望があれば是非そちらでと思っていたのですが、此方からの提案となりますと、片手の甲に紋様(刺青)など如何でしょうか?? 源三さんの左手の甲には焔と馬をモチーフにしたトライバルタトゥー、桜蘭の方は右手の甲に鯉と後光(源三さんの過去と仏教への関連)をモチーフにしたトライバルタトゥー、で、描かれている物は異なっても絵柄とデザインは同じ等、少し洒落た感じも出せるかなと思ったのですが、どうでしょう。気乗りしなければ、ご遠慮なく仰ってくださいね!?)

24: さすらいの旅人さん [×]
2021-03-24 08:19:34

>23 主様

(/いいですね!キャラの背景まで汲んでモチーフに取り入れていただき、感謝と共にセンスの素晴らしさに脱帽いたします。是非その案でお願いしたいです。物語の導入については如何いたしましょうか?滝への調査に出かける切っ掛けとして村人か、もしくは村人以外の誰かが源三の住む荒ら屋へ怪事件の相談を持ちかけてくるのかなと、ぼんやり考えていたりしますが……。シナリオ制という事ですので主様の方でお考えがありましたら、そちらに合わせたく思います。)

25:  [×]
2021-03-25 23:53:42

>24 さすらいの旅人様


(/ 勿体無いぐらいのお褒めのお言葉を有難うございます…!!それでは、契約の証は此方の案を採用させて下さい。物語の導入について、規定で決まっているのはほぼ原因のみの為、今のようなご提案、むしろ大変有り難く嬉しいです。是非こちらの方でモブを出し、お話のように源三さんの元へ向かわせたいです!!
 ついて、初回のロルはどちらからが望ましいなどはありますか?? 此方からの方が良ければ、先の内容の通り、村人視点からで回させて頂きます。もしくは、其方からですと、普通にあばら屋で日常を過ごされている描写などを回して頂けましたら、桜蘭の視点も交えつつ、続けさせて頂きたいです…!!)

26: 源三 [×]
2021-03-27 11:11:58

>25 主様

(/それでは、さっそく此方から初回ロルを回させていただこうと思います!ロル数につきましてはその都度バラつきがありますがお許しを。また時々小説ロル、終止ロルを使用いたしますが苦手でしたら仰って下さい。レスペについてですが1~4日程度になるかと思います。のんびりお付き合い頂けますと幸いです。
以下ロルとなりますが、何か問題などありましたらお知らせ下さい。手直しいたしますので…!)



(山間にも陽射しが差込み、早朝の冷えた空気を暖める頃合。古い木板を繋ぎ合わせたような隙間だらけのぼろ屋の前で、己は使い込まれた斧を振るい朝から薪割りに勤しんでいて。適宜な大きさに伐りだした丸太を薪割り台に据え、斧を打ち下ろし程良い寸法に割っては脇に積み上げるという短調な作業だが、流れる汗を手の甲で拭い、時折囁く鳥の声に耳を傾けつつも、手を休める事なく熱心に続けており)

27:  [×]
2021-03-28 12:24:29

>>26 源三背後様


(/ 初回ロルを有難うございます!!字数、ロルの種類、ペースについて承知しました。小説、終始ロル、此方としましては大歓迎です。美しく情景の浮かぶロルに惚れ惚れしております…此方こそ、初回からゆっくりとしたペースで誠に申し訳ないのですが、本日所用があり、夜にまた正式にご返信させて下さい。一度お断りとご挨拶のみで失礼致しますが、これからどうぞ宜しくお願いします!!)

28: 源三背後 [×]
2021-03-29 22:24:55

>27 主様

( /了解いたしました!ご連絡ありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ございません。ロルまでお褒めいただきとても嬉しいです。主様のペースで大丈夫ですので、焦らずに作成して下さい。此方こそ宜しくお願い致します!)

29:  [×]
2021-03-31 19:02:39

>>28 源三背後様


(/ ご丁寧な返信を誠に有難うございます。相済みません、諸事情によりちょっと予定が狂ってしまったのですが、数日以内に必ず戻りますので気長にお待ち頂けますと大変幸いです!!;; /返信ご不要)


30:  [×]
ID:c1ae7d2ff 2021-04-03 23:16:56

>>26 源三


(冬の間、しんしんと降り積もっていた白雪も清水に姿を変え、柔らかな色合いの若草たちに其の場を譲り、山中でにも幾多の生き物の活気が感じられる季節。まだ太陽は東の側にあり、1日は始まったばかり。穏やかな陽射しを受け、少し注意をしてみれば、そこかしこで朝露が瞬く道を一心に進む男が二人。20代程に見える細身で人の良さそうな顔立ちの若者の方は、この先のあばら家で生活している人物と面識があり、もう一人の50代位に見えるやや恰幅のいい髭面の男の方は初対面。若者は、遠くから軽快な薪割りの音が聞こえてくれば、ああ、よかった、いらっしゃるようだ、と内心安堵して。何せ、これから訪ねようとしている相手の方は、この山中で自給自足と思わしき暮らし。不在であれば、この山の中、何処に行ったのか、あるいは町中に買い物か、兎角見当をつけ難く。

連れの男にもそれは断っていたが、在宅の気配を察すれば、振り返って『いらっしゃるみたいですよ。朝から出てきた甲斐がありましたね』と笑顔で一声をかけ。少々難しい顔立ちで眉間に皺を寄せたままながら、頷いた男とそのまま進んでいくと、ようやく目当てのあばら家が目視で確認できる場所まで辿り着き。あばら家の近くで作業中の相手を見つけると、手を振り上げ、大きな声で)

「おーい、源三さ~ん」



(/ 大変長らくお待たせしてしまい非常に申し訳ありません…!!まだお待ち頂けているか自信も乏しいのですが、今後は今少し高頻度に浮上できる見込みですので、もしも良ければ、宜しくお願い致します>< ロルはシナリオ提供型ということで少々視点が特殊かと思います。もし好みに合わなければ工夫させて頂きたいのでお伝え下さいませ。又、本編において此方からのアンカーは >> + PC様のお名前を敬称略での記載とさせて頂きます。此方へのアンカーは数字のみで問題ありませんのでご了承をお願い致します)

31: 源三 [×]
2021-04-07 01:19:58

>30

おお、その声は!

(積み上がる薪の数が二百は超えた頃、己を呼ぶ聞き覚えのある声を耳にし、はたと作業の手を止める。声の方へ顔を向けると、村へと続く並木道から此方へと歩いてくる二つの人影を認め、薪割り台に斧の刃先を食い込ませ、汗を拭って背筋を伸ばす。一人は顔見知りの若者であり、もう一方は見知らぬ人物で。若者の親戚か知人だろうか。いずれにせよ若者の知り合いであるならばそれ程訝しがる必要はあるまいと、表情を綻ばせ歓迎の言葉を述べ)

このような明け方からわざわざ足を運んで下さるとは、よくおいでなさった。
……そちらの御仁は?



(/いえいえ!此方も返信が遅くなることが多々あるかと思いますので、お気になさらずに。ロルについて了解いたしました。とても分かり易く惚れ惚れするロルで、物語がどういう流れになるのか今からとても楽しみです。では、よろしくお願い致します!
あ、ちなみに若者の方の名前は決まっておりますでしょうか?もし、まだでしたら此方で勝手に名付けてしまっても構いませんか?)

32: まだまだ初心者 [×]
2021-04-07 17:22:27

(/参加希望です。エピソードは瞳と月夜を志望します。ところでキャラを妖怪などにするのはよろしいでしょうか?

33:  [×]
2021-04-13 00:46:27

>>31 源三


「朝から精が出ますね!いや、作業中に申し訳ない」

(春先の爽やかな青空の下、此方を振り向き、朗らかな表情を向けてくれた相手に対し、若者も片手を上げ笑顔を返せば、台詞を紡ぎ。木立の道から足を踏み出すと、今の今まで薪割りがされていたからか、辺りにはふわりと懐かしげな木の香りが漂い。若者は歩きながら、あばら家の近くに積み上げられた薪の量を横目で確認すると、思わずクスリと微笑を溢してしまい。この時間にこの量とは一体どれだけ早くから作業に励んでいたのだろうと考えては、その如何にも飾り気がなく、勤勉で実直そうな人柄に改めて好意を覚え。

自身の後ろに続く、濃いめの眉を顰めたまま、白色の部分が目立つ大きく丸い瞳を何処か落ち着いていない様子でキョロキョロさせている男に、薪割りの主に届くかどうかギリギリの大きさの声で茶目っ気を纏わせ「ね?真面目そうな人でしょう?」と告げると、不意に話し掛けられたことが予想外だったらしく一度はっとした表情を見せた男が、うんうんと頷く様も最後までは見届けず、正面に向き直り。斧が立てられた薪割り台を挟み、会話をするのに丁度良いぐらいの距離で連れの男ともども足を止めれば、男の方を片手で指し示し「こちらは権太郎さん、町ではちょっと名の知れた、腕利きの床屋なんですよ」と言って。

さらに、先の手を次はあばら家の主に向けると、男に対し「こちらが源三さんだよ。もし本当に物之怪絡みの話なら、寺の二代目坊主より、この人の方がずっと頼りになる」と、どこまで本気で言っているのか、多少話を盛っているかのようなことを告げ、実年齢よりも幾らか幼くすら感じられる少年の面影を残した表情でニッと笑い。対する男は、若者が話している間こそ目を泳がせていたが、話が終われば紹介された相手の瞳を真っ直ぐに捉え、悩ましげに眉間にシワを寄せ、少し待てば何か言い出しそうな雰囲気で)

『…………………』




(/ ゆっくりとしたペースで大変恐れ入ります。お気遣いとお褒めのお言葉も勿体無いほどです。誠に有難う御座います。【若者の名前について】そういった創作は大歓迎です。是非名前を付けてやって下さい!!本編ロルは敢えてこの場で切りました。その場で少し待つのも勿論構いませんが、1.若者に絡む、2.取りあえず家に入れてあげる、3.事件の気配を察し現場までの案内を頼む、等々、自由に繋げて頂けますと大変幸いです。お供キャラクターは呼んで頂ければいつでも召喚されますが、呼ばれなくても機を見て話に織り混ぜますね←)

34:  [×]
2021-04-13 00:58:08

>>32 まだまだ初心者様


(/ 反応が遅くなり申し訳ありません。このトピックにご興味を持って頂き誠に有難う御座います。よくぞお越し下さいました!!シナリオは『瞳と月夜』ですね、承知致しました。テイストはライトとハードの何方をご希望でしょうか??また【募集キャラクター】ですが、此方での元々の想定は「人間のみ」です。ですが、ご希望とあれば、どのような妖怪キャラクターさんを想定されているのかをまず伺っても宜しいでしょうか??今時点でご希望に添えるかは保証できかねますが、もしも差し支えなければ、検討をさせて頂きたいです)

35: まだまだ初心者 [×]
2021-04-13 22:29:24

(/テイストはハードでお願いします。書き忘れてしまい申し訳ありません。キャラクターですが、『元人間で人間に戻りたがっている妖怪』という感じのキャラクターです!ご検討よろしくお願いします。

36:  [×]
2021-04-13 23:02:07

>>35 まだまだ初心者様


(/ テイストはハードで了解致しました。キャラクターさんに関しましては御回答を有難う御座います!!考えたのですが、妖怪であるという属性が個性の一部として収まりそうなのであれば、プロフィールのご提示をお願いしたい所存です。チート能力があったり、普段の見た目等も人間から遠かったりする場合は、世界観との符合性から難しいですね……恐縮ですがご検討を頂けますと幸いです)

37: まだまだ初心者 [×]
2021-04-14 19:05:49

・名前: 秋山 友
・読み: シュウザン トモ
・性別: 女
・年齢: 15
・職業: 陰陽師?
・外見: 黄緑色のストレートで後頭部で一部を高めに縛っている。赤色の着物に白色の袴を着て仲居に似た服装になっており、また着物には白の水玉が散らばる。体格は小さめで145cm程の身長。猫目で目の色は金色。頭には犬の半立ち耳のような黄緑の獣耳に黄緑の尻尾が生えているが、耳はそういう髪型のように見せかけており尻尾は服で隠して人間に偽装している。
・性格: 見かけは大人しいが中身は活発で基本的に考えるより先に動いてしまう。他人の為に動ける心優しい性格だが単細胞な事も相まって利用されることも多い。
・霊力: 泡を創り出し操る妖術を扱う。泡はほぼ無制限に生成でき、同時に動かすことができる。破裂させることで的にダメージを与えたり滑らせる、大きな泡で防御に使うなど攻守共に扱える妖術。基本攻撃の威力は低いが圧縮した空気を入れた圧縮泡で大ダメージを負わせたり、数で圧倒することができる。
・備考: 元は普通の学生である日突然この世界に迷い込んだがその際に何者かに獣人の妖怪にされてしまった。自分を獣人にした者を探して元の姿に戻り、元の日本に戻ることを目標としている。効率的に探す為に妖怪退治を主にあらゆる面倒ごとに首を突っ込んでは調査している。陰陽師と名乗っているが陰陽術は使えず、雰囲気だけで名乗っているエセ陰陽師。犬の獣人の為嗅覚と聴覚に優れており、調査や戦闘に泡と併用して利用している。ただし、犬の獣人性が裏目にでることも多く、骨や生肉で誘惑されたり悪臭や爆音で感覚が潰されることが多い。また妖怪封じの札や結界などで動きを封じられる。


(/PF提出させていただきましたが何か世界観との噛み合いが悪い場所がある時は世界観に合わせて調整するので遠慮なく言っていただけると幸いです。

最初 [*]前頁 ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]オリジナルキャラなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle