TOP > BLなりきりチャット

【 BL / ML 】 特殊飼育のすゝめ 【 指名制 / 再建 】/13


▼下へ
自分のトピックを作る
■: 施設管理人 [×]
2020-06-27 21:04:12 







巨大なドーム型研究施設――"Evolution"

今日からここが、俺の職場だ。



「 やぁやぁ!
  君のことだろう?今日からここへ配属される新人と言うのは。 」




>レス禁止

※再建トピック※







1: 施設管理人 [×]
2020-06-27 21:08:09




□ 設定 □

舞台となるのは、現代より数十年後――近未来のアメリカ。
長きに渡り世界中で秘密裏に行われていたとあるプロジェクトが、完遂に向けての大きな一歩を踏み出した。

"ATHP(Animal To Human Project)"="動物人間化計画"

人間こそが生物の進化の頂点であると考えた科学者達が結集し進められたこのプロジェクトは、動物と人間の遺伝子を掛け合わせ、文字通り動物を人間に近い生物へと進化させると言うもの。つまり、このプロジェクトによって、"動物的特徴をもった人間"が生み出されたのである。

しかしながら、プロジェクトの存在そのものを疑問視する声も多く、あくまでも秘密裏の研究。未だ世間にこの革命的大成功を公表することの出来ない科学者達は、研究の賜物として誕生した、何人かの実験成功個体をより精密でより安全な存在へと育て上げる為、実験成功個体を住まわせ、人間とほぼ変わりない日常生活を送らせると言う目的の元、巨大なドーム型研究施設"Evolution"を設立したのであった。

実験成功個体は"Ani-Human"と呼ばれ、Evolution内に造り上げられた人間に近い生活空間の中で、"人間として"穏やかに、時に騒がしく、しかし平和な毎日を送っている。




□ トピック説明 □

参加者様は、Evolutionへ新人飼育員として配属され、Ani-Human達と共に暮らすこととなります。
飼育員と言っても、一般的な動物園の飼育員の担う仕事とは異なり、あくまでもAni-Human達と対人間時と変わりのないごく有り触れた交流を図ることで、彼らをより人間らしい存在へと近づけることを仕事として任されています。
会話は勿論、散歩を楽しむ、買い物に同行する、頼みごとを聞いてやる、生活の知恵を伝授する等、人間にとって身近で当たり前の生活に、彼らが慣れる手助けをしてやることがメインの目的です。住み込みの仕事となる為、Evolution内には飼育員専用の住居が用意され、月に一度の外出日及び特別申請によって外出を許可された場合を除き、Evolutionから出る事は出来ません。

尚、こちらは提供キャラクターの中からお好きな一名を選んで交流して頂く、指名制トピックです。
初回のみプロフィールをご提出頂き、登録完了後は随時トピックへの参加が可能となります。また、トピック主が長ロル及び小説ロル愛用傾向である為、長ロル推奨トピックとさせて頂きます。より多くの方との交流を図るために、一度にお相手する人数に制限は設けません。従いまして、参加者様おひとりおひとり、順番にお返事をさせて頂くと言う方針上、レス間隔は長め、場合により置きレス有りのゆったり進行となってしまうことをご了承ください。上記のトピック方針から、参加者様との相性を重視し、少しでも楽しいお時間を過ごして頂きたいと考えております。その為、誠に勝手ながら、プロフィールやロルを拝見させて頂いた上で相性が合わないとこちらが判断した場合、参加をお断りさせて頂く場合がありますことを悪しからずご了承くださいませ。




>レス禁止




2: 施設管理人 [×]
2020-06-27 21:14:17




□ Evolutionについて □

外観は無機質な真っ白の巨大ドーム型施設。出入り口は正面にひとつのみ、特殊IDカード・指紋認証・虹彩認証と言う厳重なセキュリティ。出入り口を潜るなり待っているのは入念な滅菌処理、液体やら風やらで全身くまなく洗浄される。それらをパスしてEvolution内の生活空間へと足を踏み入れると、屋内に居ることを忘れそうになるほどリアルで自然に造り上げられた空間が広がる。生活環境は外の世界よりも数十年ほど前、長閑な田舎の町並みをコンセプトとしている。オートメーション化の進んだ外の世界と同じ生活環境では、Ani-Human達の自立性が育たない為、敢えて随分と時代遅れの生活環境を用意しているのだとか。

全自動スライド式の天井は朝から晩までの空、日光や月光及び星々に至るまでを忠実に再現。更に天候の変化も用意されており、雨も風も雷も雪も、更には四季さえも存在する。町の構成そのものはこぢんまりとしているが、Ani-Human達には一人一軒個人の家が与えられており、きちんとばらばらに建てられている。買い物や娯楽の為の建物も用意され、とにかく人間の暮らしと何ら変わりの無い空間。Ani-Human達は生活資金として毎月一定額の施設内通過が支給され、それを使って暮らしている。仕事と言う概念も存在し、きちんと定職についている者も居ればそうでない者も。
尚、Ani-Humanと飼育員だけでは町の人口としてあまりに少なすぎると言うことから、ごく一般的な人間の暮らしをプログラムされたギャラリーも存在する。ただし、これはあくまでも生身の人間に見えるホログラムに過ぎず、プログラムされた動作しか行わない。その為、会話や教育と言う行動はとることが出来ず、ただそこに居るだけの存在。

豊かな自然と触れ合う為、町の東側には森林、西側には海がやや小さめながらも存在する。唯一、移動手段は徒歩か車かの二択。車に関してはオートメーション化されたタクシーのようなイメージ、行き先さえ伝えれば乗せてくれる。

飼育員の住居は町外れに用意された平屋。小さめながら、一人暮らしをするには十分快適な造り。生活資金に関しては、飼育員の場合もAni-Humanと同じように毎月一定額の施設内通貨が支給される。Ani-Human達よりは高額に設定されており、生活に困ることはないのでご心配なく。ただし、あくまで一般的な生活をするための資金。浪費すれば当然底をつき、原則として追加支給はされない為十分にご注意を。



□ Ani-Humanとの関係について □

Ani-Humanと生活を共にする内、友情関係、或いは恋愛関係へ発展することもあるかと思います。
実は、Ani-Humanには女性個体がおらず、現状全て男性個体のみとなっています。更に、女性の飼育員を採用した場合、万が一Ani-Humanが動物としての本能に目覚めてしまった時、予想外に繁殖行動を取ってしまい、遺伝子の乱れが生じてしまうと言う危険性があることから、Evolutionが飼育員として採用するのも男性のみとなっています。従いまして、Ani-Humanと飼育員の間に生まれる恋愛関係については、同性愛が前提となりますのでご注意を。

Ani-HumanはEvolutionの外へ出る事を許されず、Evolutionの中でその一生を終えます。しかしながら、飼育員と恋に落ち、自分のものにしたいと言う強い気持ちが生まれた場合、飼育員に対しAni-Humanから2人きりの場所への"脱走"を持ちかける場合がございます。脱走の誘いに応じるかそれとも拒むかは、飼育員の意思によって自由に選択できますのでご安心ください。



□ 飼育員の履歴書について □

Evolution飼育員を志望される際には、こちらの履歴書(プロフィール)をご提出ください。

名前/(国籍は問いません)
年齢/(18歳以上60歳未満)
性格/
容姿/
備考/
ロルテ/(配属初日、初めてEvolution内の町並みを見た時の様子を)

※飼育員は入職時に制服を与えられますが、Evolution内での服装は自由となっております。
 制服(黒いつなぎの作業服)をそのままお使い頂いても構いませんし、
 Evolution内で購入した新しい服に着替えて頂いても勿論構いません。

尚、多様な個性の飼育員をお待ちしておりますが、参考までに優遇/冷遇をご確認くださいませ。

優遇→ 30歳以上 / 堅物 / 兄貴肌 / タラシ / 積極的 / 不器用 / 紳士的 / 世話焼き / 家事全般得意
    オネェ / ギャップ有 / 攻め喰い気質 / ヤンデレ / のんびり / 皮肉屋 / クーデレ / 溺愛気質
冷遇→ 病弱 / 消極的 / 受け身 / 過度の幼さ



□ 注意事項まとめ □

! 同性愛(BL/ML)トピックですので、苦手な方はご注意ください。
! 長ロル推奨、レス間隔長め、置きレス有りのゆったり進行です。
! 相性重視の観点から、プロフィールやロルの内容から参加をお断りさせて頂く場合があります。
! 登録後は顔出し無しのまま一ヶ月経過した時点で登録解除となります。
  長期間不参加が予想される場合はお手数ですが事前連絡をお願い致します。
! 恋愛関係に発展した際には、脱走=一対一トピックへの移動をご提案させて頂く場合があります。
! こちらを全てお読み頂けた証として、初回書き込み時に「飼育員志望です」と一言お書き添え下さい。



□ 補足 □

指名制と言うトピックの仕様上、基本は飼育員対Ani-Humanの一対一交流となります。
その為、Evolution内には複数名飼育員が存在しますが、飼育員同士の交流は存在しません。

Ani-Humanの内誰かが飼育員と脱走してしまった場合も、他の飼育員(=参加者様)の居るEvolutionでは、引き続きそのAni-Humanとの交流が可能です。つまり、飼育員ごとに別のEvolutionが存在すると言うことになります。分り難い説明になってしまいますが、飼育員ごとに存在するそれぞれのEvolutionで起こった出来事の干渉は受けない、と言うイメージです。

但し、ひとりのAni-Humanにつき脱走のパートナーはひとりまで。他の飼育員と脱走をしたAni-Humanは、恋愛対象キャラクターから外れ、何らかの事由により恋愛関係が解消された場合、再び恋愛対象キャラクターに戻る形となります。





>レス禁止






3: 施設管理人 [×]
2020-06-27 21:16:23




□ 提供Ani-Human □

■アドルフ/26歳 犬×人間 Evolutionでの仕事は「警察官」
生真面目で正義感の塊、曲がった事が大嫌い。少々融通の利かない頑固者だが、変な所で抜けている。
常に真っ直ぐ前を向いている分不意打ちに弱く、変則的な行動にはすぐ狼狽えてしまう。
通称「犬のおまわりさん」。他のAni-Human達にからかわれる事が不本意で仕方が無い様子。
身長は178cm、日頃のトレーニングを欠かさない無駄なく引き締まった筋肉質の体つき。
硬めの明るめの茶短髪、凛々しい眉と活力に満ちた茶色の瞳。
黒いアメリカンポリスの制服と帽子、黒い革靴。
帽子からはぴんと立った犬の耳が覗き、ふさふさとした尻尾も生えている。

■ルイス/23歳 猫×人間 Evolutionでの仕事は「無職」
マイペースで怠惰的、常に自分本位。自由気儘に人を振り回し、寄ったり引いたり読めない男。
気分屋で上がり下がりも激しく面倒臭い性分だが、基本的には甘えたがり気質。
自分を構ってくれるAni-Humanを把握しており、何かと構われたがって絡みに行っている。
身長は173cm、色白細身で驚く程体が柔らかいと言う特技をもつ。
癖のない青みがかったグレーのショットカット、エメラルドグリーンの猫目。
一回り大きいサイズのだぼついた白いセーターとデニム、スニーカー。
頭の上にはひょっこりと猫の耳、しなやかな尻尾は感情に合わせて分かり易く動く。

■ゴードン/35歳 熊×人間 Evolutionでの仕事は「建築家」
男らしく豪快な性分、大雑把だが面倒見の良い頼れる男。少々怒りっぽいのが玉に瑕。
細かいことは一切気にせずとにかくわいわい楽しくやろうや、がモットー。かなりの大酒飲み。
若干荒々しさが目立つ点に目を瞑りさえすれば、比較的あれこれと世話を焼いてくれる良いおじさん。
身長は190cm、がっしりとした筋肉質の体つき。健康的に日に焼けた浅黒い肌。
わさわさとした焦げ茶セミロング、太めの眉と目尻に細かい皺を刻んだ黒い瞳。
ぴっちりとした白いTシャツの上にカーキの作業服、古いスニーカー。
頭の上には丸い熊の耳、同じく丸みのある大きめの尻尾も生えている。

■セドリック/32歳 兎×人間 Evolutionでの仕事は「書店経営」
穏やかでのんびりとしたお人好し、基本は優しいが時折毒舌。思った事は我慢せずに口にするタイプ。
静かでゆったりとした時間を過ごす事を好み、それを邪魔されるのが大嫌い。
自分及び自分の好きな物を何よりも大切にする為、同じように大切にしてくれる相手には特に甘い。
身長は176cm、ひょろりと細身の体つき。インドア派らしい白い肌。
緩い癖のある白いボブカット、柔らかい印象の垂れた赤い瞳。銀縁の眼鏡を愛用。
白いワイシャツにネイビーのニットベストとベージュのスラックス、茶色の革靴。
ふんわりとした垂れ気味の兎の耳、丸い尻尾が特徴的。

■カーティス/40歳 鴉×人間 Evolutionでの仕事は「煙草店経営」
物腰柔らかく紳士的、それでいて何処か冷たい雰囲気を纏う。シニカルな言葉と笑みが特徴的。
大人の余裕たっぷりに人を惑わせ、ころころと掌の上で転がすのが好き。もしかしなくとも性悪な男。
利己的で、表面上他のAni-Human達とは良好な関係を築いているように見えて全ては自分の為。
身長は182cm、この歳ながら無駄なく引き締まった体つき。
オールバックの黒短髪、冷たい印象の切れ長で吊り気味の黒い瞳。
ボルドーのワイシャツに黒いスリーピーススーツ、黒い革靴と革手袋。胸ポケットに金の懐中時計。
背中に真っ黒の大きな鴉の翼をもち、飛ぶことも出来る。

■ヴァレンタイン/27歳 狐×人間 Evolutionでの仕事は「美容師」
飄々として掴み所がなく、浮ついた印象のナルシスト。生粋の恋愛体質で貞操観念ゆるゆるの誑し男。
隙あらばすぐに口説きに掛かり、手を出すのも早い。何度痛い目を見てもやめられない。
話術に長け人を惹きつけるカリスマ性はピカイチ、しかし深刻な浪費癖をもつが故に万年金欠。
身長は180cm、一見細身に見えるが脱いでみると筋肉質。
薄い茶褐色のやや長い髪を後ろでひとつ結び、吊り眉に狐らしからぬ垂れた黄色の瞳。
白い開襟シャツに白いスキニー、焦げ茶色の革靴。右手の指2本にシルバーのリング。
先の黒い尖った狐の耳と、先の白い太めの狐の尻尾をもつ。

■ソロモン/21歳 羊×人間 Evolutionでの仕事は「花屋」
無口で無愛想で突っ慳貪だが、不器用でコミュニケーションが下手なだけ。根は優しく情に厚い。
警戒心が強く臆病で、人に打ち解ける為にある程度の時間を要する。捻くれ者で自分に自信がない。
それでもここぞという時に見せる勇気は人一倍。更に、一度スイッチが入れば別人のように攻撃的。
身長は170cm、ガリガリにやせ細った体と青白い肌。世辞にも健康的には見えない。
くるくると強い癖のある重たげな黒髪ショートカット、円い金色の三白眼。長い前髪が目を隠す。
黒い厚手のフード付きパーカーに黒いサルエルパンツ、黒いスニーカー。
垂れた羊の耳と大きな茶色の巻き角、あまり目立たないがひょこんと小さな尻尾も生えている。

※現状7人ですが、今後増えていくかもしれません。



□ Evolution関係者 □

※恋愛対象外キャラクターであり、基本登場しませんが存在として名前が出てくる場合があります。

■ジョセフ・アディントン/60代 Evolution代表
Evolution代表であり施設管理人。
シルバーグレイの短髪と丁寧に切り揃えられた顎鬚、スーツ姿の優しげな初老の男性。
気さくで茶目っ気があり、Ani-Human達にもよく慕われている存在。

■ジャック・エイミス/40代 Evolution初の飼育員
Evolutionにおける初めての飼育員を務めた男性。
入職時には30代、熱心に飼育員として勤めAni-Human達からも慕われていたが40代の若さで病死。
ジョセフによると"心優しくそれでいて勇敢で面倒見が良く、本当に良い男だった"、との事。
その人望の厚さと飼育員としての優れた適性・能力の高さからある種伝説として語り継がれている。




>レス禁止




4: ジョセフ・アディントン [×]
2020-06-27 21:19:30




いやはや、すっかり長くなってしまったな。
もう読み疲れてしまっている頃だろう。いやぁ、すまんすまん。

ここには住んでいるのは一癖も二癖もある奴らばかりだが、皆可愛いAni-Human達だ。

どうか、仲良く暮らしてやって欲しい。

きっと、楽しいことがたくさん詰まった素敵な毎日になるはずだ。
――時々、少しばかり苦労することもあるかもしれんがね。

おっと、いかんいかん。また長くなってしまう所だった。
そろそろ私は失礼するよ。
何か気になる事、分からない事があれば、どんな些細な事でも気軽に聞いてくれ。


それでは、諸君の入職の日を楽しみに待っているよ。




>レス解禁




5: 施設管理人 [×]
2020-06-28 10:22:33




>参加者様随時募集中 質問等お気軽にどうぞ




6: 匿名従業員 [×]
2020-06-28 13:23:27

飼育員希望です


名前/ Gavin (ギャビン:「白い鷹」の意)
年齢/30y

性格/ 言葉遣いにやや品性を欠いたオネェさん。明らかな弱者や庇護対象の者には優しく愛情たっぷりであっても、過度なセルフィッシュには噛み付き返す。その姿は二面性と捉えられなくもないがどちらも当人の素の姿であって、然しながら媚を売るのが得策と考えた場合は相手を選ばずに手段に出るケースも。甘い言葉のすぐ側に常に刺だらけの鞭を携えているような人物で歯に衣など着せていないか、いても本音がダダ漏れといった状態のどちらか。綺麗好きの料理上手で怠惰なだけの生活を決して許さず、正当な理由なしに物が移動するのも無駄に物が増えるのも嫌う為に私生活においても整理整頓されていないと発狂する。なんやかんやで相手の変化に目敏くもあるので不調に勘付き易く、その時は滅私奉公で安心出来る段階に至ったと判断するまで面倒を見る。逆に己の不調にAni-Human達を付き合わせるのはどうしても許容出来ず自らを隔離する傾向にある。

容姿/ ブロンズ肌の細面で頬の厚みも無く、鼻根部が出っ張った高過ぎる鼻が目立つ。ホワイトブロンドにピンクパープルのメッシュを混ぜた髪のセンター分けミディアムロングを左側から7:3に分け、分け目の下は刈り上げてある。細く整えた眉の下の蕩けたような垂れ目を縁取る睫毛は濃密で長いのが何処か憂いた印象を与える。元々薄かった唇に人工的な厚みを持たせ、更にメイクで自然な色味を保たせている。それ以外は完全なる素顔のままで、身体も一切いじっていない。身長179cmの筋肉あり且つ細身寄り、脚の肉の付き方は痩せてもやはり男性的なまま。私服では肉体労働には向いていないのと汚したくないという理由で仕事中はツナギに頼り適度な後れ毛を残して髪を縛る。各Ani-Humanと接する際にはそれぞれに勝手に付けたイメージカラーのチョーカーを着用するようにしているが、いつか特定のAni-Humanと心を通わせたとしたらそのカラーのチョーカーのみ着用するかもしれない。

備考/ Evolution配属前はバッチリメイクでバンドのボーカルを務め、問題行動を起こしたりメンバーのトラブルに巻き込まれたりと平穏とはいえない社会生活を送っていた。それが積み重なって非合法の薬物に手を出し、その更生プログラムの一環としてEvolutionにてAni-Humanの世話をすることにより得られる『達成感』だの『社会貢献』だの、はたまた『愛と所属の欲求の云々』を目的としたこの仕事をある情報網から勧められたことがきっかけで飼育員に。人間のような薄汚れた部分が恐らく少ないのだろうという予想と、昔から動物好きだということもあり抵抗感なくこのプロジェクトへの参入を決意した。他の飼育員と区別する為に白い鷹を模した特製のバッヂを作ってもらい、ツナギの襟元に常に飾っている。ドーム内に女性が全くいないのを良いことに自らを「ディーヴァ」と称してあちらこちらで密かに小遣い稼ぎを行っている。なお、ツナギ以外はダボついた服装を纏うのを嫌い、他者がダボついた服装で体型を誤魔化そうとするのも好きではない上に、身長体重関係なしにボディラインのストライクゾーンが広い変わり者でもある。
ロルテ/
嘘でしょ、想像していたよりずっとマシじゃない。もっと動物園のような環境か、でなきゃ如何にも研究施設らしい無機質な環境で檻に突っ込まれてるかと思っていたわアタシ。正直外界の方が最悪だしきったねぇしで、多分知ればガッカリするわねアニマ──違ったAni-Humanとやらの連中は
(入るまでの厳重過ぎた一連の流れにそろそろ疲れてきた頃。秘密裏の計画ならばそうせざるを得ないのは理解出来るがアレはダメでコレは絶対等とやたらに細かいのには虫唾が走る。付き添いの従業員に内心毒付きつつ念願の住居エリアに到着して放たれたのは最初の驚きの言葉で。そもそもこのようなSF映画界も平伏すような計画を思い付いた第一人者は人格がどうかしているのではないか、人格がどうかしている人間が運営しているのだからさぞや劣悪な環境もしくは裏での虐待行為で憂さ晴らしでもしているのだろうと予想していただけに良い意味で裏切られ。人工的な技術か植物のお陰かは知らなくとも空気そのものが清潔に保たれているのを本能で感じ取り、汚れた空気とニコチンで汚染された肺にたっぷりのフレッシュな酸素を取り込んで気分も落ち着かせ。カウンセラーや医師の偽善な言葉も、警察の乱暴な振る舞いも此処では全てが蚊帳の外。更生を目的になんていう建前が馬鹿馬鹿しくなる理想郷をすっかり気に入り路傍に咲く花を目で愛でる余裕も生まれ、知らなくて当然でありながらいつかの自分が知っていたようにも思える不思議な感情を表現するつもりが外界への愚痴として呟かれて)

( / 気になりながらも実力不足を恐れて躊躇していましたが、勇気を出してお邪魔します…!いつか本当に実現されそうな、それでもかなり難しいであろう壮大なプロジェクトに、動物好き兼映画好きとして胸が踊っております!色々とお伝えしたいのはやまやまなのですが、全て書くとしつこい上に長くなってしまいますので、先ずはPFのご確認の程どうぞよろしくお願いいたします )






7: 施設管理人 [×]
2020-06-28 14:59:26




>>6 匿名従業員様

(/お返事が遅くなり申し訳ありません。初めまして、この度は当トピックへお越し頂きましてありがとうございました!PFの方を拝見させて頂きました。とても丁寧に作り込まれており、トピック管理人として嬉しい気持ちでいっぱいです。不備等ございませんでしたので、正式に登録させて頂きます!人間社会に生きる苦悩を味わった貴C様が、Ani-Human達との交流を通しまた新たな人生の楽しみをひとつ見出せるよう心を込めて交流を進めさせて頂ければと思います。

 次レスより、ロルテの場面に続く形で提供Cよりお返事致しますので、ご指名をお伺い出来ますでしょうか?指名はご希望によりタイミングを見て変更が可能ですので、直感的な好みや興味でお選び頂いて差支えございません…!それでは、お返事をお待ちしております。)




8: 匿名従業員 [×]
2020-06-28 17:40:16




( / 参加のご承認を頂きましてありがとうございます!主様のお言葉を拝見するまでヒヤヒヤしておりましたが、それもあっさり消えてしまう程に今舞い上がっております…!動物と人を掛け合わせたAni-Human様達に人間社会を善と伝えていくのか、または悪と伝えていくのか。それぞれの個性に触れながら飼育員も変化していければと思っています。指名の件ですが、何度皆様のPFを読み返しても絶対この方に!と絞れず苦戦している状態です。贅沢を申し上げるならば全員と必ず一度は絡ませて頂きたいところですので、最初は現実的にその特徴や好き嫌いを把握出来ている犬・猫・兎様のいずれかの方から学ばせて頂くのが良いかと考えております!なお、癖の強い飼育員になりますので、この男との相性に問題がありそうだと判断された場合は是非その旨をお知らせ頂けますと幸いです。お任せとなっでしまいましたが、難しいようでしたら正式に一名指名致します…! )





9: 施設管理人 [×]
2020-06-28 18:40:06




>>8 匿名従業員様

(/そのように仰って頂けて光栄です、至らぬ点もあるかと思いますが楽しんで頂けるように背後・提供C共々励みますので何卒宜しくお願い致します!指名の件、承知致しました。犬・猫・兎の3人ですと、恐らく犬が最も配属初日の相手としては適性をもっているかと思いますので、ひとまず犬のアドルフにて交流を始めさせて頂きます。アドルフはやや頭の固い一面がある事に目を瞑れば、施設内ではかなり一般人寄りな性分ですが、同じく癖の強いAni-Humanもおりますので相性面の問題やご要望等はご遠慮無くお申しつけ下さい!

  長くなってしまいましたが、これよりアドルフにてロルテの場面に続かせて頂き、背後はこれにて一旦失礼致します。何かございましたら、いつでもお声掛け下さいませ。/蹴り可)


++++++++++++++++++++++++++++++


【 アドルフ 】
――君!(Evolution内、ラボエリアを抜けた先に広がるAni-Human達の生活空間――この日の天気はからりとした晴天、爽やかな夏の風がさわさわと草花を揺らしていた。定刻までもう間もなく。ちらりと腕時計へ落とした視線を真っ直ぐ正面へ戻すその面持ちが日頃のそれに輪を掛けて引き締まっているのは、配属初日の新人飼育員を迎えると言う重要任務を任されているからに違いない。ここ暫く、平穏と言う名の退屈が己を取り巻いていたのだ。警察官として、街が平和であるに越したことは無いがやりがいと言うものが無ければ活きない性分であるという事もまた自覚がある。…兎にも角にも、溢れんばかりのやる気を制するように深く息を吸うと、ラボエリアと繋がるゲートを抜け、此方へと近付いて来る彼の姿によく通る声で呼び掛けた。左脇に抱えているのは、新人飼育員のプロフィールが綴じてあるバインダー。無論、事前に隅々まで目を通してある。準備は万端、右手でそっと帽子の位置を整え、今一度ぴんと背筋を伸ばして姿勢を正すと「こちらへ来てくれ!」と、迷うはずの無い一本道の先から片手を挙げて知らせ)




10: ギャビン [×]
2020-06-28 21:14:41




>9 アドルフ

what the fu◯◯!?なんでポリ公がいるんだよ、麻薬探知犬でも引き連っつっつあ…マジのDoggyだったわ御免あそばせ
(全知全能なる神への冒涜かどうかなど知る由も無い。人の手が創り出した小宇宙が此処には実在していて、既に生活している生命があるのだから。敬虔な信徒を見下しもしていたあの頃ならば鼻で笑って済ませていたものを今は信じる信じない以上の位置に立たされ、胡散臭い物を見る目で従業員の頭から爪先までじろりと観察。唐突に耳に入った呼び声に肩震わせ顔を向けてみればなんと其処には警官の姿が、驚きから素っ頓狂な叫びが飛び出し反射的に逃げようと足が他所へ方向転換しかけた所で従業員に肩を掴まれてお縄の中。追っ手の警官だと思ったその存在、否その人の頭部には犬様の耳が生えていて、更には作り物にしてはリアル過ぎる尾まで確認したとなると恐れが急に萎み。監視役として尾行させる為に配置したのではないのか。密かに勘繰ってみても犬に人間社会の善悪なぞ判別できやしないものと些か差別的な視点から高を括り、社交辞令の笑みを浮かべ刹那小首を傾げ )






11: アドルフ [×]
2020-06-28 22:08:35




>10 ギャビン

Doggyじゃない、俺はアドルフだ。君については事前に説明を受けている――無論、君の犯罪歴も含めてな。(徐々に距離が縮まってゆくに連れてはっきりと視認出来る彼の姿にほう、と声を漏らした。"飼育員"と言う職業柄、更には世間に一切公表される事の無い秘密裏の求人と言う事もあって、身なりには些か無頓着な人間が集まってくることが多い。目を引く鮮やかな髪の一筋、きちんと整えられた眉に色味のある唇。珍しいタイプが来たものだと感心しつつ、目の前で慌て出す姿を至って冷静な態度で眺め、小脇に抱えていたバインダーをトントン、と指で叩いて示した。言うまでもなく彼の犯罪歴には不介入だ。逃走を図ろうとする彼の肩を掴んだままでいる飼育員、純朴そのものといった彼もまた新人である。「後は俺が引き受けよう、君は仕事に戻ってくれ。ギャビン、君は俺と来るんだ。大方の説明は受けていると思うが、君の住居までの案内を頼まれてる。さあ行こう。」と、あくまで己に任せられた任務の達成を急ぎたいとばかり、彼を捕らえる素振りも見せずにすたすたと歩き出してしまい)




12: ギャビン [×]
2020-06-28 23:08:38




>11 アドルフ

おーおー怖い怖い。序でにこういう台詞はどう?「薬物を隠せる羽枕の支給は無いぞ」とか「部屋には隠しカメラが設置してある」とか刺激的で脅迫じみた言葉を犯罪者に浴びせるの。クッッソ真面目そうでジョーク通じなさそうね此奴
(一言で表すならば生真面目。百人中百人が口を揃えるであろうポリスマン然とした態度に感心しないわけでもない。だが相手は犬、手懐けてしまえば多少の悪事も容認して貰えるに違いない。その点に関する探りは徐々に入れることとして今は唇を尖らせ戯言を並べ。肩を掴んだ人間に報復しようかと思いはしても実行に移さずに態と砕けた調子で話しかけ、思い切り身体を捩りその手から逃れ。つい癖で、あるいは品定めとしてか制服の袖から伸びた逞しい腕に感嘆の声を漏らし。それにしても話し方も動作もほぼほぼ人間と評して間違いなさそうに見えるのだが、前科持ちを飼育員と見做す警官は如何なものなのか。大体この全てがオートマチックに管理されている狭い箱庭で警官を名乗るとはちゃんちゃら可笑しいと思うのが普通ではないのか。いかんせん本日初めてAni-Humanと対面したばかりで此処の常識に馴染み理解せよと言われても困難なものは困難なのだから、小馬鹿にした態度を改めようとはせずに「ねえアドルフ。あんた自分の職業を説明出来る?」と大口開けて掠れた笑い声立てつつ尋ね。それも無視されてしまうと不機嫌さを露わに唾を吐き捨て「触るなっつってんだよ餓鬼が。さっさとボスの下に帰りな」罪なき従業員に中指を突き立ててみせると警官の後を渋々追いかけ)





13: 匿名さん [×]
2020-07-01 12:53:56



名前/レイモンド
年齢/28歳
性格/一言で言うとすれば厳格。真面目で人に厳しく、自分にはもっと厳しくの精神を持つ。誰にでも厳しい様子から怖いと思われることもあるが、本人は気にしていない。わかる人にわかれば良いとの考え。仕事は手を抜かずに最後まで遂行したいと思うがゆえに、それ以上の関係を求めることは基本的にない。仕事付き合いであればこなすが、自分の領域に踏み込まれるのを極端に嫌う。"竹を割ったような性格"と評される程正論を突きつけることが多く、曲がったことが許せない。自分から話すことはめったにしないものの、何だかんだで聞き上手。心を許した相手には不器用な優しさを見せる。完璧なようでいて抜けたところもあり、(疲れたときは特に)ぽんこつな部分が顔を出す。

容姿/肌は色白で髪はブロンドのマッシュウルフ。伊達眼鏡を着用し、目元には泣きほくろがひとつ。視力が悪く、眼鏡を取られるとぼやけて見える。瞳は焦げ茶色で吊眼。頑張りすぎるせいか血走っていたり、隈が出来ていたりすることもある。身長は180cmと普通。ホワイトカラーな職業柄、筋肉はついておらず細身。すらっとしたといえば聴こえは良いが、実際はひょろひょろしたと言われても差し支えない。服に頓着なく、普段から与えられた作業服を着用。たまに毎日着ていたスーツが懐かしくなるのか、ネクタイを締める仕草をしては違った、と気付く。

備考/元々勉強しか取り柄がなかったことから、やりたいことを見つけられなかった結果勉学へと打ち込み、有名大学をストレートで卒業。学歴社会ともあれば注目を置かれてもおかしくはない筈だが、現実はそう甘くない。学歴が高いならこれくらい簡単だろう、と大量の面倒な仕事を丸投げされては、こなしていくだけの日々だった。つまらない日々の束の間の癒しは動物で、幼少期から共に過ごしていた。フェレットや亀、インコなど、囲まれて過ごした為動物が好き。プロジェクトの存在を知り合いを通して知り、興味もやりがいも感じられない仕事よりもこの仕事の方がよっぽど良いと思い参加を決意。企業を辞めることには抵抗がなく、プロジェクトというやりたいことを28歳にして初めて見付けた。周りがだんだん結婚していき、早く結婚しなさいと親に急かされるのが最近の悩み。結婚するつもりなど毛頭なく、暫くは仕事一筋でいる予定。

ロルテ/此処は……ユートピア、か。(概要は前もって聞かされていた。動物と人間を融合させる特殊性が惹かれた理由そのものだったが、如何せん警備や管理が厳重すぎやしないだろうか。大きなドームを潜り抜けた先に待ち受けていた消毒は、自分が新種のウイルスなのではないかと感じさせる程に丁寧すぎた。こんなにも必要なのかと辟易しながら無意識に思い出すのは、今まで勤務していた無機質な会社。今更面白さの欠片もない会社に戻りたいとは思わないが、その方がましなのではないか。こんなところに詰め込まれるなんて、きっとAni-Humanとやらもきつい思いをしているに違いない。そんなふざけた思考は生活空間に踏み入れた途端に消え去った。普段生活している街よりもずっと長閑で、自然に溢れている。喧騒から遠ざかることの出来る空間はまるで理想郷のよう。何にも邪魔されないでのんびり暮らすことが出来たら、どんなに良いことだろう。久し振りに気付いた普遍性の大切さは、どうやら己に足りていなかったものらしい。呼吸をして、落ち着きを取り戻しては辺りを見回して。街の人らは複数でいても会話をしていない。つまり対象外ということ。獣の特徴が表れているであろう飼育対象を探そうと、あてもなくふらふらと散歩してみて)

(/素敵な世界観に惹かれました。飼育員希望です。何分絡みにくい性格をしていますゆえ、どうなるかはわからずですが、もし宜しければプロジェクトに関わらせて頂けないでしょうか。一先ずご確認の程、宜しくお願い致します。)




▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]BLなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle