TOP > オリジナルキャラなりきりチャット

妖怪の棲むところ〈戦闘/日常/現代?〉/61


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
42: 怨美 [×]
2022-05-06 22:12:07

>カルノ

怨美「私は餓者髑髏博士の最高傑作、怨念式五十六番型枢人形 怨美です。貴方の名は?」
(軽く自己紹介をし、相手の名を聞き)

43: ラルフ/艶 [×]
2022-05-08 00:28:03



ラルフ 

「 うぅ゛ん …… あ 」

( _ お腹が空いた 、 ぐぅぅ となる豪快な腹の音。ここ数日まともな食事を摂れていない 、野兎など食料になりそうな獣も何故か見つからないし 、あるのは綺麗な川の水と 所々食用として食べられそうな野草はあるが 、もう草食動物のように草を貪るのにも飽きた 。お肉が食べたいなぁ と腹を押さえながら山の中を歩いて )




「 おやァ、居ないのかね 」

( 久々に反西洋達の意見も聞こうかと、酒を持ってきたのに。無駄足だっただろうか、と 先程迄怨美がいた門と袋に入った酒瓶を交互に見て )



44: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-08 01:16:09

>怨美

ボクはカルノ・ベリーニ。
カトブレパスさ。
(相手の軽い自己紹介に合わせて
自分も軽い自己紹介をして)

45: 怨美 [×]
2022-05-08 08:17:34

>カルノ

怨美「カトブレパス、西エチオピアからいらっしゃった方ですね、記録にあります。」
(辞書のような機能でもあるのだろうか、相手の自己紹介を聞いて相手が何処から来たのか推察し)

>艶

怨美「………?おや、艶様、ラボに何か御用ですか?」
(帰路に着いていたところ、自宅の前に何者か佇んでいるのを見つけ)

46: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-08 11:23:26

>怨美

よく知っているね。
なら、この包帯で隠してる
目のことはわかるかい?
(目を覆っている包帯を指差すと
両手を肩くらいの高さまであげて)

47: 怨美 [×]
2022-05-09 06:35:53

>カルノ

怨美「勿論ですとも、私のような人形にも効果があるのかは不明ですが…」
(相手の魔眼の事も理解しており、頷くと、自分のようにあくまで生物ではないものにも適応するのか、気になるようで)

48: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-09 15:29:23

>怨美

呪いだから効果があると思うよ。
耐性があれば死ぬことはないはず。
(人形であろうと、呪いは降りかかるだろう。
彼女はいろんなものは見て壊したゆえに
そう確信して言う)

49: 怨美 [×]
2022-05-09 15:58:12

>カルノ

怨美「成程…魔防や妖防の機能も備わっていますから、きっと損傷率としては問題ないのでしょうが……ええ、生物でないものにも効果は有り、と記録しておきましょう」
(相手の発言を受け、自分の性能でどれ程耐えられるか考察するも、一先ず先程の情報はデータに収めておくことにし)

50: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-11 14:50:34

>怨美

人も物も妖も
ボクの目を見た時、みんな
人生は壊れてしまった。
だから、ボクは目を覆ったんだ。
(そう言い、目を覆っている包帯を指差し
悲しそうにしている)

51: 怨美 [×]
2022-05-12 06:18:15

>カルノ

怨美「……ふむ…ならば貴方は幸運ですね、私に出会ったともなれば、もう二度とその眼を使う必要はありませんよ」
(自分に出会ったのは貴方にとって幸いだ、と相手に伝え、暗に自分が守ってやるから心配無い、と告げ)

52: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-12 19:32:51

>怨美

ふふっ...。
キミは優しいね、疑って悪かったよ。
ごめんね?
(話してる上ですこしの疑いがあったようだが
先程の発言で、その認識を変えて謝る)

53: 怨美 [×]
2022-05-12 20:28:08

>カルノ

怨美「当然です。私は博士の教えを忠実に守る優秀な枢人形なのですから」
(胸を張り、ドヤ顔で)

54: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-12 21:28:33

>怨美

キミの博士もキミを誇ってるだろうよ。
(頭をかきながら、そう
すこしだけ明るい声音で言って)

55: 怨美 [×]
2022-05-13 16:09:22

>カルノ

怨美「ふふ、ええ、お優しい博士には賞賛して頂けるでしょうが……ですが、まだまだです。もっと性能を向上させ、博士の作品を代表出来るような枢にならねば」
(相手の言葉に嬉しそうに微笑むが、現状に満足している訳ではないようで)

56: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-14 01:55:49

>怨美

そうかい。
キミは努力家だね、だけれど
キミの手助けになれそうにはないかな。
視界のないボクじゃできることは
限られてくる訳だしね。
(褒めつつ自分はキミの役立てそうにないと
自虐的な言葉を発して)

57: 怨美 [×]
2022-05-14 12:22:06

>カルノ

怨美「ふむ…私、一人で完璧ですし……そうですね、とりわけ友人と呼べる関係も居ませんし、偶にこうして会いに来ることを許してくれるだけで良いですよ、ああ、勿論ばれないように」
(さらりと自尊心丸出しな発言をしながら、くすりと笑いながら、ばれないように、と人差し指を口元に指し、ウィンクして)

58: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-15 01:49:11

>怨美


ああ、ボクで良いなら
いつでも付き合おうじゃないか。
(会いに来ることを許してくれるだけでいい
という言葉にそう力強く頷きつつ答えて)
...?
何をしたんだい?
(視界がないため、口元を人差し指で指差し
ウインクしたことを認識できないが
空気の流れで何かをしたことだけは察して)

59: 怨美 [×]
2022-05-15 09:28:19

>カルノ

怨美「あ、成程……いえ、大した意味は無いのです。ただのカッコつけですよ」
(自分のカッコつけた動作を少し悔やみながら説明し)

60: カルノ・ベリーニ [×]
2022-05-16 16:53:31

>怨美

キミもカッコつけることがあるんだね。
意外だ。
(怨美の発言にそう言い、意外だとも口にして)

61: 怨美 [×]
2022-05-17 00:23:25

>カルノ

怨美「博士が「ちょっとカッコつけてるくらいが丁度いい」と仰っていたので」
(こくりと頷き、博士から教えられたことを思い出しながら)

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]オリジナルキャラなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) Mikle