TOP > 個人用・練習用

不死の少女《マチルダの質問部屋》/103


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
84: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-16 18:20:51


「そうそう。助けてるときは気にならなかったんだけど、後で腕の皮膚べろんってめくれて。その時は普通に邪魔で引きちぎったんだけど、後で死ぬほど痛くなった。一ミリ身体動かすだけでも激痛だったよホント。」

85: シザーgirl [×]
2020-09-17 08:35:36

ヴァーシーリー(ひ、ひええ…(頭の耳を押さえておっかながっている))
アントワヌ(ひ、ひええ…やだねぇ…)


86: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-17 18:12:46


「あれだよ…ホント、右腕から焼きすぎて焦げたベーコンみたいな匂いした。」
アレックス
「…東さんは相変わらずお強いですね。」
キャサリン
「あら、随分楽しそうね?私も混ぜてちょうだい。本編じゃ名前だけで、出番がなくて退屈なのよ。」
マチルダ
「あ、お母様…!」

87: シザーgirl [×]
2020-09-17 21:26:19

アントワヌ(べ、ベーコン…おっかないなぁ… )
ヴァーシーリー(お母様…??あっ、マチルダちゃんのお母さんか…!!初めまして!僕ヴァーシーリー・ダヴィートヴィチ・チャイコフスキーです!よろしくお願いします!(元気よく挨拶するとペコッとお辞儀をして))
アントワヌ(初めまして、私はアントワヌ・ヴンサンです。よろしくお願い致します…(挨拶をした後ペコッとお辞儀をし))
ヴァーシーリー(…しかしマチルダちゃんのお母さん美人だね、アルミラージ?)
アルミラージ(…(ヴァーシーリーの方を見てコクコクと頭を上下させる))

88: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-18 07:32:39

キャサリン
「そう改まらなくてもいいのよ。
あらあら、美人だなんて嬉しいこと言ってくれるわね。」
綾子
「それなら私も!私は原案で東桜華の妹だったけど、本編には必要ない情報だったからってカットされて暇なの。」

「おー、綾子。ここまでよく来れたな。」

89: シザーgirl [×]
2020-09-18 08:38:49

ヴァーシーリー(えへへ…だって本当に美人なんですもの…!)
アントワヌ(そうですか…?分かりました。あらあら…東さんの妹君は綾子さんって言うのか…)
ヴァーシーリー(すごーい…綾子さん美人だねぇ…)

90: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-18 20:17:10

キャサリン
「ふふ、ありがとう。嬉しいわ。」
綾子
「ありがとうございます!」

「美人だってよ。良かったな、綾子。」

91: シザーgirl [×]
2020-09-18 20:46:23

ヴァーシーリー(はーい!)
アントワヌ(ふふ、いいえー!)
アルミラージ(…(綾子さん達の方へ駆け寄ってぷうぷうと鳴き始める))
ヴァーシーリー(ふふ、アルミラージも会えて嬉しいって言ってる…よかったねアルミラージ?)
アルミラージ(…ぷうぷう…(ヴァーシーリーの方を向いてぷうぷうと鳴き))

92: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-18 23:16:22

綾子
「わ、可愛いウサギ…撫でてもいいですか?」

93: シザーgirl [×]
2020-09-18 23:48:27

ヴァーシーリー(いいよー!いいよねアルミラージ?(アルミラージの近くに近寄りアルミラージに問いかけ))
アルミラージ(ブッ!(ヴァーシーリーの問いかけに返事をし))
ヴァーシーリー(大丈夫だって!あ、角が凄い尖ってるから気を付けてね、当たったら凄い痛いよ~…)


94: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-19 21:19:26

綾子
「大丈夫です!私、お兄ちゃん譲りで身体だけは頑丈なので!」
(にっこり微笑み、アルミラージの頭を撫でて)

95: シザーgirl [×]
2020-09-19 21:32:16

ヴァーシーリー(おおー…そうなんだね!(耳をピョコピョコと動かしながら何処か嬉しそうな声でそう言い))
アルミラージ(プープー!(頭を撫でられて嬉しいらしくプープーと鳴いて))
ヴァーシーリー(よかったねアルミラージ、美人のお姉さんに撫でてもらって♪)
アルミラージ(ぷぅぷぅ!)
アントワヌ(…君の所のアルミラージってこうやって鳴くの?)
ヴァーシーリー(そだよ!僕の相棒はこうやって鳴くけど他の子はどうなんだろうね?)

96: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-20 05:39:52

綾子
「毛もふかふかだし、可愛いですね!」


97: シザーgirl [×]
2020-09-21 20:28:00

アルミラージ(ぷうぷう!(嬉しそうに目を細めるとそのまま伸びてしまう))
ヴァシーリー(ふふ、ありがとう綾子ちゃん!よかったねアルミラージ…ってやだ伸びちゃった…)
アントワヌ(リラックスしたのかね?(アルミラージを見ながらそう言い))
ヴァーシーリー(だね、ふふ…よかったねアルミラージ♪)


98: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-22 14:07:16

綾子
「そういえば…最近は涼しくなってきましたね。」

「だよな~。アレックスくんなんて仕事しやすいんじゃね~の?」
アレックス
「…そうですね。」

99: シザーgirl [×]
2020-09-22 16:31:59

アントワヌ(だねぇ、蛇のお世話が大変だよ…!…まぁアベラルドがいるから少しは楽だけどね…)
ヴァーシーリー(僕も森で過ごしてると熊とかが皆冬眠していなくなっちゃうからつまんなくなっちゃうよ。(口を尖らせながらブーブー文句を言い))
アントワヌ(?アレックスさんって何のお仕事してんの?)


100: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-22 17:15:57

アレックス
「…死化粧師ですよ。死体に化粧を施す仕事です。」

「そうそう。アレックスくんって生きてる人間より死体と喋ってる方が楽しそうなんだよな~。」

101: シザーgirl [×]
2020-09-22 21:10:54

アントワヌ(死化粧…!!!楽しそうじゃあないですか!ねぇ!?)
ヴァーシーリー(ね!かっこいい!(目をキラキラさせながら)僕暗殺業止めて死化粧師になろうかな…?)
アントワヌ(いいんじゃないのかな?それじゃ僕がタヒんだら頼むよ、ヴァシュリーシュカ。)
ヴァーシーリー(ちょ…縁起でもないこと言わないでよアントワヌ!もう!)


102: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-22 21:47:24


「そうそう…うちの部下の死化粧依頼したときにアレックスくんの仕事場たまたま見たんだけど、化粧しながら死体と見たことない笑顔で喋ってんの。あれホント鳥肌もんだったよ~。」
アレックス
「………生きている人間は、騙しますから。…死体は正直ですよ。」

103: シザーgirl [×]
2020-09-22 22:21:19

アントワヌ(へぇ…まぁ僕もヴァシュリーシュカも動物と話したり魔神と話したりしてるからねぇ…)
ヴァーシーリー(ね、死体は正直なのか…動物も正直だよ!)
アントワヌ(ね~、嫌なことは嫌っていうし好きなことは好きって言うしね。)

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]個人用・練習用
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle