TOP > 版権(元ネタあり)なりきりチャット

【FGO】嗚呼、日常。【3L】/1596


最初 [*]前頁 次頁[#] 最新 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
1461: 両儀式 [×]
2020-05-06 04:14:51

<御影尋

…英霊に食事は必要ないだろ?
(もしかしたら戦うために呼ばれたワケではないのかもしれない、何せ、相手は己の安否に安堵した様子で、しかも英霊という簡単に言えば兵器に対し、手を差し出して、美味しいものを食べましょうと言っている。
しばし訝しんだのち、食事は必要ないだろ?と返して)



1462: 御影尋 [×]
2020-05-06 19:27:45

>>両儀式
…必要が無くても、甘い物は幸せになりますよ?
(武器として前線に立ってもらう事実も、この場所でもう一度生きていく事実もいずれ知ることになる。差し出した手もそのままに「何か好きな食べ物はありますか?」と尋ねて微かに笑って。貴女がどう思うかは…わからないけれど、頼りなくともマスターとして貴女に近付きたいと思うのは間違いではないはず)

1463: 御影尋 [×]
2020-05-06 23:18:19

(/ようやっとバビロニアをクリアしました、尋背後です。イベントもちまちまと素材集めに勤しんでおります…種火をくれ。イベント頑張りましょうね!新規様もお待ちしております!)

1464: 両儀式 [×]
2020-05-07 02:57:27

<御影尋

はぁ……コクトーみたいなコト言いやがって…。
分かった,着いてってやる。
(生前の知り合いに似たコトを相手が言い,そして微妙ではあるがその目つきも柔らかく,似ていて,渋々と言う形で相手の手を取って,着いてってやると仕方なく言い。
そして食堂への道を相手と歩きながら,好物というか,食べていて一番良かったもの,を挙げる事にし。
「ハーゲンダッツのストロベリー」と答えて。)


(アッアッアッ,こちらも現在異聞帯攻略中でございます,景虎サン再臨終わって,あとはレベル上げ………
種火欲しいですねえ…ロムルス様とジャックちゃんの育成が終わってないんですよぉぉ…)

1465: フレディー [×]
2020-05-08 08:07:40

(/参加希望です!キャラはギルガメッシュ王(出来ればアーチャー)で参加したいのですが....)

1466: 御影尋 [×]
2020-05-08 19:19:42

>>両儀式
…贅沢なチョイスですね、嫌いじゃあないですよ
(そっと重なった手に、僅かに満足気に目元を緩めて食堂への道を進む。嗜好品として名高いアイスの名前に、冷蔵庫に高価なそれは残っていただろうか…と漠然と考えつつ「自分はバニラ派です」だなんて。人間らしい体温をにぎにぎと手を通して実感しながら、見えてきた食堂へ手を引いて中へと踏み込んで)

(/アッアッアッ…レベリングお疲れ様です。種火…本当に種火…種火くれくれマンですどうも…イベントで絆レベルが上がるのが有難くて最近はマシュを連れてぐるぐるしています…へへっ)

>>1465
(/背後様!参加希望ありがとうございます、とても嬉しいお申し出、喜んでキープをさせていただきます。詳細が>>1>>2>>3>>5にございます、ご確認の程よろしくお願いいたします!プロフィールのご提出をお待ちしております)

1467: アルジュナ(弓) [×]
2020-05-08 20:57:19



(/
遅くなってしまい、申し訳ございません!!( スライディング土下座 )返せる余裕が出来ましたのでお返事致します!申し訳ございませんが、今後もこれだけ遅くなるかと思いますので、誠に勝手ながら御影尋、アンリマユのお2人にのみ御相手して頂きたく…!宜しくお願い致します…!( 土下座 ))


>1251
(だいぶ前にはなりますがこのお返事になります。)

>御影尋
このくらい大怪我でもないですし、大丈夫ですよ。それよりも貴女を護れて良かったです。
( 無傷でカルデアの元に帰れるなど己は思ってはおらずに。役目、と言われてしまえば何を言い返せず、こちらに背を向けた彼女に対して苦笑した表情浮かべながらも行きましょうか、とその道をまた進んでゆき。 )

(/
本当に遅くなってしまい申し訳ございませんッッ!!( 土下座 )クレームブリュレを我慢させてしまいましたね!( ぐすん )食べに行きましょう!( ふんす ))


>1252
(だいぶ前にはなりますがこのお返事になります。)

>アンリマユ
昔の事?ふむ、…やはり私はカレーにします。辛口でお願いしましょう。
( 嫌な声をあげる程なのだからこれ以上は踏み込まないでおこう、と昔の事は聞かずにいて。そのまま己もメニューを見つつ、インド出身ということもあり上記を呟き。 )

(/
遅くなってしまいました!!( 土下座 )また御相手して頂ければ幸いです、!( こくり )hollowは見てないのでよく分からないんですけどださいというのは知ってますよ!( こら )まだ未だにアンリマユ君来ないですよ。( ぷんすこ ))




1468: 両儀式 [×]
2020-05-09 02:36:29

<御影尋

…贅沢…か。
(給料もロクに払われてなかった割にはハーゲンダッツを持ってきたり、そんなお節介な知り合いのことを思いぽつりと言葉を零すものの相手の次いだ言葉に引き戻され、相手の報告に、「そうか」と端的に返すことしか出来ず。
そして握られた手の感触を英霊ながらに感じると。
…暖かい手だ、と思い、そのまま踏み込んで行って)

(レベリングって言うほど周回してませんけどね…。
種火はあればあるほどいいですよねぇ…イスカンダルも質よリ量って言ってますし。
最近はファイナル本能寺の一通り周回が終わって宝物庫をジャックちゃん連れてグルグル回っております…)

1469: 御影尋 [×]
2020-05-16 13:47:00

>>アルジュナ
今度は、もっとちゃんと…レイシフトからしっかりします
(本当に怪我をさせる気がなかったのだけれど、だって貴方はカルデアのサーヴァントだから…仮のマスターを怪我を負ってまで守らなくても良いのに。それでも、近くで戦いを見れたことが、隣に立てたことが嬉しい…から「また、こんな自分ですが、一緒に来てくれます?」と見えてきた霊脈、本来であればレイシフトすべきだった場所へ足を踏み込みながら小さく問うて)

(/お返事ありがとうございます!いいんですよぉ…健康でいてくださることが何よりの報せです…大変な御時世ですが無理はなさらず!これからもまったりよろしくお願いします!)

>>両儀式
…さあ、漁りましょう
(きっと、普通の英霊たちとは少し違うのだろうということは…貴女のことをまだ調べていない今でも分かる。少しずつ知ればいい…資料なら沢山あるから。貴女の手を握ったまま、食堂に居る人々の視線を避けるようにして奥へと…「見つかると色々と言われちゃうので」と悪戯っぽく少し口角を上げて、そのまま片手で冷凍庫の扉に手をかけ)

(/イベントが終わってしまう…終わってしまいます…ぐすんぐすん。未だに絆レベルの為にマシュとぐるぐるしてます…種火は無くとも素材は欲しいですしね…ぐるぐる…)

1470: 両儀式 [×]
2020-05-16 15:57:18

<御影尋

…あぁ、わかった。
(食堂に入った瞬間に人目に付く事は避けれないため、自分の魔眼を禍々しく光らせて、黙って見逃せ、と睨みつけて何とか英霊さえも強引に黙らせるというか、見逃してもらうと、このマスターは真面目とは言い難いのだろう、と判断すると断る理由もなく、相手が冷蔵庫に手をかけると、「先に取れ」、と少し周りを警戒しながら言って。)

1471: 御影尋 [×]
2020-05-16 21:10:45

>>両儀式
…此処にいる人たちは、皆、いい人ですよ
(目立つのだと思う。貴女の容姿は、本当にそれだけ見れば自分の姉妹にいてもおかしくはないくらいだろうから。だから…威嚇するように周りを見回す貴女の手を離すように緩め、その手に取り出したストロベリーアイスクリームのカップを置こうと。「だから、そんなに怖い顔をしなくても大丈夫です。何かあっても、私は貴女たちを存在させる為に在る…はい、どうぞ」と、自分はバニラを)

1472: 御影尋 [×]
2020-05-17 14:45:44

(/ロード・エルメロイⅡ世の事件簿を観始めました…しんどい…最初からクライマックスで…ぐすっ…イベントお疲れ様でした…!)

1473: 御影尋 [×]
2020-05-18 22:50:06

(/寒暖差が激しい今日この頃、皆様体調にはくれぐれもお気を付けて…!新しい参加者様もお待ちしております!)

1474: 両儀式 [×]
2020-05-19 19:51:09

<御影尋

…あんたが言うなら、そうなんだろうな。
(英霊は全てが善性とは限らない、マスターを裏切る英霊だっているはずだ、何より自分は、1秒でも長く現界しなければならない理由がある。故に警戒をするが。
自分の姿を見直すと、やはり自分の、赤の革ジャンに着物、というアンバランスな服装はやはり良くも悪くも目立つ、そして今までいなかった人物、加えて気配遮断、もしかしたら英霊として見られていないかもしれない、そう考えを巡らせるが、自分のマスター、お人好しに似た性質なヤツの言葉では安心は出来ないが確信は得、アイスのストロベリーを掌に置かれると、「オレの顔は怖いか?眼に少し力を入れた程度だぞ?……ま、その言葉を信じるさ」
ついでに、サンキュ、と少し気が軽くなったようで今更昔の自分だったものの口調を少し真似て答え、アイスを受け取って)

(Faterequiemコラボですねえ、果たして鯖は何人、そして配布鯖、スキル、宝具はどうするんでしょうか、1巻しか出てないらしいですし。)

1475: アンリマユ [×]
2020-05-21 00:03:16


(/皆様お久しぶりです!バタバタしてますがとりあえず元気です!生きてます!帰って来れて良かったぁ…( びえびえ )お返事遅くなりましたがお返ししていきますね。)

御影尋.

!いけません尋さん。お体に障りますからどうかお部屋に…、
(管制室を出てすぐ、扉の前でうずくまっている貴女に気づき血相を変えて近づき。彼女の体調は勿論、聞き及んでいてドクターじゃなくても部屋で休んで欲しいと思うのは至極当然なこと。肩に触れようとして、手に持っている書類の存在に気がつけば見えた文面で彼女がこんな所に居る理由も察して。隣にしゃがみ「あの…!よかったら一緒に来ていただけませんか?先輩、尋さんのお顔見たらきっと喜ぶと思います、勿論アンリマユさんも!」力になりたい一心で考えた末にモニター越しでの会話を提案。どうでしょう?と小首傾け、)

(/お久しぶりです!孔明が居ないなら彼一択で…ジャンヌも最強要塞ですし…迷いますよね!そしてアンリ召喚おめでとうございますー!!( ドンドンパフパフ )種火注いで、マイルームに連れ込んで突っつきまくりましょうね~~
やりとりのほうですが、アンリが不在なので一時的にマシュを投入させていただきました。タイミング見てバトンタッチしますのでお付き合いお願いします。)


両儀式.

有り得ないものが見える目を、魔術の世界じゃ浄眼って言うんだよ。人によっては考えてることが色で読み取れる奴もいるんだってさー。
(蓄えた知識の引き出しをあけ自身の知っている範囲で浄眼について教えてやり。それから再度の質問に、そもそも強力な英霊が揃い踏みなカルデアで自他共に認める最弱サーヴァントをわざわざ連れてく物好きは少ない旨を話し、続いて魔眼開きっぱなしの貴女に「戦場じゃないんだしその目OFFにしようぜ。正直、飯時に見るものじゃないと思うんですよねー。」生前、受けた数々の罰の痕跡が見えているのなら、貴女の精神に、瞳に多大なる負荷を掛けているんじゃないかと思わず気遣い、)

アルジュナ.

ハンバーグとご飯と味噌汁ちょーだい。お兄さんにはカレーよそってやって、辛さは辛口で!
(配膳口にて厨房を担当してるサーヴァントに2人の注文をまとめて伝えて。料理が運ばれてくるのを待っていると、厨房からふわふわの尻尾が見えたかと思えばタマモキャットが顔が見えデザートにゼリーと杏仁豆腐を作ったが、どちらが良いか聞かれ。自分はゼリーより甘さ控えめな後者を選び。「英雄サマは?牛乳って辛いの中和してくれるらしーよ。」見上げながらカレーを頼んだ貴方にそんなことを教え、)

(/大丈夫ですよ~、今年はイレギュラーなことばかりで大変ですよね。hollowやりましょう!?ギャグゲーかと思いきやめっちゃ泣ける神ゲーなんで…やってくれださい( 命令形 )お呼びと聞いて即参上って言っておいて全然来ませんよね、嘘つき!( 笑 )
 

1476: 御影尋 [×]
2020-05-21 22:40:49

>>両儀式
…怖くは無いですよ。自分は貴女より表情筋が仕事をしないので、たまに怖がられますし
(貴女が何か特別なのは分かる、英霊としてここに居るのだから。ただの人間でないこともわかっている、けれど…近しい存在に思うことくらい罪にはならないだろう。お礼に目元を微かに緩め、どういたしましてと小さな声で返しては「さあ、それでは隠し持ったまま此処からトンズラしましょうか」と再び貴女に片手を差し出して。向かう先はどこでもいい、貴女ともう少しゆっくりと…甘い物でも食べながら話がしたい)

(/おおう…コラボ楽しみ半分、また地獄の周回になるのかと思うと恐怖半分ですがね!!!コラボまで大人しく待ちます…ふふ、楽しみですねぇ色々と!)

>>アンリマユ
_あ…マシュさん
(床と壁は冷たくて、傷のせいか少し熱を持った身体を冷やしてくれるようで心地が良い。じっと、眠るように座っていれば聞こえた声に顔を上げ視界に入った心配そうな顔に困ったように眉尻を下げて。隣から聞こえる優しい声…困らせる気は無かったのだけれど、と小さく笑ってゆっくりと立ち上がり。彼はきっと、何でここにいるのかって、それから勝手に起きるなって…今は声が聞ければそれだけで良い。「…是非、ご迷惑で無いのなら」と少し汗の滲んだ頬を服の袖で拭って、マシュへ手を差し出して)

(/背後様お疲れ様ですー!結果的にヴラドさんをお招きして、宝具を上げました…へっへっへ、今はアンリマユをマイルームで可愛がってます(語弊がある)また、絡み文もありがとうございます。度々ご配慮いただいて…本当にありがとうございます。引き続きよろしくお願いします!)

1477: 両儀式 [×]
2020-05-22 22:45:51

<御影尋

おまえは出せないヤツか。
……オレも、おまえが怖いとは思わない。
(現界している英霊と、そのマスターは繋がりさえ深けど、存在としてはかけ離れている存在、だからこそ、相手は自分と近くて遠い、しかし、少しぐらい、知人と似ているからという理由で親しくしたって問題ないだろう。
「…わかったよ、マスター」
差し出された手をとると相手のノリに付き合うことにし、ただ笑うことはせず、呆れたように。
知人の穴埋めとして付き合うようで申し訳なさを感じてしまうものの、相手は相手だと区切ると少なくない視線を浴びながら、手を繋いで食堂から歩み出て)

(流石に時限クエスト…でしょう、たぶん。交換アイテムに卵や塵あると嬉しいですねー、私はガチャを引きます。当てます)

<アンリマユ

オレは魔術とかは全く知らない、わからない、だけど、有り得ないものを見る眼がジョーガンって言うなら、オレの眼はジョーガンだ。
(相手から教えられた知識に最低限の理解を示し、相手の言うジョーガンに自分の目は当てはまっている、それは間違っていない。
相手の戦えない理由に周りを見渡してすぐに理解し、大英雄がいるなら弱い英霊は当然使われない、と当たり前の納得をして。
続けられた言葉は正しく、今現在英霊の身とはいえ、相手のおぞましい数の線を見ていると負担がかかり、しかし止めない理由があって。
「死の線は早めに見た方が断ちやすい」と、まだ周りを信頼していないことを顕にし、どこを断てば殺せるか、咄嗟に見るのは難しいため今のうちに見て覚えた方がいいと言って。)

1478: 御影尋 [×]
2020-05-23 21:58:18

>>両儀式
…それは、良かったです
(貴女の過去はきっとこれから嫌でも知ることになる。だから、きっと貴女のその呆れたような、少し困ったような声の理由もいつか分かることなのだろう。過去を知りたがるのは、生き物の悪い癖だ。「そうでした、貴女の部屋へ案内を…」と手を引きながら、手の中でじわじわと縁の柔らかくなるアイスの冷たさを感じて肩越しに貴女を見遣り。仮初の平和を願う自分を、いつか貴女も幻滅するかもしれないけれど…それはそれで構わない。微かに目元を緩めて)

(/であって欲しいですね…本当に…へへっ…頑張りましょうね…へへっ…/蹴推奨)

1479: 両儀式 [×]
2020-05-23 23:49:07

<御影尋

……。
(相手にそう答えられてしまうと会話が潰え,こちらから振る話題もなく,そもそもそこまで話す意味も感じず,黙ってしまって。
このマスターはまさか英霊個人に部屋を用意しているのか,と思い相手の顔に目線を移すとその目が緩んでいて,へらへらするアイツよりかは何倍もマシだ,と考えて,そのまま引かれるがまま相手に引っ張られていき。
自分が1秒でも長く現界したい理由,それは世界を救うだとか善のモノじゃない,ただ,それだけは知られたくない,この,知人ととある部分を除けば瓜二つな女に,見限られたくはない,と今更感じて。
「……分かったから強くひっぱるな」
考えの片手間に,また呆れたように返事をし。)

1480: 御影尋 [×]
2020-05-24 21:03:41

>>両儀式
…すみません、つい
(少し強引だっただろうか?と思ったところで、貴女のどこか達観したような、懐かしむような何かに触れた気がして繋いだ手はそのままにペースを落とし。こんな見習いのところへ召喚されて、戦いだって満足に出来ない自分はいつ見限られるか分からないけれど…それでも構わない、彼女も含め自分の傍に居てくれる英霊達が今を楽しめるのならば…きっと。と、辿り着いた部屋の前「ここです、ここ。お好きに使ってくださいね」と握っていた手を緩め、扉を指差して)

最初 [*]前頁 次頁[#] 最新 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]版権(元ネタあり)なりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle