TOP > 1対1のなりきりチャット

【相互夢】愛という名の厄災を【魔法使いの約束(まほやく)】/34


最初 [*]前頁 ▼下へ
自分のトピックを作る
15: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-05 19:39:37


《カイン》
そうか…。あー…こんな事聞くのは失礼かもしれないが…ご両親か?
(溜息をつき、毎日見に行きたいと言う彼女を見ては、失礼だと分かっているが恐る恐るご両親か…と尋ねてみて。それから少し間を開けて「…その花の様子を見に来るのも良いが…俺の様子を見に会いに来てくれないのか?」と花の様子を見に来るのも良いが自分に会いに来てはくれないのかと尋ねて。彼女の質問を聞けば嬉しそうに頷いて「俺もアリアの話が聞けたら嬉しいから大丈夫だ。それに俺はアリアと居るだけで楽しいから」と自分も話が聞けたら嬉しいから大丈夫だと伝えては、付け加える様に彼女と居るだけで楽しいからと微笑んで。むしろ嬉しいと聞けばニカッと笑い、彼女の手を痛くない程度に握っては「そうか!それなら良かった!」と嫌じゃないなら良かったと述べ、口を押さえている彼女に「…慌て過ぎ」と揶揄うように笑って。カインが相手だからかな、と聞けば「嬉しいことを言ってくれるな」と微笑んでは、「…男として光栄だ」と真剣な表情を浮かべて彼女の手の甲に軽く唇を押し当てて。)




《レティシア》
…まぁ、私は屋敷で読書してる奴だからね
(痛いじゃすまないと聞けば、北の国の魔女にも関わらず屋敷で本を読んでいる者だからと口にして。彼の言葉の意味が分かったかのように「…ありがとね、心配してくれて。案外、優しいのね」と心配してくれてありがとう、と心配してくれた事に対して礼を伝えて。偶然を強調する彼が可愛らしく感じるが、可愛いなどと伝えては怒るだろうと思い「まぁ……オーエンも北の国の中じゃ強い方だしね。…あの時のオーエンには会えないって思うとちょっと残念」と彼も北の国の魔法使いの中では強い方だからと口にしては、少し眉を下げて初めて会った時の彼を思い出してあの時の彼に会えないのは少し残念だと述べ。どんな傷かは教えてあげない、と舌をベッと出した彼に「…それだけの威勢があれば大丈夫そうね。…まぁ、無理に聞きはしない」と怪我をしているのにそれだけの威勢があれば大丈夫そうだと呟いては、彼が教えたくないと言うのなら無理に聞き出すのも失礼だと思い無理には聞きはしないと伝え。彼が立ち上がったのを見て自身も立ち上がって。治してと言われれば「はいはい。…その状態で箒は乗れる?」と返事をしては、彼を見てその状態で箒は乗れるのかと聞いて)




16: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-05 22:08:11



〈 アリア 〉
…うん、ちょっとね。母さんも父さんも中央の国に行くのあまり良く思ってなくて…。
(ご両親かと尋ねられると眉を下げ苦笑し、両親が中央の国に行くのを良く思ってないと伝え。誤解されないように「でもカイン達に会うなとは言われてないよ。」と伝え。俺の様子を見に会いに来てくれないのかと尋ねられると「カインにも会いに行きたいけど、そうしたら勘違いされるんじゃないかな…。」と周りにもしかしたら勘違いされてしまうんじゃないかと少し申し訳なさそうな表情で述べ。アリアと居るだけで楽しいからと聞くと嬉しそうにニコッと笑うと「私もカインと居るだけで楽しいよ。」と自分も同じだと伝え。彼に手を握られると驚いた表情を浮かべ、慌てすぎと聞くと恥ずかしそうに頬を染め、「だ、だって…」と言い訳しようと思うも言葉が思い付かず。手の甲に軽く唇を押し当てられると外という事もあり、慌てると「誰かに見られちゃうよ。」と述べ)


〈 オーエン 〉
ずっと外に出ないわけでもないでしょ。……こうして外にも出てきてるんだから。
(私は屋敷で読書してる奴だからと聞くとずっと外に出ないわけでもないだろうと述べ、彼女を見つめるとこうして外に出てきてるんだからと付け足し。お礼を言われ案外優しいのねと言われれば照れ隠しするようにそっぽを向いて「……暇つぶしになる話し相手が居なくなるのが嫌なだけだよ。」とあくまで話し相手が居なくなるのが嫌なだけだと述べ。あの時の彼に会えないのは少し残念だと聞けば彼女の顔に自分の顔を近付けると「ふーん…今の僕じゃ満足出来ない?」と少し彼女を揶揄うように尋ね。無理に聞きはしないと聞くと満足げに口角を上げ。その状態で箒に乗れるかと尋ねられると「そのぐらい平気。」と言って箒に跨り。彼女の方を見ると「もし箒から落ちたら何とかして。」と冗談なのか本気なのか分からない事を述べ)



17: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-06 08:35:59



《カイン》
まぁ、未だに魔法使いって事で嫌われる事は多いからな…
(中央の国に行くのは良く思ってない、と聞けば未だに魔法使いに対して良く思ってない者が多いと述べて。会うなとは言われてないと聞けば嬉しそうな笑みを浮かべ「それは良かった。アリアに会えなくなったら寂しいからな」と彼女の両親に会うなと言われていたら、彼女と会えなくなるので良かったと伝えて。申し訳なさそうな顔をし周りに勘違いされるんじゃ、と言う彼女に「…勘違いされなきゃ良いのか?」とキョトンとした顔で勘違いされなければ良いのかと尋ねて。居るだけで楽しいと聞けば声を出して笑い「ハハッ、同じだな」と同じ気持ちだなと伝えて。彼女の反応があまりにも可愛くて思わず笑ってしまいそうになるが堪えて「悪い、悪い。でも、慌てる姿も可愛いと思うぞ」と悪びれることもなく謝れば、慌てる姿も可愛いと伝えて。クスっと笑えば「…見せつけてやれば良い」と目を細めて見せつけてやれば良いと述べ。少し間を開けては「…なんてな!」と彼女の手は離さずに、顔だけ彼女から離して)





《レティシア》
…まぁ、それでも興味があったらだけどね
(ずっと外に出ないわけではないだろうと言われれば、「まぁね」と軽い返事をして。こうして外にも出てきてるだろうと聞けば、それでも興味が湧いたときだけだと述べ。そっぽを向いて、暇つぶしになる話し相手が居なくなるのが嫌だと聞けば「そう。…それでも、そう思ってくれてるのは…嬉しい…のかな」とそれでもそんな風に思ってくれてるのは嬉しいと思うと伝えては小さく微笑んで。顔が近くなった事にキョトンとした表情を浮かべて、満足できないのかと聞かれれば揶揄われていることに気付かず「…いや、そんな事はないけど。まぁ、私も暇つぶしくらいにはなるし満足かな」と自分も暇つぶしくらいにはなるから満足だと伝えて。平気だと聞けば自身も箒に跨って。箒から落ちたら何とかしてと言われれば「えっ…。…まぁ、出来る限りのことはするけど…」と出来る限りの事はすると伝えて)




18: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-06 15:04:19



〈 アリア 〉
…早く魔法使いの悪いイメージが消えると良いね。
(ふと中央の国に住んでいた頃の事を思い出すとそう簡単に消えるわけじゃないのは分かっているものの、悪いイメージが消えると良いねと述べ。会えなくなったら寂しいと聞くと悪戯っ子のような笑みで「もし会っちゃダメって言われても小さい頃みたいに内緒で会いに行くけどね。」と小さい頃内緒で会いに行った時のように会いに行くと伝え。勘違いされなかったらいいのかと尋ねられると小さく頷いて、「勘違いされたらカインは迷惑でしょ…?」と尋ねて。同じだなと聞くとはにかんで頷き。慌てる姿も可愛いと思うと聞くと頬を真っ赤に染めて「…それ、他の女の子だったら勘違いすると思うよ。」と自分も勘違いしてしまうがその事は言わず、他の女の子だったら勘違いすると伝え。なんてな、と聞くと「は、早く花の手入れしに行こ!」と照れ隠しで早く行こうと急かし)


〈 オーエン 〉
ふぅん…。魔法舎には来ないの?
(興味があったらだけど、と聞くと短く返事をし。そういえば中央の国で彼女とたまたま会えば話しているが魔法舎に来た所を見た事が無く、それも興味が湧かないからかと考えると話題を変えて魔法舎には来ないのかと尋ねて。嬉しいのかなと言って小さく微笑んだ彼女を見るとドキッとするも、胸が高鳴った理由が分からず反応が遅れ、「……だから、勝手に消えたりしないでよね。」と勝手に消えたりするなと上から目線で伝え。予想外の反応と発言で一瞬ポカンっとするも、流石に照れるんじゃないかと思っていた為か少しだけ残念そうに小さく息を吐き、彼女から顔を離しては「じゃあ、これからも暇つぶしに相手してあげる。」と口角を上げてはこれからも暇つぶしの相手をしてあげると伝え。出来る限りの事はするけど…と聞くと「…冗談だよ。レティシアの屋敷まではちゃんと自分で飛ぶよ。」とさっきのは冗談だと伝えては箒で先に上がって彼女を待ち)



19: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-06 19:40:00


《カイン》
そうだな。そうしたら…きっと傷付く魔法使いや魔女は減ると思うし頑張らないとな
(早く魔法使いの悪いイメージが消えると良い、と聞けばゆっくりと頷いて。そうしたら、彼女や自分の様に魔法使い、魔女と言うことを隠さずに過ごせるだろうと思い頑張らなければと意気込んで。小さい頃みたいに、と聞けば自分達が小さかった頃を思い出して「ハハッ、じゃあその時は昔みたいに俺とアリアだけの秘密だな!」と内緒で会いに来るようになったら幼い頃のように自分と彼女だけの秘密だと笑いながら述べ。付け足すように「まぁ、あんまりそんな事は起きない方が良いんだがな…」とそんな事は起きない方が良いんだがと述べ。迷惑だろうと聞かれれば首を横に振って「俺はむしろ嬉しい。…あ、いや、噂で終わるよりか、ちゃんと現実になれば更に良いんだがな…」と自分はむしろ嬉しいと伝えては、ボソボソと噂で終わってしまうよりか、噂が現実になった方が嬉しいと呟いて。頬を真っ赤にさせている彼女に「…アリアは勘違いしてくれないのか?」と首をかしげ勘違いしてくれないのかと尋ねて。クスクスと笑い「それもそうだな。早くしないと日が暮れる!」と目的の場所へと足を進め)





《レティシア》
魔法舎は、フィガロとオズ居るし…面倒なことになったら嫌。新しい賢者様には会ってみたいけど
(魔法舎には来ないのかと聞かれれば、気不味そうに目を逸らして魔法舎にはフィガロやオズが居るから面倒なことになったら嫌だと述べては、噂で聞いた新しく来た賢者様には会ってみたいと伝えて。勝手に消えたりしないでよね、と聞けば頷いては「…うん、分かった。…オーエンも勝手に消えない?」と分かったと述べ。少し間を開けては、厄災と戦っている彼に聞くのもアレだが勝手に消えたりしないのかと尋ねて。何故残念そうにしているか分からないが暇つぶしに相手してあげると聞けば「ありがとう。…じゃあ、お礼にオーエンが暇つぶしの相手してくれるときは何か甘い物作っておく」と礼を述べ、暇つぶしの相手をしてくれるときには甘い物を作っておくと伝え。自身も箒で上に上がり「…本当に無理なときは言ってね」と本当で無理な時は言ってほしいと伝えて)



20: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-06 21:14:38



〈 アリア 〉
そうだね。…皆も協力して貰えたら良いんだけど…。
(頑張らないとなと聞くと微笑み、頷くと返事をして。少し間を開けるとそうなる為には他の魔法使いや魔女にも協力して貰えたら良いんだけど…と呟くも、中々そう上手くいきそうにもないなと考えると苦笑いを浮かべ。秘密だと笑いながら述べる彼を見ると自分も笑みを浮かべて頷き。そんな事は起きない方が良いんだがと聞くと苦笑いを浮かべ、「きっと大丈夫だよ。そこまで厳しい家でもないから…。」と自分の家はそこまで厳しくないから大丈夫だと伝え。むしろ嬉しいと聞き、その後に彼が呟いた言葉が聞こえると「え…?」と目を見開いて頬を赤く染めては聞き返して。勘違いしてくれないのかと尋ねられると「……勘違いしていいの?」と少し間を開けて尋ね。目的地に着くと少し辺りを見渡して「最初は雑草抜きかな…。」と呟き)


〈 オーエン 〉
……じゃあ、此処に連れて来ようか?屋敷の中なら賢者様も安全でしょ。
(フィガロとオズが居るから面倒な事になると嫌と聞き、新しい賢者には会ってみたいと聞くと暫く考え込み。思い付いたのか彼女を見つめるとそれならば賢者を此処に連れて来ようかと尋ねて。付け足すように屋敷内なら賢者も安全だろうと述べ。オーエンは勝手に消えないかと尋ねられると小さく頷いた後、「…絶対に、とは言えないけど。」と絶対に消えないという約束は出来ない為、濁すようにそれを伝え。相手をしてくれる時は何か甘い物作っておくと聞けば甘い物が好きな自分にとっては嬉しい事で心做しか嬉しそうな表情をし。唯、素直にお礼は言わず「作る時はとびっきり甘くしてよね。」とお願いしておき。本当に無理なら言って欲しいと聞くと「……分かったよ。その時は言う。」と素直にその時は言うと伝えては屋敷の方へ飛び始め)



21: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-07 09:10:52


《カイン》
まぁ、それが難しいんだよな…
(皆にも協力して貰えたら良いんだけど、と聞けば魔法舎に居る魔法使い達を思い浮かべて難しいんだよなと自身も苦笑して。そこまで厳しい家でもないと聞けば首を縦に振り頷いて「アリアを見てたら分かるさ。優しい人たちなんだろうな、って思う」と彼女を見てたら分かると述べては、彼女と同じように彼女の家族も優しい人たちなんだろうと述べ。目を見開いて頬を赤く染めている彼女の手を痛くない程度にもう1回握っては「…俺は噂で終わるより、現実になってくれた方が嬉しい。…アリアは?」と自分は噂で終わってしまうより、現実になったほうが嬉しいと述べては、彼女はどうなのかと尋ねて。勘違いして良いのかと聞かれれば「あぁ、アリアにならされたい」と彼女になら勘違いされたいと述べ。雑草抜きと聞けば「…最近、サボってたからな…」と最近は忙しかったのもありサボってたからなと述べ)



《レティシア》
…本当に良いの?スノウ様とかホワイト様に何か言われるんじゃないの?
(連れて来ようかと聞けば少しキョトンとして。まさか彼が、そんな事を言うとは思っていなかったので驚いて。これで珍しい、とでも言ったら機嫌を悪くするのではないかと思えば、間を開けて本当に良いのかと聞き返しては、双子に何か言われるのではないかと心配して。彼の言葉を聞けば「分かってるよ。…魔法使いだし、約束も魔力失うからやりたくないし」と分かっていると頷いて、自分達魔法使いは、約束が守れなかったら魔力を失うからしたくはないと述べて。とびっきり甘くしてよね、と聞けば「はいはい。とびっきり甘くね」ととびっきり甘くを復唱して。彼の言葉を聞けば「…それなら良いけど…」と独り言のように呟いては、自身も屋敷に向かって飛んで。屋敷に付いて箒から降りては「…歩ける?」と屋敷の扉を開けながら歩けるかと聞いて)



22: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-07 16:15:04



〈 アリア 〉
やっぱりそうだよね…。
(難しいんだよな…と聞くと思い当たる数人の魔法使いの顔が脳内に思い浮かぶと苦笑しながらやっぱりそうだよね…と述べ。優しい人達なんだろうなと思うと聞けば自分が褒められたように嬉しそうな笑みを浮かべ、「ありがとう。ちょっと心配症な所もあるけどね。」と幼い頃に人間に魔法使いとバレてから心配症になってしまった両親が頭に過ぎると困ったような笑みで述べ。現実になった方が嬉しいと聞き、聞き間違えでは無かった事と彼と同じ思いだった事に思わず涙が出そうになり。どうなのかと尋ねられると「…私も現実になった方が嬉しい。」と彼の手を握り返して答え。勘違いされたいと聞くと頬を赤く染め、「分かった、勘違いする…。」とボソボソ呟いて。きっと忙しかったのだろうと思うと「忙しかったんでしょ?なら仕方ないよ。」と言って早速雑草抜きを始めて)


〈 オーエン 〉
少しなら何も言われないでしょ。怪我させたらうるさいかもしれないけど。
(何か言われるんじゃないかと尋ねられると少しの時間なら何も言われないだろうと述べ。怪我させたら色々言われそうだと思うと付け足すように怪我させたらうるさいかもしれないと言って。目を逸らすと「…あの2人が魔法舎に同時に居ない時なんて少ないし連れて来るしかないでしょ。」と連れて来る理由を述べて。約束が守れなかったら魔力を失うからしたくはないと聞くと少し間を開けて「…まぁ、殺 されない限り勝手に消えたりしないよ。」と他の魔法使いに殺 されない限り彼女の前から消えないと珍しく彼女を安心させるように伝えて。とびっきり甘く、と復唱する彼女を見つめてから目を逸らすと「……期待してるから。」と独り言のようにボソッと呟いて。彼女に続いて箒から降り、歩けるかと尋ねられると「歩けるよ。」と短く返事をして屋敷に入り)



23: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-07 20:27:56


《カイン》
まぁ、でもちょっとずつ打ち解けてきてるとは思うんだよな…
(難しいとは言ったが、打ち解けるのが難しい魔法使いとも少しずつではあるが打ち解けてきていると思うと述べ。心配症な所もあるけどと聞けば「それは、アリアの事思ってだろう?俺が同じ立場だったら、同じように心配したと思う」とアリアの事を思ってだろうと述べては、自分も彼女の両親と同じ立場だったら同じように心配したと伝えて。彼女の反応に自分も嬉しくなってニッコリと笑みを浮かべて。少し間を開けて「…この後、用事が済んだら…ちょっと付き合ってくれるか?ちゃんと伝えるから」と真剣な眼差しで用事が済んだらちょっと付き合ってほしいと伝えては、ちゃんと伝えるからと理由を述べ。勘違いすると聞けば満足そうな笑みを浮かべて「あぁ、そうしてくれ」と彼女の頭を撫でて。彼女が雑草を抜き始めたのを見て自分も雑草を抜き始めては「…そう言ってもらうと助かるよ」と苦笑して)




《レティシア》
まぁ、魔法使いを従える役割もってるんだから当たり前か
(怪我させたらうるさいかも、と聞けば賢者と言うのは魔法使いを従える役割をもっているのだから当たり前かと述べ。連れてくるしかないでしょと聞けば目を丸くして「そこまで考えてくれてるなんて…本当に珍しい…」と先程まで失礼だと思い口にしないように気を付けていたが、ポロッと本音をこぼして。殺 されない限り勝手に消えないと聞けば頷いて「うん。…オーエンは、強いもんね。だから、って言うのもあるけど…オーエンだから信じられる」とオーエンは強いもんねと微笑んで。強いから、という理由で信じているのもあるがオーエンだから信じられると述べ。彼の言葉が聞こえ「…うん。ネロ…って言う人には敵わないと思うけどね」と頷いては、色んな魔法使いから聞いたネロと言う魔法使いには料理の腕は敵わないと思うけどと述べ。彼が屋敷に入ったのを見て「適当に座って。一応、包帯も用意しておくか…」と適当に座ってくれとお願いしては、独り言のように包帯も用意しておくかと呟いて)



24: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-08 04:52:48



〈 アリア 〉
そっか、それなら良かった。ちょっと気になってたんだよね。
(少しずつ打ち解けてきてるとは思うと聞けば微笑みながら良かったと述べ。密かに打ち解けられているのかと気になっていた為、その事を伝え。自分も両親と同じ立場だったら同じように心配したと思うと聞くと「でも今は心配されるような事はしてないよ。此処まで来るのに人気が無い所を通ったり、何かあったらの為にちょっと高めに空を飛んだりしてるから。」と彼を安心させるように今は何かしらの対策はしていると伝え。用事が済んだらちょっと付き合ってほしいと聞き、その理由を聞くと小さく頷いて「分かった…今日はこの後に予定も無いから大丈夫だよ。」とこの後予定は無い為大丈夫だと伝えて。そうしてくれと言い頭を撫でられると少しはにかみながら頷き。そう言って貰えると助かると聞くと「忙しいのに任せてばかりでごめんね。なるべく此処に来れるように母さん達にも相談してみるよ。」と少々申し訳なさそうに謝ると、なるべく此処にも来れるように相談してみると述べ)


〈 オーエン 〉
まぁ、無断で此処に連れて来ても何人かにうるさく言われるだろうけど。
(魔法使いを従える役割を持っているんだから当たり前かと聞くと「あれでもね。」と短く返事をし。自分は魔法舎に居る魔法使い達には言わずに賢者を此処に連れて来るつもりだが、無断でも数人に口うるさく言われそうだと目を伏せながら呟き。本当に珍しい、と聞くとじとーっと彼女の事を見ると「……あの2人が居る時に魔法舎に連れて行っても良いんだよ。」とオズとフィガロが居る時に魔法舎に連れて行っても良いんだぞと半分脅しに近い事を述べ。オーエンは強いもんねと聞き、目を逸らすと「…褒めてくれなんて頼んでない。」とボソッと呟いて。オーエンだから信じられると聞けば目を逸らしたまま「……まぁ、レティシアは僕と同じぐらい強いし、僕も一応信用してるよ。」と素直に信じてると言わずに一応信じてると伝え。ネロと言う人には敵わないと思うけど聞けば「敵うか敵わないかは食べてからじゃないと分からないよ。…流石に消し炭は作らないでしょ?」と少し間を開けると流石に消し炭は作らないだろうと尋ね。適当に座ってとお願いされると「分かった。」と返事をして近くの椅子に座り彼女の事を待ち)



25: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-08 08:29:31


《カイン》
…そうなのか?何か悪いな…
(ちょっと気になってたんだよね、と聞けば目を丸くして驚いては、そうなのかと聞き返して。自分の事に気を使わせたのでは、と思い何か悪いなと呟くように述べて。彼女の言葉を聞いてホッと息を吐いては「それなら良かった。それでも、気を付けろよ?もしかしたら、他の魔法使いや魔女に何かされるかも知れないからな」とそれなら良かったと目を細めて。それでも気をつけてほしいと伝えては、もしかしたら他の魔法使いや魔女に何かされるかもと心配して。大丈夫だよ、と聞けば「それなら良かった」と微笑んで。彼女が謝るのは違うと思えば「いやいや、アリアが謝ることじゃない。…でも、アリアが来てくれるなら嬉しい」と謝らないでと述べては、間を開けて彼女が来てくれるなら嬉しいと述べ)



《レティシア》
…無断で連れてくるわけ?
(あれでもね、と聞けば此方も短く「ふーん」と返して。無断で此処に連れて来ても、と聞けば少し驚いたように無断で連れてくる気かと尋ねて。オズとフィガロが居るときに、と脅しに近いことを聞けば「私が悪かったわよ。あの二人が居るところに行くなんて石になりに行く様なもんじゃない」と気不味そうに目を逸らして謝り。あの二人が居るところに行くのは石になりに行くのと同じだと述べ。付け足すように「そこにミスラとか双子が居たら更に地獄だし…」と独り言のように呟いて。何か言ったのには気付いたがハッキリとは聞こえなかったため「何か言った?」と尋ねて。一応信用してるよ、と聞いて「…信用してくれてるんだ。…ふふっ…」と少しキョトンとしたが信用してくれるんだと復唱しては、クスクスと微笑んで。彼の言葉を聞けば「それもそうよね。……消し炭?いや、流石にそれは無いけど…」とそれもそうよねと述べては、消し炭と聞けば驚いたように復唱しては、流石にそれは無いと伝えて。薬草と包帯を持って彼の方に向き直っては「…痛かったら言ってね。まぁ、言っても和らげるとか出来ないけど」と痛かったら言ってねと伝えては、かと言って和らげるとかは出来ないけどと言えば傷に薬草を塗って)



26: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-08 16:10:26



〈 アリア 〉
私が勝手に気になってただけだから気にしないで!
(何か悪いなと聞くと慌てて首を横に振り、自分が勝手に気になっていただけだと述べ。魔法舎の方を見ると「でも、本当に良かった。これからもっと打ち解けられたら良いね。…そうだ、皆も元気?」と本当に良かったと呟いた後、彼の方を見ると微笑んでもっと打ち解けられたら良いねと述べ。ふと思い出したように魔法舎の皆も元気かと尋ねて。もしかしたら他の魔法使いや魔女に何かされるかもと聞くと目を丸くするも、直ぐに笑みを浮かべ「…じゃあ、何も起こらないように気を付けるね。でも、大丈夫だと思うよ。今まで何も起こらなかったから。」と少し能天気に今まで何も起こらなかったから多分大丈夫だと述べ。来てくれるなら嬉しいと聞くと少し頬を染めて微笑むと「私ももっとカインにも会いたいし、頑張って交渉するね。」と自分も彼にもっと会いたい為、頑張って交渉すると述べ)


〈 オーエン 〉
そうだけど。
(無断で連れて来るのかと少し驚いた様子で尋ねられればキョトンとした表情を浮かべ、本当にそのつもりだった為、そうだと返事をして。謝ってからあの2人が居る所に行くのは石になりに行くのと同じだと聞き、その後に彼女が呟いた言葉が聞こえると「…じゃあ、珍しいとか言わないでよね。次言ったら容赦なく連れてくから。」と次にそのような事を言ったら容赦なく魔法舎に連れて行くと冗談なのか本気なのか分からない声色で述べてから舌をベッと出して。何か言ったかと尋ねられればそっぽを向いて「何も言ってないよ。」と先程言った事をもう一度言わず何も言ってないと答え。クスクスと微笑む彼女が珍しく、じっと見つめるも直ぐに目を逸らしては「一応、だから。」と照れ隠しするように一応だと述べ。流石にそれは無いと聞くと口角を上げ、「じゃあ、今度来た時ケーキ作ってよ。クリーム沢山使ってるやつ。」と自分が食べたいものを今度作って欲しいとリクエストして。和らげるとかは出来ないけどと聞くと「…それ、耐えるしかなくない?」と言って、薬草を塗られると少し痛みを感じ顔を歪ませ)



27: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-08 21:19:09


《カイン》
あぁ、皆元気だ。それにアリアに会いたがってたぞ?
(気にしないで、と聞けば「あぁ」と短く返事をして。これからもっと打ち解けられたら良いね、と聞けば「その為にも合同で訓練が合ったときとか、もっと頑張らないとな」とニコッと笑みを浮かべてもっと頑張らないとなと述べ。皆元気か、と聞かれれば元気だと伝えては、皆彼女に会いたがってたと述べ。彼女の言葉を聞き困ったような心配しているような表情を浮かべて眉を下げては、「それが命取りになるんだ。良いから気を引き締めてくれ。…こんな話したくはないが…アリアが居なくなったら寂しい」と命取りになると述べては、不吉で、彼女にも失礼だから話したくないが彼女が居なくなったら寂しいと伝えて。頑張って交渉する、と聞けば「あぁ。アレだったら俺も手伝うぞ」と微笑んでは交渉が難しいようだったら自分も手伝うと自信あり気に自身の胸を叩いて。)




《レティシア》
…それ、言われても文句言えないと思うけど…
(何とも言えない表情を浮かべては、目を逸らして無断で連れていくなら何を言われても文句は言えないだろうと述べ。冗談なのか本気なのか分からない声色で言われたら分かったしか言いようがなく「分かったわよ。…ねぇ、魔法舎の暮らしはどう?楽しい?」と渋々分かったと述べ。ふと気になって、魔法舎の暮らしは楽しいのかと尋ねてみて。何も言ってないとそっぽを向いてしまった彼に「…そう?それなら…良いんだけど」と疑う様に目を細めて彼を見て。一応だと聞けば頷いて「うん。一応、ね」と一応ねと復唱し。彼からのリクエストに「クリーム沢山のケーキね。分かったけど…それだけで良いの?」と分かったがリクエストはそれだけで良いのかと尋ねて。顔を歪ませている彼に「仕方ないでしょ。…どうしても痛いなら…手でも握る?痛み和らぐかもよ?」と仕方がないだろうと述べては、思いついた事を彼に伝えて)

28: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-09 05:16:07



〈 アリア 〉
良かった。じゃあ、帰る時ちょっとだけ顔見せに行こうかな。
(もっと頑張らないとなと聞くと「いい報告待ってるね。」と返事をして、ハッとすると「でも頑張り過ぎないようにね。」とあまり頑張り過ぎないようにと伝え。皆元気だと聞くと微笑みながら良かったと述べ、今日は特に急いで帰る用事もない為、帰る際に少しだけ皆に顔を見せに行こうかなと述べて。居なくなったら寂しいと聞くと彼の頭をそっと撫でては「分かった、ちゃんとこれからは気を引き締めるね。あ、でも一応何かあった時の事はしっかり考えてるよ。」と一応何かあった時の事は考えてると安心させるように伝え。自信あり気に自身の胸を叩く彼を見てクスッと微笑むと「カインが居てくれたら心強いよ。無いとは思うけど、もし反対されちゃった時はお願いしようかな。」と述べ)


〈 オーエン 〉
バレなかったら文句は言われないでしょ。短時間ならバレやしないよ。絶対に魔法舎の奴らには言わないでよね。
(何を言われても文句は言えないだろうと聞くと目を伏せ、要するに短時間ならバレやしないから文句も言われないと述べ。目を開いて彼女の事を見つめると人差し指を自分の口元に持ってきては魔法舎の魔法使い達に言うなと言って。魔法舎の暮らしは楽しいかと尋ねられると「楽しいよ。揶揄い甲斐がある奴らも居るし。」と口角を上げては楽しそうに揶揄い甲斐がある魔法使いも居ると述べ。疑う様に此方を見る彼女が目に入り、「もしかして疑ってるの?」と尋ねて。それだけでいいのかと尋ねられれば暫く考え込み、「……じゃあ、コンポートも。」と追加でリクエストをして。手を握ったら痛みが和らぐかもと提案されると「…途中で痛くなっても僕は知らないから。」ともし痛みで強く手を握って痛くなっても自分は知らないと述べてから片手で彼女の空いている方の手を握り)

29: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-09 07:59:55


《カイン》
皆もきっと喜ぶぞ。特にリケ達は、な
(良い報告待ってるね、と聞けば頷いて「あぁ、楽しみにしててくれ」と短く返事しては楽しみにしててくれと述べ。頑張りすぎないようにね、と聞けば「分かった。出来るだけ心配かけないようにするよ」と微笑んでは出来るだけ心配かけないようにすると述べ。帰る時ちょっとだけ顔を見せに行こうかな、と聞けば皆喜ぶと述べては特に子供たちは喜ぶと伝えて。頭を撫でられれば驚いたように目を丸くしては「この歳で頭を撫でられるとはな…。…でも、それなら安心だ」とこの歳で頭を撫でられることが無いため独り言の様に呟いて。少し間を開けては、それなら安心だと微笑んで。カインが居てくれたら心強い、反対されたときはお願いしようかな、と聞けば「心強いか…。ハハッ、男冥利に尽きる」と嬉しそうに心強いを復唱しては、声を出して笑っては男冥利に尽きると述べて)



《レティシア》
…分かった、けど。…どんだけバレたくないのよ…
(絶対に魔法舎の奴らには言わないでよね、と人差し指を口元に置いている彼に分かったと伝えては目を逸らして。どんだけバレたくないのかと独り言のように呟いて。間を開けては「…バレたくない理由でもあるの?」と何かバレたくない理由でもあるのかと尋ねて。楽しげに揶揄い甲斐のある奴もいると聞けば「楽しそうでなりよりだけど、それ双子に怒られないの?…ちょっと五月蝿いじゃない、双子って」と楽しそうでなりよりだが双子に怒られないのかと尋ねて。慣れている者からしたらそうでもないが、あまり喋らない自分に取っては五月蝿く感じるもので。疑ってるのかと聞かれれば「…別に?」と短く返して。コンポートも、と聞けば「コンポートもね。了解」と了解だと述べ。彼の手を軽く握り返して、痛くなっても知らないと聞けば「良いよ。提案したの私なんだから」と提案したのは自分だから良いと述べては、また薬草を塗り始めて)



30: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-09 16:05:03



〈 アリア 〉
喜んでくれるなら私も嬉しいよ。
(楽しみにしててくれと聞けば笑みを浮かべ頷き。出来るだけ心配かけないようにすると聞くとホッとしたような表情を浮かべ、「良かった。疲れたらちゃんと休息もとってね。」と疲れたらその時はしっかり休息もとってと述べて。皆もきっと喜ぶと聞き、特にリケ達はと聞くと嬉しそうに笑みを浮かべては喜んでくれるなら自分も嬉しいと述べ。この歳で頭を撫でられるとは…と聞くとハッとして撫でるのをやめると申し訳なさそうに眉を下げると「ご、ごめん…嫌だった?」と謝ってから嫌だったかと尋ね。それなら安心だと聞くと微笑み「絶対とは言えないけどカインを心配させるような事はしないよ。」と何があるか分からない為に絶対とは言えないものの、心配させるような事はしないと述べ。男冥利に尽きると聞くと笑みを浮かべ「帰ったら早速話してみるよ。」と帰ったら早速両親に話してみると述べて)


〈 オーエン 〉
…だって、僕が人の為に何かするって知ったら揶揄う奴らも出てくるでしょ。
(バレたくない理由を尋ねられると彼女から目を逸らし、自分が人の為に何かすると魔法舎の魔法使い達が知ったら揶揄う奴らも出てくるだろうと述べて。揶揄って来そうな魔法使いが頭に浮かぶと「例えば、双子とか。」と呟いて。双子に怒られないのかと尋ねられると「まぁ、口うるさく言われるけど揶揄うのって楽しいでしょ?」と懲りてないのか口うるさく言われるが揶揄うのはたのしいだろうと述べ。その後の彼女の言葉に自分も同じ事を思っていた為、「…確かにうるさく感じるけど。」と彼女に同調するように呟き。別にと彼女から返ってくると、本当かと聞き返そうともせずに「ふーん。」と述べ。了解だと聞くとフッと笑って、「近い内にまた来るから。」とまだ帰る気は無いがまた近い内に此処に来ると伝え。再び薬草を塗られると先程より染み、無意識に少し手を握る力を強め)



31: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-10 01:04:45

《カイン》
あぁ、分かってるよ。体調を崩してアリアに会えなくなったら寂しいからな
(疲れたらちゃんと休息も取ってね、と聞けばコクリと頷いて分かったと述べては、体調を崩して彼女に会えなくなったら寂しいからと伝えて。喜んでくれるなら私も嬉しいよ、と聞けば口角を上げて嬉しそうに微笑んで。謝られ、嫌だったかと聞かれれば慌てて首を横に振り「ち、違うんだ。この歳になると頭なんて撫でられないから、小さい頃に戻ったみたいで驚いただけで…」と違うと否定しては、この歳になると頭を撫でることはあるものの撫でられることはないため幼い頃に戻ったようで驚いただけだと述べ。付け加える様に「それに今となっては撫でる側出しな」と照れくさそうに微笑んで。絶対とは言えないが、と聞けば「あぁ、それが聞けただけで更に安心したよ。…ご両親にも心配かけたらダメだぞ?」とお母さんの様な小言を述べ。早速話してみる、と聞けばコクリと頷いて)



《レティシア》
…まぁ…ね。あのオーエンだし…ね
(揶揄う奴らも出てくるだろう、と聞けば目を逸らして気不味そうにあのオーエンだからねと呟いて。一応伝えていた方が良いと思い「でも、私は揶揄わないよ」と伝えて。例えば双子とか、と聞けば納得したように目を逸らして「あー…言う。あとブラッドリーとかフィガロとか…。笑い話にしそう…」と言うなと思えばそれを伝えて。その他付け加える様に二人の魔法使いの名を上げては、笑い話にしそうと述べ。揶揄うのは楽しいだろう、と言われれば「まぁ、ね。否定はしないよ」と自身も揶揄う楽しさは少しだけ知っているため否定はしないと伝えて。彼も同じに思っていたのを知れば「だよね…。まぁ、これが双子に知られたら嫌がらせに来そうだけど」と目を逸らしては双子に知られたら嫌がらせに来そうだと述べ。彼の声が聞こえれば少し気不味そうに目を逸らして。近い内にまた来る、と聞けば「うん。楽しみにしてる」と楽しみにしてると述べ。握る力が強くなり、そんなに痛いのかと思えば少しだけでも、と痛みを和らげようと自身も少し握る力を強くしては間を開けて「…取り敢えず全部塗り終わったけど…まだ痛い?」と全部塗り終えたがまだ痛むかと尋ねて)





32: オーエン / アリア (しがない魔女) [×]
2021-04-10 04:04:26



〈 アリア 〉
私も会えなくなるのは寂しいな。…もし、カインが体調崩したら看病しに行こうか?
(体調を崩して会えなくなったら寂しいと聞くと自分も会えなくなるのは寂しく、少し間を開けると首を横に傾げ、もし体調を崩したら看病しに行こうかと尋ね。ハッとすると「でもフィガロ先生も居るし必要ないか。」と町医者をしていたフィガロの名を出しては看病しに行く必要はないかと述べ。幼い頃に戻ったようで驚いただけだと聞くとホッとして、「良かった、てっきり頭撫でられるのが嫌なのかと思った…。」と頭を撫でられるのが嫌なのかと思ったと呟いて。今となっては撫でる側だと聞くと「そっか、賢者の魔法使いの中にもカインより年下の子も居るもんね。私も今は撫でる側だなぁ…。」と彼より年下の魔法使いを思い出すと微笑みながら述べ。自身も花を買いに来る小さい子の頭をよく撫でたりする為、自分も今は撫でる側だと述べて。ご両親にも心配かけたらダメだぞとまるでお母さんのような小言を述べる彼を見て、何だか自分の母親に似てるなと思うとクスクスと微笑んでは「カイン、お母さんみたい。」と述べて)


〈 オーエン 〉
…じゃあ、僕もレティシアの事は揶揄わない。気分が変わったら揶揄うかもしれないけど。
(私は揶揄わないと聞くと目を丸くするも直ぐに目を逸らし、自分も彼女の事は揶揄わないと述べ。チラッと彼女を見つめて口角を上げてニヤッと笑うと気分が変わったら揶揄うかもと付け足して。魔法使い2名の名を聞き、笑い話にしそうと聞くと頷いて、「そうそう。…だから、口が裂けても絶対言わないでよね。」と例え口が避けようとも絶対言うなと述べ。否定はしないと聞くと口角を上げて、「でしょ?賢者様とか揶揄い甲斐があって面白いよ。」と身近で揶揄い甲斐がある人物を教え。双子に知られたら嫌がらせに来そうだけど、と聞くと「まぁ、僕は言わないし知られる事はないでしょ。」と自分は言わないから知られる事はないだろうと述べ。楽しみにしていると聞けば口角を上げ、「ケーキとコンポート、期待してるから。」と少しプレッシャーをかけているように聞こえる言葉を述べ。まだ痛いかと尋ねられると少し痛みはあるものの、痛みは耐えられるぐらいで。だが手は握ったままで彼女を見つめると「少しだけ痛いからまだ握ってて。」と言って)



33: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-11 11:01:39

《カイン》
本当か?じゃあ、アリアに看病を頼もうかな
(体調を崩したら看病しに行こうか、と尋ねられれば本当かと嬉しそうに聞き返せば返事も聞かずに自分の体調が優れないときには彼女に看病を頼もうかなと笑みを浮かべて。フィガロの名を聞けば少しムッとして「確かにフィガロが居れば治るかもしれないが…俺はアリアに看病されたい」と子供のような我儘を述べて。嫌なのかと思ったと聞けば「アリアに撫でられるのが、嫌なわけないだろう?」と彼女になら撫でられるのは悪くないと遠回しに伝えて。彼女の言葉を聞けば自身も釣られて微笑んで「リケなんかは、撫で甲斐があるぞ。本人は少し嫌がるが…」と目線を逸らしながら本人は嫌がるがリケは撫で甲斐があると述べて。お母さんみたいだと言われれば「お母さん…?そんな事、初めて言われたな」と少しキョトンとして初めて言われたと述べ)




《レティシア》
それ、絶対気が変わるやつじゃない…
(揶揄わないと聞けばクスッと微笑んで。その後に気が変わったら揶揄うかもしれないと言われ、彼の顔を見ながら絶対気が変わるやつだろうと呟いて。口が裂けても絶対言わないでよね、と聞けば頷いて「分かってるわよ。もし言ったとして、ケルベロス出されたら堪らないしね…」と目を逸らしながら、先程名を上げた2人に言ったとして彼の魔法具である鞄からケルベロスが出てきたら堪らないと述べ。賢者様とか揶揄い甲斐があると聞けば「へぇ…今の賢者様が?前の賢者様も揶揄い甲斐があったし…賢者の役職に付いてる人間って揶揄い甲斐があるのかも」と賢者と言うのは揶揄い甲斐があるのかもしれないと独り言のように呟いて。知られる事はないだろうと聞けば「…それもそうよね」と嬉しそうに目を細めて。期待しているから、とプレッシャーの様な言葉に「…失敗したらごめんね」と失敗するかもと思えば失敗したらごめんねと謝り。自身も彼を見つめて、握っててと聞けば頷いて「分かった。…一応包帯巻いていい?」と分かったと述べては、間を開けて包帯を巻いていいかと尋ねて)




34: 夢魔女/カイン&レティシア [×]
2021-04-12 20:55:52



(/上げますね…!)



最初 [*]前頁 ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle