TOP > 個人用・練習用

独り言のようなもの版権オリキャラつくろうよ!/54


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
35: 此処から始まる物語 [×]
ID:26afbae10 2020-09-28 23:00:30

名前:クロリオ・ハーヴェイ
所属:海兵→黒羽の海賊団・船長兼航海士
異名: 穿つ弾丸
悪魔の実の能力者: 「名称不明」超人系
能力:因果律操作。自身に関する事や相手への攻撃に関する因果律を自在に操る。手に持った武器にも能力が付与され、例・先に骨を断つを事象を決定させておいて刀を振り下ろすなど、ただしできるのは悪魔でも自身…対象者ができる事のみと実ながら海水、海楼石が弱点、中でも因果律操作の際、その部位が海水、海楼石の物質に覆われていたら無効化される。
悪魔の実の能力以外は、海軍時代に習得した海軍式組手と六式も嵐脚、月歩を使える。主にキック主体として白兵戦と二丁拳銃、狙撃銃などによる狙撃は中でも断トツに得意。

覇気は見聞色と武装色を持っている
懸賞金:不明
年齢:21
身長:172㎝
黒髪の無造作に伸びたボサボサのツンツン頭に目の色はトーンがなく虚ろな瞳をしている表情は笑うと一応出るのだが基本的に無表情。服装は全身黒スーツでシャツもネクタイも黒を着用している。腰には二丁拳銃用のホルスターを装備している。
性格:冷静沈着。誠な正義とは何か?常に考えている堅物な人物であるが人間関係は割かし受け身な優男
女性の扱いは得意ではないが割と出来る方だけども、艶っぽい女性は苦手なご様子。そのせいかそういった経験はなし。
出身:ドラム王国
夢:誠の正義の証明
好きな食べ物:野菜類ならなんでも、後魚介も少々、
弱点:自然系の能力者、海水、海楼石、女性(艶っぽい)
詳細:一人称「僕」
生まれて浅い頃に兄弟と呼べる間柄の友人二人と同じく圧政により両親の顔を知らずにその二人とレジスタンスとして活動するも海軍の恩師に拾われて以降はその人みたくなりたいと海軍元帥を志すが
ある日その恩師が通行の邪魔をした子供達を処刑しようとした天竜人を腹パンした事で銃殺。そして海軍本部はその事実を捻じ曲げて公表した事から誠の正義とはなんなのか考えるようになり、友人の一人と共に海軍を抜け、以降は海賊と名で通っているが裏で天竜人、悪人に天誅を下すヒットマンとして活動している。

武器:黒陽・白月(とある名匠が作り上げた番の色が違う二丁拳銃、クロリオは主に黒陽は暗殺用、白月は人を守る為に使っている)
狙銃・贄殿烏哭「そじゅう・にえとののうこく)此方も名匠が仕上げたとされる銃口に烏の模様が彫られている狙撃銃

36: 此処から始まる物語 [×]
ID:26afbae10 2020-09-29 08:09:43

名前:ムラサメ
所属:海兵→黒羽の海賊団・戦闘員
異名:黒刃
能力: 純粋な剣の実力。少なくとも鉄は斬れる。武装色のみ覇気は扱える。
懸賞金: 不明
年齢:17歳
身長:174㎝
性格:クロリオ同様冷静沈着だが、彼よりは落ち着いていて物事を分析する事ができる人物。ただし女性(幼子)が絡むと甘くなる一面性がある。女性の扱いもクロリオより上、また武士道に焦がれており、死ぬ事を本望とはしてはいないが、心の繋がった友人には一生をかけ忠を誓い、その人と共に運命をいく生き様を心に決めている。
容姿: 黒髪の一つ結びで糸目の渋顔、鼻に一筋の刀傷を持っている。服装はワノ国に焦がれている為か
上、山葵、下、抹茶の、緑系の和装に身を包んでいる腰には刃が真っ黒でオレンジの波模様の一本線がある刀を所持している。
出身:ドラム王国
夢:クロリオの目的にひたすらついて行く事
好きな食べ物: 焼き魚、卵焼き、大根おろし、ルルコロが作った食事の全部。
弱点:女性(幼子)
詳細:クロリオと同じく生まれて浅い頃に圧政で両親と離れ離れとなり、その頃から彼とは喧嘩はしあうが良き理解者であり兄弟と呼べる相棒な愛柄であり、同じく海軍の親っさんに拾われて以降は彼は剣を磨き、更にそこでワノ国文化を知ってカルシャーショックを受けた為今の恰好の面影となる。
クロリオが海軍を抜ける際に同じく抜けたが、心の中ではもう一人の兄弟を残していくのが唯一の残りであったが、今もしょっちゅうではないが良く合う敵として…?

37: 此処から始まる物語 [×]
ID:26afbae10 2020-10-03 22:34:53

ムラサメ
武器:黒縄(コクジョウ)(全身真っ黒の刀身に垂直状に幾つもの橙色の楕円が面重なった形状の名のある刀工によって生みだされた一振り、内部に海楼石を埋め込まれてある対能力者効果付き

38: 此処から始まる物語 [×]
ID:26afbae10 2020-10-07 19:42:53

名前:ルルコロ
所属:村民→黒羽の海賊団・板前長(コック)
異名: フミルィルの一輪
悪魔の実の能力者:ヒョウヒョウの実・自然系
能力:食べると全身から冷気を放ち氷を生み出す氷人間になる。主な攻撃方は掌から氷柱を生み出したり
氷柱はサイズを自在に変える事ができ、更に大気中、地表からどこでも生やす事ができ、氷柱以外にも壁など色んなものに変形、加工、する事もできるちなみに身体の氷は案外堅く、覇気を持った攻撃や火による攻撃でなければ砕かれる事は無いともいわれる程の頑丈さを持つ。
ちなみにユキユキの実とヒエヒエの実の中間種である。

使える覇気は見聞色
懸賞金: 0ベリー(捕虜だと思われている為)
年齢: 14歳
身長:146㎝
容姿:薄い水色に似た白髪のインテークのボブカットにアイヌ民族風の文様が記された紺のヘッドバンドを身に着けている。瞳の色は翡翠の猫目。服装は青系の寒色系を使ったアイヌ風の衣装に腕と太腿足首には包帯を巻きつけている(本人は能力を抑えたつもりだとか…)
性格:人当たり良い穏やかな献身的な心優しい性格。
出身:フミルィル村(オリジナル)(イーストブルー内にある極小の集落)
夢:悪魔の実の能力を失く術を知る事
好きな食べ物:桃、水羊羹
弱点:炎熱系
詳細:イーストブルーの内の島の中にある極小の集落の村・フミルィル村の出身で
能力を手にしたきっかけは偶然、村の宴の際に祭り上げられていたヒョウヒョウの実をうっかり食べてしまった事から、幸い迫害らしき事は村の皆が優しかった事や村長もやらかした面があった為あまり村八分的な事にならなかったのだが、ただ奇異な目で見られる事はあった。そんな時に村に海賊団が押し寄せるのと同時にクロリオとムラサメが島にやって来ていて、クロリオにその身を助けられて以降、恩義に報いるのと自身の持つ悪魔の実の能力を消す術を知る為に板前長として船員となる。

39: 此処から始まる物語 [×]
ID:26afbae10 2020-10-23 20:48:55

名前:李・黄龍(リー・ファウロン)
所属:黒羽の海賊団(潜り)→CP5(諜報員)→黒羽の海賊団・考古学者兼戦闘員
異名:尻尾切り
悪魔の実の能力者:ハチュハチュの実モデル:蜥蜴(動物系)
能力:食べれば蜥蜴の如き軽快で俊敏な動きを得る事と蜥蜴の尻尾切りから手足尻尾を自在に切り離しても後から生えて来る再生力を持つ最もこの再生力は覚醒に至らないと使えず。ファウロンは覚醒へと至っている。軽快さと俊敏さも合わさって彼の持つ六式・指銃 ・紙絵・剃・月歩・嵐脚を自身の弛まぬ鍛錬も相俟って強化されている他、蜥蜴の外殻である鱗は多少の防御力を有するがあまり期待できない
使える覇気は武装色
懸賞金: 2000道力
年齢:17歳
身長:176㎝
容姿:普段着は赤色のチャイナ服だが正装着はスーツを着込む
黒い弁髪で同色の若干ジト目がかった垂れ目。
性格:風のように飄々と浮世離れした人物。その実態は温厚でありながら冷酷で
標的とされた相手には妥協せず仕留める暗殺者らしい性格の持ち主。
出身:西の海・花の国
夢:世界征服の元での執行→黒羽の海賊団への贖罪
好きな食べ物:炒飯、餃子、冷麺、チャイ
弱点:海水、海楼石
詳細:元はCP3の幹部級の人間であり、当初は黒羽の海賊団にスパイとして紛れ込んでいたが彼等の一味ヌエを捕え支部に帰還そこで取り返しに来たムラサメと死闘を繰り広げた後、囚われ制裁された後に二度と彼等を裏切らない事を誓い黒羽の海賊団の真の団員として贖罪の為ともに行く事を決めた。

40: 此処から始まる物語 [×]
ID:26afbae10 2020-11-21 21:43:51

まめ太

41: 一見さん [×]
2021-04-05 20:16:47

名前:ヒバハリ
性別:♀
年齢:16歳
性格:のんびり楽天的でマイペース。しかし仕事柄プロ意識を持っており、やると思った事は手を抜かなず真剣に取り組むと信条を持っている
容姿:手足の生えた紫色の蛇人間、(種類はヒバカリ)藍色のような夜空色のファーコートに白の短パン、褐色系のストッキングにヒール靴を着用した魔物、
趣味or好物:自身の渾身のギャグ、星間観測、芋虫
本の色:飴色
パートナー
術:蛇
1コグノオン/小型の蛇の使い魔を召喚。使い魔の視界は魔物とリンクしており、それを用いて隠密、偵察をこなす、戦闘力は皆無で並みの人間でも踏み潰すと消滅する。
2グノ・アムルク/腕を無数の蛇に変化させて攻撃する術
3グノ・アムロン/2の呪文の伸縮版、無数の蛇に変えた腕を伸ばし攻撃する
4ファング・グノイド/蛇に変えた腕で相手に噛みつく。噛みつかれた相手は一定時間、身体の一部が痙攣する麻痺性の毒に蝕まれる。
5ギガ・マグノ・ディスグルグ/魔界から体長3m位の大蛇を召喚する上級術。
6グノ・バロン/後頭部が全身を覆うようなロングヘア状の無数の蛇による伸縮自在の攻撃
その他:一人称「私(わたくし)」
魔界では裕福な地で生まれ、劇団員として育った。それなりに知名度がある有名人。1000年前だが
持前の渾身のギャグは親父ギャグで周りを白けさせ凍り付かせる代物
劇団で育った為か大人以上の演技力と本の術とは別に姿を本人そっくりな姿に変質させる術を用い
1000年前の魔物の戦いに挑み、ゴーレンとそのパートナーと協定関係を結ぶも、裏切られてしまい石板に封じこめられてしまう。

42: 一見さん [×]
2021-04-05 21:24:21

名前:ナーグル
性別:♂
年齢:16
性格:向上心がある、努力する、強くなろうとする人好む熱血漢。また 異常なほど健康に執着する健康オタク気質があり、自分の体だけでなく、他の人の健康に関しても黙っていられないほど。健康に気を使わない人を最も嫌う。
容姿:体長2mの黒地に炎が描かれたボクサーパンツを履き、両手両足首を包帯で巻いた黄金色の竜神の魔物。
趣味or好物:鍛錬、健康、豚、鳥、
本の色:潤朱
パートナー
術:拳or身体強化
1ナグル/瞬時に距離を詰め間髪入れずに放つストレート。速い上に威力のこもった拳、ただし精度は良くなく動きを良く見ていれば躱せる。
2チャーグル・バルク/その場で停止し精神統一を行うと同時に全身から気を放出させエネルギーを溜める事により身体能力を強化し続いて放つ攻撃呪文の威力を数倍する術。ただし持続型でないのと、停止する為、自分とパートナーが隙だらけになる欠点を持つ。
3ガンズ・ナグル/数多に放たれるジャブ。此方も威力は高いが命中精度はすこぶる悪い
4ラージア・ゴウナグルガ/極限までに気を込めた拳による範囲拡大された貫通力のある一撃。(所謂波動拳)ナーグルの最大呪文でありその威力は最高を誇る。それと代償に横後方ががら空き二なる上心の力を一気にすっからかんにする燃費の悪いデメリットを持つ
5チャージル・ナグル/一見、1の術と同じストレートだが、此方は精度は良いが代わりに威力0の代償がつく、そもそもこの術は相手を殴る事によって心の力を回復させる補助術なのだから
6エクセレス・ラ・ナグル/防御態勢を取り、相手の術を受けつつその反射で相手の術を上乗せしたX状に放ったジャブによるカウンター呪文。4に比べ劣るがそれでも高威力。
その他:一人称「俺」
魔界では喧嘩と青春に明け暮れる人生を謳歌していた1000年前の魔物。王を目的としてないが最強の存在になると意味で魔物の戦いに勝ち上がろうと闘志を燃やしまた、現王…ガッシュとゼオンの父をライバル視していた。そして人間界に出てパートナーと共に順調に勝ち上がり続けていたが、夢にまでみたガッシュ父と戦う前にゴーレンとそのパートナーの卑劣な手によりやられ、石板に封じ込まれてしまう。

43: 一見さん [×]
2021-04-05 22:53:50

名前:ドロゥ
性別:女
年齢:16
性格:ちょびビビりな所があるが基本的に前向き思考で乗り切る純朴な性格。1000年前の魔物の中で最も戦闘を好まず、戦いより人間界の恰好や趣向品を楽しもうするミーハーでオタク気質な子。
しかも戦闘に直面したら常に逃げようと考えている。
容姿:白色の深めのキャスケットを被った黄緑色のセミロング、緑の瞳で服装も緑と白を使ったパンツルックスタイル。16歳であるが背丈はちびっ子タイプと変わらない。常にスケッチブックとカラフルな色が出る鉛筆を所持している。
趣味or好物:アニメ、漫画、オシャレ(二次元系)絵を描くこと、シイラ
本の色:薄香
パートナー
術:絵orそれを用いた幻、阻害の補助術
1デザイド/スケッチブックに生物や無機物など絵を描きそれを実体化させ相手に飛ばす術。当たっても威力皆無で、色まみれにさせる。ただのこけおどし程度の術。
2デザオウ・ボオル/スケッチブックに鳥類魚類獣類の生き物を描きその生物を模倣した物体を自在に操る術。幻なので陽動、囮としか使えず、しかも本人のお頭が弱い為これもこけおどしになっている。
3デザガル/スケッチし実体化させた物体に乗り突撃を繰り出し相手を吹っ飛ばす。ドロゥ唯一の攻撃呪文。しかし食らったか錯覚する程度の極小の威力。
その他:一人称「僕」口調「敬語」口癖「ふえ」
魔界の中でも穏やかな環境、芸術家の家に生まれ絵を描く事に特化しすぎた魔物でそれ以外は1000年前の魔物の中で最底辺の身体能力、また頭も全く回らず雑魚中の雑魚魔物と共通認識されている。
ただ絵を描く以外に特筆してる点で言えば逃げる事と異様な運の高さで、それによって
1000年前の魔物の戦いでは根強く…不戦で中盤まで勝ち残る事ができたが、ゴーレンのパートナーに戦闘外の面で罠に嵌められ石化させられてしまい、その後ゾフィスによって復活させられるも、
1000年前の戦いで運を使い果たしたのか、徒党を組んでブラゴに挑まされたが、無理にも程があるとレベルで瞬殺されて脱落してしまった。


44: 一見さん [×]
2021-04-06 11:31:35

名前:ガラッハ
性別:男
年齢:14歳
性格:冷酷、冷静沈着な策士家で、常に高みを目標としている。子供でありながら物事を見る目は達観しており城内の文官、大臣などから一目置かれているが、奴隷の身である為か一部からは蔑まれたり見下された目でも見られている。ただし…主君であるソフィア・ベルに関わる事になると異常な程の執着心を見せ、我を忘れてキャラを崩壊させる事が多い。
容姿:黒髪黒目の三白眼。左目側に翡翠色の仮面を着用している。髪型はボブ程度の長さで分け目は左。服装は上下青色の礼服を着用しその上に白のマント身に着けている。腰に刀身が四角い直剣を携えている。
趣味or好物:メロンパン、冷酒、研鑽、努力
本の色:紺青
パートナー
術:重力、重力剣
1グライス/剣を振り藍色の斬撃を飛ばす。この斬撃は所謂ブラックホールで空間を裂いて進み物体を飲み込む、ただし人や重量のある物体は引き寄せるこそできるが飲み込めはしない。
2レイルオン/半径4mに物体を重力波によって持ち上げ、それを操り敵へ被弾させる術。
3ガンズ・グライス/1の連射斬撃。精度は粗めだが計算して放てば相手をその場に硬直させるたり思うなな誘導させたりできる。
4ライト・グラビレイ/ブラゴのアイアン・グラビレイと同様の効果の術、ただしかけるのは反重力で相手を急激に浮かせ頭上の障害物に激突させたり、高所まで浮かせた所から術を解き、落下ダメージ狙う事もできる。
5ボルツ・グライド/3~4Km圏内に重力場を発生させる。外側から内側への引力が強く、ソフィア・ベルの「ラージア・ジケル」と併用して使えば相手を押し潰す球場の籠と合体攻撃ができる
6ラージア・グラビルク/広範囲…任意の魔物やパートナーの肉体に反重力、重力をかけ強化ないしは低下とバフトデバフをかける事ができる。多彩な使い方ができてガラッハのお気に入り呪文
7バベルガ・グライス/相手が自身に接近してきた際、繰り出される全方位斬撃。ただし使っているのは強力な斥力で吹っ飛ばす。これを用い、逆に飛び道具を跳ね返したりもできる
8ボルツバーガス・グライド/複数同時斬撃。斬撃一つ一つが働き相手の術の速度を落とす。
その他:一人称「私」二人称「貴方、○○殿(目上)、お前(目下、敵)貴様(敵)
魔界ではソフィア・ベルの従者として付き従い、軍事や政務、政策を行ってきた。
とは言え貴族の出ではなく貧民区出身で奴隷で壮絶な人生を送っており、そこをソフィアに拾われて大切にされたことから、彼女は生涯通じて忠を尽くそう、例えこの身が焦がれようともとその身に誓いを立てて、そしてソフィアと共に1000年前の魔物の戦いに参戦、以後は着実に勝率を収めると共にソフィアと協定を結び共に戦う事になるが、主君がゴーレンによって石板に封じ込められてしまうのを目の前で見て激昂し衝突するも、一歩及ばず彼も石板に封じ込められ、
――そしてゾフィスによって復活させられた後はゾフィスの命で徒党を組んでブラゴと対決。
徒党を組んだものは全滅したが一騎打ちでは持前の策謀を生かし善戦に喫するが実力では敵わず
倒された。

45: 一見さん [×]
2021-04-06 16:26:02

名前:壇ノ浦 暁 (だんのうら あかつき)
性別:女
年齢:13歳
性格:基本、口数少なく不愛想で時折毒舌でクールな口調で話す。
……しかし本当の所、極度の恥ずかしがり屋で自分に素直になれない繊細で不器用な面が邪魔をして口下手なだけであり、至ってごく普通の女の子で、それ故に学校では意地を張ってキャラが一人歩きしていることに思い悩んでいる
容姿:赤っぽく見える茶色のような黒のショートヘアで外ハネしている。瞳の色は榛色。服装は粒状寺学園中等部の制服にゴスパンクな着こなし方をしている。
職業:龍譲寺学園中等部一年
趣味or好物:お洒落、ショッピング、餡蜜、
魔物のパートナー:きらら
魔物と初めて出会った場所:公園
その他:一人称「私」
京都、龍驤寺学園に通う中等部二年の生徒。意地張りな自身に思い悩んでいた頃、
公園にて魔物に襲われていたきららを助けて、その際に偶発的に発動した術を読み、相手を退けさせることに成功する、その後は当初は魔物の王を決める戦いに乗り気でなかったが彼女と過ごす内に彼女の素直な所に憧れ、共に歩んでいく……が

名前:きらら
性別:女
年齢:9歳
性格:素直、活発ながら、優しく繊細な心の持ち主で人間以外の命に対しても思いやりが深い。
容姿:ふんわりとした明るい茶髪のボブカット、分け目は右、栗色のアーモンド形の瞳で、耳は人間と同じく横向きについているが犬系の獣耳でちびっ子タイプ。服装は白のカーディガンとピンクのスカートの上にベージュのケープレットを羽織りブーツもベージュ
趣味or好物:かけっこ、かくれんぼ、おままごと、どんぐり、胡桃
本の色:韓紅色
パートナー:壇ノ浦暁
術:土
1エイジャス・クレイコル/相手の足元の地面を盛り上がらせる。威力は少なく術の速度は中間、しかも使用用途は相手の足をすくいコケさせるのみ
2バーガス・クレイコル/小石を弾くと同時に小石が分裂して数倍の量になる。速度は早め、威力は大ダメージにならないが少なくとも威力はある方
3クレイ・バシルセン/ケープレットが変化し半径5cmを突き刺す強靭な棘となる。また同時に堅牢さも合わせ持っており盾として活用することも可能。術の速度は遅め。きららは「針鼠さん」と呼称している。
4エイジャス・クレイコルガ/1の強化術。中低差程高さの速度で地中から盛り上がる土の棘、威力も十分にある。
5チャージル・クレイジオ/両手を土に当て、地面を通して自分と味方、敵までも無差別に傷を癒す回復術。また魔物自身の相手を助けたいと心が強ければ強い程、回復量が増し心の力のコストが減る。
6ディオウ・クレイドルガ/体長がライオン相当の土の針土竜を放つ、土竜から放たれる高威力のドリル状刺々と、土竜は潜航し地中を移動し相手を突き上げる一撃をかます。威力は最高峰、ただし心の力をドカ食いするほか、術の速度も最も遅い、
7ガンディオ・エイジャス・クレイコル/地中から連続して突き上げる無数の土塊、術の速度は最高峰、威力も全て当たれば…最高峰、心の力も低減の燃費の良さ。6と並ぶ二大最大呪文
8ゴウラドム・クレイセン/中位の石を飛ばす。石内部には球状の爆薬が仕込まれおり、物質、物体に着弾した時点で大規模の爆発を起こす。この術は下手に近場で行えば自分もろとも無差別に食らいかねない禁呪の呪文。
その他:「私」
魔界では温室育ちで、友達もたくさん居て素直さが純粋培養できる環境だったが、
魔物の王を決める戦いで、友達だった子に裏切られ襲撃され、絶望しかけたが、それでも諦める事はせず、自分が王になってあの頃のような穏やかな優しい空間を作る為の王を目指す、その後、パートナーの壇ノ浦暁と出会い、絆を深めていくが…五島錬&テフペアの前に敗れるも最後っ屁の土壇場で発動したゴウラドム・クレイセンを放つが無効化され、そこでテフにパートナ―共々賛辞の皮を被った侮辱で愚弄され心をへし折られ魔界へと帰らされた。





46: 一見さん [×]
2021-04-07 00:16:01

名前:日高 紗季(ひだか さき)
性別:女
年齢:26歳
性格:冷静且つ慎重な淡泊な性格。基本優しいが相棒の愛莉の我儘にはキツく当たる事もある。また辛い物とロリコ…少女趣味が大好物で、辛い物はなんと一口食べただけでも大量の汗を噴き出し身体に熱を帯びて失神してぶっ倒れるレベルのモチノキ町中華飯店郷州麻婆豆腐がを平気で平らげる程、
少女趣味の方はストレス発散の為ならば何処ぞの悪役の如く手段を選ばず(流石に犯罪行為はしないが)、見つけるたびに捕まえては可愛らしいフリフリの衣装で着せ替え人形の如く遊ぼうとするため、パートナーのコキリやユノカ、特につぐみ非常に恐れられている。策謀が得意な透樹と馬が合う事から互いに信頼関係にある。好意も持っているが、恋愛事に淡白な自身の性格を自覚していることから飽くまでも大人として一歩引いた付き合いを心掛けている。
容姿:黒髪ポニーテール。金色色でやや釣り目で四角眼鏡をかけている。服装はOLそのもの、私服は気品溢れるラフな格好を好んでいる。
職業:(成人キャラなら仕事、未成年なら学生…例・モチノキ高校一年)
趣味or好物:小さな可愛らしい女の子、ぬいぐるみ、郷州麻婆豆腐、
魔物のパートナー:コキリ
魔物と初めて出会った場所:モチノキ湿原
その他:一人称「私」
日高愛莉と女子高時代からの友人で、愛莉と同じくモチノキ大学に進学し経済学部に入り、愛莉より早く卒業し、彼女が卒業した頃に再び再開と言うか、待っていた。理由的に彼女が心配と面が大きいのもあるが、愛莉の幼い頃からの夢である児童養護施設を建てる為にその資金稼ぎとして2年の間大手株式商社のOLとして働いていており、そこで培った高い実務処理能力を持と交渉術を活用し、朗らかな愛莉の人徳と、事務管理力の高い紗季の二人で「日笠の家」を運営している。
コキリとの出会いは施設の行事として行った先のモチノキ湿原で出会い、一目で気に入り抱きつきコキリ側すれば最悪な出会いをした後で、当初は魔本や魔物のことを絵空事、子供の妄想としか否定して信じなかったが、巻き込まれるにつれて理解し共に戦い抜く事を誓い、
その後、親友がギルティスに精神支配を受けた事を知ると彼に屈服しコキリ共々傘下に加わるが、実は彼の元についたのは親友を精神支配から解く術を知る為のスパイ活動であり、その事を秘密裡に透樹達に伝え、透樹達と戦った振りをしつつギルティスが油断する所を伺っていた。
愛莉奪還後は彼女とウィロー、コキリと共に一端故郷の大阪に戻り、帰りに京でお土産を買いに行った際に京都最大の最強コンビ「二京」と遭遇、その内のミカヅキと金城銀河にけしかけられ止む無く
人気のない場所で愛莉とペアで交戦するが、全く歯が立たず、魔本を破損させられ
愛莉の方も魔本を真っ二つに切られ、両者とも敗退してしまう。

名前:コキリ
性別:女
年齢:12歳
性格:冷静沈着でウィロー以上に無口だが、ウィローと違い思考の視野は広く、一般的な常識もわきまえている。また仲間に対する情も厚く、意外にも面倒見の良い性格である。ただしそれを覆すかのように兎に角、口が悪い。塩や海水、後砂糖、重曹、ビール、米のとぎ汁は大っ嫌い(水分を殆ど奪われてしまうから)なので飲まされ、かけられようものなら恨めしい形相になり「てめー末代まで祟ってやるマイ」と怒りを露わにする。
容姿:赤髪の癖っ毛のあるショートカット、前髪に太眉のように見える楕円の黒いヘアピンをつけていて、頭頂部に二本の触覚が生えている。瞳の色は赤の丸目。可愛らしい顔立ちをしているが一切笑わずポーカーフェイスを貫いている。服装は身の丈に合わないダボダボの無地のTシャツしか身に着けておらず、背中にはでっかいサザエを背負っている(これは疲れた時とかに抱きつかれようとした際に引っ込んで引篭る宿であり、また浮遊して移動することができる)また下半身にチ〇チ〇(それもかなりのモノ)がついているがれっきとした幼女である。
趣味or好物:降雨浴、ゲーム(携帯ゲームとかネトゲ(銃系))食べ物は特に嫌いな物はない上記以外は、その気になれば死にかけのナメクジや昆虫だって食べる。中でも大好物はコンクリート好きな飲み物は生コンクリート
本の色:チェリー
パートナー:日高紗季
術:粘液・サザエによる攻撃
1ニュケルド/口から黄色い酸性の粘液を吐く、ダメージ与えられる+弱い盾系の術程度なら簡単に溶かす事ができる術。術の速度は早い方だが、発動するまでに若干のタイムラグがある。
2ボルツ・アーガス/自身の半径5mにドーム型の重力場を貼る、この空間の中では自分を含め全ての者(物)の動きを鈍らせる術。
3ガンズ・ニュイド/口から淡いピンク色の粘液を連射する。この粘液にダメージはないが、潤滑油であり、踏んだり、直撃すれば最後、転倒地獄や物持ちは全て落としてしまう大惨事を引き起こすただし機械系の魔物に限り、動きを高めてしまう可能性がある。これも術の速度は早いが、発動までにタイムラグがかかる
4ニュケルガ/指の先から毒々しい緑色の粘液を放つ、攻撃範囲は小さいが威力はギガノ級に匹敵しそれ相当の盾系の術だって容易に溶かす、タイムラグはなくなったが挙動が非常に読まれやすくなっている。
5セン・ディオガ・ニュシルバ/ディオガ級の盾系の呪文…盾ではないが身体の表面からどろっとした白い粘液の汗で体表を覆う、またその汗を対象にも飛ばし体表を覆わせる事によって一度だけどんな攻撃呪文でも防ぐことができるが、使用後に心の力が枯渇する+魔物本人の水分が完全に抜けてうつ伏せになるデメリットを秘めている。一応魔物の方は水を与えれば元気になるが間違っても海水なぞ与えた日には一生恨まれる目に遭う事を覚悟した方がいいだろう……。
6シンオルガ・ニュシェル・ウルガル/シンの術。コキリが殻に閉じこもり、そこで回転し純エネルギーを纏い螺旋回転のまま相手に高速突進をしかける。尚、躱されても潜航や潜水(淡水のみ)したりエネルギーの上澄みに強力な潤滑油を出し壁などを跳弾のように跳ね返ったりすることも可能。その威力はコキリの術の中で最大級。を誇り貫通力もつく。ただし発動させるまでに限界までの心の力を溜めるのと発動後、心の力が枯渇するデメリットもある。
その他:一人称「私」二人称「お前、てめー(敵/キレた時)、○○様(ギルティスのみ、ただし内心ではクソ野郎呼びだが、)その他酷い蔑称をつけて呼ぶ、例:透樹(腹黒リコン)陸(モヤシ)伊助(スケベ野郎)凛(眼鏡)等~」語尾「マイ」
魔界に居た頃は孤児で幼い時に翁に拾われ彼の経営するサーカス団のメンバーとして活躍していおり、伸身三回宙返り一回捻りは彼女の特技。その後、翁が謎の失踪した後は、八魔将「暗闇」ギルティスの手先になる。理由は実は翁はギルティス配下の騎士で副業として孤児養う為にサーカス団を経営しており、その翁がギルティスに裏切られて亡くなった事実でそれを知る為に上司であるギルティスの傘下に加入した。
魔物の戦いでは、早い段階でギルティスと会い、彼の指示の元まず自分達以外の八魔将のパートナーの洗脳、魔物の殲滅を命を受け、彼から自身のパートナーの居所を教えて貰いモチノキ湿原でパートナーの紗季に会うも厚苦しいハグを受け最悪な出会いをし以来苦手意識を持ち距離を置いているが、戦う時は自身も策謀タイプであることから、息ピッタリの連携をこなす、
ギルティスの元、魔物殲滅計画を実行していく内に彼が翁を葬った張本人だと知り、寝首をかく為に透樹達を利用し、ギルティスの策も利用し彼を追い詰め、ウィローのパートナー愛莉を精神支配から解いた後、紗季に願い、彼に決別の一撃と共に捨て台詞「魔界に帰ってジジイ達をやった咎を受けろクソ野郎!」と吐いて魔界に帰した。
その後はウィロー、愛莉、紗季と共に紗季の故郷大阪に帰省、その帰りに京でお土産買ってる所で八魔将「月刃」ミカヅキと出くわし、一触即発の戦いをする流れに
それぞれツーマンセルでの対決で全く歯が立たず、ウィローと共に魔界に帰されてしまった。



47: 一見さん [×]
2021-04-09 01:26:39

名前:鳥海 力也(とりみ りきや)
性別:男
年齢:17歳
性格:毅然で近づきづらい雰囲気を持つヤンキー…ではなく張子の虎で実際は、気弱な重度のネトゲオタク。ある理由からヤンキーの番長になってしまい、バレたらフルボッコにされて殺されると素の自分を知られる事を恐れ、キャラを演じているだけ、またなまじカリスマや高い判断力、統率力に優れ彼の預かり知れぬと所もあるが気づけば関西一の番長、魔物の戦いでは京で最強の「二京」に劣るが強力なペアの一人として君臨してしまっていることにストレスで胃がマッハらしい。
容姿:栗色のショートヘアに黒の釣り目、顔には右目と顎辺りに傷…勿論シール、にオレンジのグラサン、右耳にピアスを着け、服装は紺の制服…学ラン姿。これはキャラ作りの外キャラで、通常はイマイチパッとしない冴えない表情で、眼鏡をかけて服装はまるっきりオタクの恰好。身長は外キャラの時はタッパを良くする為上げ底靴を履いてごまかしているが、年相応で体形もヒョロガリボーイ。
職業:泥門高校二年・番長
趣味or好物:ネトゲ(主にギャルゲとRPG)フィギュア取集、モンブラン、カフェラテ
魔物のパートナー:ルーシィ
魔物と初めて出会った場所:金閣寺
その他:一人称「儂(演技)僕(素)」二人称「テメェ、貴様(演技)君(素)
京都の底辺で一の不良校で有名な泥門高校二年の番長で関西最強の称号を持つ番長であり、魔物の戦いでもパートナ―達の噂から「二京」に次ぐ最強のペア達の一柱に数えられている。…が実際は元・陰キャオタクで、番長になったきっかけは、元番長とその取り巻きに絡まれた際、命と同等の美少女フィギュアを壊された事でタガが外れて思わず一撃(不意であるが)を見舞った事で元番長を倒してしまったことで、噂に尾ひれがついて番長になってしまい、正体を明かそうにも明かした時が怖くて明かす事ができず、そうして演技していく内に、上記の通りになってしまった訳である。
パートナーのルーシィに関しては最初出会った時は自身がプレイしているギャルゲの好きなヒロインの一人と容姿が似ていた事から一目ぼれするも、性格は違い生真面目なキャラで戦い等で振り回されっぱなしだが、実際世間知らずな所や以外と甘えん坊な所を知り、恋仲とまではいかないがかけがえのない友人の一人として思うようになる。

名前:ルーシィ
性別:女
年齢:12歳
性格:凛々しく清廉潔白。生真面目な委員長キャラ。帝王学を心得、人徳もあり人を引き寄せる魅力がある。…が、生まれてから城の外から出た事がなく箱入り娘で人間界の常識や勿論魔界での市民の常識に関しても世間知らず、また父の言いつけを守ってきた為、甘える事ができなかった反動か凄く甘えん坊。
容姿:金髪碧眼。髪型は編み込みのあるロングヘア。服装は白に金の装飾がついたミニスカ制服に青い胸当てをしている。
趣味or好物:読書(小難しい本→漫画、ラノベ)ショッピング、お洒落、ショコラケーキ、ブリ、ブリの照り焼き、バナナオレ
本の色:紺碧
パートナー:鳥海力也
術:聖
1セイル/掌から聖属性の光弾を放つ、速さと重さを両立した術。
2セイシル/手元にカイトシールド(聖属性の小盾)を出し相手の術から身を防ぐ、当初は初歩的な術位しか受け止めきれなかったが成長につれてディオガ系まで守れるようになった。
3セイルロン/1の射程が伸びた術。光弾から一筋の槍に変わった術その特性故、1と比べ速さ重さは上昇したものの命中精度が低くなった。
4テオ・セイルガ/1の中級、貫通がついた呪文。サイズが中玉に変化。
5ファベル・セイド/聖属性の金木犀の花を象った物体が沢山ついた帯を鞭のように振り翳した先で分裂し、金木犀の花が相手を錯乱、攪乱する術。
6セイルゼム/見た目は1そのもの、しかし威力はなく変わりに相手に当てる度、聖属性を蓄積させる。
7チャージル・アーガスジオ/一定時間、聖属性のドーム型の盾を貼る。この術は味方4ペアまで覆う事ができ、更に自身のパートナーを思う気持ちと真摯な感情が増す程、術の防御力、持続時間、心の力が増幅する。
8ディオガ・セイルド/1の最大呪文で中玉から大玉に変化。
9セイソルド・ツェット/掌から聖属性の光剣を生み出し、その名の通り相手をZの字に斬り付ける。
10シン・ロザリオ・セイルガ/シンの術。玉は元の光弾…小玉だが、着弾時に巨大な光の十字架になり相手を包み込む、術の威力、溜める心の力も大きくありながら、この術の発動条件は魔物がパートナーの為にその命を捧げても構わないと思った際可能、使用直後に代償として本が自動で燃えるというもの。
その他:一人称「私」
魔界では筆頭政務官の令嬢として生まれ、生まれた時から外に出して貰えず城の中で帝王学と後を継ぐ勉強をさせられ、窮屈な思いはしていたが素直に従っていた。
魔界の王を決める戦いに出る事に決まってからは一層、父からの信頼もあり、その責任をもって王女となり自国を豊かににする為、人間界へ、パートナーの鳥海力也に関して、当初はひ弱な軟弱者、男の風上に置けない人と思っていたが、彼を憎んでいる他校の不良達に一人でいる所を拉致され、無人倉庫内で暴行されかけた所をボコボコにされながらも庇われた一件以降、彼の人柄に惚れ思いは伝えられてないものの信頼している。また箱入り娘である為か世俗や常識に疎く、戦いや勉学以外は無知で甘えん坊な可愛いところがある。


48: 一見さん [×]
2021-04-09 16:52:01

名前:シシーリヤ
性別:女
年齢:29歳
性格:冷酷、傲慢かつ好色で幼い頃の事がきっかけで心は荒み絶望した淵で、人を貶める愉しさを知る。
容姿:腰までの長さ整った黒髪、前髪はぱっつん、釣り目で色はオリーブ色。肌は陶器のような色白
身長は平均女性以上に高い。服装は黒のドレスに、あらゆる装飾品を着飾り、手の爪もネイルをつけている
職業:令嬢
趣味or好物:派手なもの、色事、陥穽、人の絶望した顔を見る事、蒸しはまぐりレモングラス、高品質のワイン
魔物のパートナー:ティトス
魔物と初めて出会った場所:街中
その他:一人称「妾」二人称「そち」
生まれはベトナム南部、娼婦のバツイチの妻から望まぬ出産で生まれ、7歳の頃まで店で働かせながら育てられるが、「飽きた、お前にはもう商品価値はない」と理由で捨てられ、それを根に持っており弄ばれるような情弱な人間は容赦しないと価値観を持つ。その後、街中を当てなくふらつくも柄の悪い男達に乱暴されたことで絶望を知る。幸い保護され、貴族の養子に宛がわれるも、その頃には心が荒みきっており「どうせこの人も飽きたら捨てるんだ」「ならいっそ、捨てられる前捨ててやろう」と考えに至り、養子として育てられる内に化粧、結髪、装身から舞踏、芸術などの教養を教えこまれ、数年後、成人してまもなく、兼ねてから計画していた義理の両親の暗殺を実行し、持っていた富や権力を得る、その時に裏切られて歪んだ義父母の顔を見た時、初めて人を貶める愉しみを知り、色々な人々と交流、または関係を持ちやがて破滅に導いていった。そんな最中で魔物のティトスと出会い、魔物の王を決める戦いを知り、以後彼と行動を共にしているが、それは一概には彼が狂った理想を叶えるのも志半ばで倒れ絶望するのも愉しめる、と利害の一致によるものだったが……。
戦いに置いてはその高い知性、策謀を元に戦う。またいざという時の判断力も強い。

名前:ティトス
性別:男
年齢:19歳
性格:基本柔らかな物腰と穏やかな言動と笑顔で接する優しみのある人格者に思えるが内面はシビアで達観…(虚無感に近い)しており、穏やかな口調と態度を崩さず王を決める戦いでは仲間になる、なろうとする魔物や人間達を懐柔する一方で、自チームの戦局を意のままに指揮し、敵対する者に対しては明瞭たる敵意と氷のような冷淡さをもって排除を選択する。ただ命乞いした場合は例外。その言動は、ともすれば己の黒い野望のために味方をペテンにかける奸物の様に見えるが、そこに残虐性や憎しみの類は一切存在せず、ただ自らの目的の為動いている。また、平気で人を騙す一方で、それがバレてしまった場合の対処法が「ひたすら説得」のみと妙に清々しい一面がある。
容姿:髪型はシルバーアッシュ色の前髪インテークでセミロングで後ろ手に一房作っている。瞳の色は黄色。褐色肌。身長は平均年齢と比べちょい高め、服装は青いシャツにカーボン色のズボンの上に白いローブを纏っている。
好きなものor好物:魔物、すべてが慈しまれる世界、鮭、白米、緑茶
本の色:葡萄染め
パートナー:シシーリヤ
術:半冷半熱
1エギル/それぞれ右手:氷左手:炎の弾を放ち攻撃する。
2ガルエギル/氷弾、炎弾を交わらせて放つ回転弾。
3オルダ・ラエギオン/左右両方の空中に4:4の氷弾と炎弾を生み出し、それを自在に操り相手にぶつける、また弾かれたり、躱されたとしても再度壁などに反射して相手を狙う術式が施されている。
4ガンジャス・ギコシルガ/右手を地面に着け、地中から無数の氷柱を突き刺す威力は強く貫通も付く更に盾としての使用も可能。
5オルラージア・エムルガ/左手を真正面に向けて広範囲を焼き尽くす炎の渦を放つ。此方も4と威力は同等、貫通も付く
6ディオ・ドオウ・エギルガ/両手からそれぞれ龍を模倣した氷撃と炎撃を叩きこむ術。
7ガンバーガス・ラエギガ/氷と炎による複数同時連射攻撃、これも3同様、弾かれたり躱されたとしても再度、壁などに反射して相手を狙う。
8フォス・エギルマ・アムディスグルグ/魔界から巨大な氷、炎の鬼人の腕を四本召喚し攻撃する。威力、術の速さ、攻撃範囲共に絶大だが、使用中はその場から動けない。
9エギルガ・フェィガル/左右から大きな氷、炎の翼を展開させ飛翔する。そのまま体当たりする事も可能。比較的に心の力の消費量が少なく尚且つ持続型。
10シン・チャージル・ドオウエギルガ/シンの術。ディオ・ドオウ・エギルガ改良版。更に魔物の慈愛、憎悪、怒りの感情が強ければ強い程、威力、大きさ、術の速さが増す。
その他:一人称「僕/俺」二人称「貴方/貴様」
魔界に居た頃は辺境の村の生まれで学問に通じ将来は村を出て高名な学者になるのが夢だった、また若くして既婚して幸せな人生を送っていたが、ある日、悪徳大臣の命によって身に覚えのない冤罪を着せられて村は襲われ火の海に包まれ、彼は大事な嫁を失い、最後に見たのは騎士団が村の食糧や財宝を根こそぎ奪っていく光景だった…そして彼は復讐を決意。その時には魔物の王を決める戦いの出場権が決まっており、本来ならば残った村人を率いて反乱を起こすつもりだったがこれは好都合と考え、自身が王となりすべてが慈しまれる世界を作ろうと画策し、そして、目的達成の為ならば多くの無辜の命を踏みにじっても、あらゆる必要な要素を躊躇なく奪い、敵対する者は逡巡なく駆逐するという鋼鉄の意思を持って王を決める戦いに臨んでいる。





49: 一見さん [×]
2021-04-09 23:37:10

名前:ディック
性別:男
年齢:34歳
性格:目立ちたがり屋で他人から認められることに過剰な執着を示す。ゲスで、ハン同様、同士討ちさせたり人質取ったりしたり、隙あらば横から魔物やパートナーに拳銃を撃ってくる。
かなりのチェス好きであり、会話にチェス用語を交える癖がある。
容姿:黒髪に金髪のメッシュが入ったソフトモヒカン。瞳の色は黒、面長の顔立ち。
職業:国際SP
趣味or好物:チェス、馬刺し、ビール
魔物のパートナー:ハン
魔物と初めて出会った場所:オランダ迎賓館・庭
その他:一人称「俺様」二人称「お前/ガキ(年下)」
オランダ出身、オランダの大臣の国際SP部隊の隊員で、出世欲大きい男。
ハンと出会い、関係は当初は利害の一致ハンを王にすれば、多額な金がもらえて、それで豪邸などを買ったり首相に賄賂を渡し一気に出世を狙っていたが、戦いが進むにつれ少なくとも情が移るようになる。知性は良くも悪くもあり、部隊で支給された拳銃や警棒などで巧みに扱ったり、不意打ちしたりや、人質など卑怯な戦法も行う。
シシーリヤ&ティトスペアと戦い、負けそうになった際、ハン共々命乞いして、彼らの陣営に加わる。

名前:ハン
性別:男
年齢:17歳
性格:慎重でありながらも、内面は好戦的な性格で安全面と理解した上で戦ったり、自身の力で敵の仲間の魔物や人間、或るいは無辜なる一般市民も巻き込んで同士討ちさせたりする卑劣漢。
容姿:髪型はモヒカンで色はオレンジ。体格は筋肉質であり、服装は上下共にグレーのインナーのボクサーパンツを履いている。
趣味or好物:デスマッチ(観るのもやるのも)痛めつける事、ハ?ンネンクーケン、フリッツ、
本の色:麹塵
パートナー:ディック
術:傀儡操術
1リリオン/齧歯類系の頭部と百合の花の胴体の生き物…傀儡、通称「リリィ」を操作し相手に攻撃する。威力は小さめでスピードは最速だが、この術の骨頂はリリィが対象に取り付きその対象を意のままに操ることができる。(取り付かれた相手は胸に百合の花が咲く)尚、欠点として自身の生命力が少ないとリリィが命令を聞かず自身に対して攻撃を加える諸刃の術。
2チャージル・リリブルク/リリィが分身する。また感情を溜めれば溜める程、分身する数が増える。1段階10体→2段階30体→3段階50体4段階70体。
3オルダ・リリオン/1の複数操作の術。
4リリジオ/リリィが相手に攻撃または既に意思を乗っ取ている場合、対象から生命力と心の力を吸い上げそれを使用者とパートナーに還元する術。魔物:生命力、人間:心の力
その他一人称「俺」口調は粗野。
魔界に居た頃は魔界学校の生徒で同時に不良で喧嘩三昧に明け暮れたり、弱い魔物相手にカツアゲをしたりしていた。成績は不良と言うからに悪く知能面においては形無しであるが不意打ちや同士討ちなど悪知恵などは働くタイプでまた身体能力と反射神経に優れ、術をサブにムエタイ風な戦法をメインに取る。王を決める戦いに参加した後は、ディックと出会い互いに利害の一致の関係であるがハンの方は王になる目標なんてものは特になく、ただ戦えてればいい、仮に王になったとしたら力を無差別に振りかざしてやろうとか王の権利を使ってやり放題と下種だが適当な考えしかなかった。
シシーリヤ&ティトスペアに敗れ、ディックと共に命乞いして陣営に入った訳だが、本人はシシーリヤの尊大さが気に食わないのこと、

また術で使用する傀儡のリリィは意思を持っており移動したり攻撃するときは「移動しまーす」「攻撃しまーす」と言った具合に喋る。




50: 一見さん [×]
2021-04-10 12:14:18

名前:ナナ
性別:女
年齢:8歳
性格:内気な性格で極度の基本的に他人に対して好意的に振舞うことがない。自己中心的な言動で人倫に欠けた残忍な一面を覗かせることもある。……これは人間社会に置いて、素は素朴で自由奔放な性格、カトリティア同様、彼女も姉妹だと思っており傷つけるものには容赦ない。
容姿:髪型はセミロング色は亜麻色。下がり眉、垂れ目で色はピンク色。肌は色白。身長は同年代に比べて低く、体重も軽い。服装は若草色で襟は白のノースリーブワンピースの上に白地のケープを着用しワンピースと同色のブーツを履いている。
職業:なし
趣味or好物:家族と遊ぶ事、肉(主に猿、大型の齧歯類、偶にアナコンダや小型のワニ)
魔物のパートナー:カトリティア
魔物と初めて出会った場所:アマゾン熱帯雨林
その他:一人称「ナナ」口調は基本簡単な敬語で喋るが、パートナーに攻撃したりすると物騒な言動を言い放つ。また本来名前はなく、ナナと名はティトスがつけたもの。
元はアメリカに住む探検家の両親の元に生まれるが、2歳の頃に事故で生き別れ、アマゾンの熱帯雨林の水辺付近に居た所を♀の子持ちのジャガーに拾われ育てられ、パートナーも同様、当初は母共に警戒していたが時期に馴染み家族となり、平和な生活を送るもある日地元のハンター達によって母が射殺されてしまい嘆き悲しんでいた時にハンター達を消し炭にして助けてくれたのがそこに現れたシシーリヤ&ティトスペア、更にティトスに懐柔を受け彼の元に他のジャガーの兄弟やカトリティアも引き取られ、彼に優しく世話を受け、魔物の王を決める戦いや術の使い方、多少の言語、と教養を教え込まれ、彼の陣営に入る事となる
戦闘ではカトリティアと息ピッタリな連携と野生で培った人以上の嗅覚と六感と獣語で兄弟に指示を頼りに戦う他、また彼女は特異体質なのか一般の人間に比べて心の力の許容量が3倍持っている。
ティトスの命令に従って行動するのだが、基本命令よりティトスの身大事で動くタイプ

またティトスのパートナーシシーリヤから感じた得たい知れなさから距離は取っていると言っても基本ティトス以外の陣営のメンバーにもあまり懐いてないのも事実だが…

名前:カトリティア
性別:♀
年齢:13歳
性格:温厚で心優しい性格。ナナと出会ってからは友愛…と言うより姉妹愛が芽生えて、ナナに手を加えようとする者なら残虐性を持って容赦はしないだろう
容姿:見た目は中型のベンガルトラそのもの…しかし魔物の分類上、馬族であり足の先についているのは蹄である。
趣味or好物:家族と遊ぶ事、肉(主に猿、大型の齧歯類、偶にアナコンダや小型のワニ)
本の色:躑躅色
パートナー:ナナ
術:強化
1フェイルク/自身の身体が一回り大きくなりそれに伴い、防御力と生命力が上昇しスピードも若干増し更に飛行能力も得る
2ディマ・ボイド/地面を揺らす程の大きな咆哮を放つ魔物が定めた任意の相手に対し威圧し、受けた魔物と人間はその場で一時硬直してしまう。範囲はラージア系まである…しかし二度目からは意味をなさなくなる。
3ガオガル/突進攻撃、威力は強め
4フェイ・ガロドルク/1の強化版。大きくはならないが、代わりに額、胴体 前後爪に黒い鎧と機械翼をを装備する。更に防御力、威力、攻撃範囲が上昇し代わりにスピードが減少した。これも飛行可能。
「黒鋼爪」強靭な鋼の爪で攻撃する
「黒鋼の鎌風」突進することによって風を起こしそれによって起こる勢いのある鎌鼬。
「黒鋼の槌」頭部の鎧にエネルギーを集中して行う頭突き攻撃、強力で強化された魔物の最大呪文を突き破り周りの地面が抉れるほどの威力がある。
5ガオ・バシルド/全方向にピンク色の六角形の結界状の盾を貼る。ディオガ級の呪文でも術が通らないまさに鉄壁の盾。
6ガオグル/その場で踏みとどまって力を溜めこむ術。貯めこめば貯めこんだだけ次に出す術の威力と範囲が増す
7ゴウ・ラージア・プロルガ/大きな咆哮と共に強力な衝撃波と地を割く攻撃を放つ超広範囲および威力技、立ち止まって居たとしても吹き飛ばす術。
その他:一人称「ウチ」鳴き声「ガルガルオーン」
魔界に居た頃はその性格上、誰とも争わず平和に過ごしていた。
その為魔界の王を決める戦いに選ばれた、人間界に来た際はウマゴンと同じくなるべく戦いは避け、同時にパートナーと会うのも内心では怖がっていたが、ナナと出会い、当初は警戒されたもののナナがほかでも野生育ちであったことからすぐに打ち解け馴染み、また一緒に過ごす内に年齢的に自身が上でこの子は自身が守っていかなければと一種の姉妹愛が深まった事で彼女を脅かそうとする者をから守り通そう意思が強まる中で、現れたハンター達によってこれまで育ててくれた母替わりのジャガーが射殺され、悲しむナナを横に彼女はハンターに反抗するも咄嗟に放たれた銃撃で右脚を撃たれてしまう、そんな刹那の瞬間、炎弾が飛んできてハンター達は業火に包まれ、此方にやって来た男(魔物)の目を見た時、彼が心に悪性を秘めていると知り危機感を感じ取る。
その後、ティトスに懐柔を受けたナナと他の兄弟共々、拾われ、陣営に加わるが、両方とも得たいに知れなさと禍々しさから彼女だけは気を許してない様子。

カトリティアの能力だが、毛皮が異様に硬く、物理術に強い特性を持つが、弱点として水属性に弱く濡れると毛皮が柔らかくなってしまうため、その時こそ物理術は利く。
更に彼女の術はどれも威力、範囲、優れているが術に使用する心の力も馬鹿ではないほど食うのだが、それを補うようにしてナナの底抜けな心の力でカバーされている。






51: 一見さん [×]
2021-04-10 19:52:15

名前:クロード・ベルフォルマ
性別:男
年齢:47歳
性格:饒舌で理屈っぽくそして何処となく胡散臭さを感じる性格。また慇懃無礼、当事者意識が薄く、物語の外からものを見る人物。他人を値踏みし、つまらなさそうな人間は冷淡にあしらうが、面白そうな人間にはつきまとって不躾な質問を繰り返す。
容姿:髪型は黒の長髪、左右で髪の色が違い、左に金髪、右に黒髪を伸ばしている。瞳の色は薄い空色、眼鏡をかけ口髭を生やている服装は鼠色を基調に黄と紺の模様を入れたコートに鼠色のシルクハット、両手に白い手袋を付けている。
職業:小説家
趣味or好物:人間観察、マフィン、コーヒー、
魔物のパートナー:ノヴァ
魔物と初めて出会った場所:街中
その他:一人称「吾輩」
イギリスで有名なホラー小説の原作者。基本、筆が乗らないと書かない事を主義としており締め切りは大嫌い、それ以外の時はネタ探しに街中で双眼鏡とブラックコーヒー両手に趣味の人間観察をし、時折茶化しに行ったり悪戯を仕掛けたりするトラブルメーカー。魔物のノヴァと出会い、彼の事は興味はあるが彼自身無口な為あしらうしかしてないが信頼している模様、と言うか彼の術を使って好き勝手やっている。基本魔物の王を決める戦いは逃げるスタンス(彼自身)そして観客として戦闘を見物したり、心境をいちいち聞いたりして味方を苛立たせる。つまり、本人は全く戦わない。
シシーリヤ&ティトスペアに対面した際、いつもの通り、相手パートナーを茶化して怒らせてしまいガチで殺されそうになった。最もティトスに止められ、彼は兎も角相方の方は仲間になってくれた方が益となると理由に見逃され、彼の陣営に入る。(勿論面白くしてやろうと魂胆で、)
ティトス達の命令で動くかと思えば、そうでもなく勝手に動き戦況を混乱に陥れるトンデモナイ人。

名前:ノヴァ
性別:男
年齢:16歳
性格:冷静沈着な性格。礼儀正しく信義が高い、また非常に無口。偶に二言一言言う位、また恥ずかしがり屋で、恥ずかしくなるとフードを目元まで隠す。
容姿:紺髪のショートカット、瞳の色はライトグリーンで黒目の部分がない。黒ネックウォーマーで鼻元まで隠し、服装は忍者服っぽい服の上に黒のフードコートを着用している。
趣味or好物:花鑑賞ウィンダインゼリー
本の色:苅安色
パートナー:クロード・ベルフォルマ
術:空間
1ディメンスウル/空間を飛び抜け、魔物の間合いに瞬間移動して詰める術。
2フェィ・ディメンス/空中の真上に見えない足場を作りだし浮遊する、イメージとしては透明な階段を昇っていく感覚。
3ディメンオン・イド/相手や自分の空間を操り、足場を変える術。例・相手が離れたりする場合逆に近場に、接近してくる場合は遠くにと言った感じ、使用範囲は視界で見えてる場所なら何処でも可能
パートナーはこの術を利用し遠見の見物や悪用したりしている。
4クロズ・ディメンオン/空間を操り視界内にある物質を削り取り空間内に保有する術。
5バスト・ディメンオン/空間を操り視界内にある特定の場所に4で保有した物質を出す。例えば目の前の岩の一部を削り取って保有したものを相手の頭上に出す(落とす)感じ。
6ディメンオン・ナグル/空間を突き抜けて相手の正面に拳を繰り出す術
7セン・バーガス・ディメンオン/背後に無数の空間が開き、異空間から武器を同時射出する術。
8ディメンオン・ロック/視界内対象の魔物の背後に空間が開き空間の中に引きずり込み、パートナーの持つ本も吸い込まれ石板にして封印する術。またこの術を再度唱える事で封印した対象を解放する。禁呪の呪文、しかしこの術は王を決める戦いでは使用不可。
その他:一人称「俺」口癖「問題ない」
魔界では城に仕える諜報員の一人で、魔界の王を決める戦いに選ばれると、別に興味はないが、選ばれたからには責務を果たすまでと王になる目的は譲らない模様、譲るとすれば今より魔界の未来を考えてくれる者に託したいと、パートナーのクロードとは内心では真面目にやってもらいたいものだと考えているがこれもマスターの決めた事ならば俺はそれに従うのみと理性で動いている。
ティトスの陣営に入ってからは自身に関しては二人の内面に良からぬものを感じ不本意に感じているものの他ならぬマスターの意思の為付き従っているにすぎない。





52: 一見さん [×]
2021-04-12 21:24:54

名前:ジョナサン
性別:男
年齢:27歳
性格:大雑把で荒々しく短絡的な性格。一方で仲間や部下のことを大切にしたりするなど情に厚いところや懐のでかさもある。またその情の厚さと短絡な性格故に一度怒り出すと頭に火が付いた状態で暴走しだす傾向がある。
容姿:銀色に近いブロンド色の逆立てた髪型。色は青。小麦色の肌に筋肉質な体形をしており、服装は上半身は腹にサラシを巻いただけの裸の上に青紫のコートを羽織り、下は紅色のズボンを履いている、またズボンには酪酸を、手には銛を所持している。
職業:シーシェパード船長
趣味or好物:大根(丸かじり)
魔物のパートナー:ムクロ
魔物と初めて出会った場所:インディアンの捕鯨船
その他:一人称「俺」二人称「あんた、おめぇ」パートナーへの呼称「ムクの字」
現代の海賊…もとい海の環境保護団体。「シーシェパード」の団員であり船長。同胞や部下から大変慕われており「アニキ」と呼ばれている。
主な仕事の海域はインド洋で、インディアンの捕鯨船に体当たりを仕掛けたり、酪酸を投げ入れたりしている。また船長になる前は、オランダの一般人の子供である時、豪華客船で観光している最中に海難事故に巻き込まれ海を漂流している際に自分が乗ってる船の元船長に拾われ、シーシェパードの団員として育てられ、そして船長となり、パートナーとの出会いもまた海で、インディアンの捕鯨船を襲撃中に密航していた彼女を巻き込んで拾い上げたのがきっかけ、当初はか弱い女子を船に置いておけないと何処かの土地で保護して貰おうと考えていたが、彼女の強情っぷりに負けて団員にしてからは、彼女の胆力、根性を見て気に入って今では大事な仲間として扱っている。

またシシーリヤ&ティトスペアとは、別の魔物とパートナーに襲撃された際に助けてくれた恩人であり、恩を受けた義として彼らの陣営の傘下に下るも、次第にシシーリヤ&ティトス、ディック&ハンペアに対して内面、やり方が気に食わない模様。最もシシーリヤ&ティトスは義を返す為に仲間に入った訳なので「裏切り」は自身のポリシーに反する為、忠義を誓っている。

名前:ムクロ
性別:女
年齢:11歳
性格:お淑やかで大和撫子な性格だが、気合が入った時や戦いの時には口調が広島弁風のヤクザ調となり性格も好戦的、気性が激しくなる。--これは術の効果で狂化してるのではなく気持ちが昂りハイになっているだけ
容姿:赤紫色で腰までの長髪を髑髏の髪飾りで後ろで結んでいる。瞳の色は青。服装は無地と無地に近い紫色基調の和装で、骨の模様がある。
趣味or好物:舞踏、宴会、人参、ブロッコリー、カツオ→×
本の色:桜色
パートナー:ジョナサン
術:骨
1スカルド/両手の掌から骨の双刀出す。また双刀は連結することで輪刀にすることもでき、接近戦の「双刀モード」防御と投擲の「輪刀モード」に使い分けて戦う、持続型。
2スカシルド目の前に骨の籠の盾を貼り防御する。双刀、輪刀で防げない大型の術はこれで防ぐ。
3ガン・スカルセン/指の先から指の骨の弾丸を連射する。ギガノ級クラスの威力だが通常のガンズ系の術と比べ命中力が大きく低い。また通常両手で繰り出す術だが輪刀を持っている際は片手で行うことになる
4スカ―ロンド/背骨の骨を出し鞭のように振るって戦う術。
5バーガス・スカーロン/正面の相手に向けて肋骨を一斉伸ばし攻撃する術
6ガンジャス・ボーキロロ/地中から繰り出される大鎌状の骨の連射攻撃。
7ガンドル・スカル・ファルセン/四つの肩骨を出し、それをファンネルのように操りドリル状の指骨を連射する術。これは威力はディオガ級相当、命中力は大きく低い。
8ヴォオウ・スカルガ/両手または双刀から牛を模した骨を出し攻撃する術。ムクロの最大呪文
9オルダ・スカルド/空から降り注ぐ複数の堅牢な骨の檻で相手を拘束する術
その他:一人称「私(わたくし)/ワイ」
魔界では戦闘民族の内の一族の生まれで、その一族は代々、肉体から剣にも負けない強靭な骨を武器として戦う術を秘めている一族。また幼い頃から趣味で舞踏を習ってきた。
大臣からのある村を滅ぼせと命に従い一族総出でその村を滅ぼした事がある。その村こそティトスが出身の村だった。
魔界の王を決める戦いに選ばれた後は、人間界のエジプトに飛ばされ、そこから持ち主探して右往左往、インディアンの捕鯨船に忍び込み密航していた際に、船が襲撃され、その襲撃した相手がパートナーと確信し、ついていこうと説得するも聞き入れて貰えず、辛抱強く願った事でようやく連れて行った貰える事なり、そこからは持前の胆力と根性を見せ、ジョナサンに気に入られ、そしていつの間にかシーシェパードのサブリーダ的位置に収まる。部下からは「アネゴ」と呼ばれ慕われている。そして一緒に行動する共に恋心を抱いている。ちなみに団員になってから団員の決まりや信仰上の問題で好物はカツオだったが食えなくなりベジタリアンになってしまった。

シシーリヤ&ティトスペアに他の魔物達のペアから救われて以降はジョナサン同様、義理に準じて従うも内面とやり方に嫌悪してるものの、同時に後から知った話、滅ぼした村は無実で大臣の独裁であり、しかもティトスは自身の一族が滅ぼした村の出身者だと知り、彼がこうなったのも我が一族の業その罪の償いとして従う事を誓っている。また同陣営のナナとは妹の様に可愛がっており、ナナ自身も友人として慕っている。




53: 一見さん [×]
2021-04-13 02:50:13

名前:アルシェ
性別:女
年齢:17歳
性格:ネガティブ思考で自己中心的なテロ主義者。だが根は感情表現豊かで明るく真面目な自国の為に命を捧げる覚悟を持つ程の愛国心溢れる人物
容姿:茶色のボブカットで右側に三つ編みで一房作っている。瞳の色は茶色。服装は緑のベレー帽に服装はベージュ・白・茶色基調のストリートな服装+青いロングスカートと黒のストッキングを合わせた格好。
職業:キルキス王国・王女
趣味or好物:ピアノ、レモンパイ、ロシアンティー
魔物のパートナー:プライド
魔物と初めて出会った場所:キルキス王国領内
その他:一人称「私/私(わたくし)」「貴方/汝」
シシーリヤ&ティトスペアの陣営に組する傘下の一人で、王を決める戦いでパートナーを王にしたら多額の金を貰って、その金で世界の国々に経済ダメージを与え混乱に陥れようとするテロリスト。

その正体は、ロシア周辺の島国の小国・キルキス王国の王女。本名はアルシェ・クーリッシュ=アルスターその人。元々は善良な国の為に命を捧ぐお姫様で国も弱国だった。それを早期に導入したビジネスで国を潤わせ発展させたものの、それを真似た大国の数々も導入しはじめ、やがてキルキス王国を邪険に扱われるようになり再び衰退してしまう事から、その怨みから豹変して他国なんてメチャクチャにしてやろうと企んだのだ。
パートナーとの出会いは弱国時代からの付き合いで、ただその頃は魔物の戦いには運が良かったのか一切参加せず、ただの家族を超えた友人として過ごしていた。そして再び国衰退後、絶望していた頃
キルキス王国に訪れたシシーリヤ&ティトスペアと出会い、彼から魔物の戦いの事を聞かされたりその上で懐柔を受け、彼女は彼等には悪いが利用してもう一度国を潤わせる為に傘下に下った。
戦いでは持前の記憶力を用い戦う。

名前:プライド
性別:男
年齢:16歳
性格:真面目で高潔な忠犬のような性格で子供っぽい所があり忠を尽くしているパートナーから離れたがらない。離れようとするといじける。また天然で無口…と言うか喋れない。
容姿:紺色と紫基調カラーのプレートメイルの兜と銅鐸が掛け合われた短い手足が生えた魔物。
趣味or好物:アルシェと何かをする事、役立つ事、ボーキサイト
本の色:蒲公英色
パートナー:アルシェ
術:鋼
1ガロルド/左手に鋼属性の巨槌を顕現させる術。
2ガロシル/右手に三角のビショップが彫られた盾を顕現させる術。
ジャス・プロルガ/巨槌を振り下ろし発生する一筋のソニックブーム(衝撃波)を出し攻撃する威力は威力は低めだが速度は早い方、
3ラバルク/その場で停止して一瞬だけ透明な膜を全身に貼り、攻撃を受け跳ね返す術、術使用時は防御力が無敵のスーパーアーマー状態になる。ただし使用するのに心の力を大きく消耗する。
4アイアン・ガロオルガル/その場で螺旋回転して相手に体当たりを仕掛ける術。術の速度は鈍足、威力は高めだが、相手より遅ければ遅い程威力が増す術
5アーガス・ガロマシルド/自身及び仲間を囲う大きな鋼のドーム状の盾を展開する。
6ガロバオ/目の前に鋼の玉を出現させそれを巨槌で打つ相手か物質に接触すると鋼の破片と共に爆発する術。
7アイアン・マ・ガロルド/1の巨槌を更に巨大化+重さを増加し叩きつける術。威力範囲共にディオガ級。ただし術の速度は鈍足
アイアン・ガロファル/背後に三つの鋼球が出現。それをファンネルのように自在に動き相手にぶつける。これも威力高めだが速度は鈍足。
その他:一人称「オデ(※心の声)」
魔界では騎士の出で、その実力から八魔将の「零氷」カイの従属兵として付き従っていた。
そして魔界の王を決める戦いに選ばれたら彼はこう自身に誓いを立てる「自身のパートナーがどんな人物であろうと忠義を尽くし通す」ことを心に誓い、最初に飛ばされた場所は海底で、そこから当てなく進んでいく内にキルキス王国にたどり着き、アルシェと出会い、以後はシシーリヤ&ティトスペアが現れるまで世話役として傍で御遣いした。
そしてアルシェが動く決心をしたことで彼もシシーリヤ&ティトスペアの陣営で活動することに





54: 一見さん [×]
2021-04-14 00:41:47

名前:沢渡幸三(さわたり こうぞう)
性別:男
年齢:89歳
性格:気弱で小心者であるが優しい何処にでもいるおじいちゃんな性格
容姿:髪型が白髪のおかっぱであるが頭頂部と前髪は毛が無く、禿になっている。瞳は黄色だが歳のせいか糸目になっている。見る人を惹きつける満面と達観した笑顔。身長は小柄で背が曲がっていてヨボヨボ。服装は昭和のお年寄りそのものと言った容姿も何処にでもいるおじいちゃん。
職業:無職
趣味or好物:鑑定?、奢ってもらった食事?
魔物のパートナー:フォーヴ
魔物と初めて出会った場所:街中
その他:一人称「儂」
実はこの何処にでもいるおじいちゃんはではなく、その正体は、救い難い外道である。
性格は確かに気弱で小心者であるのだが仕返しはしっかりする方で、自分がやったとばれない様に手回しをしてから行うという徹底ぶりと陰湿さであり、加えて極めて傲岸不遜、自己中心的。多くの弱い人に酷い事をしておきながらも、その事を突きつけられた際には、『力のない弱い者(自分)をイジメる悪者』と考える被害者意識の塊。何処までも自分本位で他人の事を考えない、醜悪さを持つ。
一方で、自身は決して危険を冒そうとはせず、魔物の王を決める戦いも含めて都合の悪い事は全て他人やパートナーに丸投げして自分はひたすら逃げ続けるという、その本質は徹底して矮小にして卑劣漢。

そうなったのもある時に、強面の相手とぶつかった折に、盲人の振りをしてやり過ごした事があり、それに味を占めた事から、善意で世話をしてくれる人々につけこんで盗みや詐欺、レ〇プなど悪事(殺人も余程バレない限りしたことがある)を繰り返すという、とても人間とは思えないような非道な生き方をするようになった。健常者でありながら末端とはいえ、障害者が社会からサポートとして受けられる恩恵を一方的に得ようとし、しかも犯罪行為に至っては最後まで一貫して否認した挙句、決定的な証拠を突き付けられると決まって泣いたり逆切れとあらゆる手で酷く言い逃れようとする。徹底的なゲスである。どのような事に対しても、「自分は悪くない、自分は被害者だ」と都合よく転換する思考回路の持ち主であり、この世で自分より可哀想な者はいないと思い込んでいる。

さらに沢渡幸三と名前は偽名で戸籍も本来は韓国人で過去に自分の名前や年齢、生い立ちをその場その場で変え続けた為に、本来の本名等を忘れていた程で、何度か妻と子供を作った時もあったが、虚言癖や不誠実さを責められた結果、自分が家族から虐げられたと逆ギレして妻子を惨殺しているなど、救いようのない人間のクズである。

そんな彼もついに罪が白日の元に晒され、空き巣をしてた証拠をしっかり掴まれどうにでもできない状況下で悪魔は…彼を救ったのだろう、四人の子供達内の一人に「助けてあげようか?」と言葉に縋り、相手を殺害、その後はバレないように徹底的証拠を隠蔽して、名を沢渡幸三に変え京都に引っ越し助けた御礼として四人を魔界の王にすると誓い、共に行動している。最もこの爺がそんな事考えてる訳ではないが……

名前:フォーヴ
性別:?
年齢:6歳
性格:魔本名にはフォーヴと記載されているが四人共揃って覚えがないと否定しており、それぞれ喜角(キカク) 爪怒(ソウド)哀針(アイシ)楽羽(ラクウ)と名乗っている。性格も皆疎らだが、ただ共通して四人共その精神構造や思考は醜悪なまでの傲慢さと独善に染まりきっている。

喜角・温和な性格で丁寧な物腰の聖人君主、掴みどころがない性格。またその行動原理は全て独善によるもの

爪怒・他の三人に比べて口数少ない方で常に何か怒っており、キレ口調な感情の起伏が激しい性格。また発言も物騒で悪辣なものが多く終始上から目線で見下している、

哀針・常に泣いている泣き虫にて奥手な性格。しかし泣き言とは裏腹にその発言は自身が悪くないというものや自身が正しいと思われる発言ばかり

楽羽・世の中の全てを遊びと考え、全力で楽しむ。無邪気で楽観的な性格の快楽主義者。その実態は
きとし生ける生命の足掻きを嘲笑い、自分勝手な理屈で他の生命や人の感情を遊び感覚で弄びながら、自分が悪いとは微塵も考えない傲慢極まりない性格
容姿:此方も四人共下記参照

喜角・金髪のウェーブロングに二つの金の上方に伸びた曲角が生え、青い瞳で常に笑顔を絶やさない少年で服装は黄色と赤のライダースーツの上に白のマントを羽織ってる。

爪怒・逆立てた黒髪に赤メッシュが入った黒の切れ目の少年。服装は喜角と同じくライダースーツで色は黒と赤。黒のマントを羽織っている三人に比べて体格が大きく、筋肉質だが正反対に手は女性のものと同様に細く華奢で爪もまた黒く細長く鋭利なものとなっている。少年

哀針・黄緑色のボブカットで前髪の内、右が長く右目を隠している。瞳の色は赤。服装はメインの青と緑と金を基調にしたローブの上に紺色の細長く繊細な毛皮のフードケープを羽織りフードは常に被っている。男の子っぽい少女

楽羽・桃色髪のツインテール。瞳の色は緑で喜角同じく笑顔を絶やさない、服装は白と黄、緑、赤基調の服装(下はミニスカート)派手なピンク色のマントを羽織っていて、背中からは大きな天使と思わせる白い翼が生えている。少女
趣味or好物:同上。
喜角・善行、ブリ、紅茶
爪怒・闘争、鮭、辛い物全般
哀針・引篭る事、カレイ、お水
楽羽・楽しい事、キス、甘い物全般
本の色:黒
パートナー:沢渡幸三
術:角・爪・針・翼
1フェイルク/フォーヴまたは楽羽が手持ちの翼で飛行する。ちなみにこの術は喜角、哀針も効果あり二人は浮遊する。
2クロウル/フォーヴまたは爪怒が高速で接近して鋭利な爪で引き裂く術。速度と威力は高いが狙いは粗い。
3ニドシル/フォーヴまたは哀針が身に着けている。羽衣orフードケープを堅牢な針に変え逆立てて身を守る。同時に攻撃にも汎用出来る術。
4バーガス・ゼモル・ゾニス/フォーヴまたは喜角の角から放たれる多岐に枝分かれした矢尻の光線による同時攻撃。威力、範囲、速さも三拍子揃って良いが、撃つ為に一定のタイムラグが必要。
5ガンレイズ・グライニドル/フォーヴの場合は羽衣と翼、哀針と楽羽はケープと翼で、光の羽弾丸と針を連射する術。多段性、範囲、速さの三拍子揃っているが威力と命中が低い
6ゴウ・ゼモルクロウルガ/1の術の貫通強化。フォーヴまたは爪怒が爪で斬りつけた後、フォーヴはそのまま、続けて喜角が角で突きを繰り出すコンボの術。
バラージア・ガンレイ・センルガ/フォーヴ並びに四人がそれぞれ角、爪、からは貫通力のある範囲の広い光線を、羽衣(ケープ)翼から貫通付きの連射光弾を放つ。全方位にも向けての術で
威力、速さ、範囲、多段性の優れた術。それ故他の術に比べ心の力の消耗力が大きい。
8チャーグル・マー・ゼン・スプリドン/フォーヴは片手、四人もそれぞれ片手を上空にあげ大気中のエネルギーを一か所に集め巨大な玉を生成しそれを地表に落す。着弾してしまえば辺り一斉を灰塵に帰す消滅の禁呪の呪文。この術の使用時はその場から動けず同時に長時間のタイムラグが発生する。
9ヒーリン・ゼン・パフルク/フォーヴ、並びに四人に一定時間、超再生力を得る術。
10シン・デモン・ブルク/シンの術。フォーヴが使用すれば喜角、爪怒、哀針、楽羽の四人に、
喜角、爪怒、哀針、楽羽の四人は集合し本来の姿に分裂、回帰する術。
その他:一人称 喜角「私」爪怒「俺」哀針「僕」楽羽「らー」
魔界に居た頃……そんなもの彼彼女等の記憶にはない何故なら、四人共四人で個別ではなく「一人」のフォーヴと名前の魔物の集合体で、当然魔界に居た頃はフォーヴとして活動していた。
性格は無垢でありながらも悪意を集めた権化のようなもので狂気に満ちており残忍、残虐性を持つ最凶最悪の魔物。それ故に、城の最下層の地下で幽閉されてきたのだが、魔本に選ばれてしまい、そしてあろうにも人間界でも最悪な人間のパートナーと巡り合わせてしまう。そして彼が何故四人に分離してるかというと、王たちの決断で手一杯の足掻きで四人に分離させた上で皆フォーヴであった記憶を抹消した訳なのだが根底の悪意までは消せなかったようだ。

フォーヴ(集合体)の容姿だが四人の特徴を掛け合わせた四つの腕(計16本)と額にもう一つの目を持つ魔物で、髪型は鬼のような亜麻色のザンバラ髪、瞳の色は白目の所が黄色で黒目が青、血走っている三白眼でギザ歯。服装は左右黒白に分かれたラバースーツで、麻の腰巻を着用している。また四人の特徴として二つの曲角、華奢な手と鋭利な爪、銀色の繊細な毛皮の羽衣、漆黒の天使の翼を取り入れており、男性とも女性とも取れる体格を併せ持っている。





最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]個人用・練習用
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle