TOP > 個人用・練習用

独り言のようなもの版権オリキャラつくろうよ!/34


最初 [*]前頁 ▼下へ
自分のトピックを作る
15: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:26:22

名前:三宮 響也(さんのみや きょうや)
性別:男
年齢:28歳
性格:プライド高い典型的なナルシストで、「この世で美しい者は自分以外存在しない」と自身が作った格言を元に、過剰なまで自分に陶酔しており、自身の顔立ち、肉体を芸術と呼び、常にエステやケアを怠らず、もしも仮に誰かの手によって傷つけられたのなら、彼は執念深く相手を憎み徹底的に追い詰めるだろう。特に髪は命と言っても過言ではない模様で又、相手の髪…特に女性物には興奮を覚えるようで、彼が気に入ったとならば、そのお客を口説いてからの裏路地などで相手の髪を傷つけず汚さずにその人を殺め、そして髪を切り奪っていく様な行為を趣味として行っている。
容姿:金髪のホストヘアーで、黒色の釣り目で、イケメンな顔立ち
身長186㎝で体格もまた細く華奢で常に自分を磨いている為か抜群なプロポーションであり、服装は薄いピンク色の胸元が開いたyシャツを着用し下半身は黒いスラックスを履いており、又、服装のあちこちにジャラジャラとうざったらしい程にアクセサリーを身に着けている
職業:美容師(モチノキ美容院の店主)
趣味or好物:鏡で自分の姿を見る事、自分磨き、綺麗な髪の女性を殺してその髪を奪う事、コラーゲン入りの料理又は飲み物
魔物のパートナー:ハサウェイ
魔物と初めて出会った場所:モチノキ町の路地裏
その他一人称「私」
モチノキ町で有名な美容院を営む店主であり、又、その裏では趣味である他人の綺麗な髪を自身のコレクションにする為に闇討ち行為を行う殺人鬼である。パートナーのハサウェイと出会ったのも路地裏で殺害している風景であった。

名前:ハサウェイ
性別:男
年齢:14歳
性格万事、適当且つ気楽に気儘に生きる自由人な一方で常に相手を殺したい衝動が疼いており、それを満たそうと自身の術を使い呪殺を行っている又、彼はカルト宗教に入信しており、どっぷりとその神へ心酔している。彼の呪殺もその神に捧げる供物だとか…
容姿:鮮血色の箒のように逆立った赤い髪型で。額から左目にかけて包帯を付けていて、右目は白目の部分が黒く、瞳孔の部分は黄色、
皮膚はアルビノ、体格は長身で細く、骨が浮き出る程痩せこけている。首には信仰しているカルト宗教のシンボルがついた首飾り、手首と足首に包帯を着けて、赤い宝石と金の装飾品が着いた黒と紫を基調とした丈の長い腰布を観の纏っている魔物。
趣味or好物:神へ祈る事、虐殺行為、腐った生肉、干物
本の色:梅紫色
パートナー:三宮響也
術:怨霊系(呪術)
1リュウスルク/自身の身体に怨霊を入れ、戦闘中に限り、どんなダメージを受けても死なない不死の能力を得る(ただし痛覚はそのまんま)
2リュウスル・ジオ/怨霊を込めたエネルギー弾を相手に飛ばし当てる事で、戦闘中に限り、相手の肉体の痛覚、感覚等を自身と共有する状態へ変化させる術
3リュウスルド/自身の近くに怨霊を放ちそこから怨霊に満ちた武器(刀、剣、槍、鎌など)を生み出す術。
4バーガス・ハンディスグルグ・クラッグ/自身の周りに無数の魔界に通じるゲートから何本もの手を召喚し、その手を破壊する度に相手の移動力を削ぐ術
その他:一人称「俺」
魔界では、住んでいた地域は穏便な平和な集落だったが、同時に変なカルト宗教も一部で流行っており、彼もその神に没頭し入信した信者であり
その教えに従い神の供物として日々、魔物(人間)を殺めている。
又、彼は少なからずMッ気がある模様……苦痛に感じる痛みにはブチ切れるが…

16: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:27:10

名前:白金 北斎(しろがね ほくさい)
性別:男
年齢:11歳
性格:子供でありながらIQ180と持つ天才児であり、同時に狡賢く誇りも高く嫌味な性格。
又、自身のプライドを貶されたりすると、ネチネチと下種な笑みを浮かべて執拗に嫌がらせを行う。
それから虫が大好きで愛でており、「虫は人類より優れているんだと」と言葉にする程、病的に虫を愛している
容姿:オレンジ色の短髪でソフトモヒカンにしており、瞳の色は青。
身長は同学年から見て低く小柄。服装は黄色いyシャツに黒のリボンを締めていて、下半身はグレーのサスペンダー付きの短パンを履いており、
常に限度無制限のブラックカードを所持している。
職業:モチノキ小学校五年年)
趣味or好物:虫観察、弱い者虐め、高級食材、もしくはそれを使った高級料理
魔物のパートナー:モース
魔物と初めて出会った場所:モチノキ公園
その他:一人称「僕、僕ちゃん」
セレブの母に白金グループと言う会社のワンマン社長の父の元に生まれたお坊ちゃまで
持って生まれた親の七光りを使いワガママ人生を満喫するボンボンであり、
魔物と出会い、魔物の王を決める戦いに関して彼は一種の「ゲーム」感覚で考えている

名前:モース
性別:性別不明
年齢:推定4歳程
性格:まだ幼い為純真であるが、本の持ち主である北斎の影響を受けて、彼の狡賢さや誇り高い性格の面が悪くも引き継がれてしまった模様。
パートナ―に関して懐いてるようでパートナーが喜んだりや激昂したりの感情も全く同じに表現に出す。
容姿:イメージとしては風の谷のナウシカの王蟲の様な外見をした幼虫、赤色で瞳は黄色のカラーリングの幼虫の魔物
趣味or好物:日向ぼっこ、昼寝、葉っぱや枯れた木の枝、など
本の色:黄緑色
パートナー:白金北斎
術:自身の吐く糸で生成した物質で攻撃や防御に扱う術
1クロウ・スレド/口から糸を吐き出しそれを爪状の形に纏めて、相手を引き裂く術。
2クエア・スレシルド/板状に纏めた硬質の糸で出来た盾身を守る術。
3ベルト・スレド/帯状に纏めた糸でそれを鞭のように振るう術。
4キョオウ・スレド/糸を大量に吐きそれを一つの大きな巨人の形に収束させて、巨人に攻撃を行わせる術
その他:一人称「……」
まだ幼い為、言葉はまだ話せず、性格も純真だったが、パートナーの白金北斎に会い、日々を過ごす内に
パートナーの悪意に汚染されて、パートナーのように知能が高い上に狡賢く誇り高く嫌味な性格へと変貌してしまった魔物。

17: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:27:53

名前:空木 亥(うつぎ がい)
性別:男
年齢:28歳
性格:性格は寡黙でプライドが高い。普段はあまり感情を表に出さず、近づきがたい雰囲気だが情に篤い一面も持ち。
仲間には基本的に温かく接し、カリスマも持つリーダー気質で、直属の部下達に尊敬されている青年
容姿:赤髪短髪パーマ、赤眼の釣り目、体格は身長は高く平均的。服装は黒スーツを身にまとっている
職業:空木コーポレーション社長
趣味or好物:ゴルフ、読書。メロン、コーヒー(ブラック)
魔物のパートナー:ホリン
魔物と初めて出会った場所:喫茶店のカウンター(コーヒーブレイク中に隣にぽつんと座っていた)
その他:一人称「相手に対すると私。自分は俺」
父親から譲り受けた。新しい新薬を見つけ医療品を開発する会社である空木コーポレーションの社長である男。
ちなみに父親から譲り受けたと言ってもその父親や実の父ではなく、妹・零と共に養子に引き取られて現在に至る。
元々は下町出身である為、義理人情に厚く、普段は社長であるが為、ビジネスとして冷たい性格を取るが根は優しい性格の持ち主。

名前:ホリン
性別:女
年齢:14歳
性格:冷徹な性格で他人に対しては基本無関心を貫いており、そっけなく突き放したような態度を取るものの、
、仲間が窮地に陥った時には率先してフォローに動いたり、危険な現場にも進んで付き合うなど、根はそこまで冷徹な訳ではない様子。
容姿:白髪のショートボブカットで頭頂部に白い尖った犬耳が生えている。青色の丸目でアジア系に近い顔立ち。体格は身長は平均だがちょっと小太り気味。服装は白い毛皮のマント(ブラゴの色違い)とその下に鎖帷子と黒のショートパンツを着用している。
趣味or好物:ハンティング、だらける事、骨付き肉、鮭など
本の色:抹茶色
パートナー:空木亥
術:消滅系…(ただし彼女の場合、その物体そのものが消えるのもあれば、姿形がだけ見えなくなる術
1ディオガ・スプリフォレイド/口から相手が発動した呪文を消滅させる吐息を吐く。ただしディオガ、またはそれ相当の術しか消滅させることできない為、それ以外の低級や上位の呪文は対象にならない。
2ラディスレイド/口から物質を消滅させる吐息を吐く。(ただし消滅させるのはその物質の見た目だけで存在そのものは消滅していない。
3ラディスジオ/己自身に消滅をかける術。他に自身における体臭・体重・体温・触感など、また魔物の王を決める戦いのルールで出来ない様になっている為その辺は大丈夫だが、この術は果てに因果律さえも自身の存在に関するあらゆる情報を書き換えてしまうトンでもない術な為下手をすれば自身を滅ぼしかねない禁呪の術でもある。

その他:一人称「私」
魔界での彼女は魔界の王に属する将軍や大臣に従属する諜報員の一人であり、
彼女自身は魔界の王を決める戦いに置いては、自ら王になる事を望まず…ただ望む事はこの戦いで最も王に相応しい魔物を見届けるこそ本来の願いでありパートナーの亥もその意思の元に戦いを歩んでいる。

18: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:29:00

名前:空木 零(うつぎ れい)
性別:女
年齢:14歳
性格:天真爛漫で物言いが強いポジティブ思考な性格。まだ幼い頃に兄・亥と共に養子として預けられた為、根はまだ子供な年ごろしてはパートナーのカイで程までではないものの強くなる事と強さに拘ると言うタフな面や特に兄に対して好意や尊敬を常人以上に思っている面を持っている。又、カイの事も「誰よりも強い人」と自身の中で兄を越える人だと尊敬している。戦いの面では、守るより攻めた方が良いと意見を持っているカイですら、「守りに徹しろ!!」と怒号を上げる程かなりの攻撃型…と言うより脳筋。
容姿:橙色のセミロング兄同様赤眼。形はちょっと釣り目寄りの丸目。身長体格は平均であるが趣味と部活で合気道を嗜んでいる為か、顔とか余分な所に出ない位には引き締まっている。それ故か年頃の子らしく鍛えるのは良いがあまり筋肉はついて欲しくないと悩みの種を抱えており
服装は動きやすくノースリーブ物を好むがなるべく肌が露出しない服装を好む。
職業:モチノキ中学2年年
趣味or好物:アニメ・漫画を観ること(ロボやヒーロー物を好む)合気道。オレンジジュース
魔物のパートナー:カイ
魔物と初めて出会った場所:自宅のビル(リビング内のソファ)
その他:一人称「あたし」
空木コーポレーションの社長である兄・空木亥の妹である少女
兄同様下町出身であり、まだ幼い事に養子に預けられた事から、預けられる前に比べて無理するようになった兄の背中を見て、「兄に心配にかけないように強くなる」と志を持って現在に至るが、逆にその面が兄の胃痛の種の原因になっている。
浜路陸とはクラスメイトであり幼馴染でもある。

名前:カイ
性別:男
年齢:16歳
性格:ただ己の強くある事を求め続け、何度敗北しても負けを認めない(妥協をしない)弱肉強食主義者で、
卑怯と弱きを最も嫌い、逆に弱きある者でも強くなろうという意思を持つ者には暖かく接する、その心は虐げられるだけの存在を救おうとする気持ちから来ている。
容姿:メッシュが入った金髪、青肌の高身長且つ引き締まった体格を持つ、黒のストリート風の服装に青色の鎧(手甲・肩・胴体・膝・脚)を着込んだ豪傑な魔物。
趣味or好物:鍛錬、昼寝、丸ごとの猪肉、苺牛乳、
本の色:インディゴ
パートナー:空木零
術:冷気及び氷結系(自ら携えている馬上槍に氷の力を宿して戦うのとその武装化)
1ランズフリズ/槍の穂先に冷気を纏わせ相手に突き刺す。
2ギコルセン/穂先に纏わせた冷気から氷柱の槍にして飛ばす。
3ガンズ・ギコルセン/穂先に冷気を纏わせ、目にも止まらぬ速さで連続突きを行う(又、氷柱の槍を飛ばす事も可能)
4チャーグル・ギコソルド/片腕を氷柱の剣に変化させ相手を切りつける事によりこの術ではダメージこそ与えないが、代りに氷結エネルギーを蓄積させ、この剣で切れば斬る程氷結エネルギーが溜まる。
5ラオウ・フリズガル/掌から巨大な兎型の膨大な冷気の背に乗りそのまま騎馬を操るかのように駆り突撃して攻撃する術。
6ラージア・フリズオル/地面に槍を突き刺し、自身の周りに広範囲を冷気で凍結させる巨大な渦を放つ術。
7ディオガ・ギコル・ラドル・ドルクガ/カイの最大呪文であり、自身の肉体と槍に冷気を纏わせ氷の鎧と強靭な氷の槍を纏う又、槍を手にしていない手も強靭の氷の槍を纏う事ができ、更に両手の槍をドリルの様に回転させ相手に突撃する。これにより強度な盾系の術は例外はあれど突破できる。

その他:一人称「俺」
魔界でのまだ幼い頃の彼は貧しくもそれなりに裕福で幸せな日常を持った両親と妹一人の下級貴族の家柄に生まれたが間もなく、
ある日、自分等と何ら変わらない友好的だった下級貴族の家柄だった魔物が突如、上位貴族へと昇格しその際の権力争いによって
今まで手にしていた物が壊され、その時味わった絶望と屈辱から『弱肉強食』を信条とし、強くあらねばならないという観念に囚われるようになって現在に至る訳だが、そこから絶望と屈辱を味わった彼は、『弱い者が踏みにじられない世界』を作ると心に決め、
魔界の騎士団へ入門しそこから幾度の苦難に陥ろうと屈する事なく、彼は成り上がりを重ね、自分の実力のみで上位騎士の称号を得て、
彼の名もまた魔界でその名を轟かせる程、王を決める戦いで勝ち抜けるだろう一人に入っている。

実はユノカの兄であり、ユノカの事は他ならぬ彼女が自分の嫌う弱き者であった事とユノカが信じる強さが自分と違った形であり、それを認めておらず嫌悪しているが心の根では何処か気にかけている面がある。

19: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:30:03

名前:ガランドゥ
性別:男
年齢:45
性格:図太い性格の強欲な守銭奴だが態度が大きい割に立場が逆境に追い詰められると弱腰になるが、心の奥底では凝りてはおらず
逆襲の機を狙っている外道でもある。
容姿:大柄で小太りの黄色と白をメインとしたガラベーヤを着用し身体の至る所に金属器を身に着けた、
ターバンを巻いた褐色肌で無精髭の歯の一本が金歯の親父。
職業:皇帝(自称)
趣味or好物:奴隷を扱った見せ物小屋、蜂蜜と度数の高い酒。
魔物のパートナー:メサ―ラ
魔物と初めて出会った場所:砂漠周辺にある街の路地裏
その他:「儂」
パートナーと出会う前はアラビアのとある砂漠周辺に位置する街で盗みを働くコソ泥であり、
パートナーと出会い魔本を手にするとその力に溺れ、味をしめた彼は本の力を使い、
まず街の長を脅し、自分が長へと成り替わると同時に元・長をパートナーを使い処刑して力で街全てを手中に収めれば
そこから先はやりたい放題に奴隷制度を設けたり、国民全員に徴収で絞り取ったり等悪逆の限り尽くすようになる。

名前:メサーラ
性別:男
年齢:17歳
性格:本来は誠実で実直な性格であったが、本の持ち主の悪意と自身の堅物である面がマイナスに働き、
魔界の王になる為には如何なる手段も使って勝ち抜く思想に目覚めてしまった魔物。
容姿:身長2m。胴体は黄金色の(グソクムシャ:ポケモン)に∴の目のアリジゴクの頭部をしており、
黄色の鎧に紺のマントを装備している魔物。
趣味or好物:武芸の稽古、読書、ミミズ、
本の色:玉虫色
パートナー:ガランドゥ
術:砂
1ロンド・ザント/鞭状に砂を固め、その鞭で攻撃する。
2ラージア・ザント・スプレイド/自身とパートナ―を除く周囲の足元を広範囲に渡って液状化した砂に変えて地面に引きずり込む。
3ザント・アーガス/ドーム状の砂の盾を自身に貼り身を守る。尚、この術で守れる規模はこの術を放った魔物のみで、パートナーは含まない。
4ガンズ・ザント/弾丸のようなサイズの砂粒を連射する。尚命中精度は荒い
5クエア・マ・ザントオルダ/複数の巨大な砂の板を地面から生み出し、ドミノ倒しの様に倒して攻撃する。
6チャージル・ザントアーガス/ザント・アーガスの強化術。更にパートナーを含む一組を守れるようになった他、欲望が強ければ強い程、それだけ盾の防御力と耐久値が増す。
7ギガノ・ザントドン口から砂粒を相手に向けて吐き、その砂粒が広がり、相手を呑み込み拘束する上級術。
その他:一人称「拙僧」
魔界に居た頃はウェインやカイも所属している上級騎士の中でも選りすぐりの八人を呼称した
「八魔将」の一人「熱砂」のメサーラと呼ばれている。
ちなみにウェインは「豪炎」カイは「零氷」

20: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:31:00

名前:ケビィ・スミルノフ
性別:男
年齢:37歳
性格:標的と定められた相手は如何に女性、子供であろうとも必ず始末すると揺るがない強固の信念を持った冷酷な性格。
殺しのプロとしての流儀、心構え、風格、意志、覚悟、掟をモットーとするが、クライアント、果てに標的になった相手と誓った約束はこの身に危険が及ぼうともそれを成し遂げんとする義理堅さと器量の大きさの一面を持つハードボイルド。
容姿:銀髪オールバックの青眼のスマートな体格の白人。
紫色の豹柄のスーツと暗めの黄色いコートと帽子を身に着けた強面の漢。
職業:フリーランスのヒットマン
趣味or好物:銃の整備、テリヤキバーガー、ビール(本当は苦手)
魔物のパートナー:シナ
魔物と初めて出会った場所:住宅街の路地裏
その他:一人称「俺」
アメリカ合衆国の治安の悪い街ワースト1に入るデトロイト州の住宅街の長屋に住まう。
裏で悪事に手を染めるお偉いさん方等の暗殺を請け負うフリーのヒットマンで、
シナと出会う切っ掛けとなったのは、路地裏でチンピラに絡まれていた彼女を助けたのがきっかけで、
それで彼女の本が輝き、魔物の王を決める戦いの事を彼に告げるも、当時は信じてはおらず「こちとら乳臭セェガキのお遊びに付き合ってる暇はねぇ」と一蹴するだけだったが、次第にそれが本当の事と自覚すると彼もまたシナと共に戦いに身を投じて行く

また上記の「こちとら乳臭セェガキのお遊びに付き合ってる暇はねぇ」ことからに彼は子供…特にシナの様な甘ったれた子供を嫌うが、
シナに対して彼女の本心の根幹であるそれを指摘した所で彼女が一端の覚悟と意志を持った子に育つ事を願っている。

名前:シナ
性別:女
年齢:7歳
性格:魔界に居た頃、同郷の同年代の子等にいじめられた事や自身と仲良かった友人等に騙された経験をした事で、
自身の能力を用い心を閉ざし、周りからどのような言葉を掛けようとも一切感情が変化しない。
それ故、無表情且つ感情の起伏が全くない上に抑揚のない喋り方をする為、ロボットのような冷たい無機質な印象を漂わせており、周りの状況には一切関心を持っていないが自身の平穏に害を加えて来る者には容赦はなく排除しようとする傾向が強い為、ただ話しかけただけでもいきなり襲い掛って来る攻撃的な一面を持っている。
また、上記にも書いてある通り、虐めや親友だった相手に酷い仕打ちを受けたトラウマから、読心術の術を心得ている為
彼女の前での嘘や隠し事は無意味で判断を誤れば即、殺されかねない(例えその嘘や隠し事が優しさだとしても)
容姿:白と黒基調の胸元に銀のハートに桃色のパールの装飾が着いたワンピース服を着た
艶がかったエメラルド色のワカメのような長髪に大きなハート肩の髪飾りを付けた少女の魔物(正し表情は自身の能力で心を封じている為、無表情)
趣味or好物:シャンプー(髪の手入れ)魚介類特にイカやタコなど、アイスクリーム
本の色:銀杏色
パートナー:ケビィ・スミルノフ
術:封印と力の解放
1シィルジオ/魔物自身の意思に応じて自分に、感情、五感を封印する。また相手にもかけられなくはないが、術のな効果範囲が相手と密着していなければいけない為、距離を詰めなければいけない。
2シィルジオ・リベレイ/1で自身や相手にかけた封印をこれも意志に応じて封印を解除する術。
3シィルジオル/口から青白い光弾を放つ。この術はパートナー自身にも作用する術でパートナーに直撃した場合はダメージこそないが
代りに手持ちの術に封印をかけられ、その封印を解くには一つは使用した魔物を倒す(魔界に還す)ニは自身が魔界に還らないと封印は解けない。魔物に直撃した場合は封印こそされはしないが代りに微量のダメージを喰らう。
4:ゴウアギオ・リベレドン:強力な龍の顎を見立てた闘気を相手に飛ばす。これもパートナに作用する術でパートナーにはダメージ無し、魔物にはただの強力な一撃+追加効果として魔物・パートナーは以降発動する術の攻撃力・防御力、回復力、射程範囲距離・素早さ等が通常より倍の威力で繰り出せるようさせる術と此方デメリットがあるようにも見えるが、この術の真の髄は心の力を消耗を早くさせる事にあり、
魔物とパートナーの能力のリミッターを外し、威力こそハイ火力になると引き換えにその倍以上の心の力が減る。
その他:一人称「妾」口癖「なの」
臆病で一人では何もできない甘えん坊の性格から周囲に蔑称を付けられるなど、あだ名で呼ばれ揶揄われたり虐められていたが、
そんな彼女にも親しかった友人等も実は、自身を虐めていた魔物達のリーダーと取り巻きであり、
自身と仲良くしてたのも全てこうした方がより絶望するんじゃないかと演技であり、遊びだったとそれを彼の口から直接告げられ、掌を返された挙句、突き飛ばされた反動で危うく死にかけた事から、それ以来、他人を信用する事ができなくなり現在への性格に至るが、
心を閉ざした理由と言うのも自身が傷つくことを何よりも恐れている寂しがり家である事が大きい。


21: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:31:53

名前:宇代 正義(うしろ まさよし)
性別:男
年齢:18歳
性格:自称又周りの友人曰く繊細な性格なのだが、本当の所は被害妄想癖が強く、
暴力的で且つ些細なことでもすぐに頭に血が上り、急に泣き出して暴力と手段に出る性格破綻者である下種。
又、自身の名前にある通り正義と言葉を気に入っていて、自らもその通りの活動を行うが、それはあまりにも履き違えている。
容姿:金髪のメッシュをかけたパーマの短髪の鋭い三白眼と口元のマスクが特徴の
臙脂色とグレーの二色をメインとした制服を着用している。(クスノキ校制服)
職業:クスノキ高校3年
趣味or好物:世直し活動と称したオタク狩り、バイクを用いての暴走行為、ミートスパゲティ
魔物のパートナー:ダース
魔物と初めて出会った場所:クスノキマンションの団地裏の空き地
その他:一人称「俺」
モチノキ町の隣町にあるクスノキ町のクスノキ高校に通う生徒で
夜な夜な世直しと称して数名の悪友達とオタク狩りを行う不良。
ダースのパートナーになってからはダースの力を利用しようと画策するも
彼とは仲が合わず半ば従わさせられる形で戦っていくが、最終的に逆らって彼の本を相手に燃やしてもらうようとした計画を知られ
怒りを買ったダースに報復を受け重症で病院送りにされてしまう。

名前:ダース
性別:男
年齢:19歳
性格:実力至上主義で自らの力と闘いに固執する好戦的で粗野な性格の持ち主だが、
目的の為には裏切りも辞さない面を持つ。
容姿:筋骨隆々としたゴツイ巨体を持つ下半身に黒い重厚な鎧を纏った
二本の巨大な角を着けたグレーの長髪の赤肌半裸の魔物。
趣味or好物:闘争、カジキマグロ
本の色:鮮血色
パートナー:宇代正義
術:主に角を使った物理攻撃と光線攻撃
1ゼモルグガル/角を強化しそのまま相手に向けたまま突進し体当たりする術。
2ゼモル・ゾニス/二本角を介して一筋の螺旋光線を放つ術
3テオ・ゼモルグガル/1の強化。中級術
4ゴウ・グラビバ/全身から強力な重力波を放つ術。
5ザング・ゼモル/角をギロチン並みの切れ味を持つ刃に変え、相手に奮う。
6ギガノ・ゼモルガル/1の強化と上級術+貫通力が付与された術
7ゼモルウル・ゾニスオン/2の威力増加+ビームの速度+ビームの軌道の操作できるようなった強化術。
8ディオガ・ラージア・ゼモルガル/1の強化+貫通力に加え、一回り角が大きくなり広範囲に広がった術
その他:一人称「俺」二人称「貴様、雑魚(弱い相手と見なした時のみ」
魔界では用兵術と共に全ての武に通じ、その才を王に買われ、「八魔将」の一人に入れられ「天武」の名称を頂く事になるも、
それだけでは飽き足らず、反王派の大臣に王を抹殺せよと誘いに乗り、王を手にかけようとしたが、他の「八魔将」によってそれは
果たされず彼は王を殺害しようとした罪で投獄されるが、そこでも同じ獄中の者にそそのかされ脱獄した後に魔物の王を決める戦いの噂を聞きつけて参加者の一人であった魔物を抹殺しそれに入れ替わるように出場する。

22: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:32:59

名前:根古谷 史則(ねごや ふみのり)
性別:男
年齢:48歳
性格:物腰が落ち着いた温厚な性格であるもどこか掴みどころのない人物。
温かみと包容力に溢れ、若者に助力するのが年長者の義務であり喜びと話し、一歩退きながらも常に寄り添う心強い相談役。
容姿:若干白髪が交ったグレーのパーマヘア。くるんとカールした髭を生やした
深緑と焦げ茶、等渋めの色使いのフォーマルな服装を着たナイスミドル
職業:無職
趣味or好物:料理、若者の世話、ワイン
魔物のパートナー:ショウブ
魔物と初めて出会った場所:ショッピングモールの広場
その他:一人称「我輩」口癖「じゃ」
モチノキ町の山岳部の一角に建っているログハウスに妻と共に住んでいるアラフォーの男性。
趣味であり特技でもある料理は三ツ星シェフ顔負けだとか(周り談)その事を生かして、以前勤めていた所を辞めて
月に2~3回、商店街にて手頃な価格で料理教室を開いている。
また以前勤めていた所はモチノキ高校の教師で元教え子として氷室透樹と桜庭伊助が居る。
ショウブとの関係はショッピングモールで料理教室に使う食材を買いに出かけた時に目が合い、それから広場で彼女が他の魔物とパートナーに襲襲撃されている場面に出くわして、彼女を連れ逃げる最中に彼を自分のパートナーだと確信したショウブから本を受け取り、その襲撃してきたペアを撃退し魔物の王を決める戦いに駆り出される事になる。
彼から見てショウブは孫みたいな存在で逆にショウブからはおじさまと称して慕っているらしい。

名前:ショウブ
性別:女
年齢:10歳
性格:お淑やか、大人びてると思いきや、割と勝気と意地っ張りな性格で、
アレを患っている節があり、やたらと厨二病発言や技名、ポーズを良く人前で披露してはいるが、
羞恥はあるようで、やりたがるがやった後に顔を真っ赤にして顔を隠してその後、史則か物陰の背後に隠れてしまう。
また怒るとドスを効かせたような江戸っ子言葉が出るのが特徴。
容姿:青髪ぱっつんのロングヘア―、おっとりとした雰囲気の紫色の丸目で
右目には包帯を巻いている(御洒落)服装は白いレースの黒いキャミソールワンピース姿の魔物
趣味or好物:アニメ、おめかし(厨二病)、カッコいい物、ミルク
本の色:浅葱色
パートナー:根古谷史則
術:相手・自身に対して変身能力(トランス)
1ポルク/様々な物に姿を変え、自由自在に変身できる、又人間を真似るとキャンチョメと違い、顔や恰好がそっくりなものの自分と同じちびっこサイズになる。
2アム・ルドルク/腕を剣、槌などの武器に変化させる術
3オウジオン・ポルク(体の一部分を他の生物の一部分へと変える術)
変身トランス―翼人ハーピィ(両腕が白い羽に変わり飛行能力を得る)
変身トランス―蛇人ラミア(両脚が蛇の尻尾に変わり森の中など障害物が多い地での活動が可能になる
変身トランス―人魚マーメイド(両脚が魚の尾ビレに変わり、潜水能力を得る)
変身トランス―土竜モグラ(両手がドリルとなり地面を掘り進む能力を得る)
4テオ・ポルク/ポルクの強化術。人物までも姿を変えれるようになり、人物を真似も変なクセが残らなくなった。
5ギガノ・ポルクガ/テオ・ポルクの強化術。パートナーーと自身が創造した生物、人物、物質にまで変身する術、変身状態での物理攻撃の威力が増した。
【妖絶な美女】(高身長でスタイルの良いお姉さんの姿(自分が理想とする自分の姿へと変身する))
6レイモス・ポルクゼム/相手へ鱗粉を飛ばし、鱗粉を浴びた相手を自身が創造した姿へと変身させる術
7ポルクガ・ブルク/ギガノ・ポルクガで変身した姿を分身させる術最大10体ぐらいが限度の術
8ディオガ・マ・ポルクガ/ギガノ・ポルクガの強化術。未知の生物、人物、物質、非物理のものにまで変身する事が可能になった術(火や水)などの攻撃が本当にそのようになる。又術者の感情で威力を上乗せできる。
【地獄の番犬】ケルベロス(ケルベロスとなり噛みついたり、炎を吐いたりする攻撃ができる。)
【魔王】ルシファー(ファウードぐらいの体躯の黒い毛皮で脚が付いた山羊の頭蓋骨の付く、未知の生物になり、邪悪なエネルギーの攻撃を仕掛ける攻撃をする。)
【魔弾】デビルキャノン(腕から悪魔の羽を出し、羽の弾丸を多数撃ちだす)
9バベル・ジェンズ・ポルク/自身の変身に加え範囲に鱗粉をまき散らし触れた敵、物質、非物質を変化させる術)
10シン・ベルワン・ジェンゾズ・ポルクガ10//ショウブの最大呪文で、一瞬、大きな光を浴びたと思えば、周りの景色、建物、音でさえも自身の思い描いた通り変身させてしまう術
その他:一人称「私(わたくし)我」二人称「貴方、貴様」
魔界ではエリートな魔物達が通う魔界学校に通い、家も割かし裕福な家庭のお嬢様で、
何不自由なく暮らして来た。魔物の王を決める戦いには本人はアレを患っている事もあってかなり積極気味であるが、
両親としては心配しており、彼女が戦いに出るのは反対だったそう。ちなみにかなりの親馬鹿らしい。

23: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:33:47

名前:日笠 愛莉(ひがさ あいり)
性別:女
年齢:26歳
性格:世話焼きな明朗快活な性格。ムードメーカー且つ鷹揚な人柄で誰問わず多くの人に慕われている。
また地元がオオサカ出身で小中高と一貫して女子校育ちも相俟って異性に対する壁はなく、ハグをはじめとした警戒心無しのスキンシップ通常の範囲内。その勢いにはオープンスケベを自称する伊助もツッコむ程。
容姿:茶髪(地毛)の腰までかかる位のロングヘア―で榛色の瞳。太陽のような笑顔が魅力的。
高身長でグラマラスな体格。服装はカントリー系とストリート系を足して割ったような恰好をしている。
職業:「日笠の家」の施設長及び教員。
趣味or好物:ハイキング、海水浴、バーベキュー、透樹、伊助、陸、凛へのハグ。たこ焼き、お好み焼き、串カツ…その他以下略
魔物のパートナー:ウィロー
魔物と初めて出会った場所:モチノキ山の頂上
その他:一人称「ウチ」
元々、他人に世話を焼いたり、子供と接する事が好きだった事もあり、将来は児童養護施設を建ててそこの施設長となると夢を女子高に居た頃に
思い抱き、その為に進路先として大阪から上京してモチノキ町に越してきてモチノキ大学通学後(2年はダブった)
ようやく親友と共に念願の児童養護施設「日笠の家」を設立し、そこで入所してきた子供達と過ごす日々の中で、
施設の行事と言うか勝手に施設長本人が企画した登山に子供達を連れて行った先でウィローと出会い、魔物の王を決める戦いに巻き込まれてゆくがその戦いでウィローと同格の魔物であるギルティスの洗脳を受け意のままに操られて、
透樹等の手によって解放された後は、あまり透樹等と接触しないウィローと比べ頻繁に触れ合っているようである。
ちなみに透樹と凛の先輩。

名前:ウィロー
性別:男
年齢:14
性格:冷静で無鉄砲な性格でかなり捻くれている。その捻くれは自身の心を解き解し開いてくれた大切…最愛のパートナーの洗脳した魔物への憎悪によるものから。元々は素朴な性格で表面上はわかりにくいが優しい性格の持ち主。
また冷静な性格を的確な判断力を持ち、任務の障害になると判断した者は、排除しようと傾向がある反面、彼の行動原理は本能に向けられており(無自覚だが)、ただそこに正義感などはなく、
本来持っている優しさが邪魔をして詰めが甘くなる面も併せ持っている。
戦闘面では自身の命を省みない無鉄砲さがあるが、ただ目の前の対象の撃破と破壊と命令を重視…任務遂行を第一としてるから
容姿:白いレインコートと下に黒のインナーと白のスパッツを着用し、フードを深く被り目元に黒いマスクを着けた童顔な少年の魔物。
戦闘時には背中から四枚羽の白い翼を生やす。
趣味or好物:任務の遂行、射的(射撃訓練)、ダーツ、フェンシング、チェス、愛莉と過ごす時間。獣汁、黒パン、串カツ。
本の色:向日葵色
パートナー:日笠愛莉
術:自身の羽根(ビット)を用いた術
1ダウオルファル/翼から分離させた無数の羽を自身の前面、真横に配置した状態で羽から光弾を放つ術。
2ダウウル・フェイファル/翼から羽を分離させないそのままの状態で光線を放つ事によって自身の移動能力を飛躍的に向上させる。また、ただ自身の移動能力を向上させるだけではなく、光線を放てる状態なのだから、攻撃も可能で、移動と同時に光線による飽和攻撃を行い、敵を攻撃することが出来る移動と攻撃の両面性を併せ持った術でもある。
3ダウ・ラージア・ファル/翼から分離させた無数の羽を標的の頭上に王冠状に配置し無数の光弾をばらまきながら回転させ、ばらまかれた無数の光弾により広範囲飽和攻撃を行う術。
4ダウオル・バーガス・ファルガ/翼から分離させた無数の羽を遠隔操作で縦横無尽に動かし、重厚な魔物の装甲及び軽度の盾系の術すらも貫く貫通力を持った光線を放つ術。
5ダウオル・マ・ファルガ/翼から分離させた無数の羽を一つの巨大な砲状に配置し、その先端を標的へと向け、各先端から一斉に光線による砲撃を行い、さらにその光線を収束させることで鷹を模倣した従来を大きく上回る威力を持った砲撃を繰り出す術。
6ディオガ・ダウオル・マ・ガンズファルガ/5のディオガ級+強化に加え連射が可能になった術。
7ディオガ・ダウオル・マ・ラージアファルガ/5のディオガ級+強化に加え、自身の後方にもう一つ巨大な砲に設置した羽根からも光線の砲撃を放つと共に、前後の砲状の羽根群を自身の周囲を回りながら撃つ広範囲緩和攻撃の術。
8チャージルダウオル・マファルガ/6の超強化術。心の力を込めれば込める程、砲撃の威力、貫通力、連射が増す術。
その他:一人称「俺だが必要な場合に応じて色々使い分ける。」
魔界では身寄りのなかった自分を拾い共に生きる術を教えてくれた親代わりであり恩師である壮年の魔物と共に、
魔界の騎士団の一兵卒として過ごして来た以後、彼は戦場での武功を讃えられ「八魔将」の一人「蒼空」を賜り、魔界の王を決めるに戦いに選ばれ(その戦い自体には興味はなかったが、単純に勝ち抜く事だけを考えていた)別世界に来て、愛莉と出会い、いざ実行しようとするも…
愛莉の優しさと包容力に惹かれると同時に、今まで自分が得ていた別の境遇や生活に戸惑う事に、
次第にそれも慣れ、愛莉に恋をしていると気づいた時期に愛莉が、同じ八魔将の一人ギルティスの手によって精神支配を受け洗脳されると、
彼の支配下に置かれ従順させられるようになる。最も従順される事には別段嫌悪はしていないが、ただ心を開かせてくれた愛莉に精神操作した事が根幹にあり、反旗を翻そうと試みる面が何度かあった。彼曰く(昔の俺ではなくなった)と語っている。
その後氷室透樹の策を元に奇襲してきた凛・ウェインペアと戦い自身が若干優勢な互角な戦いを繰り広げるも更に投入された透樹・ユノカペア及び伊助・アオバペア、史則・ショウブペアの奇襲の支援攻撃を受け怯み苦戦するが、反撃の機を見逃さず攻撃をするも新たに発動したユノカの新呪文から戦況を巻き返され敗北し気絶した後透樹等によって愛莉の精神支配が解放されると彼等に感謝の意を示し何処かでこの借りを返すと言って去っていた。

24: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:35:10

名前:早瀬 春之(はやせ はるゆき)
性別:男
年齢:16歳
性格:ひ弱で自分一人では何もできないと称する低い腰のオドオドした性格
容姿:黒髪ぱっつんの学校の規定に沿った短髪で丸眼鏡をかけたイマイチ冴えない顔立ちをしている。
背丈は同年代の子と比べやや小柄でやせ細っている。服装は学校規定の制服。
職業:モチノキ高校一年
趣味or好物:プラモデル作り、シューティングゲーム、ハンバーグ。
魔物のパートナー:ギルティス
魔物と初めて出会った場所:通学路の路地裏
その他:一人称「僕」
性格から弱い者虐めを受けるいじめられっ子の少年。
ギルティスと出会うきっかけはいつも通り通学路の路地裏で不良グループ(宇代正義達)にカツアゲされている所に、
やって来て、助けてくれたのはいいのだが、それをいい事にギルティスは自身の手駒として良い様に扱う為に弱みを握り
脅し強制的に従わせる形で彼を魔物の王を決める戦いに巻き込まれ、
ギルティスの策謀により、反対的だったが逆らう度胸もなくただ魔物のパートナー達だけを連れ去り、
彼の元で精神支配を受けさせられる行為を行わされていた。

名前:ギルティス
性別:男
年齢:18歳
性格:真面目で人柄も素行も良い一途な優等生と言っても過言ではない性格だが、それは魔界に居た初期頃の話であり
現在は自身の愛した者(一目惚れ)を手に入れようとするばかり、今まで自身が持っていた物を捨て、
平気で以前の仲間だった者を裏切り、私利私欲の為利用したり、いざ用済みとなったらバッサリ捨て去る(謀殺)などとまごう事なき狡賢い卑劣漢。
容姿:ワックスのかけてあるサラッと肩をくすぶる位の長さの、藤色の髪で黒い尖った角が生えている。
目は死んだような瞳で鋭く、八重歯、顎髭が生えたやや老けた顔立ちをしているが普段は顔全てを覆い隠す金色の仮面を被っている為その素顔は拝見できない。
服装は白基調の燕尾服と赤のカッターシャツのような恰好。大きな蝙蝠の羽根や黒い幾つもの棘々のある白い尻尾が生えている魔物
趣味or好物:美術品収集、トランプ、ローストビーフ、ワイン、キッシュ。
本の色:煉瓦色
パートナー:早瀬春之
術:闇
1ディオボロン/闇エネルギーを纏った尾を相手に向け伸ばし攻撃する術。
2アーガス・ディオボロス/自身の周りに闇属性のドーム状の盾を貼り、攻撃を防ぐ術。
3ディカル・ディオボロス/魔界に通じるゲートから巨大な闇エネルギーでできた大きな鎌を顕現させ相手を引き裂く術。
4ガンズ・デイオボロル/闇エネルギーの光弾を連射する術。
5ディオボロイド/相手を包む闇属性の球状の物体に閉じ込め相手を拘束する術。尚、この術は外からの攻撃では安易に破壊できるが中からの攻撃は全く通用せず、それどころか、攻撃が返って来ると仕様付き。
6ゴウ・ディオボロス・ダウザング/闇エネルギーを纏った刃化させた自身の翼で、強力な斬撃を浴びせる術。
7チャージル・マ・ディオボロズルケルド/巨大な闇属性の球状の物体で覆い、中に居る魔物及びパートナーの生命力、心の力を吸い上げる
黒薔薇を生やし相手を阻害する術で吸い上げられた生命力と心の力は自身とそのパートナーに還元される。また自身の嫉妬と独占欲の感情が強ければ強いほど薔薇から吸い上げる相手の生命力と心の力の量が増す。尚、この球状の物体と薔薇は実体があるようでないようなもので破壊こそできないが、球状から出ればその術から簡単に逃れられる。
8ラージア・マ・ディオボロイド/巨大な闇属性の球状の物体を覆い、複数人の魔物とそのパートナーを閉じこめる術。
また自身の自尊心が強ければ強い程、物体の強度が増し壊れにくくなる。この術を破る為には普通に地道に物体に攻撃し続け壊す手段と
もう一つ、外に居る魔物本体にダメージを与えられれば溶けるが、7の術とも併用して組み合わせて使用出来るため、破るのは難関と思われる。
(※尚、この術の使用中は他の術、7を除く以外唱える事ができず、更に魔物とそのパートナーはその場に一歩も身動き取れない状態にある為、動く為には解除する必要がある。)
その他:一人称「私」
基本的に丁寧語を崩さない紳士的な優男の雰囲気を感じさせる。
魔界に居た頃は八魔将の一人「暗闇」のギルティスと呼ばれは、一個中隊を任せられるリーダー的存在で、
性格も真面目で仲間思い、人柄も良く、多くの部下から慕われていた。その当時から彼は魔王の姫の姿に心を奪われて一目惚れし求婚を申し込もうと思ったが、、自身と姫の立場上それも敵わないとわかっていた彼はその悩みに苦しみ、諦めるべきかと一時の恋心を忘れようとしたのだが、
丁度その時、国に侵攻してきている勢力の報を聞き、それで自分と姫が自分のモノになると閃いた彼は、その時から今まで得た物全て捨てる決心をし「姫と結婚する為」に今まで仲間だった部下達を手にかけ更に、反王派の大臣を自身が持つ術とは別の心を支配する術を用い操り、同じ八魔将のダーズを裏切らせ、自身は敵国に国を売る算段だったが失敗し、ただ上手く立ち回っていたお蔭で自分に反逆者の目を向けられる事はなく
その後、彼は次こそ姫をわが物にせんと考えていた内、魔物の王を決める戦いに戦いに自身が選ばれたと聞いて、今度こそこの好機を逃すものかと戦いに赴き、その先で同じく王候補の魔物のパートナーの心を操る事でその魔物ごと配下すると画策しかつての八魔将の仲間達を加えようと行動に移す。


25: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:36:11

名前:金城銀河(きんじょう ぎんが)
性別:男
年齢:14歳
性格:ぶっきらぼうで無愛想な性格でおまけにかなり口が悪く、粗野な面が目立つ等不良っぽく周りから思われているが
根は不器用ながらも優しい温かみのある性格で、普段は自分の姉に対して強い物言いと罵っているが、実際は姉の事が大好きなシスコンで
将来はけ…(これ以上は本人を鑑みて略)またもう一つギャップとの違いは一人隠れての美少女アニメを見たりグッズを収集するアニメオタクであり、実はそのアニメの何本かの原作は姉が描いた漫画と、ここでもシスコンの気が来ている。気障で自信家な人物でもあり、時には割と上記の趣味やその他諸々でとんだ災難を被る等損な立ち回りが多い二枚目半キャラ。
容姿:青に近い黒髪のワイルドツーブロック ビジカジ マット アシンメトリー モヒカン。眉は細長く釣り目の目つきと同じく鋭く。瞳の色は黒。と性格に並んで如何にも無愛想な顔立ちをしている。身長175㎝長身で痩躯な体格だが以外と内側はガッチリとしている。
服装は紺のMA-1と黒スキニー組み合わせたファッションで首元には黒いロザリオが付いた首飾りを付けている。靴は黒のゾクランナーの色はアンバー。
職業:龍譲寺学園高等部一年
趣味or好物:美少女アニメ鑑賞及びグッズ収集、少年漫画(マ〇ジン)、高野豆腐、赤味噌の味噌汁と赤味噌の田楽、牛乳。
魔物のパートナー:カタバミ
魔物と初めて出会った場所:通学路のゴミ捨て場
その他:一人称「俺」府内のお金持ち学校である龍譲寺学園の高等部に在籍する一年。
生まれも育ちも京都育ちで、また姉同様、京で二強…京都の文字を肖り二京と呼ばれる程、この戦いで勝ち残る事ができるだろうと噂される程
戦闘センスを持っており、姉は知勇で勝り、弟の彼は魔物の性能を十二分に理解し、その倍、以上を引き出す事とあらゆる状況で臨機応変に機転が利いた才能の持ち主。

名前:カタバミ
性別:女
年齢:14歳
性格:人見知りが激しいオドオドとした性格で、庇護欲そそる愛嬌がある反面、被虐体質も併せ持っておりこの体質のせいでパートナーが変態と言われる由縁持ってしまう羽目になったりと厄介な物を持っていたり、またかなりの甘えん坊でアプローチは結構大胆。フードを深く被りすぎて目の前が見えなくなってフラフラと歩いてしまうおっちょこちょいと言うか何処か抜けているアホな一面がある。
容姿:茶髪のミディアムヘアーの髪をハーフツインに結んでいる。頭頂部には地毛と同じ色の尖った猫耳があり、二つに別れた尻尾を持つ。
大きな夜空色の丸目で、服装は猫耳が付いたオレンジ色のパーカーを着て猫耳着いたフードを常に被っている他、青色の白地のレースが付いたスカート、ブラウンのタイツ、オレンジ色のブーツを組み合わせて着用している。又、パーカーの両袖が萌え袖になっているが、それは元来、彼女自身の魔物としての種族が両腕が無から…(正確的には両腕は存在するが…この場では伏せる)
趣味or好物:美少女アニメ(魔法少女物)の視聴、一人遊び、ブリ、生肉(腐肉も可)ミルク
本の色:鬱金色
パートナー:金城銀河
術:腕を使った主にパワー重視系の物理術
1クロウ・ディスグルグ/自身の右腕側の背後から、自分より一回り大きな黒い肉厚の鋭利な鉤爪を召喚し、それを自身の思うままにぶん回し叩きつけたり、引き裂いたり、或いは物を掴む、握り潰す、その肉厚な外皮を利用して相手の術(初級程度)を受け止めるなど、大きい分以外と、器用に扱えそうな術だが、唯一の欠点として余りの巨大さと重量から機敏性は損なわれ、正確な箇所を突いての攻撃不可と欠点を持っている。ちなみにこの腕は本来、彼女の身体の一部によるものであり、彼女の一族は特有の身体的特徴だとか。
2ツイン・クロウ・ディスグルグ/自身の左腕の背後からも1と同じ鉤爪を召喚する術。
3クロウ・ディスグルグンロン/1の伸長強化術。某漫画のゴム人間の如く腕を伸ばして攻撃する術。
4ゴウ・クロウ・ディスグルグ/1を用い強力な一撃を相手に見舞う術。
5クロウ・ディスグルグガ/1の貫通強化術、一層鋭利になった爪で引き裂く、その威力は巨城の壁を抉り取る程。
6ギガノガンズ・クロウ・ディスグルグ/1の中級連続技。連発する分、当然精度落ちるが、その一発一発自体が他の魔物のガンズ系と比べ物にならない威力を持つ術。
7ギガノ・クロウディスグルグセン/中級術。1を正面に翳し相手に発射し、ロケット並みの推進力を持って攻撃する術。(所謂ロケットパンチ)強烈な必殺の術である為かなり心の力を持っていかれるのと使用後反動で、自身が吹っ飛ぶデメリット持つ術である為良く狙って撃つ事が重要となってくる。
8ディオガ・クロウ・ディスグルグドン/上級術、まず1を用い上空へ高く跳躍した後そのまま、彗星の如く落下しその腕を力強く地面に掌を叩きつける事により
周りの建物等まで倒壊させ地面に巨大なクレータを開ける程の威力を持つ、一国を滅ぼす禁術。
9クロウディスグルグ(覚醒)/1のシン術相当の術。今までのグロい見た目だった黒く肉厚の鋭利な鉤爪の腕から鋭利さは変わらないが肉厚だった面が削ぎ落され痩身となり色も真っ白に変化し、従来のパワーや防御力は勿論の事、欠点であった機敏性と正確な箇所をついての攻撃に置ける欠点が無くなった超強化術、またこの術使用後、自動で従来の1の術が9へと上書きされ、以後の術も9を用いた術に変る。
その他:一人称「私」
魔界ではガッシュやティオ、キャンチョメ等と同郷の魔物で、彼女もティオの首絞めの被害者。また当時から雑魚部類の魔物だったが
パートナーと出会ってから、その身に潜めていた真価を発揮し強い魔物部類へと昇格したが、戦闘にはあまり乗り気ではないタイプ。

26: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:37:02

名前:金城晶(きんじょう あきら)
性別:女
年齢:23歳
性格:何処か浮世離れしており、軽快且つ飄々とした性格で、基本、感情豊かなお調子者としての面が際立つが、
同時に時折年下をからかう小悪魔的な一面を持っている。またこう見えて頭脳明晰で知能はIQ180を持つが、
基本、自分の知的さをを自慢する事はあっても見せびらかす事まではせず、誰隔てなく接している。職業柄か元々なのか興味を持ったらまず突撃な自由奔放な人。
容姿:青に近い黒髪の外ハネのあるウルフカットで、やや中性寄りした白肌の顔立ちをしており、ぱっちりとした釣り目寄りのトルコブルーの瞳で丸眼鏡をかけている。スレンダーな体格で年にしては女性的特徴が無いボディだが彼女は気にしていない、寧ろそれを逆手に取って男装したりする。
服装は基本、家に居る時は上下グレーのスウェットと色気の欠片もない恰好だが、一応外に出る時は気合入れるようでメイクは薄めで、ミントカラーワンピース、ベージュスカート、ストッキング、白のパンプスを組み合わせて着用している。
職業:漫画家
趣味or好物:人間観察、社交場、酒、干物、枝豆、
魔物のパートナー:ミカヅキ
魔物と初めて出会った場所:清水寺
その他:一人称「ウチまたはお姉さん、など様々」二人称「僕、君、少年、少女」
某有名漫画雑誌マ〇ジンに載っている漫画作品「siruba Kurou」の作者ことペンネーム「鈴木翔馬」でやっている売れっ子漫画家で
金城銀河の姉であり、弟と並んで魔界の王を決める戦いの選手達から二京と呼ばれ恐れられている。
戦闘では自慢の頭脳を生かしフル回転させると同時に面白さ全開で戦うのをモットーにしているがその実力は折り紙付きで
アンサートーカーを所有しており、後に同じくその片鱗を見せる氷室透樹にレクチャーし彼女以上のアンサートーカー所有者となる。
パートナーのミカヅキとは彼の器用さを評価しアシスタントと買って働かせている。

名前:ミカヅキ
性別:男
年齢:16歳
性格:非常にツンツンしており、そしてドライのツンドラ、且つ高慢、硬派な性格で、エリート至上主義を掲げ、カイよろしく強さを求め、弱気を嫌うが、彼とは正反対に弱き者…落ちこぼれはどんなに努力した所で落ちこぼれのままと考え、努力はエリートのみに与えられた特権とも考えており、優れた者と友好的に接し、落ちこぼれと接すると自分を汚す事に繋がるとして関わる事を極度に嫌う、その為パートナーの弟のパートナーのカタバミに冷たく接しており、そういった事で銀河と喧騒が絶えず彼は能力こそ買ってるが性格の面で相容れないと言うように
同じエリートでも必ずしも優遇する訳ではなく、同じ八魔将のダーズやギルティスは嫌う、前者は武こそ立つが野蛮そのもの、後者は知力は良いが内面に何やら吐き気を催す邪悪を見に宿してるとして品性に欠けるとして嫌っている。パートナーとは能力自体は自分に見合った良物件として定めているがその自由奔放さに胃を悩ませている。また器用で神経質と短気な面も
容姿:腰まで長さのトリートメントがかった淡い紫に近い白髪のロングヘア、衆目淡麗な顔立ちで顎が細長い、眉が非常に細く、目も細い釣り目で金色の瞳、両目下から顎にかけて細い線が引かれている。褐色肌で高身長で細長い体格。
服装:頭部に月桂冠を着けており、服装は上下一枚の白布を巻いた姿でその上に黄色の三日月の形をした羽の羽毛の白いコートを羽織っており首手首にミサンガ。グラディエーターサンダルを履いている。また手には鉄製の長い柄の石突きには黒く長い鎖と金色の大きな三日月状の刃が付いた刺又を装備している
趣味or好物:読書(ライトノベル(こっちに来てからハマッた))銀鮭、ビーフジャーキー、蕎麦(冷たいの)
本の色:金糸雀色
パートナー:金城晶
術:月属性とそれを刃にした中距離戦用の術
1ミグル・オルレード/コートに付いている三日月の羽毛の内50枚を月エネルギーでできた鉄製の刃に代え、自在に操り相手を切り刻む術
2ミグルコシルド/月エネルギーでできた満月の形をした小型の盾を装備し攻撃受け止め、そして月エネルギーを上乗せして跳ね返す術。
3リオウ・ミグルガ/掌を地面に当て、目の前の地面から月エネルギーで構成された巨大な獅子を相手にぶつける。貫通力がある。
4テオミグルガ・オルレード/1の中級・貫通力、刃の枚数が100に強化された術。
5キロロ・ロルドン/手に持った刺又の穂先をドリル状に回転させつつ柄を伸ばし連続突きを放つ術。
6バーガス・ミグルド/地面から三日月の形が連なった鎖を無数生やし拘束する。また武器の刺又の石突きの鎖の方も同様に三日月の形となる。
7ギガノミグルガ・オルレード/1の上級、貫通力、刃の枚数が更に1000枚に強化された術。
8マ・ミグルザングドン/相手の頭上に巨大な刃化させた三日月を墜とす術。
9シン・ミカヅキ・ミグルガ・オルレード/1の超強化術。貫通力、枚数も一億以上越えた術。
その他:一人称「俺」二人称「貴様(彼が認めた者のみ)雑魚、落ちこぼれ(此方は彼が認めなかった落ちこぼれ相手用)」
魔界での彼は上級貴族の長男として生まれ、彼の父親も選民思想が強く、エリート至上主義であった為、彼をほぼ拷問にしかいスパルタな英才教育を施した。彼も、その父親を見て育って来た為、これが自然の摂理として考え、父を誇りとして生き、魔界を統べるのは父ようなエリートたる者だと信じ魔界の騎士団に入門した後もその類まれなる才能とその実力で昇進し八魔将の一人「月刃」を賜る事になる。そして魔界の王を決める戦いに選ばれて、パートナーを見つけ出し、他参加者の魔物を完膚無きまで敗北に追い込むも、ただ一点頭を抱えることがあったそれはパートナーの弟の銀河のパートナーのカタバミが他でもない自身が嫌う落ちこぼれであった事から早急に脱落させたがっていたが、晶が反対した事により仕方なく、チームを組んで活動する事となり、その後も、アンサートーカーの兆しを見せる氷室透樹とそのパートナーユノカと戦い、ユノカも自身が嫌う落ちこぼれ、そして落ちこぼれでありながら八魔将の座にまで成り上がったカイの妹との事で憎しみに満ちた嫌悪で退場させようと立ち向かうも、いくら叩きのめしても何度でも立ち上がり戦うユノカに苛立ちを抱きながらも、その時、アンサートーカーに目覚めた透樹と覚醒して覚醒したユノカの猛攻を食らい、倒れ、彼は落ちこぼれでも関係ないのかと知り、今までのエリート思想を捨てるに至る。

ちなみに術では中距離戦寄りの戦い方をするが近距離戦も強く、素のステゴロの戦いもプロ並み(カイと同じく)

27: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:38:48

名前:紅葉谷健介 (もみじだに けんすけ)
性別:男
年齢:51歳
性格:フランクであるが、どのような魔物が目の前に現れたとしても動じない豪胆さを併せ持つ。
恨み辛みで戦ったりはしないが、少なくとも自分達と接した人物(中には戦った相手)の尊厳を無視するタイプでもなく。
彼等の行く末を聞いた上で、相応の報復はする模様。
容姿:苔色の髪の短髪と同色のややつり下がった瞳の渋め顔立ちをしており、
体格もまた大きくガッチリして、枯葉色の着流し一丁(下に一応褌をしめているが)と草履のみと恰好をしている。
職業:陶芸家
趣味or好物:沢庵 お茶漬け
魔物のパートナー:つばめ
魔物と初めて出会った場所:自身が住む家の近く(林)
その他:一人称「俺」二人称(パートナー)「つばめの嬢ちゃん」
比叡山の山奥に一軒の寂れたオンボロの小さな掘立小屋で陶芸を営んでいるおっさん。
既婚済みで奧さんがいるらしいが、その奥さんは現在、病院で植物人間状態で目がさめぬまま尚も入院しており、
その入院費と自身の衣食費を払う為に陶芸で生計を立てている。たまに月~1、2回山を下りて京の街に下りてビル建設のバイトをで稼いでいる。

奧さんと結婚したのは30年前で、当時の彼はヤンチャしており、走り屋のリーダーとして仲間共に高速道路でブイブイ言わせていたが……
ある時、奥さんと高速道路でドライブデートをして楽しむも、その直後、目の前から危険運転してきた車と接触事故を起こし、
幸い自分は軽い程度の損傷で済むも奧さんは意識が戻らない状態となってしまう。更にその事後の話で実は事故った車の運転手は、
他ならぬ自分と同じ走り屋だった事を知り、それ以来、走り屋を辞め、更にハンドルを握るのが怖くなったと理由で免許を返納し
陶芸の道で愛する妻の医療費を支払い続けていく事になる。

名前:つばめ
性別:女
年齢:12歳
性格:ざっくばらんとした明るい性格で、お人好し過ぎる程お節介焼きだが、
如何せんゴロツキな為、縄張り意識や負けても渋とく挑もうとしてきたりと頑固さと負けず嫌いの傾向が強め。とは言え明らかにヤバそうな(殺す気満々)相手と見たら逃げる事を最優先にする。
また彼女の固有の術は素早さに特化した術でありながら、彼女自身、一撃に重きに置くパワー重視主義者であり、突っ込んでいくしか能がないと言う訳ではなく、頭は回る方で、自身の術の特性を生かし充分に助走と突進力に力を入れてパワーを引き出している。
容姿:オレンジ色のセミロングを片側に縛りサイドテールにした上で反対側はリボンを着けてお下げにした髪型にし。瞳の色はやや釣ったライトブルー。身長は割と同年代に見られない程小柄でスレンダーな身体つきで、服装はカットアウェイショルダーの黒いワンピースと白い短パン、黄色の☆柄の黒ソックス、黒のショートブーツと黒が多めの衣装に、脹脛には彼女の一族としての身体特徴としてエンジンのような器官が備わっていて、これは術を扱う際に発揮され爆速を生み出す事が可能。
趣味or好物:おしゃべり、蛙、ブリ、炭酸飲料全般だが特にコーラ
本の色:シルバーグレイ色
パートナー:紅葉谷健介
術:加速(それを用いた物理攻撃等)
1ドラグナー・ウルク/脹脛のエンジンのような器官を用いて始動用の強化呪文。以後の術を重ねていくごとに一段階ずつ素早さ、推進力、突進力を上げていく術。速度は50m走を3秒で走る事が可能。また脚を閉じて使用すれば綱渡りや水上移動も可能。つばめは「ワンスロ」と呼んでいる。
2セカン・ウルク/1の強化及び1の使用後、心の力を溜めなければ使用不可。50m走を0,10秒で走る事が可能。つばめは「ツースロ」と呼んでいる。
3サーズ・ウルク/2の強化及び2の使用後、心の力を溜めなければ使用不可。50m走を0,1秒で走る事が可能。つばめは「スリスロ」と呼んでいる。
4フォルス・ウルク/3の強化及び3の使用後、心の力を溜めなければ使用不可。彼女の一族に伝わる秘伝の術。メーターの回転数を無理矢理操作することにより、ロケット並みの突進力と爆発的な加速が可能。その状態で相手や壁、地面などに衝突しても彼女自身は無傷。ただし一度使用した後は再使用にインターバルが必要で、1分弱程。心の力が減衰及び減損し全ての術が使用不能になるとから一族及び彼女は「諸刃の術」または「オーバースロ」と呼び、この術を扱う際はイチかバチかの大勝負か、緊急時に置ける逃亡手段として使用する事を考えている。
5シン・フォルス・ウルク/「シン」の術の一つで1の完全強化術及び4の時間制限を克服したつばめの真の秘術で、馬力を底上げしつつ、なおかつ掛かる負担は最小限に抑えることで、10分間の最高速度維持が可能のなっただけでなく、突進し衝突した際流石に自身にもモロ瀕死級のダメージを負う事になるが、大きな山脈一つ平地に出来る程の破壊力を併せ持つ。
その他:一人称「私」だがボーイッシュな口調で喋る魔物の少女で、
魔界に居た頃は不良集団のリーダ―格で日夜問わず、仲間と共に住んでいる地区のあちらこちらで屯する魔物のゴロツキ衆と喧嘩や暴走に明け暮れていおり、魔界の王を決める戦いに選ばれた時には凄く喜んでいたものの、彼女もまた強敵と戦いたいと一心で勝ち残りに行っているタイプのようで、王になる事はサラサラなく、自分は王になれる器の持ち主じゃないと考え、その時は別の誰かに譲ろうと考えている。


28: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:40:16

名前:五島錬(ごとう れん)
性別:男
年齢:23歳
性格:正義感と責任感に溢れる真面目な性格と若干自己防衛本能が強いきらいがある堅物屋で、
一度、敵と認識した相手の言葉は全く耳を貸さない頑固さ面があり、そこをパートナーのテフに利用されてしまい彼の言葉しか聞かない傀儡状態になってしまう。また責任感は強すぎる故に責任を負いたくないと自己防衛本能が働いている為、相手のフォローに回る時は後手の頃合いや責任を負わずに済む場合にしか行わない為、誰の益にならず、その上弁護された人物や法曹界からあまり良く思われていない。
容姿:黒髪のボブカットの切れ長の青い瞳。スマートな長身で青いネクタイ、yシャツ、グレーのスーツ、黒の磨かれた革靴を着用し
スーツの襟には弁護士バッジを着けている。
職業:弁護士
趣味or好物:音楽鑑賞(クラシック)読書(六法全書)にしん蕎麦
魔物のパートナー:テフ
魔物と初めて出会った場所:三十三間堂
その他:一人称「俺」
齢21歳で弁護士になった若手敏腕弁護士。手腕は良くメディアやお茶の間から評判は良いが実際に弁護された被告人、被告人遺族、法曹界など近しい立場からは保身に寄り過ぎている為評判は低い。
また寺院の生まれで将来は父親の後を継いで高僧にするのが父の願いだったが、彼は「修行が面倒」(後坊主になるのは嫌と)父親の反対を押し切り一人手に元々知性が高かった事もあり、学内でのテストや試験では上位に入り、また地元の計都大学の法学部を卒業し弁護士となり今に至る。戦闘では相方のテフと同じく高い知性を生かし冷静な戦略を元に戦う事から一見相性はベストかと思いきや自分に甘いと地道な鍛錬を怠る悪く癖から実際には相性は悪い方だと言える。

名前:テフ
性別:男
年齢:12歳
性格:普段は穏やかな物腰で朗らかに誰にでも親しげに接し、平等主義を掲げ謳う優しげで無邪気な男児。
しかし表面は平等主義を掲げていながらも自らは「この世界に真の平等は存在しない」と反平等主義を腹に隠している。
その上、生まれつき喜怒哀楽といった強い感情が無く、あるのは快・不快程度の弱い情動のみで、共感性も欠如している。サイコパスであるが
それに見られる利己主義や虚言といった傾向も見られず、機械的にその体を模しているように見える。
容姿:水色に近い銀髪の外ハネがある腰まで伸びた長髪に青色の瞳で。八重歯が長く鋭く。非常に整った顔立ちで表情豊かで顔色をコロコロ変化する。服装は白地の無地に青色が使われたローブを着用し、その下には黒い薄地のインナーウェア(上)と赤色のワイドパンツ、雫の飾りが着いた藍色のショートブーツを着ている。
趣味or好物:勧誘、ボードゲーム、釣り、鯖、人肉、ビール
本の色:塗羽色
パートナー:五島錬
術:水系の術
1アクベルト/肘から5m状の水の帯を出し、叩きつけたり相手の行動を奪うのに使う。
2ザング・アクベルト/1に刃が付き、切断属性が加わった術。
3アクジオ・スプレイド/掌から液状のウネウネした物体(スライム)を生み出し、手で払い相手に飛ばす。相手に吸着すると
目以外なら別段と(ヌルヌルして気色悪い)何も変わらないが、目に着いた場合、視力を奪うのがこの術の利点で一度吸着した場合24時間、立たない限り引き剥がす事はできないが、例外があり、ある一定の温度が弱く炎など炎熱系を用いれば回避する事が可能。
4ガンズ・アクルガ/水で出来た金魚型の貫通性能が付与された弾丸を連射する、狙いは荒い。使用中自身は気を失う。
5バーガス・ザング・アクベルト/2の複数強化、両肘から計八本の刃の付いた帯状の水で攻撃したり阻害する。
6アクルジオ/掌から生み出た水を飲む、この水は特殊な効果を持っており、飲んだり、損傷個所に直接かける事によって傷や心の力を瞬時に癒す効果を持ち、またこの術は普通の水に対して術を使う事によって普通の水でも同様の効果を持つ水に変質させる事が出来るため、
錬とテフはそれぞれスーツの内ポッケ、ローブの中に水が入った小瓶数個を常時持ち歩いている。
7オルゴウ・バーガス・アブルク/自身と同サイズの水人形(分身)を製造する。水人形は自律戦闘が可能で、本体と同等の攻撃力で技を放つ。 水人形から得られた情報は本体に送られるうえ、複数体同時製作が可能。 更に水人形は数が増えるごとに弱体化する訳ではなく一体一体が本体同様の強さを持ち、ディオガないしは高位クラスでなければ破壊する事は難しい。そして分身に相手させつつ本体が逃げに徹していればほぼ無敵という反則技になり得る術。
8レグディスグルグ・マ・アクルガ/仁王立ちの状態でその場に巨大な10本の吸盤が付いた触手…蛸足を召喚し、その脚を叩き付けて攻撃する術。その威力は重機を水圧で圧し潰し、更にその反動で巨大な地震、地割れを引き起こす。また周りが水辺に囲まれた地帯でこの術を使えば瀑布を生み出す事が可能。
その他:一人称「僕」年相応に無邪気な言動を取るがそれは一重に不躾に他者の神経を逆撫でする事が多いため、周囲から倦厭されている。
魔界に居た頃は平和主義を掲げる大臣の両親の元で育つがその頃から上記の性格であった。また高い知性を持ち合わせており、戦いでは思考に感情を差し挟まないためどんな時も常に冷静さを保っており、相手を嘲り煽るような言動をしながらも冷静な戦略のもとで戦闘を行う。
ただし勉強熱心すぎるが故に今後の戦闘に生かすため相手の手札すべてを出し切らせてから魔本を燃やす為すぐに本気を出さないという悪癖を持つ。

29: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:40:55

名前:ソフィア・ベル
性別:女
年齢:6歳
性格:控え目でありながらも社交的で温和な性格。まだ幼いながらも「王家」の生まれとして民衆の為に尽くし、導いてあげるのが王の役目だと考える愛国心の強い人柄や強気に出る悪人や奸計を仕掛けようとする大臣を前にしても動じないと言ったようにしたたかな面がある。、また重度のブラコンで兄の事を「お兄様」と呼称し慕っているややヤンデレ気味
容姿:カチューシャの様な編み込みを入れた腰までの長さの金髪で毛先が六つの縦ロールの房に別れている、黄色の瞳で目元にガッシュやゼオンと同じく線がある。服装はワンピース(ティオと同じタイプ)を着用し、色は上側が緑、下側(襟、スカート状の部分)が黒。またガッシュやゼオンと同じブローチを着けていて彼女の場合、色は琥珀色。緑のブーツを履いている。
趣味or好物:読書(英雄譚と言った冒険物など)歌を唄う事、ハマチ、アイスクリーム、ロイヤルミルクティー
本の色:紅の八塩
パートナー
術:雷系
1ザケル/ガッシュ、ゼオンと同じ呪文、ただしその威力は二人以下(弱いわけではない)範囲もサイズが薬莢型と小さい為狭いが、唯一の利点として射程が1~2kmと長距離から撃てること、ちなみに彼女は一指し指(手を拳銃の形にして)で撃つ。
2ジオザケル/射程は1と比べ2~3kmと若干伸びてるのの、特に変わった事はなく、威力に関しては寧ろ1より弱体化し、ダメージはほぼないに等しいなんかマッサージを受けているみたいだとか(人間の場合はドアノブで静電気が発生した程度の痛みが走るが…)最もこの術は相手に目印をつける為の呪文で、直撃した対象は一定時間、身体が全身発光し眩い光を放ち続けると言うもの。それを用い戦闘に持ち込む際は相手を目立ちやすく(捕捉しやすく)する為夜間や暗い場所を選んでいる。
3オルガザケルガ/1の薬莢型で電撃に貫通と螺旋回転を加えられた事によって直撃範囲は狭いながらも傷を抉る事から威力は初期ガッシュのザケル並みとなっている。射程は3~4km。
4ラドムザケル/射程は狭く1~2mしかない小型の雷球を放つ、対象の10mm辺りに来た所で半径5m範囲のプラズマ爆発を起こす。威力はゼオンのテオザケル に匹敵する。
5ラージアジケル/射程は3~4Km、小型の雷球を放ち、何かに衝突した辺りで雷球はその場で留まり、そこからブラックホール並みの吸引力(磁力)で雷球の元に一定時間内引き寄せる。
その他:一人称「私」「お兄様、お姉様、民草達」「なのです~なのでしょうか」と高貴な身分らしい口癖を使う。

ゴーレンとそのパートナーの卑劣な罠に嵌められ、石板にされた千年前の王を決める戦いに参加していた内の一人で、王の娘(末子)
ガッシュとゼオンの父の妹にあたり、兄を尊敬しつつも、戦いでは、そういった感情は差し引いて、ただ己が目的である「民草の為の王女」を掲げ尽力するも、ゴーレンに敗北し石板に封じ込められしまう。

30: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:42:59

名前:ライアー
性別:男
年齢:16歳
性格:基本は笑顔でニコニコしているが仕事柄、面白そうだと思った情報には目をキラキラさせて、傍若無人な立ち振る舞いをしようと
表情や感情をコロコロ変え巧みな演技と詐術を含んだ話術であの手この手で情報を得ようする良く言えば熱心な努力家。悪く言えば狡賢い策士。
また大変嘘吐きで、自らの利益、立場が危いと感じれば、如何なる時でも轡替えを行う。
素の彼は、常に演技してるようなものだからか、中々素直になれずに相手に皮肉を言う皮肉屋こそ真の本性。
容姿:ベージュ色の羽毛を持つコンドル系の鳥人で服装は童話:白雪姫に出て来る小人の帽子と恰好に青いマフラーを付け加えたと言うもの。
趣味or好物:情報収集(スクープ)鳩のささ身、鮭
本の色:狐色
パートナー
術:風
1ウイス/両手(羽)から真空の刃を生み出し飛ばす術。真正面にしか放てず威力も低め。
2ウィルレイド/口(嘴)から竜巻を放す術。威力はないが代りに吹き飛ばす事に特化しており、基本一点集中で放つ以外にも薙ぎ払いなどでも使えるある種万能な術。
3ウィオル/肩羽を振るい、小さな二つの竜巻を自在に操る術。
4ラギュウル・ウィロンド/片翼に風の鞭を纏わせ叩き付ける術。威力は中
5ラギュウル・ウインド/片翼を振るい、風を起こし、相手を風の繭の中に閉じ込め拘束する。又これを用い相手を窒息=気絶させる事にも用いる。
6ラギュウル・ウィオルダ/3の強化術。両翼を地面に置いた状態で自身を囲うように九つの中型の竜巻を出現させ、それを操り攻撃や防御に扱う。
7ラギュウル・ウィガル/両翼に風を纏わせ高速突進のタックルないしは移動しつつ攻撃する物理術。威力は高め。
その他:一人称「俺」
石板にされた千年前の王を決める戦いに参加していた内の一人で、魔界では凄腕の情報屋として活躍していた。
得意な口八丁と策略を用い戦ってきたが、ゴーレンとそのパートナーには通用せず逆に自らと同じ手を使われて敗北に喫したばかりか、
右翼を落とされた状態で石板に封印されてしまう。

31: 再生の女神 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 19:44:27

名前:木下秀元(きのした ひでもと)
性別:男
年齢:25歳
性格:少し呆けた感じのまったり屋な性格。勘が良く直感に優れている。
容姿:黒髪で、顔は大変美形なのだが、身なりに関して全く関心がない為。無精髭、瓶底眼鏡、ダボダボのスウェット、裸足にスリッパと言う恰好をしている。
職業:大学生orフリーター(コンビニのバイト)
趣味or好物:純文学、ギャルゲー、スルメ、ビール
魔物のパートナー:イオナ
魔物と初めて出会った場所:伏見稲荷神社
その他:一人称「僕」
京都住まいのコンビニでバイトしている大学生。
稲荷神社にて卒業及び彼女ができますようにと願掛けに来ていたその帰りに
空?から降って来たイオナに押し倒されるラッキースケべな展開にて出会い
その場面を見たすがりの観光客や地元民に通報され将来が危ぶまれかけたも、魔物達の戦いに巻き込まれていく。

名前:イオナ
性別:女
年齢:15
性格:何処か物静かでミステリアスな雰囲気を漂わせる聡明で気丈な少女。過去の影響か怒りや不快感など一切表に出す事なく、おっとりとして年に似合わず肝が据わり切っており、対人関係は全て敬語で話している。また非常に愛に飢えている面があり、人より何倍も愛されたいと欲が強い。
容姿:藍色の腰までの長さの長髪を三つ編みで一本に結い、やや垂れが入った同色の瞳で、まだ年故あどけなさが残っているが大人の女性と見間違う位の顔立ちを持つ。服装は、白い麻で織られたワンピース状の奴隷服の上に黒いフードローブを纏っている。ローブの内側には大量の短剣が隠されており、魔物との戦いもこれを使用する
趣味or好物:ただぼうっとしている事、団どんぐりや食べられる雑草類。
本の色:ロマネスク
パートナー:木下秀元
術:分身系(幻術も使用する)
1ブルク/自身と同じ分身を二体出現させる術。ただし同じ行動を取らせる事のみで分身体が短剣を取り出して切り裂いたり投げたりしてもダメージは一切ない。
2ボルイド/この術の名を呼ばれるのと対象が彼女の目を見た瞬間に術が作動し、対象の精神内でトラウマを呼び起こしたリまた、滅多刺しにされたり、未知の化け物に追いかけまわされるといった幻覚を見せる。
3チャーグル・ブルク/溜めれば溜めただけ、分身の精度と数、実体完成度が増す術
8ディオガ・ガデュウル・ボルイド/イオナの最大呪文であり禁呪。彼女の視界内の対象に黒炎の幻覚を発動させる。尚、この黒炎は幻覚であっても実際に燃やされると言う感覚はあり、更に対象を燃やし尽すまで止まない。
その他:一人称「私(わたくし)」
八魔将の一人【夢幻】の名を持つ騎士で紅一点。イオナと名があるが元々魔界在籍時には名などなく八魔将の通り名「夢幻(むげん)」都呼ばれるかそれまでは奴隷であり、彼女の番号である107と呼ばれる事が多かった。
バツイチの娼婦の母の元に産まれるも間もなくして奴隷落ちして、この世の歪さを知り、それから過酷な奴隷生活の後、12歳の時に暗殺集団の長に拾われそれから、様々な暗殺術と身のこなし方を学び、実益をこなしていく内に彼女もその長になるも、王の命による一斉摘発によって暗殺集団は解散に追い込まれ部下共に処刑されるかと思いきや、彼女の力量を見込んだ悪徳大臣によって暗殺集団は騎士団の一員として抱え込まれ彼女もその悪徳大臣による他への根回しによって八魔将の一員として君臨する。

戦い方として術以外に暗殺稼業で培った身体能力と超聴力も武器にして王を決める戦いに赴く。ちなみに彼女が王になった際、魔界に住む統べての国民を幸せにすると願っているが、それは彼女の能力によって発動した途端に二度と覚める事ない幻術を国民にかけると言う恐ろしい計画の意味らしい。

32: 破界の王 [×]
ID:26afbae10 2020-06-18 22:24:24

マギ

名前
性別
年齢
性格
容姿
役柄(マギ、金属器使い、眷属器使いなど)
ジン(ジンの金属器使いのみ)
金属器(例えば剣とか)
眷属器(眷属器使いのみ、何のジンの眷属かも書き込んでください。)
備考(一人称など)

33: 破界の王 [×]
ID:26afbae10 2020-06-19 23:48:04

名前:蒼河(そうが)
性別: 男
年齢 :25
性格: クールなニヒリストで、とてつもなく怠惰であり世の中を斜め上に構えて舐め腐った態度で世渡りする屑。であるが、根は争いごとを好まず誰よりも優しい性格の持ち主であるがすっかりやさぐれて今の性格になっている。
容姿:前髪を七三に分けた肩までの長さの青色の長髪をポニーテールに結い、目付きは元々鋭い方であるが、死んだ目で形無しになってしまっている。服装は青のボーダーラインが入ったトルコ石色の羽織に土毛色の履物(ズボン)鞋を履いている。又常に、趣味兼商売道具の二胡を持ち歩いており、それを引く弓の持ち手部分は金属器用に金属製にしている特注品。
役柄・職業:金属器使い、旅芸人
ジン:第67迷宮のジン・アムドゥスキアス
額にユニコーンの角と下半身がケンタウロス状になっている。羽衣に手に金管楽器を持ったゆるふわワンレングスの幼女型のジン。性格は弱気で大人しめで「はわわ…」なんて口癖を使っちゃうタイプの娘。ただジンの役目としての王の選定に関しては真面目で契約後は常にだらけ気分の蒼河に辟易しているが王の器の素質に関しては信頼しており、今の彼の性根をどうにか叩き直して人前に出ても恥ずかしくない王に仕立てあげるのが当面の目標のようだ。尚、教育方針はアマアマめ、他のジン達には基本、先輩を慕う後輩目線。
金属器:二胡の弓→笛
音を奏で、あらゆる方向に音塊を飛ばし、相手に接触後音塊は破裂する。
備考:一人称「俺」少しのお金と二胡を持ち各地を放浪する旅芸人。腕はまぁまぁであり手にする日銭は少なくひもじい思いをしており基本物乞いがデフォ。更に言えば例え儲かったとしても、自身が無類のギャンブル狂でありソレに全部つぎ込んで自己破産してしまう為、一切生活が改善されない。
悪知恵が働きイカサマと手段も多用するが、喧嘩等には滅法弱く、数秒でボコボコにされる。※喧嘩に弱いだけで戦い自体が弱いというわけではない。

そんな彼だが実は「雷」という小国の第二皇子で名は黎蒼河(れい そうが)姉弟は上に二人兄と姉がいて下に弟と二人妹一人が居る。そこそこの武勇と秀でた知略を持っておりその知勇を用いた軍略で自国の戦に貢献させていた。…が姉弟の中で仲睦まじかった上の姉・黎黄竜を戦で失くして以降、人が変った様に今の性格となり、住んでいた国を離れ遊び三昧の毎日を送っている。

全身魔装は両脚、太腿、腰、臀部、両腕・肩、にかけて白毛に覆われ脚の先も馬の様に蹄になる。額には黒曜石色の一本角が生えピンク、水色、薄紫のパステルカラーに変わり、若干毛髪の量が増えた感じになる。目の色は藍色。服装は薄手の白い着物に羽衣がついたのを纏っている。
極大魔法は「裂海音破砲」正面から終息した音波の塊を発射する魔法でその威力は名のを通り海または地表を裂くレベルのもの。

34: 破界の王 [×]
ID:26afbae10 2020-06-22 00:20:09

リボーン
名前:
性別:
年齢:
性格:
容姿:
服装:
武器:
リング:
属性:
匣:
所属:
備考:
他:(其々のキャラに対して台詞だったり、サンプルボイスだったり)

*オリリング
リング:
使命:
性質:
炎の色:

*オリ匣
匣:(「晴カンガルー」「雲ハリネズミ」等のように)
名前:
属性:
外見:
性格:
備考:

NARUTO

名前:
所属:
属性:
性格:
容姿:
設定:
術:

ワンピース

名前:
所属:
異名:
悪魔の実の能力者:
懸賞金:
年齢:
身長:
出身:
夢:
好きな食べ物:
弱点:



最初 [*]前頁 ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]個人用・練習用
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle