TOP > BLなりきりチャット

/全寮制/人数無制限/BL学校/224


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
205: 名取 梦月  [×]
2022-05-21 09:44:41



>朝比奈


そうだな、朝比奈の良い所だな其れ。
( ストレートに言う事で本音だと、伝われば良いと思っている彼はとても素敵で。小さい頷いて返答して。「 俺はそうだな、伝えたい時はちゃんと伝えるが…そうじゃない時は別にな。俺も俺の言葉でちゃんと伝えたいとは思うけどな。 」ぎゅっと握られた手を見詰めて伝えたい言葉を伝えたいと言い。_弾き終えればゆっくり閉じていた瞳を開け、何故かきらきらとした目で此方を見る彼を見て「 上手かった。音の間違いも無かったし、ちゃんと曲だった。また聴きたい、と思う演奏だった。 」窓際から離れゆっくり彼に近寄り優しく頭に触れ感想をつらつらと伝えて。 )




206: 由瀨 類 [×]
2022-05-21 12:09:59


>名取先生

だよなぁ、ほんとうそうだわ。____だろう?愛らしいねーされたら動揺してそうだけど?未知か、ならますます気になるよなーぁ酔い潰れさせないとわかんないやつか。俺は、いつでも暇してるぞ?先生の都合に合わせるし。_潰れた時は面倒見てくれんなら、見せてあげられるな。みたいなー名取先生の酔った姿、すげー興味あんだよね。_ん、ほんとうそうだよな。今はまだいらないな。
( タチ悪いのに、愛らしいと言われ動揺した彼を見るのも悪くないと思い、ほんとにしてやろうかと企んで。未知の言葉に一人の空間でお酒を飲む彼からしたら、酔い潰れる事はないなと改めて思えば、そうならますます気になり「多分、怖いもの知らずなだけだと思うぜ?敵陣に乗り込む的なやつ。駄目に決まってんだろう、あんな落ち着く音色出すんだし霞んだら霞んだ音色になるだろう?名取先生が、喜ぶんならー先生だけの演奏楽しむわ。飲みたいなら飲んでいんだぜ、先生。____まじ、なら先生目的で来るわ」とにっと笑みで呟き。押し返しに成功すれば、ざまーみろなんて思いながら「____可愛いより、かっこいいの方が嬉しいんだけど。どうもしねーよ、ただ俺が見たいなって思って。」相手が先したように、ぐっと顔近くまで近づけては覗き込んで。「良さそうだな、寝起き。どーいたしまして。そうだろう、俺もかなり肩楽でさ。先生の肩少しでも楽に慣れたなら良かったわ。いつでも言ってな、肩楽揉み。」彼の隣の椅子に腰をかけながら「ん、せっかくだし座るな」と呟き、思わず小さく欠伸が出るの口元で押さえれば欠伸がしては)



>朝比奈

_その独占したい我儘で、俺はいいと思うぞ。朝比奈にしか味わえない優越感ってな。
( 彼だけにしかあじわえないし、特別感あるだろうと、思いながら上記を述べて「確かに、それで朝比奈を救えたり出来るんなら嬉しいよな。だな、響きいいしなぁーそ呼ばれたら嬉しいくなるな、俺は。_やっぱり?朝比奈なら共感してくれるって思ってたわ。こうして、甘いものって言ってるだけで食いたくなるし。____そう、感じてくれてるだけでさありがたいってもんだよ。いい先生であり続けねーとなぁ。なら、一緒に嬉しいくなるか。んなら、頼むわー救いの手が必要になったら朝比奈呼ぶからなぁ。それ言なら、朝比奈も優しいじゃねえかー俺の事色々救ってくれたり、話し聞いてくれたりな優しさねーとそこまで出来ないきがするんだよな。ありがとうな、相談事は一番に朝比奈に聞いてもらうな、朝比奈もさ相談あるときは俺に言っていんだからな?」撫でられた手を見詰めながら、クスッと笑い。彼の頭を撫でて。「なんとなーくやってそうかなって、感だな。当たってたのかよ。入ってるなー、無くなる事ないぐらいに。一緒の事ちょくちょくあるよな、俺達。____可愛いかねーよ、朝比奈に言われたら考えて待つしかねーなぁ。___ん、わかった。急かしたりしねーからな。____懐かしいさ取り戻した気分になったな。」大の男に可愛いなんて言葉勿体ないすぎるだろうと思いながら。指切り交り終え小指を振る彼を見ればクスッと笑み浮かべて、見詰め。「あの時は一人で良かったってまじで思ってた。俺は似合うと思うぜ。優しいって思ってくれる時点で俺は嬉しいわ、ありがとう、な。恋人にはすげー甘くなるかもしんないなー。不安なままでいて欲しいくないだろう、朝比奈には安心してもらいたいから言って伝えねーと。_抱き心地、いいなぁ。今言った場所もそうだけどさ、まだある所含めてちょっとずつ叶えてやりたいって思ったわ。_甘いもんは一番大事なんじゃねーか、ご飯がわりに甘いもんばっか食ってそうだよなー。楽しめるだろうなー、小さい頃と今じゃ楽しみ方変わって来るだろうからさ。そうなら、なおさら人気ありそうなイルミネーションにしないとだなぁ。」抱き心地が良く、クスッと嬉しいそうな笑みで彼の温もりを感じて。スマホ覗き込んで来そうな彼を見詰めながら"先に見たら感動感無くなるぞ"と言えばスマホしまい。「ふっそうだなぁ、俺もちょっと本気出して朝比奈を照れさせねーと。____ストレートの言葉に弱いのは朝比奈だけじゃねーから、俺も一緒。_照れるな、ストレートって相手の気持ちが一発でわかるだろう、そりゃ照れてもおかしくねーじゃん?」と相手を見詰めて述べて。自分も彼と一緒でストレートに気持ちぶつけられたらきっと恥ずかしいくなるんだろうと思いながら、呟き。「朝比奈が笑ってなかったらか、まずは話し聞いてからー笑ってくれるように色々してやりたいかな。そうだぜ、朝比奈の笑顔は人を幸せに出来るって俺は思ってるし、だから笑顔が一番だぜ。分かりやすいと思うけどなぁー。弱そうに見えてんだなぁ、やっぱ。んまぁ、ほんとにそうだったら有利になるのかもなぁ。苦戦しなくて済むな」相手は笑ってるの一番彼らしいとまっすぐ見詰めながら伝えて。仕返しの事で頭いっぱいだろうと思う彼をちらっと見て「学生はさ勉強とかで嫌になるけど、大人なは仕事めんとかで嫌になる事あるんだと思うんだよ。___ちょっと狡賢こくって生徒や先生にも手出すようなの俺なんだよな。ん、もちろん駄目になっても朝比奈には変わりないだろう?だから、駄目な部分も全部受け止めてやれる自信あるぞ、てか受け止めてやる。」相手なりの小さい悪態につい口元が緩み。相手が不安にならないように、頭をポンと撫でつつじっと彼を見詰めながら、受け入れると伝えて)


207: 名取 梦月  [×]
2022-05-21 12:56:38



>由瀨先生


…かなり愛らしいが、されれば俺でも多分動揺する。 1人で呑んでいると自分がどの様に酔うか解らないからな、未知過ぎる。俺も何時でも暇だが、…今日とか?_当たり前だろう?介抱してやるから安心してくれ。俺の酔った姿に興味有るのか、じゃあ頑張って俺を先に酔わせないとな。_今から生やし始めたらイメチェン過ぎるな。
( タチ悪いもののそういう姿を見れるはとても愛らしいなと思い。流石にキスされたり、されそうになれば動揺するし羞恥心が勝りそう。彼と呑む事で思いのほかタガが外れる程酔い潰れたらどうしようか、と考えつつ返答して。「 怖いもの知らず過ぎだろ。…犯罪者でも受け入れるとか本当由瀨先生が優しいけど。嬉しい言葉を良く言ってくれるな、霞んだら音色も変わるだろうし、ミスとかも増えそうだ。俺の演奏だけを聴いて、と言ってるのは俺の我儘だが嬉しい。最初は由瀨先生が好きな物を一緒に共有しながら呑みたい。_演奏じゃなく俺目的で来てくれるのは嬉しいな。 」笑みを見せる彼を見れば此方も少し口角を上げて伝えて。押し返されて紅い顔を見れなかった残念さにふ、と軽く息を吐き「 格好良い所の方が大きいに決まってるだろう?可愛いのは今さっきの紅い顔だし。…馬鹿か。 」ぐっと近付いた顔に、先程自分自身がした事だが思わず羞恥心が勝りふい、と照れた様に目を逸らし照れた顔を隠す為に1歩彼に近寄り其の儘彼を抱き締めて「 …はい、これで俺の顔見れないだろ。 」と少し意地悪く伝えてみて。「 悪い時は、あんまり無いかもな。お互いに肩が楽になったのは良い事だなこれ。嗚呼、俺も何時でも肩揉んでやるからな。 」隣に腰を下ろしたのを横目で見て、欠伸を零す彼の方に身体を向けじっと見詰めて「 眠いか? 」と小首を傾げ問い。 )




208: 欧雨淵 恵利座土 [×]
2022-05-21 13:53:25

(参加許諾ありがとうございます。よろしくお願いします)

>>ALL

…いたた、
( 数分前、爆発音が学校内に響いた。音の震源地は、理科室である。その中は現在、黒い煙がもくもく充満しており、黒い煙の壁には、奇妙な影が一つ浮かんでいた )

けほっ こほ。興奮してしまったあまり、うっかりトリニトロトルエンの分子結合で爆弾を作ってしまいました。非常に残念です。
( 煙から這い出た影の持ち主は、灰色に染まる白衣をはたはたと叩いて、散らばったプリント類を片付けていく。)

…生徒の皆さんは、化学があまり好きではないのでしょうか。こんなにも補修者がいるなんて、先生は悲しいです。

209:  朝比奈 茅  [×]
2022-05-21 16:17:13




>205 名取先生


__せやろ?ええ所って言われるんめっちゃ嬉しい。

( ストレートに言わなくても中には本音だと分かる言葉もあると思うけど、自身はストレートの方が性にあっているなぁと思考巡らせて上記を述べればへらり、と笑ってみせて。「せやなぁ、伝えたい言葉をちゃんと伝えられるってめっちゃすごいと思わん?伝えられへん事って中にはあるかもやけど。」と手をぎゅっとしながらそれを見詰める相手に口元を緩めながら笑って。頭に触れて感想をしっかり述べてくれる相手に嬉しそうにゆるゆると口元緩めて「…先生ちゃんと聞いてくれて感想言うてくれるん本間めっちゃ嬉しいし優しいなぁ。」と述べて。 )



>由瀬先生


__本間?我儘でもええの?僕だけっていう優越感味わってもええの?

( 自身だけという優越感を味わえるのなら我儘言いたいなぁ、なんて思考巡らせながら上記を問い首を僅かに傾げて相手を見て。「それで僕を救えるんが嬉しい、って本間先生優しいよなぁ。色んな言葉とか知識とか先生から学んで先生に救われるんってめっちゃええよね。相性抜群コンビ、僕らだけの秘密でも周りに教えるんもどっちも呼ばれたら嬉しいからなぁ僕も。_めっちゃ共感しかないで。甘いもんの話するとその甘いもん食べたなるし無性に今すぐ買いに食べに行きたいーってなるねんなぁ。_由瀬先生は由瀬先生らしく居ればええよ、大丈夫やで、ちゃんと良い所僕は分かっとるし先生の優しさは十分感じよる僕はね。一緒に嬉しくなろ、嬉しいねー先生。もっちろん、僕呼ばれたらすぐ駆け付けたるし、救える様に頑張るから。僕は多分さ周りからも先生からも友達からも”ええ人”に見られたいんやと思うんよなぁ、自分じゃ分からへんけどね?僕は先生に頼られたいんよ、僕なりに出来ることしたいって思うやん。相談事とか何でも僕でええなら聞くし僕なりにアドバイスとか言葉とか掛けてあげたいなぁ。…僕の相談にも乗ってくれるん?じゃあ、もしなんかあったら頼ってええ?」と最後にぽんぽんと撫でた手を離してへらり、と口元を緩めて相手を見詰めて。逆に撫でられれば少し驚いた表情をしながらも嬉しそうに笑ってみせて。「凄い勘やなぁ、今度僕の鞄持ってくるわ、お菓子とか甘いもんしか入ってへん鞄。先生の机の引き出しは普段誰かと開けたりしよるん?一緒に食べたり。いや本間、似とるんよ僕と由瀬先生。_可愛ええなぁって僕思た、考えて待っとって、僕も先生の事考えながら持って来るからさ。_もう先生くらいの年齢になったら指切りなんかせんで約束するもんなぁ。偶にはええやろ?」と自身と甘いもんを考えながら待ってくれる相手を可愛いなんて思わない事が無く。小指を離さず繋いだままへらり、と嬉しそうに口元緩めて相手を見遣り。「誰か隣に居ったら余計に怖いもんなぁ、もしかしたら一緒に事故に巻き込まれてまうかもやし。本間?じゃあ免許とか取ろかなぁ。_どういたしまして?未来の恋人、誰かに甘々な先生が見れるのが僕楽しみかもしれん。…本間由瀬先生優しいなぁ、先生がそうやって言うてくれる事で僕の不安も拭われてめっちゃ安心する、ちゃんと言葉で伝えてくれるのめっちゃ嬉しい。_抱き心地ええって初めて言われたわ僕。…先生、僕の行きたい所ゆっくりでも叶えてくれるん?嬉しいなぁ、僕にやけてまうわ本間。_今日の昼御飯はお菓子やったよ僕、デザートに先生から貰ったケーキ。そうなんよなぁ、感慨深くなるよね絶対。イルミネーション、先生は行ったことあるん?」とぎゅっと相手を抱き締めながら背中をぽんぽんと優しく撫でて。スマホを見ようとしたが”感動が無くなる”と言われれば即座にぱっと相手から離れてへらり、と笑って「見ぃひん。」と述べて相手を見て。「先生の本気ってめっちゃなんかやばそうな雰囲気がぷんぷんしよるんやけど。_一緒。ストレートに言われると嬉しさはめっちゃ有るし照れさもあって大変なんよなぁ。うん、ストレートやからこそ相手の気持ちとか言葉の重みとか分かるもんなぁ。ストレートやからこそぶつけて貰える気持ちって嬉しいよね。」とへらり、と笑って見詰め返して。ストレートに気持ちをぶつけて貰える事が嬉しい感情と、ストレート過ぎて照れる感情になるだろうなぁと思考巡らせて。「もしそうなった時由瀬先生は僕の事、めっちゃ救ってくれそうやねそれ。僕の笑顔で人を幸せに出来るんならずっと笑ってたいなぁ僕、それで皆救われるんなら嬉しいね。分かりやすいんなら僕隠し事とか駄目やん。_不意打ちはでも誰でも弱いやんやっぱり。でも今先生警戒しよるやろ?警戒がちょっと緩くなった時に仕掛けんと不意打ちやないもんねー。」と自身がもし泣いていたりすれば笑える様に色々してくれるらしい相手の言葉や行動に嬉しそうに口元緩めながら相手を見詰めて。「確かに、大人になると自分で稼いだりしやなあかんからね。_うん、そういう所も先生の一部やん?狡賢いのも先生やし、優しいのも先生やからね。全部先生やしばかばか。_…本間先生優しいわ、駄目駄目にするんは先生やけどちゃんと受け止めてくれるって言うてくれるんも嬉しいし優しい。先生は僕をすぐ安心させてくれるよなぁ…敵わん。」とばか、なんて相手に悪態つきながらじっと見遣り。頭を撫でられながら受け止めてくれるという相手の言葉にふ、と肩の力を抜きながら嬉しそうに口元を緩めて。 )



>208 欧雨淵先生


__せーんせい。めっちゃ爆発音聞こえたんやけど吃驚したんやけど。

( のんびり廊下を歩いていれば不意に響いた爆発音で。思わず吃驚して少しその場から動けなかったが聞こえた教室へと足を進めて近寄り扉を開けながら上記を声を掛けてへらり、と笑って。「怪我とかないん?大丈夫?」とゆっくりと相手に近寄り散らばったプリントを片しているのを見れば一緒にプリントを拾いながら心配そうに相手を見遣り。 )





210: 欧雨淵 恵利座土 [×]
2022-05-21 17:18:18

>>209

ああ、これはこれは…
(煙は、火花の飛び散る天井にまで立ち上る。最中、煙の中を生徒の声が貫いた。誰だろうかと、しばらく特定できずにいた化学教師は、眼鏡を二度も三度も擦る。しかしやがて、煙が霧散するに伴い、視界は明瞭となって、生徒の様子もはっきり認識できるようになった。
その様子、プリントを拾い、健気にかき集める茶髪で、やや着崩れしたその生徒の姿を確認する。)

こんにちは。3年生の”夕日奈”さん。怪我は原子レベルではありますが、視認できる個体レベルではありません。
( と軽く教師らしい挨拶をかけ次第、プリント類の収集にもくもくと専念する。プリント類は、今学期のテスト結果も含まれており、それを拾い目にするたびに、嘆息する。)

211: 柳 鏡夜 [×]
2022-05-21 18:35:27

>茅

そう。僕も沢山言うから覚悟しといて。
(くすくすと笑う相手をみてつられて笑いながら上記を述べ。
「茅の取り柄、いっぱいあるよ。僕が知ってるから大丈夫。茅の料理、めっちゃ楽しみ。味付けとかは僕も定番のくらいしか出来ないけど。茅との家庭か、きっと幸せな家庭になるんだろうな。」取り柄があるのか分かっていないらしい相手に自分は知っているから安心してと述べ。徐々に成長するからと言われ自身も定番の味付けくらいしか出来ない事を苦笑して伝える。家庭と言って口元を緩めるのを見て同じ様に口元を緩める。「大丈夫、しっかり受け止めるから、安心して、な?信用…か。ありがとう、なんかそんなに面と向かって言われると照れるけど、茅が泣いてたら全力で探す。約束だ」受け止めてと面と向かって言われて少し照れながらも大丈夫だと安心させる様に頭を撫で。信用してくれているのが嬉しくてにっと口角を上げて小指を立てて約束とポーズをして。「そっか、1番か1番…。嬉しいな。何となくだけど、茅がどんどん気を許してくれてってるのは伝わってきた。」
1番という言葉を大切そうに何度も呟けば気を許しているのは実は薄々気づいていたと述べてくすりと笑う。両手を頬に添えられれば少し驚いてきょとんとした顔になるがすぐに微笑んで「大丈夫、伝わってるよ」と言い。「そう、茅がさせてる。だから僕は悪くないんだよ。じゃあもっと僕だけに色んな茅を見せて?茅にだけ?勿論だよ」相手がさせているから自分は悪くないと悪戯に笑って述べれば自身にもっと色んな姿を見せて欲しいと再度言う。相手が“俺”と言った事には少し驚いて目をぱちぱちとさせていたがすぐにくすりと笑って勿論だと承諾して。ぎゅっと握り返された手を優しく撫でれば。大好き、という言葉に口元を緩めるのを見ておもむろに握っていた手を離せば相手の背中と後頭部に自身の手を回し引き寄せれば「そう、大好き。遊びとかじゃなくて」耳元で囁けば相手の顔を見てみる。自身も少し顔を赤らめるがにやりと笑って。こうすれば想いがちゃんと伝わるだろうかなんて思考を巡らして。「そんな事ないよ、茅せんぱい?」ムッとする相手を揶揄う様にせんぱいとつけて呼んでみて。「そんなにドキドキしてくれてるんだ?まあ僕もだけど…。大丈夫、ずっといる、茅の隣にいるから。人間はいつかは止まっちゃうけど、それまでは茅と楽しい思い出いっぱい作りたいな」自身は隣にいるからと相手を安心させて。止まるのが怖いとネガティブな になるのを可愛いと思いつつ見つめれば安心させる様に笑って。そんな事をしていれば相手が心臓の音を聞いていると理解して優しく頭を撫でる。「僕“なんか”じゃなくて、茅“だから”受け入れたいんだよ。好き同士、よかった。うん、ありがとう。大事にするから安心して?」自身は先輩だから受け入れたいと述べて。好き同士と笑って言うのを見てこちらも笑って返し。体を心配してくれるのを愛おしく思いながら大丈夫だと述べ)


>名取先生

はい、ありがとうございます。優しいですね。
(気にかけてくれているのが嬉しくてくすりと笑って返す。演奏が始まればゆっくりと近づいて近くに座り相手の顔と鍵盤を交互に見て綺麗だなあなんて思い。「…すごかった、です。元々好きな曲だったけど、もっと好きになれました」感想を求める相手に感動したと伝えて。「先生って何で音楽教師になったんですか?わざわざ先生じゃなくても…」これほどの腕前が有れば先生以外の道もあったのではないかとふと疑問に思って尋ねてみて)


>由瀨先生

まあ、“かくれんぼ”は得意なんで。
(その中に入ると言う相手に首を振れば笑って述べ。
「ふーん、先生はそうゆー趣味してるんですね?」暫く相手の顔を見つめた後おもむろに立ち上がって相手の膝に座りちらりと顔をみて「さて、どーぞ?」にやりと笑えば相手の反応を伺う。恥ずかしさはあったが面白そうなので誘いに乗ってみて。「先生って意外と隙が多そうですね」悪戯に笑えばまた何かへまをしないか探ってみて。「そういう事を言ってるんじゃないんですよ」頬をさすりながらムッとしたまま述べて。「肉スシ、じゃあそれ食べたいです。じゃあ沢山甘えて先生の財布空っぽにさせちゃおっと。」甘えていいと言う相手にくすりと笑って述べ)

212:  朝比奈 茅  [×]
2022-05-21 19:39:21




>210 欧雨淵先生


__僕の名前は、朝比奈やで?あ・さ・ひ・な。そろそろ僕の名前覚えてや欧雨淵先生。

( 散らばったプリントは色んな所まで飛んでおりしゃがみこみ散らばったプリントを掻き集めながらちらり、と相手を見遣り。相変わらず抜けてるところがある相手には肩の力も抜けふ、と息を吐き出して。”夕日奈”さん、なんて呼ばれればへらり、と笑いながら上記を述べて。仮にあだ名だとしたらセンスは良いけど、と笑ってみせて。「本間?一応怪我無いか見てもええ?」と相手の言葉にくすくすと楽しそうに笑って身体を見ようと近寄り。 )



>211 鏡夜


__覚悟しとる、鏡夜から僕は沢山聞きたいから沢山言うてな。

( お互いに笑い合いながら上記を述べて相手の頭を優しく撫でて。「本間?鏡夜が僕の取り柄知っとるんなら安心やなぁ、僕の取り柄何があるんかちょっとは気になるんやけど?最初は不味いかもやけど、伸び代があるって事で頑張るから僕。定番でも味付けとかちゃんと出来るん凄いなぁって僕はめっちゃ思う。僕との家庭やったら鏡夜幸せ?そう言うてくれるんにやけてまうな、嬉しい。」と自身の取り柄は何なのだろう、と思考巡らせながら少しは聞いてみたいお思い首を僅かに傾げて問い。最初は不味い料理も時間を掛けて勉強すれば物凄く上達するかもしれない、と意気込み。幸せな家庭になるんだろう、という言葉にへらりと嬉しそう笑ってみせて。「鏡夜やからね、僕は安心しとる。受け止めてくれるん優しいし嬉しいなぁ本間。やっぱほらストレートが1番やろ?…うん、約束やで?僕も、もし鏡夜が泣いとったり辛い時は僕のとこにおいで。」受け止めてと言えばすんなり受け入れて貰えた言葉と頭を撫でる手に安心した様に笑みを浮かべて。約束、と小指を立てる相手に自身の小指を絡めて指切りを交わして。「1番やで、僕の1番。…結構気ぃ許してるんバレとった?自然と気ぃ許してまうんよなぁ鏡夜と居ったら。」大切そうに1番を呟く相手に口元を緩めて笑って。気を許している事がバレていたのが分かれば少し照れ臭そうに頬をかいて。相手の頬にそっと添えた両手で軽く相手の頬を優しく撫でて、言葉を聞けばホッと安堵した様に息を吐き出して「…僕の言葉がちゃんと伝わっとるん良かった。」と相手を見詰めて。「でも狡いもんは狡い、僕がさせとるかもしれんけど。鏡夜になら見せるで?でもなんや色んな僕かぁ、照れたり怒ったり笑ったり、色んなことする僕?…僕だけが見たいから、僕以外に見せとったら僕多分妬いてまうかもしれんわ。」と狡いのは自身の所為だと悪戯っぽく笑う相手の頭に手を伸ばせばわしゃわしゃと撫でて述べて。色んな相手の姿を見たい、色んな表情を見たい、なんて思考巡らせながらへらり、と笑ってみせて。握り返す手を嬉しそうに見てから相手に目を遣り。不意に離された手にきょとんと不思議そうな表情を浮かべて。自身の背中と後頭部に回り相手の方へ引き寄せられ耳元で囁かれた言葉と行動にぴくり、と反応しながら照れた様に少し口元緩め「…本間僕の心臓可笑しなるわばか、でも嬉しいなぁその言葉。…僕やって大好きや、鏡夜の事。…遊びやったら僕ショックで病むわ。」とちらり、と相手を見て若干速くなる鼓動に悪態つきながら述べて。「でも、対等の関係がええからね僕、せやから先輩は無し。」と揶揄う相手に首を少し横に振りながら述べて相手を見遣り。「ドキドキするに決まっとるやろ。優しいなぁ鏡夜は本間。僕も鏡夜の隣に居るからね、ずっと。何があっても僕離れる気ないで?うん、そうやんなぁ、沢山思い出作りたい。」と安心させてくれる相手の言葉にへらり、と笑って。いつか人は心臓の音が止まってしまうとネガティブになるも安心する言葉に口元緩め相手をじっと見詰めて。心音を聞いていれば頭を撫でられる感覚にちらり、と相手を見遣り「本間優しいなぁ。」と呟いて。「僕やから、受け入れてくれるん?嬉しいなぁ、僕鏡夜と居ると嬉しい事ばっかやわ本間。僕は鏡夜が無茶せんように見守ってるから安心しぃ。」と自身”だから”受け入れてくれる相手の言葉や行動に嬉しそうに笑って。大事にする、という言葉に頷きながら自身は見守っているからと述べて。 )






213: 名取 梦月  [×]
2022-05-21 22:14:48



>欧雨淵先生


( 不意に響いた爆発音。職員室で作業をしていた手を止めふぅ、と息を吐き。休憩がてら爆発音のした場所を見に行って見るか。ゆったりと椅子から立ち上がり職員室から出て音がした場所迄向かい。扉越しでも分かるもくもくとした煙に思わず眉を顰めて僅かに扉を開け中から聴こえる声に耳をすませば「 …大丈夫か欧雨淵先生。 」とドジな所も有る彼はこうして爆発させることも多々有るが、怪我は無いだろうかと心配し理科室の中へと足を踏み入れ声を掛けて。 )



>朝比奈


朝比奈の言葉で救われる人も結構居るんだろうな。
( 彼の言葉にはそれ程の重みや言葉の本音が詰まっている為救われる人も居るのだろう。彼を思わず見れば僅かに口角を上げて伝えて。「 …そうだな、伝えられない状況にならなければ、伝えた方が後悔はしないだろうな絶対。 」言葉を出せなくなる前に言える事は言っておいた方が良い。後悔する前に伝えたい言葉を伝えた方が良い。彼に改めて其れを実感させられて。頭を優しく撫で「 ん、俺に弾いてくれた曲をちゃんと聴くのは当たり前だろう?だから、また弾いてくれるか? 」と彼の演奏をまた聞きたいと思ったのか彼を見て問い掛けて。 )



>柳


嗚呼、疲れたら無理はせずな。
( 笑う彼に小さく頷き返答して。器用に隠すのは良いが、後々自分自身を苦しめる要因になるのならば無理はせず晒せば良い。近くの椅子へと腰を下ろしていた彼に目を向け感想を求めれば返ってきた答えに口角を少し上げ「 俺が弾いた曲で、更に此の曲を好きになってくれたのなら嬉しいもんだな。 」と返答して。更に好きになってくれた曲をこれからも彼は聴き続けてくれるだろうか、と思案し。「 音楽教師になったのは、単純に俺が音楽が好きで色んな奴に教えたかった、知って欲しかった。…プロにはなれないけどな、こんな俺よりもっと凄い奴が居るから。 」尋ねられた質問に彼を思わず見詰め答えて。昔はプロになる事も考えたが、こうして今音楽教師になって音楽を教えれる事が俺自身にはとても嬉しくて。 )




214: 由瀨 類 [×]
2022-05-22 00:38:30


>柳

それ、かくれんぼ関係あのか?実際に色々上手くやってる見てーだから上手いとは思ってるけど。
( 彼の学生生活を思い浮かべながら、こくっと頷いて。「別に変な趣味は持ちあわせてねーからなぁ。膝に座らせる方が撫でやすいと思ってだなぁ」と相手を見ては呟き。彼が座るとは考えていなかったために膝に座った相手に驚き暫くじっと見詰めては「どーぞって、もう俺が何かすると思ってんだろう。」直ぐに手を出すのも良くないと思えば、少しの間彼を膝に座っているのを堪能することにして。「え、そうか?隙だらけじゃ、危ないヘマしそうだなぁ」自分じゃ隙なんて無いと思っていたのに、彼に言われるとそうなんだろうと納得して。「頬、痛かったか?」まだムッとしている彼を見詰めながら「行きたい日は柳が俺と出掛けたいって思った時に言って来れば良いからな、暇してるしな。財布の中身基本空っぽなんだよなぁ。カードばっかで払うこと多いし。」一度財布無くしてお金盗まれ事件にあって以来カードしか入れてなく。相手が空っぽする前に既に空っぽ状態)



>名取先生

名取先生が愛らしいって思ってんなら…まぁいいけど別に。俺も逆の立場なら、絶対動揺するわ。運良く行けばその未知が今日でわかるかもなー。いいじゃん、こーゆのは早くやらねーと。それなら、いくら酔っても安心出来るわ。それが出来たら苦労しねーよ。一発目から、きつい酒用意してやろうかな。____イメチェンは出来るけどさ、やんの?
( 自分がもし酔った誰かにキスなってされてしまえば、動揺どころか、恥ずかしいすぎてやばいななんて思いながら呟き。彼を酔わすにはどうしたらいいかなんて考えて。「怖いもの知らず過ぎるよな、やっぱ。俺、自分が怖くなってきたわ…。そう?自分の言葉あんま自信ねーけどなぁ、相手に嫌な思いさせてねーとか考えちゃうし。ピアノ弾いてて、ミスした経験あるかんじ?我儘上等じゃん、名取先生のピアノしか興味わかねーし。俺の好きなもんねービールだな。____名取先生が嬉しいがってんなら、俺も嬉しいわ。」と呟き。「かっこいいとこあんの?俺にも?…忘れてくれていいっての、名取先生の方が可愛いじゃん。」自分のかっこよさは何処なのか気になり尋ねて。「狡くね、俺の照れ顔は見といて、名取先生は見せないとか狡すぎ。」とムッとするも照れ顔隠すために抱き締める相手の方がよほど可愛いなと思い。「んな事ねーよ?先生にも生徒にも手を出す悪いー大人なだし。だよな、感謝してるわ。それはありがたいは、怪我手当てするのは嫌いじゃないけどさ、どうもやっぱ身体に負担来たりするからさー。」ぐーっと腕伸ばしながら呟き。此方をじーと見詰められたから、見詰め返し「ん、ほら肩楽になったからちょっと眠気が」と目軽く擦って呟き)


>欧雨淵先生

____なんだよ、今の音。( 生徒たちの治療やら、色々とこなしていると、生徒が爆発なんて言うから学校にテロが現れるはずも無く、とりあえず原因を探るために生徒の治療は全て終わらせてから保健室を出て、何処から爆発音がしたのかわからないまま校内を歩きまわっていると、理科室からいかにも怪しげでここだと思えば、中に入るも煙の匂いで咳き込むと影が動いたのが見えると爆発音を出したであろう人物を見て、一言。「オーウェン先生、だったんだなぁ。爆発音出したの、つか怪我してねーか?」とまずは爆発の心配ではなく、彼の身体を心配する様にじーと見詰めて)




>朝比奈

____あぁ、我儘な朝比奈が見れるんならむしろ嬉しいけどな。ん、いいぞーお前だけの特別。
( あまり、我儘は言わなそうな彼が今回は我儘言ってくれたのが嬉しいのか、クスッと笑み浮かべては相手を見てから頷き「優しいさでは朝比奈には負けるけどな、でも優しいって言ってくれんのはほんと嬉しいわ。人を助けるのも養護教諭の仕事って、な、お役に立てられてるようで、嬉しいわ。朝比奈となんか、共有出来てる感じしてさ嬉しいな。____それもすげー、わかるなぁー毎日甘いの摂取しねーとさ、やってやらんないよなー。_そうだな、俺の事いいやつとか優しいって思ってくれる人が身近にいるだけでも支えられてんなって思うしな。_ん、嬉しいすぎるわ。あぁ、頼りしてるぞ。_その考え間違ってはないよな、実際朝比奈は優しいし、こうして力になって色んな言葉かけてくれるだろう、だから自分にさもっと自信持ってろ、な。_なら、その俺に頼られたいっての既に叶えたよな、俺さ結構朝比奈に頼ってるし。あぁ、相談出来る相手が居てくれる方がありがたいしなそれが朝比奈ってだけでも嬉しいんだよ。ほんと、朝比奈は頼もしいよな。のるぜ、朝比奈程いいアドバイスと言葉言える自信ねーけどさ、なんでも小さい事でも言ってくれたら力になりたいからな。」とまっすぐ相手を見詰めながら呟き。撫でられて喜んでいるあろう彼の頭をくしゃり撫で回し満足すれば手離し。「学生って置き勉すんのか当たり前なんだろう、だから別の入れてんだろうなーって思ってさ、俺の頃は置き勉なんてしたら募集されてたけどな。してねーな、俺しかこの中に甘いものあるってしらねーもん、一緒に食うやつもいないなそういや。朝比奈と初めての共同作業でもするか?食わせてもやるけど。俺だけが感じてる訳じゃなかったんだなぁ。もうやめろ、可愛いって言われるん慣れねーからはずい。お前だって、俺の事考えながら持ってくるんだろう、朝比奈も可愛いじゃんかよ。そうだなー、言葉だけで約束するばかりだなぁ。偶にはいいな、初心にかえった気分になったわ。」可愛いなんて、そう言われないために言うのはとりあえず止めてもらおうと思うも、彼もまた自分の事考えて持ってくるなら相手の方が可愛いだろうと感じ。まだ離れない小指に悪戯してやろうかと思いニヤッと相手見詰めながら擽るように小指動かして「そうなんだよ、相手にもしもの事あったら嫌だしな。誰か乗せてるとき、安全運転心がけてるからさー朝比奈も安心して俺の隣り乗ってろな。いいんじゃないか?取ったら、運転も教えてやろうか?_朝比奈ぐらいだな、俺を、優しいって伝えてくれんの。_覗くつもりかよ、認めねーぞ…恥ずかしいすぎって朝比奈と話せねーかも、なんてな。そっか、朝比奈が安心してくれるのが一番、いいからなぁ良かったわー不安な心取り除けたみたいでさ。そうなのか?柔らかいしーなんかいい心地良さってなんかこれだと変態癖ーか。___叶えてやるよ、俺も朝比奈が行き所行きてーからなぁ、ゆっくりと一つづつ叶えてこうや。にやけろ俺しか見てーねーから。そういや、お菓子だったなぁ…だからおにぎりでもやろうと思ったの忘れてたわ、飯系も食えよ。ケーキ美味いつーってたもんな。イルミネーションはそれを狙ってやってそうだわ。ねーな、車で通るぐらいはあるけど。」抱き締めて、背中撫でられしばらく相手温もりを感じる変態くさい言葉を呟き。見ないと呟いた相手をみて「楽しみ、してな」とにっと笑いながら。「分かりやすい、雰囲気出してるか?隠してるつもりでいたけど、無理あったか。一緒っていいな。____照れるの隠す事も出来るかわからねーし。かなり伝わってくるだろうなぁ。あぁ、だからさ朝比奈もストレートにぶつけるんだぞ?」照れる感情は隠す事は、自分でも流石に出来ないだろうと思いながら。「もちろんだろう、心が不安がってたら辛いの朝比奈だしな。あぁ、笑顔一番大事ってゆうぐらいだしなー、笑ってくれよー疲れたり、した時は無理に笑う事ねえんだからなぁ。____ふっ、隠し事出来なそうに見えるな。_急にくるからな、対処できないだろう?…警戒心剥き出してたか?まーそうだよなぁ、くるのわかてれば仕掛けられねーから。」彼に警戒してるなんて言われると、バレたなんて思えば肩の力がぐっと抜け落ちるとも警戒心もなくなり出し。「中々な金貯まんねーし、給料少ないし…もちょい上げてくんねーかな。まーな、手出したくなるお年頃なんだわ。褒めてんのか貶してんのかどっちだよ。つか、あんまばかって言って口塞いじまうけど?____駄目にする分ちゃんと受け入れて責任持ってやらないとだろう。安心してくれてのか?嬉しいわ、俺に安心してくれんの。敵わないか、まだ修行たんねーって事じゃねえの。」ばかと連呼する彼をニヤッと見詰めれば、ネクタイもち自分の方に引き寄せながら煽ってやるように呟き。相手が、嬉しいそうな笑顔見せてくれると、釣られ自分も口元緩め笑み浮かべ)


215: 名取 梦月  [×]
2022-05-22 01:22:00



>由瀨先生


愛らしいと思う事少ないからな俺。動揺して照れるだろうな流石に、…俺がもし酔ってキスしたら由瀨先生は照れるか?そうだな、運良くいけば。1度一緒に酒呑む仲になれば其の後も一緒に呑めるしな。大丈夫だ、誰かを介抱する事って無いけど出来るから。…其れで俺が凄い酔っ払ったら責任取れよ?_やらないと思う、イメチェンとか。
( 例えば自分自身が酔ってキス魔とかだったら彼は照れるのだろうか、恥ずかしがるのだろうか。酔っ払ったら見れない彼の表情等も見れるかもしれないな。きついお酒を用意しよう、なんて考えている彼に小首を傾げながら問い。「 でも其れが由瀨先生なのだろう?怖いもの知らずな所も先生だろ、優しさも有るからな。…嗚呼、言葉は大事な気持ち等を伝えられる、でも時に凶器にもなる。俺が嬉しい、と言っているのだから安心しろ、大丈夫だ。_…有る、昔だが大きいコンクールに出た時にミスした事も有る。…我儘上等なのか、俺だけなのは嬉しい。他の奴の演奏聴かないでな。ビールか、美味いよなビール。_演奏目的だったとしても、俺自身をを求めてくれるのが嬉しいからな。 」と返答し。彼が好きなのがビールなら今度ビールをプレゼントでもしようか、曲を聴いてくれた御礼に。「 有るだろ、無いと思ってたのか?普段生徒と真剣に向き合ってる姿とか格好良い、さっき俺の演奏を真剣に聴いてくれてた姿も格好良い。…否、忘れる訳ないが、俺の何処が可愛い要素に入るんだよ。 」と自分自身が彼を格好良いと思う部分や姿を挙げて彼に目を向けて。身長も高めの俺、愛想も無い、口数は少なめ、の俺の何処に可愛い要素が有るのか不思議で仕方無く。「 …煩い、狡くない。こうして誰かを抱き締めてんのも殆ど無いから俺は今少し緊張してんだよ。 」抱き締めたのは良いが普段この様な事をする人も居らず何処か緊張しており。抱き締めている背に回した手を彼の頭へと遣り優しく撫でて。「 へー、誰彼構わず手出ししてたら後々響くぞ。俺も感謝している。そうだろうな、疲労は少しずつ蓄積していくから。 」と小さく頷きながら返答して。見詰め返され眠いらしい彼の姿を見て可愛いなと不意に思い「 保健室一緒に行って先生仮眠でもするか? 」と提案してみて。 )




216:  朝比奈 茅  [×]
2022-05-22 12:11:40




>213 名取先生


__先生の言葉とか演奏で救われとる人は居るよ、僕とかね。

( 少し笑みを浮かべた相手に一瞬きょとんとした表情を浮かべながらへらり、と笑って上記を述べて。相手の演奏などで救われてる人は沢山居ると思っていて。「せやね、伝えられる時に伝えておかんと、あの時伝えてれば良かったって後悔するのは嫌やもんなぁ。」とへらり、と口元を緩めて相手を見て述べて。言いたい事は言える時に、後悔してからじゃ遅いというのを良く聞くなぁ、なんて思考巡らせて。頭を撫でられ嬉しそうに笑って「え、そりゃあ僕なんかでええなら先生の為に弾いてあげたい。」とキラキラとした目で相手を見詰めて。 )



>214 由瀬先生


__本間?結構僕我儘言うてるからどないしよか迷った。先生独り占めしたい、僕だけの特別。

( 我儘ばかり言っている自身な為少し独り占めするか迷ったが独り占めして良かった、なんて思考巡らせ上記を述べて口元を緩めて。「いやいや、何言うとるん?先生の方が僕より優しいねんけど。当たり前、先生優しいって僕が言うんやから本間に優しいねん。周りが”由瀬先生って優しくない”って言うてても、僕はそんなん跳ね除けて周りに”先生は優しいねん”って言う。_悩みとかそういうん聞くのも先生の養護教諭のお仕事やもんね。お役に立ってます、先生。僕も、由瀬先生と共有しとるみたいでめっちゃ嬉しい。__毎日甘いもん食べよるけどやっぱり飽きへんのよね、毎日食べとっても美味しいねんなぁ甘いもんとか。_少しでもこうやって先生の事支えれるんなら僕嬉しい。頼りにしてて、僕めっちゃ頑張るから。_僕の考え間違ってへんの?そりゃあ先生が困ってたりしんどくなってたりしたら、言葉掛けてあげたいって僕は思う。…僕結構自分に自信ある方、やと思ってたんやけどなぁ。_叶ったん?でももっと僕由瀬先生に頼られたいで?僕先生にとって頼りになる?…僕なんかでええならいつでも沢山相談乗るし、何でも聞くで。寧ろ僕に聞かせて。嬉しいなぁ…、僕自分が誰かに頼ったりするのって結構下手なん自分で自覚しとるから、僕がちゃんと上手い事相談とか出来るか不安やけど、先生そん時は聞いてね。先生やから僕相談とかするから。」とへらり、と口元をゆるゆると緩めながら述べて。撫でられた頭に嬉しそうに笑い離れた手には少し名残惜しいが笑って。「中には置き勉しやん人も居るけどなぁ。でも僕みたいにお菓子とか甘いもんでいっぱい入れる人は居らんからね絶対、これは僕がレアやでレア。昔と今じゃ全然ちゃうよね、気になったんやけど先生は学生時代どんな生徒やったん?…じゃあ僕が先生の引き出しに甘いもん沢山入ってることを初めて知った人かぁ、嬉しいね。1人で食べるの寂しかったら僕誘ってや先生、2人で食べた方が甘いもんも美味しさめっちゃ倍増やろ?先生と2人で共同作業したい。似とる所も有ると嬉しくてにやけちゃうよね。_可愛ええって言われ慣れてへんのもまた可愛ええなぁ、恥ずかしがった先生が見れて僕は嬉しい。先生の事考えながら持って来るけど、なんやそう言われると僕も照れるねんけど。言葉で約束するんもええけど、やっぱり指切りして約束交わすのもええよね。」と可愛いと言うのを止めようとする相手が恥ずかしがっている事がまた可愛いなぁ、なんて思考巡らせながらへらり、と笑って。ずっと小指を絡めたまま機嫌良く軽く振ったりしていれば不意に擽ったさを感じてぴくり、と反応し相手の方をパッと見遣り。「俺が運転しとってもしもの事があったら、僕一生車乗れへんかもしれん。大丈夫やで、先生の隣不安とかないよ、寧ろ僕先生の隣に乗れるんめーっちゃ楽しみやから。本間?そん時はめっちゃ教えて欲しいなぁ。_え、そうなん?由瀬先生優しいのに言われへんの?こんなに優しいのに。_こっそり覗くかもしれん、恥ずかしがっとる先生も可愛ええなぁって思いながら覗くし、恥ずかしくて僕と話せへんくなる先生も可愛ええ。先生は結構すぐ僕の不安無くしてくれる、安心させてくれてありがとう先生。そうやで?抱き心地良いなんて言われへんよ僕。初めて言われたんやけど、僕柔らかいん?いい心地良さなん?僕でそう感じてくれたんなら嬉しいけどなぁ。_やっぱり先生優しいわ本間。一緒にゆっくり叶えて行こうなぁ、先生と一緒に色んなとこ行けるんが嬉しいし、叶えてくれるって言うてくれるのも僕めっちゃ嬉しい。…嬉しすぎてめっちゃにやけとる。_最近ずっとお菓子やよ僕、お菓子って袋開けるだけやから楽でつい。飯系食べなあかんなぁと思いながらつい。ケーキ美味しい、当たり前やん。車で通るぐらいなんや、昔の恋人さんとかとは行かんかったんね。」と抱き締められ心地良さを感じると言われる事がない為照れ臭く相手の暖かい体温を離さない様に少し強く抱き締めて。イルミネーションの綺麗さを楽しみにして小さく頷きながらへらり、と笑ってみせて。「雰囲気出しよる、先生の本気ってだけでやばそうやん?一緒って言葉がまたええよね。_そうやね、不意打ちでストレートに言われたりしてもめっちゃ照れるよなぁ。もっちろん、僕結構ストレートなつもりやねんけどね?」とストレートでぶつけるんだぞ、と言われれば口元緩めながら述べて。「そうやね、先生は何だかんだ僕が辛かったら気付いてくれそうな気がする。笑顔は周りを明るくするし、雰囲気も良くなるし、ええ事やんね。例え疲れても僕笑ってられる自信有るで?_すぐバレそうやもんな、でも僕本間に隠したい事は上手く隠すタイプかもしれんよ?_せやね、急に来られたら先生と動揺するもんね。今から何か僕がするんやないかって警戒しよるやろ?仕掛けへんよ、先生がちょっと忘れた頃に仕掛けて不意打ちに照れさせるんがいいんやん?」と相手の肩の力がぐっと抜けるのを見れば思わずくすくすと笑いながら相手をじぃと見詰めて頬に軽く触れてみて。「なんか学校の先生ってお給料とか少ないって、何かで見た気がするわ。先生って大事やからお給料くらい上げてもええのに。僕はずっと褒めてるんやし、全然貶してへんしー。…う、待って、ばかやないから先生めっちゃ天才。_まあそうやけど、駄目にしてその辺にぽいってされたら僕たまったもんじゃないからね。安心しとる、先生はずっと優しいから安心しよる僕は。…修行出来へんしばか。」とネクタイを引っ張るように引き寄せられ照れているのか慌てた様に”天才”などと相手に言い。受け入れずその辺にぽいっと捨てられたら耐えられないなぁ、でも受け止めてくれるっていう先生が優しい、なんて思考巡らしながら嬉しそうに笑って相手を見詰めて。 )





217: 名取 梦月  [×]
2022-05-23 02:52:09



>朝比奈


…朝比奈は救われるのか。俺の演奏は少しでも救えてるのか。
( 救われてる、と云う言葉に思わず救えてないだろ、と思いながらも、素直な彼の言葉だから嘘偽り無いのだろうなと思い返答して。「 後悔する位なら伝えたいからな。一生伝えられない事が有るかもしれないからな。 」共感する様に小さく頷きしみじみと答えて。自分自身の言葉に自信を持って伝える事も大事だな。「 ん、俺の為に弾いてくれ。朝比奈の唯一弾ける曲だろう?特別だな。 」きらきらとした目で此方を見る彼に目を向けて少し口角を上げて。 )




218: 欧雨淵 [×]
2022-05-23 04:20:57

>>212

これはこれは、先生としたことが、失礼しました。朝比奈さん。善処します。
( 隣の生徒の笑みとは、対照的に、化学教師の表情は、一向に緩む兆しを予感させない、機械のようなもの。
両膝をついて、腰を折り曲げた体勢で、プリント収集に専念しているうち、
相手に「怪我の確認」の声をかけられるまで、その茶髪の生徒が付近に居たことに気づかずにいた。)

えぇ。もちろんです。と言っても、私の目に狂いはないでしょうが。
( 疑いがある以上、その目で見て確かめさせる。それが経験なのだろうと、化学教師は自分なりの教育論にこくこく頷きながら、爆破で薄汚れた白衣姿の全身を、相手へと提示した。)

どうですか? 何か、異常はありますか。朝比奈さん。
( もっとも、額から僅かに一筋、血が流れていることに化学教師は知る由もない。


>>213

えぇ、問題ありません、名取先生。
( 化学教師が、音楽教師へと言い放った「問題ない」の一言は、理科室中の有様を説明するに当たっては、全く不適切だった。
爆発の結果、理科室中の森羅万象は灰色に染まっていたのだった。)

…各物質濃度について、横着せずに事前に算出してから、取り扱うべきでした。
( この世の終末のような様子の教室で。
洒落眼鏡に、洒落な髪、洒落な服装の音楽教師と対照的に、灰がかった実用的なメガネに、灰がかって乾いた髪に、灰がかった白衣の化学教師は、床のプリントをかき集める。そして、プリントを穢す爆発の塵を手で退ける。)

気をつけてください、名取先生。辺りの汚れには、炭酸カリウムが含まれているので、一度、服に付着してしまっては、落ちにくいです。



>>214

油瀬先生、爆発の原因は私です。
えぇ、怪我は一切ありません。”私の方は”
( 言葉通り、化学教師の無事は確かなものである。
しかし、既にとっくに集められ、整然としたプリントの山を背後に、化学教師の膝下には、とある生徒がぐったりとして、目を閉じていた。)

この子は、爆発に巻き込まれた生徒です。命に別状はありませんが、爆発の衝撃音で気絶してしまっています。
( 保健室教師を見据え、「これから保健室へ運ぶつもりでしたが、…」と補足。)

219: 柳 鏡夜 [×]
2022-05-23 06:50:15

(/大変申し訳ありません…。
リア多忙で暫くレス出来そうに無く、枠だけ置いておいて貰ってもかなりばらつきがあり迷惑をお掛けすると判断致しましたのでキャラリセットをお願い致します。短い間でしたが絡んで頂きありがとうございました。とても楽しい時間を過ごさせていただきました…!)

220: 由瀬 類 [×]
2022-05-25 23:37:40


>朝比奈

我儘言われる方が俺、いいけどなー。俺も朝比奈に独り占めされてなー。
( 可愛い生徒からのわがままなら、むしろ嬉しいく思ってるのか、クスッと笑みを浮かべて上記を呟き。「ふっ、お前こそ何言ってんだよ、朝比奈の方が俺の倍優しいだろう。そうだなー朝比奈がゆうなら間違いないのかもしんないな。なら、俺の優しいところみんなにアピールしといてくれよ?_悩み多きな生徒の集まりみてーなもんだからな、うちの学校。それは良かったわ、案外変な相談ばっかなんだけどな。____朝比奈も嬉しいって思ってんなら、甘いもん好きで良かったわ。だよな、普段の疲れが一気に取れるんだよな。_一番支えらてんだよ、朝比奈には。頑張るのはいいけどよ、あんま無理すんなよ?頑張りすぎてぶっ倒れたら大変だしな。間違ってなんかいねよ、ひとつもな。あぁ、実際こうして、お前と話したりして疲れ切った身体癒されてるわ。自信ねーの!_叶ってると思うんだけどなぁ、まだまだ頼らせてもらわねーとな。あぁ、頼りになり過ぎてるわ。そうだなー朝比奈にしか解決出来ねー事もあるかもしれねーからなぁ。ん、いっぱい頼れよ、力になってやんだから。」クスッと口元を、緩ませて呟き。相手を見詰めながら、自分の悩みを聞いてくれるのは彼がぐらいだろうと思い。「 優等生とかだろう、置き勉しねーのが正しいんだろうけどな。ふっ、そうだなー生徒指導に見つかって募集されねーか心配だわ。_俺か?一言いやー偽真面目っ子の不良だったな。そうなるな、俺の秘密箱ってやつかな机の中は。あーんなも常に寂しいけどな、だから中庭見ながら食ってるせいか…生徒からの目が痛く感じるんだよな。鍵開けるか、お菓子の机。____朝比奈と甘い話しとか色々してるとにやけて隠すの大変だわ。____やめろ、やめろ可愛いは禁止だ、すげーむずむずするんだよ。ほんとに、照れてんじゃねーか可愛いなぁ。_ふっ
そうだな、他のやつとはちょっと恥ず過ぎてできねーかも。」引き出しの鍵を見せながら。小指の擽ったさに反応を見せた相手を見てはニヤッとして触るのはやめず、擽り。「トラウマになると怖くて乗れなくなるよな。それなら、安心して隣りに乗っけられるわ。外にはあんま出ねーけどさ、ドライブは割と好きでなー。あぁ、ほんとだースパルタに耐えられる、ならだけどな。多分な、俺が記憶ねーだけで言われてんのかもしれねーけど…憶えないわ。そりゃ、ありがとうなー朝比奈の中で俺は可愛いジャンルしかねーかよ。不安になる気持ち、俺もわかるからなーどういたしまして。そうなんだなー、抱きつかれる事なかったのか。やわらけーし、心地良すぎだぞ。俺はずっと抱きついていられるわ。優しい俺に惚れるのもありだぞ、なんつーってな。あぁ、叶えような。朝比奈が喜ぶ姿が見てーし、嬉しいそうにしてるお前見てる好きなんだよ。にやけろにやけろ。____ついじゃねーよ、食堂とか行きゃ飯食えんだろうに。思ってんなら、少しぐらいたべてもらいてーな、朝比奈の身体が心配だわ。ケーキの美味さには勝てねーよな。_元カノはそーゆうの嫌いだったからな…色々馬合わなくってさ、だからフラれたんだけどな。」壊れものを扱うように大事に抱き締め返して。「お前は俺を野獣かなんかに見えてんのか?やばくねーっての。だな、特別感じるからなー。不意打ちに告白されたら、直ぐ落ちるわ。そうだよな、朝比奈はストレートだったな、ストレートじゃねーのは俺か。」よく良く考えれば彼の言葉はいつもストレートだと改めて思い、むしろ自分がストレートじゃ無いのかと思い。「いつも、生徒の事見てるからわかることなんだけどな。ん、だからそれを出来る朝比奈はすごい事なんだよな。笑いで疲れが取れるつーけど、本気で疲れてる時は笑顔じゃなくていいからな、俺の前だけでもいいしな。____あ、うんそれはあり得そうなだ、人ってマジで隠し事ある時は隠すからな…ー。ま、してねー事もないかもなぁ。警戒心なくなってやる方が反応いいかもな。」頬に手が離れて、何かに気を取られ油断したのか、ピックと反応見せるも自分が反応したのは気づいてなく。「ケチなんだよな、理事長は。もっと言ってやってくれ、したら俺の給料も上がる日が…。褒め言葉だもんな、嬉しいわありがとうな。____天才じゃねーけど、ばかなのは間違ってはねーけど。____捨てられた俺が拾いに行って、そのまま側に置いとくな。じゃ、俺に一生勝てねーな。」彼の反応をまだ見たく、引き寄せたままじっと見詰め。勝ち誇った笑みを浮かべ)



>欧雨淵先生

怪我ないなら、良かったわ。生徒が爆破つーからテロが来たのかとちょっと焦ったぜ。
( 一通り相手を見れば、怪我一つなく安心しながら、上記を述べ)
あんだけ、でけーの保健室でも、聞こえたからな。俺が運んでやってもいいし、先生が責任感じて運ぶならそれでいいし、どうする?( 倒れた生徒に近寄りながら、尋ねて)




>名取先生

先生はいいそうにないわーイメージわからねーもん、俺に言ってくれんだなぁ。照れる名取先生はレアだし見たいのはあるんだよ__俺は絶対照れるなー。いいじゃん、酒飲み仲間になろうぜ、な?そうなら、酔っても先生いるしいくらでも飲めるわ。_俺も介抱出来るかわからねーけど、頑張るわ。名取先生はその見た目の方がかっこいいぜ。
( 彼が自分と同じでキス魔ならと想像すれば、間違い照れる自分が想像出来てしまい頷いて述べ。強い酒飲ませた責任はちゃんと取ると相手見詰めながら答え「そうそーそれが俺でもあるんだよ。優しいって言ってくれんは嬉しいわ。_大事な事ね、確かにそうだよなぁ、言葉って下手しら凶器になるもんな。そっか、先生が嬉しいなら俺も嬉しいし安心してるな。_コンクールって変に緊張して、上手く手が動かせない感じするわ。先生が嬉しい気持ち感じたなら良かったわ。ん、約束するな絶対聞かねー。_仕事終わりのいっぱいってビールなイメージ強いんだよ。先生と話したり、演奏聞いたりしてんの楽しいからなぁ。」とへらっ笑いながら、相手見詰めて呟き。「…かっこいい言われねーからさ、無いから言われないんかと思ってたんだよ。___ありがとう、初めて言われたわ。____俺の照れ顔なんて憶えてもさー何もねーよ?照れた時の顔、可愛いかったのにな。」まさかカッコ良い部分を言われるとは思っていなく、少し照れ笑いしながらちらっと見て。先の彼の照れ顔を思い浮かべながら、可愛いと伝え。「ずりぃの。…俺だって緊張してんだけど、される側ってさ…変に緊張するわ。」抱き締められているだけでも照れるのに、頭を撫でられると恥ずかしいさ紛らわすために相手の胸に顔埋めて。「襲われるわけでもーねーに大丈夫だって。いい肩揉み先生見つけたわ。だよな、体力には自信あったんだけどなー。」と呟いて。眠いって思いすぎて本格的眠さがくれば「よし、保健室戻るか。行こうぜ」と手を引っ張り保健室へ歩み進めて)


221: 由瀬 類 [×]
2022-05-25 23:43:08


>柳

(/リア充優先でも全然大丈夫なんですよ。もっと仲を深めていけるチャンスだったのですか。わかりました、背後様の要望通りにしますね、すごく寂しいくってリセットは持ったない過ぎますが、また何処で会えるように願います。こちらこそ、絡みありがとうございました。感謝しています。自分も楽しい毎日で本当に嬉しいかったですよ。改めて、柳くんと背後様ありがとうございました。)

222:  朝比奈 茅 [×]
2022-05-26 02:21:11




>217 名取先生


__めっちゃ救われとるで、安心して名取先生。

( 相手の演奏は誰が聞いても救われると思い、へらりと笑みを浮かべながら相手を見詰めて。安心させるようにへらへらと口元を緩めて。「そうなんよ、伝えられへん言葉を溜めたくないんよなぁ。伝えへんで後悔は絶対嫌やんね。」と後悔せず伝えられることは生きてる間に沢山伝えていきたいなと思いヘラり、と笑って。「もっちろん、沢山弾いたるから楽しみにしとって名取先生。」と嬉しそうに笑みを浮かべながら相手の手をぱっと握って気分が良いのか手を振って。 )



>218 欧雨淵先生


__全然、先生にそう呼ばれるんが段々日常になってきたらめっちゃ面白いねんなぁ。

( 相変わらず相手の表情は変わらないが自身はやっぱり笑顔を絶やさずヘラり、と笑って。プリントを1枚1枚丁寧に集めながら怪我が気になり聞けば大丈夫だろう、という言葉に心配になり。少し拾ったプリントを相手に渡しながら相手の身体へとさわさわと触れて。身体は大丈夫そうやな、他は、と相手の顔を見れば額から血が流れているのを見て「めっちゃ目狂っとるわ先生。此処、怪我しよるよ。」とポケットから持っていたハンカチを取り出し相手の額へとハンカチを押し当てて。 )



>210 由瀬先生


__本間?我儘言うて嫌になったり先生はしやん?僕も先生に独り占めされたいなぁ。

( 我儘を言われる方が良い、という言葉に少し心配そうに相手を見遣りながら首を僅かに傾げて問い掛けて聞いてみて。独り占めされたいという言葉にヘラり、と笑みを浮かべれば同じ様に上記を述べて。「いやいや、由瀬先生の方がめーっちゃ優しいんやからな。せやで、僕は嘘つきたくないから安心してな、勿論やで?先生の事勘違いしとる人達が居るなら全員にアピールしたる。_僕ら学生もそうやけど、先生達大人も悩みは誰にも有るから先生大変そうやなぁ。いっぱい悩み聞くん?_甘いもん好きで僕良かったぁって思たよ、先生とこうやって沢山甘いもんも色んなもん共有出来るんめっちゃ嬉しいやん。頭とか使うとやっぱり甘いもん欲しなる。_これからも僕先生の事支えたい。やっぱほら先生優しいなぁ、もし僕がめっちゃ頑張って、ぶっ倒れても先生が居るから僕は結構安心しとるんやけど駄目やった?考えが間違ってへんって言うてくれるの嬉しいなぁ。本間?じゃあもっと癒したる。僕自信めっちゃあるって言えたら良かったんやけど、先生に言われるとそうなんかなぁと思い始めてきた。_先生に沢山頼られたら僕めっちゃ嬉しいからね。僕にしか出来へん頼みかぁ、頼まれるん楽しみやなそれ。先生は僕の味方やね。」と嬉しそうに口元を緩めながら相手を見詰めて。力になってくれると言ってくれた相手は自分の味方だと思い、嬉しそうに相手の手を握ってぶんぶん振ってみて。「本来は持って帰らなあかんのやろうけど、毎回持って来るん重たいんよ。もし見つかりそうになったら先生とこに隠しに来よかな、そん時は僕の事匿ってくれる?_偽真面目っ子な不良、想像したらちょっと笑ってまうけどそんな先生見たかったなぁ。ええな、引き出し開けたら甘いもんの宝箱みたいやね、小さい頃とかめっちゃ憧れたし今も夢。じゃあ僕誘って、僕と甘いもんの共有しよう先生。本間?宝箱おーぷん?_そういうん隠さんで見せて欲しいなぁって僕は思う、僕もにやにやしちゃうで。_やって先生が可愛ええのはもう僕の中では固定やで?格好ええ所もめっちゃ有るんやけど可愛さも有るんよ。…可愛さは先生の方があるんやけどなぁ可笑しいな。_じゃあ僕とだけしよう?指切りは僕のもん、とか言ってみたり。」引き出しの鍵を思わずぱっと見てキラキラとした目で相手を見遣り。小指の擽ったさにむずむずとしては小指を離そうとして。「トラウマなったら僕多分車乗れんなぁ。楽しみやなぁ、先生が運転する所僕想像するんやけど格好ええやろなって。…スパルタなん?でも先生に教えて貰えるんなら先生がええな僕。じゃあ僕の言葉は覚えといて、先生は本間に優しいって何回も僕言いよるから流石に覚えとる?でも僕そういう先生の場面見てもうたらモヤモヤするかもしれん、可愛ええなぁとは思うけど。_先生も不安になったら僕が安心させたいって僕思う。じゃあずっと僕の事抱きしめとく?そんなん言われたら僕やって離したくないもんね。…う、それで僕が本間に惚れてもうたらどう責任とってくれるん先生、それでやっぱ要らんとかって言われたら僕もう本間にめっちゃ立ち直れへんよ。_先生とやから僕楽しみやし、叶ったらめっちゃ嬉しいなぁって。僕も先生が少しでも嬉しいなら僕も嬉しい。もう、めっちゃにやにやしとるわ僕。_食堂かぁ、僕なんかに作るんやったら他の人にって思うてまうからなぁ。でも先生が心配するんならちゃんと食べなあかんね、気ぃ付ける。ケーキがご飯やったらええのになぁ。_好き嫌いとかそういう好みは皆有るから分かるんやけどね。先生の今までの恋愛って、どんなやったん?」抱き締め返されれば少し嬉しそうにヘラり、と腕の中で笑いながらぎゅっと抱き締めて。「いやなんかほら、先生ってがおーって来そうな勢いやん?野獣っていうか…ライオン?不意打ちに告白したとしても、先生に気持ち無かったらめっちゃ悲しいやんそれ。先生はストレートな時とそうやない時が有るやんね。」と相手の言葉はストレートな時もあればそうじゃない時もあり。ヘラり、と笑みを零して。「いつも見とったら分かるもんなぁ。笑顔で疲れが取れるんなら僕ずっと笑顔で居たいなぁって思うんやけど、多分僕も笑顔でおれへん時が有るかもやから、そん時は先生の傍で大人しいしとく。_でも僕隠し事はしたくないんよなぁ、本間に隠したい時はどんな時やろ、泣きそうな時とかかな僕は。そうやろ?」と頬に触れれば少し反応した相手に口元を緩めてむにっと軽く摘んで意地悪をしてみて。「先生のお給料もっとあげたって下さいって言うてみる?実際沢山貰えたらええのにね。褒めとるんよめっちゃ。_…狡いなぁ先生。…先生天才、格好ええ。_本間?ちゃんと面倒見てくれんと許さんからね僕。先生に勝ちたいんやけどな僕。」と引き寄せたままじっと見られれば、少し頬を赤くしきょろきょろと思わず視線を彷徨わせて相手と目を合わせないようにして。勝ち誇ったような笑みに少しムッとしながら勝ちたいと言い。 )





223: 由瀬 類 [×]
2022-05-26 20:56:00


>朝比奈

嘘言わねー、ほんとだ。嫌になるはずねーだろう、嬉しいしな我儘言われる方が。いいのか?朝比奈を俺が独り占めしちゃっても。
( 心配そうにする彼を慰めるように頭を撫でながら上記を呟いて。相手を独り占め出来ると思えば嬉しいそうに顔がニヤついて。「俺はまだまだ優しいくなんねーよ、朝比奈の方が優しいからなぁ。すげー安心したわ、頼もしいなー俺の高評価は朝比奈に託すからな、頑張ってくれ。____授業、担任もってる先生は生徒の事で相談する人もいそうだよな、それ比べたら保健医って楽な仕事だよな。聞く方だなぁ、悩みは聞いてもらってはきだす方がいいからな、気持ち的に。___俺もだな、甘いもの同士見つけて、食べたり共有してさ嬉しい過ぎてやばいなぁ。ふっ、なるよな…俺の場合頭使ってねーのに、甘いもん食いたくなるんだよなぁ、身体にガタがきてんのかもなぁ。あぁ、宣言通り支えてもらうわ。駄目じゃねーよ、俺で安心して貰えてんの嬉しいからなぁ、ぶっ倒れた時は俺が責任持って面倒見てやるから。朝比奈はいつでも正しい答え出すじゃねーか。おぅ、全部の力出して癒してくれてもいいぜー。そうそ、俺が言うんだし自信だせだせ、な。_そうか?ならずっと頼らせてもらうぞ?_ま、いますぐじゃねーけど、ちかいうち、な。あぁ、俺は一生朝比奈の味方だ。」へらっと笑みを浮かべながら、相手を見詰め返し。ぶんぶん、手を振る相手を見てはクスクスと。「教科書は無駄に重みあるよな。保健室の方が安全だな、見回りこねーし、匿ってやるよ。_図書室に卒アルがあるんだよ、したら見れんじゃねえか?…今から行くのめんどいか。____言われてみりゃ、宝箱だよな。俺のとこに来りゃ、いつでもその甘い宝箱開けられるぞ。あぁ、そうだなー朝比奈の方がいいし、共有するか?____かなり量入ってるだろう?____自分じゃ、まだわかんねーけど…朝比奈には、素ばっか出してんだけどな。何でだよ、可愛いイメージねーだろうにさ。可愛いの方がかっこいいより勝ってるつーことか。朝比奈の方が可愛い所あるのになぁ。____する機会あんまねーだろうけどなー、指切りは朝比奈限定でな。」空いた引き出しには大量お菓子と相手を交互に見詰め。むずむずしている彼にクスクス笑えば、小指離し。「そーならない為に、練習だろう?想像が、もうすぐ実現するだろう。よし、わかった俺が責任持って教えてやろから、覚悟しろよ。覚えてるさ、俺を優しいだのなんだろゆうのは朝比奈ぐらいだしな。____モヤモヤすんの?ちょっとわかる気するわ、朝比奈のそーゆうの場面出くわしたら、モヤとイラが来る感じになるわ。可愛いは…まぁいいわ朝比奈が言うんだし、素直に可愛いんだなって受け取るわ。___させてくれるか?そん時はよろしくな、安心させてくれ。それ、いいなー、んじゃずっと抱き締めるわ。…離れんなよ、離れそうになったら捕まえに行くんだけどな。____そうだな、恋人にしてずっと俺の側に置いて、色々してーな。要らねーとか言わねーよ、愛想尽かされてぽいされんの俺の方だろうから。____叶ってくれたら、俺も朝比奈以上に嬉しいわ。お互い嬉しいって事だなぁ。にやるのも、そうだが俺にもっといろんな朝比奈見せてくれ、な?____食堂は皆んな場所だろうに…。料理はしねーのか?あぁ、えらいえらい、少しでも健康なもん食べろよ。…それは多分、無理あんだよな…ケーキはデザートだしなぁ。朝比奈は好き嫌いあんのか。____束縛状態の恋ばっかただわ、軽い束縛ならまだ許せるぜだけど、束縛通り越して監禁に近かったわ。」抱き締めて、ぬくもり感じながら彼を手に入れられたいいのになんて思い。「あー、なるほどな…ライオンは好きだぜ、かっこいいしな。まぁ、そうだなぁー、ストレートに来たらぐっと来て気持ち芽生えたりする事ありそうだけどなー。そうなのか、自分じゃストレートにぶつけてると思ってだけどな。」ストレートに言ってつもりが自分の思い過ごしだったのかと、改めて思い。「わかるぞ、先生と違って生徒はわかりやすいんだよな多分。あぁ、俺の前なら、無理する必要ねーからなぁー逆に俺が笑顔取り戻させてやるよ…自信ねーけど。隠すつーことは人前じゃ泣けないタイプか?その通りで。…ひゃにしてんだ。」頬捕まれ、上手く喋れずまま、相手見詰め様子伺い。「俺だけじゃなく、全先生だなぁ。ま、生活する分には問題ないけどな、金使わねーし普段は。ありがとう、な褒めてもらえんのは嬉しいわ。_狡い俺は嫌か?嬉しい言葉どーも。任せろ、面倒見は悪くない方だし安心しろ。…朝比奈がもうちょい、成長したらもしかしたら勝てるかもな?」目を合わせない彼に不満感じ、ぐっと顎くいすると髪にキスすれば"今これだけな"と耳の側呟いてみて。勝ちたいの言葉にニヤッつきながら、彼が大人になれば何て事をいい。)

224:  朝比奈 茅 [×]
2022-05-27 04:17:05




>223 由瀬先生


__じゃあ先生の事めっちゃ信頼するから、僕がめっちゃ我儘言うても受け止めて。逆に僕なんかを由瀬先生は独り占めしてくれるん?

( 慰める様に頭を撫でてくれる相手にヘラり、と心地良さそうにして上記を述べて。嬉しそうにニヤける相手を見れば首を傾けて聞いてみて。もし独占してくれるのならとても嬉しいなと思い。「じゃあこれからもっと優しくなるなぁ先生は、僕ももっと優しくなりたいなぁ。嘘つきたくないんよなぁ、僕の言葉を信用して貰えんくなるのは嫌やからな。頑張るわ、由瀬先生の高評価は僕が推してくから安心しぃ。_僕等3年生は進路相談とかで先生に相談する事とかめっちゃ多いやろうけど、先生達も僕等生徒の事とかで悩みとかめっちゃ有りそうやからなぁ、養護教諭って忙しそうな僕イメージやねんけど、怪我とかの治療以外に何しよるん?そうやんなぁ、お互いに悩みを聞いて吐き出し合うのが一番理想の関係かもしれんね?_甘いもん色んなの一緒に食べて、美味しさ共有出来て、二人でってのがめっちゃええよね、嬉しさも美味しさも倍増やで。糖分摂取しやなあかん身体になっとるんやない?身体にガタが来とるとかやなくて。めっちゃ沢山支えるから楽しみしといて。駄目やないならもし本間に僕が限界でぶっ倒れた時は先生に面倒見てもらうから、迷惑掛けてまうけど先生やから迷惑掛けるんやからな僕。そうなん?僕結構間違えた答え出しとると思うねんけどなぁ、正しい答え出せとる?僕の全部の力出して癒したる。自信出すけど、もしまた僕が自信なさそうやったら喝入れてな先生。_逆に頼られへんかったら僕泣いちゃうで。_そんときを僕はじゃあ楽しみに待っとるから、近いうちがいつなんかドキドキワクワクやね。一生僕の味方なん?僕の味方が先生なん心強いなぁ。」とヘラり、と嬉しそうに笑みを浮かべながら相手をじっと見詰め返して。テンションが上がっているのかぶんぶん、と手を振りながらニコニコとして。「そうなんよ、無駄に重いからつい置き勉してまうよね。先生のとこに鞄持って逃げてくるわそんときは。_卒アル有るん?めーっちゃ僕先生の見たいんやけど。じゃあ今度見せて先生。_ちっちゃい頃とかそういう机って憧れとった、宝箱とかめっちゃええなぁ。僕入り浸ってまうかもしれんそれ。共有しよしよ。_うわあ、すご。めっちゃ入っとる、本間に宝箱や。これから一緒に食べような先生、僕食べた事ないやつあるかもやし。_なんか、素を見せてるとか言われると少しでも僕なんかに気ぃ許してくれとるんかなぁって、僕めっちゃ嬉しなってまうんやけど?あんな、先生は格好ええ所も有るし可愛ええ所も有るんやで、両方兼ね揃えてるんよ。寧ろ格好ええ方が勝っとるかんね由瀬先生。…僕は可愛ええ所あるん?_それは確かにそうかもやなぁ。でも僕と先生だけの秘密、やからね?」と空いた引出しを見れば思わずキラキラとした目を相手と引出しの中を見て口元を緩めて。小指が離されれば安堵したように息を吐き、相手をじっと見詰めて擽ったいんやけど、という目でムッとして。「練習めっちゃ慎重にして覚えんとね、運転上手くならんと。そんときが楽しみやね、はよその日にならんかなぁ。先生めっちゃきっちり教えてくれそうやもんなぁ、頑張るから僕。これで忘れられとっても僕めっちゃ執拗いくらい言うてたと思うけど、安心した。_うん、なんかモヤモヤする、やって想像しただけでちょっとなんかモヤモヤするから。あ、先生も僕がそういう場面にあったらモヤモヤするん?僕と一緒や。僕これからも多分ねめっちゃ可愛ええって言うてまうから、頑張って受け取ってな先生。_勿論やで?沢山安心させたいなぁ。ずっと抱き締めとくん、なんやろ僕が必要とされとるみたいでめっちゃ嬉しいなぁってしみじみ。僕が先生から離れる訳ないやん、離れません誓います。_……なんやろ、なんかめっちゃ僕照れたんやけど。…たとえば僕が先生の恋人になったとして、僕は絶対先生の事を捨てるとか愛想尽かすとか有り得んって言うても多分言葉は信用出来ないやろうから、僕は行動でそれをちゃんと信用して貰えるようにする。…っていうかね、今まで先生の事ぽいってした人達じゃ無いんやからそんな人達と僕を重ねるんは絶対駄目やで。_僕以上に嬉しいん?めっちゃ嬉しいなぁそれ。色んな僕かぁ、そんなん当たり前に僕先生になら見せてまうで?_そうなんやけど、申し訳なさがあってさ、それならもうお菓子やったら楽やしええかなってつい。料理はした事ない、先生は料理出来るん?健康なもん食べやんと先生がめっちゃ心配するもんね。…ケーキが主食やったら僕もう毎日ケーキ食べとるのに。僕?好き嫌いかぁ、思い付くもんがパッとは無いから多分嫌いなもんは無いかなぁ。先生は有るん?_相手の方が束縛激しかったってこと?」ぎゅっと相手を抱き締めながら一切離す気は無いが少し顔を上げて相手を見詰めてみて。「ライオンみたいに格好ええし、勢いがあるって事やからね。そういうもんなん?じゃあもし僕が先生に本間に本気で好きやで、って言うたら先生は僕の事意識してくれるって事?そうやなぁ、ストレートな時の方が多いけど、ストレートじゃない時も有るなって僕は思とる。それは多分ね僕もやと思うんよなぁ、ストレートやと思とるけど、言いたいことを遠回しに伝えとる時とか結構僕とかは有ると思うねん。」とヘラり、と笑みを浮かべながら少し背伸びし相手の頭に手を伸ばしてふわふわと撫でて見遣り。「僕も由瀬先生の事分かりたいなぁもっと。先生の前では僕基本めっちゃ安心しよるし信頼しとるからね。笑顔取り戻してくれるんかぁ、どんな風に元気づけてくれるんか気になるなぁ僕。僕そうやって言われるん初めてやからさ、安心した。人前で泣くんは得意やないかも、隠れてこそこそ独りで泣くタイプやね僕は。先生は、隠したい時とかある?…ちょっと先生に意地悪してみた。」と頬を優しく摘めば思わずくすくすと笑って頬から手を離せば”意地悪してごめんね”と言いながら摘んだ頬の方に軽く口付けてみて、ヘラりと笑って相手の反応を窺い。「由瀬先生のだけあげて下さいって僕言うとこやったわ。あんま先生物欲無いん?欲しいもんとか。_全然、狡いのも先生やから僕は好き、狡いけど好き。先生確かに面倒見良さそうやもんなぁ。…本間?じゃあ僕早う成長したいわ。」顎くいされれば少し驚いたのか相手を思わず見て、相手の行動と言葉に頬を赤くし心拍数の上がる胸辺りを抑え”…僕の心臓が止まってまう。”と呟き。成長すれば大人になれば勝てるかも、という言葉に早く成長したいと相手を見詰めながら言い。 )





最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]BLなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) Mikle