TOP > オリジナルキャラなりきりチャット

不死の少女(戦闘アリ/異能/途中参加・初心者歓迎)/450


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
431: tenma [×]
ID:6aed18bc1 2020-09-17 00:57:24

>>430

――それにしても、潜入を見破られるのが早いな……

その言葉にハッとした表情で顔を上げる。要塞前で一芝居打った時に感じた、ねぶるような懐疑の視線。落ち着いた今だからこそ断言できるが、あの視線の主は間違いなくラヴィだ。
仮に人の本質を見抜く力があるのだとすれば、彼女が身を削ってまで慕い守ろうとする王女マチルダは、一体どれだけ徳のある人物なのだろうか……想像もつかない。

「私が善戦及び生還出来たのは、まあ事前に用意しておいた策の効力もありますが……やはりステラ様の采配のおかげです。あれが無ければダウファール河に骨を埋めることになっていたでしょう」

確かに有事のためにと編み出した"六天撃"は非常に役立ってくれた。しかし万全の状態で二度も撃てたのは、白聖騎士団の襲撃によって数の不利が緩和されたからに他ならない。大人に褒められたことで不遜になりかけた自分を戒めるかの如く、努めていつも通りの淡白な表情と言動を心がける。

「ステラ様にして欲しいことなら……あります。私を――」

話は"大人のやり取り"に移った。普通ならここで見返りとして金品や帝国内での地位を要求し、ついでに休暇を取って羽を伸ばすのだろう。しかしゼクシアが用意していた答えは、そういった普遍的なものと一線を画していた。

「私をステラ様の私兵にしてくださいませんか。帝国からの支給で生活には苦労しておりません故、労働の対価などは求めません。ただ……お傍に置いてくださるだけでいいのです」

いやにスラスラと出てくるゼクシアの言葉。まるでこの任務を請け負った時から考え、準備していたかのようである。
傭兵がエリートコースを歩む軍人の私兵になるということは、先日のような雑用や今回のような秘密の任務は勿論、主の身に危険が迫った時の用心棒まで何もかも望むままに引き受けるということだ。
危険な任務を遂行した褒美に更なる労働を、それも無償で要求するという異常極まりない提案だが……生憎ゼクシアは本気である。
ステラにその気は無かったのだろうが、彼女の言動でゼクシアは完全に懐柔されてしまっていた。軍人として心酔し、姉や母親のような存在として早くも依存しかけているのだ。
言い終えるとゼクシアはほんの僅かに頬を赤らめ、期待に胸躍らせて返答を待つ。

432: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-17 07:19:35

>all

(「ごめんね、皆。」腹を両断されるような形になったラヴィは声無き声でそう告げて静かに瞳を閉じながら王国軍本部…マチルダの城へと運び込まれたが、途端にマチルダが一人で城から飛び出してくる。「ラヴィ…!その怪我、大丈夫なの…!?」彼女は一直線にラヴィの所まで飛んでくると「なんて酷い怪我…誰にやられたの?」「…マチルダ、ちゃん。私は大丈夫だから…。」マチルダの声に答えるかのようにラヴィは弱々しく、しかし美しく微笑んで発声できない唇を動かす。「私は、「お人形」だから。痛くないし、死なないから。」ラヴィは微笑んだままワンピースを引き裂き、真っ白な身体を露にする…そこには、本来人間にあるべきではない球体関節が覗いていた。腹を両断する傷も陶器が割れたかのように素っ気なく、少し新たな皮膚をその上に重ねればまた何事も無かったかのように歩き出しそうな雰囲気すらあった。)

433: 名無しの大福 [×]
ID:a6a796058 2020-09-17 16:25:14

>431

結局は君の実力頼りな作戦だったけどね、ゼクシア。
さて、中佐にも後でお礼の手紙でも送り付けておかないと……。

【騎士、部隊指揮官としての実力は抜きんでたところがある(少なくともステラの上司よりは何倍もまともな戦術眼は持っている)】
【しかし如何せん「性格面」では多分に問題点が目立つ件の男の顔を思い浮かべた】
【また直接会うのは御免だ、礼は手紙で我慢してもらおう】
【礼賛の意味がある美辞麗句でも並べ立ててさえおけば、きっと彼は満足する】

うん、大体の頼みなら聞けると思うから……申請に書類がいる様な内容ならこの辺りに紙が……。

【ガサゴソと床を漁る途中、ゼクシアの口から飛び出した言葉にその手が止まった】

……。

【じっとゼクシアの方を向き直ったステラの表情は、今日一番分かりやすい】
【目を大きく見開き、眼鏡は鼻辺りまでズレ落ち、口はぽかんと半開きになっている】

……「正規の軍人」としての地位を望んでいるなら……それは……構わないけど……。

【考えながらの言葉選びというより、ただ思ったままの言葉が零れ出ているという様子】

え、「私兵」って言った?ボクの?

【ほんの少し、声が裏返った】

434: tenma [×]
ID:6aed18bc1 2020-09-17 21:03:53

>433

「はい。私をステラ様の私兵にしていただきたく存じます」

恥ずかしげに床へ落とした視線を、呆気にとられるステラの顔へとゆっくり戻す。
私利私欲に走ってもおかしくないこの状況で、報酬そっちのけで主従関係を結ぼうなどと言い出す輩は他にいまい。
故にステラの反応は至極当然のものなのだが……当のゼクシアはどんな返答を貰えるか、それだけしか頭になかった。

「わっ、私をお傍に置いていただけた暁には、雑用でも身辺のお世話でも喜んで引き受けます。今回の様な任務だってお受けします。敵襲があっても、件の上官が何かしようとしても、ステラ様には指一本触れさせはしません」

ふと断られるのではないか、付き合いの短さに対して踏み込み過ぎたのではないかという不安が浮かび、思わず前へ一歩乗り出して付け加える。
その熱意には異様さすらあったが、打算的なものでは決してない。ましてや邪念の類など微塵も存在しないということだけは確かだった。
この16歳の少女は、ただひたすら恩人に報いたいのだ。こんな気分になるのは、6年前――才能を見出されて帝国に迎え入れられた時以来なのだから。

435: 名無しの大福 [×]
ID:a6a796058 2020-09-18 11:03:11

>434

……。

【参謀官が私兵を設けることは、多いとは言えないが珍しいことでも無い】
【いざという時に己の手足の様に扱える兵士がいるというのは、作戦計画を立てる上でもアドバンテージになるからだ】

君なら……もう少し我儘を言っても良いだろうに。
ボクはどちらかと言えばやる気が無い方の軍人で……上官からの「ウケ」も良くない方だ……。
……そんなボクの私兵になるっていうのは……君もそんなに「良い待遇」は受けられないっていうことだよ?

【正規の軍人になる道を選べば、ゼクシア程の腕を持つ人間ならばもっととんとん拍子に出世して行けそうなものだ】
【それこそ、ステラの階級等あっという間に越えてもいけるだろう】
【その道をむざむざと見過ごすのかと】

……後悔しない?

【ステラとしては、セクシアが傍に居てくれるというのならば何より心強い】
【しかし、一度選んでしまえば後戻りが出来ない道でもあるからこそ、彼女の気持ちをしっかりと確認しておこうと問いかける】

436: tenma [×]
ID:6aed18bc1 2020-09-18 19:19:47

>>435

ステラが真剣に自分の将来を案じてくれていることが伝わり、恥じらいに緩んでいたゼクシアの顔は再び引き締まる。
冷静さの裏に熱を隠すなら、その逆もまた然り。落ち着いてステラの言葉を全て受け止めた上で、自分の意志は揺るぎないことを伝える。

「利を追うばかりが人生ではないと学んできました。権力者に媚びを売ることの虚しさも。それに冷遇されるのには慣れていますから」

過去を振り返りながら呟くゼクシアの表情には、齢16の少女とは思えない陰があった。
自然と左手が仮面に伸び、金属の下にある傷の輪郭を確かめる。そう、冷遇など今に始まった話ではない。若く器量のいい彼女には、もっと安易な道も示されていたはずだ。
大人の手前勝手に振り回されつつも、その都度選んできたのは他でもない彼女である。だから今回の選択にも迷いはない。

「致しませんとも。他の誰でもない、ステラ様だからこその願いです」

帝国に属して6年。ステラ・カンパニュラ以前にも多くの軍人と関わり、使命を賜ることもあった。
その中で唯一"この人になら仕えたい""この人と歩めば間違いない"と思わせてくれた彼女を差し置いて、他の誰かに従属するなど考えられないことだ。
そんな不変の決意と尊敬の念を示すかの如く、ゼクシアはステラの足元へ恭しく跪いた。

437: 名無しの大福 [×]
ID:a6a796058 2020-09-19 16:26:20

>436

【己の前に跪く少女の姿は、少女とは思えぬ覚悟を抱いている様に思えた】
【それが自分の小説家気取りの勝手な感性によるものなのか、或いは本当にそうなのかまでは、ステラが完全に読み取ることは叶わなかったが】

……ゼクシア、跪かなくて良いよ。
君がそれで良いと言うのなら、ボクに断るつもりも無いから。

【己もまた、膝をついてゼクシアに手を伸ばす】
【早急に報告書に手を付けなければいけない、それに、報告しなければいけないことが更に一つ追加された】
【「かの「天魔」を私兵にしたい」と、上官に言ったらきっと仰天されるだろう】

あー……。

【ふと周囲を見回して】
【ばつが悪そうに苦笑いを浮かべる】

早速で悪いんだけど……ちょっと、片付け手伝ってくれる?

【……どうやら、床に散乱した無数の資料を整理するのが、二人が主従として行う最初の仕事になりそうだった】

438: tenma [×]
ID:6aed18bc1 2020-09-19 21:28:36

>>437

ゼクシアの願いは見事聞き届けられた。
自分を受け入れてくれたステラの言葉に目を輝かせ、差し出された手にそっと自分の両手を添え立ち上がる。

「……ありがとうございます」

ここ数年で一番の幸福に身体を浸しながら、やっと一言だけ絞り出す。
両親に疎まれて育った故か。自分を受け入れてもらえるということの有難さが身に染みて感じられた。
そんな夢見心地の中にいたゼクシアだが、続くステラの言葉によって現実へと引き戻される。

「お任せください。これでも雑用には慣れているんです」

しゃがみ込み床に散らばる資料へ手を伸ばしたところでふと気づいた。厚い皮手袋をしたままでは紙を上手く扱えない。必然、外した上で作業しなければならないのだが……理由もなくこんな厚着をしているわけではない。
他人に肌を見られたくないゼクシアにとって、衣類は心身を包み隠す鎧も同然なのだ。しかし――

(この人になら。いつか自分をさらけ出せる気がする)

これはその一歩だ。意を決して手袋を外すと、擦り傷や小さな痣にまみれた白い手が露になった。どれも先の任務でついたものばかりで、大した怪我ではないにせよ痛々しい印象を与える。
主にそんなものを見せつけることを申し訳なく思いながら、ゼクシアは非常に手際よく資料を拾い集めていった。ただ片付けるだけでなく、わかる範囲で順番や種別毎に並べたり分けたりして、綺麗に纏めた上で机の上に置く。
幼い頃から召使として働いていた彼女には造作もないことだ。また一つ、過去の経験が活きてきた。大切な人の役に立てることを幸せに思いながら、全く鈍らない速度と手際で作業を続ける。

439: 名無しの大福 [×]
ID:a6a796058 2020-09-20 18:56:43

>438

【同じ手が、こうまで対照的になるものなのかと】
【共に資料を拾い集める少女の手と己の手を比べて思う】
【自分よりも年下の筈なのに、自分よりも何倍も傷付いた手、自分よりも年下の筈なのに、自分よりも何倍も大きな覚悟を抱いている様な手】

……その傷って、痛みは無いの?

【自分でも驚いた】
【それを見て沸いた感情が、戦場にも出ず後方でデスクワークばかりをしている自分と比べた「劣等感」では無かったことに】
【何よりも強く思ったのは、自分こそが、彼女を守らなくてはいけないということだった】
【兵士として彼女を使い捨てる等以ての外だ、己の為に彼女を使い捨てる等なおのこと】

たまには……階級権限でも使ってみるかな。
新しい薬を取り寄せるよ、ボクから君への個人的な「報酬」として。

【自分は参謀官だ、考えることが仕事だ】
【故に考えよう、彼女を「活かす」術を、彼女を「生かす」術を】
【初めて、自分の地位に意味を感じた様な気がした】


(/返事遅く申し訳ないです……!
流れとしてはこの辺りがキリが良いと思うので、締める形でどうでしょうかー)

440: tenma [×]
ID:6aed18bc1 2020-09-20 21:21:04

>>439

「痛いことは痛いですが……大したことはないと言いますか、慣れっこといいますか」

擦り傷を触れば鋭い痛みが、痣を触れば鈍い痛みが走る。とはいえ傭兵をやっていればこんな傷は日常茶飯事だ。消毒して薬を塗れば、あとは治るのを待つのみ。その程度でしかない。
ふとステラの手を見る。同じ白でもゼクシアとはまるで違う、不健康なまでの肌色。だがこれは苦労や穢れを知らない手ではない。苦難や試練に立ち向かわず、閉じこもってきたわけでは決してない。
任務を与えられた時、彼女は溜め息混じりに語ってくれた。配下の兵を死地に向かわせておいて、当の自分は安全圏にいることへの自責の念。人を"数字"として"運用"しなければならないことへの無力感。そしてそんな現状に甘んじてしまう自分への苛立ち。
彼女もまた、戦っているのだ。

「ありがとうございます。こんな傷はさっさと治して、また最高の働きをしなければいけませんね」

いつぶりだろうか。施しを受けるという行為が、これほど心地よく感じられたのは。今までゼクシアが受けてきた施しには、ほとんどの場合裏があった。与えさえすれば望む通りに動く。与えられなければ生きていけないから否が応にも動く。まるで家畜でも飼いならすかのように。
単純な厚意で薬を、それも階級権限を用いて初めて手に入るような新薬を取り寄せてくれるという言葉に、犬なら尻尾を激しく振っているであろう深い喜びを覚える。

(……この人だけは裏切れない。裏切りたくない。もっと強くならなきゃ)

何よりも強く思う。自分こそが、この優しい女性を守らなくてはいけないと。
時に全てを突き崩す矛に。時に全てを堰き止める盾に。もう傭兵などではない。命に代えても、心から慕う人の心身を守り抜く、誇り高き騎士となるのだ。
初めて、自分の生まれ持った力に意味を感じた様な気がした。



(/全然遅いなんてことはないですよ~。確かにキリがいいのでここで終わりとしましょう!とても楽しかったです、ありがとうございました!)

441: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-21 07:31:54

>皆様
(ステラ様とゼクシア様の会話が終わったところで、城内およびノーマン部隊と交戦中のジェレマイア様の所に参戦した東達の様子に移らせていただいてもよろしいでしょうか。)

(帝国side)
>all
「うわ~…敵さん、厄介な異能持ってるなコレ。アレックスくん、俺が参加してあげた方が良いと思う?」交戦の様子を防護膜の中から見ている、黒い着流しと白い羽織を着た男がそう呟いて隣に居たもう一人の…拳銃を構えた銀髪の男にそう問いかける。問われた方の男は「…ええ、その方が良いでしょうね…東少将。」さも答えるのが億劫そうにそう返し、問いかけた方の男…東少将は満足げに頷くと「いや~…やっぱその方が良いよな、アレックス大佐。そんじゃ行こっか。」一人は億劫そうに、一人は楽しそうに笑いながら二人は交戦中の前線へと飛び込んだのであった。

(王国side)
>all
マチルダは疲弊しているラヴィをその非力で華奢な腕でしっかりと抱き抱え、城内を走り回る。「ラヴィ、大丈夫だからね…。」「…マチルダ、ちゃん。私、痛くないから…。」抱き抱えられているラヴィはそう言うように首を回転させるが、マチルダは「…直さなきゃダメ。ラヴィは私の友達だから。」そしてジラルドの部屋の扉をノックする。「…ジラルドさん、起きています?マチルダです。ラヴィの修復を頼んでも?」

442: シザーgirl [×]
2020-09-21 23:08:42

中(我輩は大丈夫ですよ!それじゃ我輩も絡み文置いておきますね。←)

>ALL
ヴァーシーリー(よしと!到着!!(戦場に程近い森の中でアントワヌを下ろして))
アントワヌ(サンキュー、ヴァシュリーシュカ。アルミラージ。(アルミラージの頭を撫でながらヴァーシーリーにお礼を言い))
ヴァーシーリー(うん!それじゃあ気を付けてね!行ってらっしゃい!(それだけ言うと笑顔でアルミラージに乗って走り出しアントワヌの姿が見えなくなるまで手を振り))
アントワヌ(…さーてと、そろそろ怒られちゃうから前線に向かわないとね…!(それだけ言うと再びエリシアを呼び出し今度は大鷲に変身させると森を抜け前線へと突っ込んで行き)さあてと…!やったりましょ!!)

443: AYA♪(V・3・1) [×]
2020-09-22 00:39:16

【生存報告です!来れなくて申し訳ございません……。】

444: tenma [×]
ID:6aed18bc1 2020-09-25 12:52:44

(/ダウファール要塞の次はどのようなイベントにしましょうか?)

>all

445: 着ぐるみパンダさん [×]
2020-09-25 15:39:45

>444

(そちらはまだ未定です。皆様はどのようなイベントがよろしいなど御座いますか?)

446: AYA♪(V・3・1) [×]
2020-09-25 22:31:47

>445

ウルフの件をまだ回収していないので……。どうすればいいでしょうか?

447: tenma [×]
ID:6aed18bc1 2020-09-27 10:51:08

>>446

(/ウルフさんでどのような展開に持っていきたいか、絡みたいキャラは誰か等の希望があれば提案するのがよろしいかと思います)

448: AYA♪(V・3・1) [×]
2020-09-27 14:05:00

【まだ要塞内で、今回の目的は「マチルダに会う」ことだったのですが、アーサーなどがいる状態では厳しいと前に言われたので……。】

449: tenma [×]
ID:6aed18bc1 2020-09-27 20:30:56

>>448

(/でしたらマチルダさんとの接見は別の機会にして、別の目的を用意して絡めそうな方がいれば絡むか、どうしても無理なら〆のロールを投下する等して畳むのがいいと思います)

450: シザーgirl [×]
2020-09-30 17:28:28

中(あげです、>444我輩は何でも大丈夫ですよ!皆さんにお任せしますっす!)

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]オリジナルキャラなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle