TOP > 版権(元ネタあり)なりきりチャット

ポケモン達との日常(バトル/日常/擬人化、オリポケ禁止)/192


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
173: ミズキ [×]
2019-09-25 19:36:56


(/しばらく参加できず申し訳ありませんでした…。
私のキャラクターはリセットされてますでしょうか…

174: (/ [×]
2019-09-25 19:43:00


>ミズキの背後様
(/お帰りなさい。お待ちしておりました。本来ならばリセットされておりますが、何か理由があるのようなので大丈夫ですよ。
ただ、これからは一言報告して頂けると有難いです。リアル最優先でまったりと楽しみましょう!


175: シエル [×]
2019-09-25 20:55:33


>ノエル

え?は、はい適当に観光していたんですけど…って貴方もしかして…(突然声をかけられれば少しだけビクリと肩を動かし相手を見ると何かでみた顔だなと首を傾げ、パートナーは相手が抱えるサンダースをじっと見つめて)


(/良いのですか?丁度ゾロアを仲間にするイベントを考えていたのですが大丈夫でしょうか?)

176: ノエル [×]
2019-09-25 21:25:25


>シエル
聞いたところ、君はクロノア地方は初めてなんだろ?だったら俺が案内するぞ。…お?もしかして俺の事知ってるのか?(軽い口調で案内を申し出ると共に自分の顔に見覚えのあるような口ぶりの相手へ若干笑み浮かべつつ尋ね、サンダースは此方を見るケロマツへ無害だと言わんばかりの笑顔を見せていて)

(/おお、ゾロアは良いですね。勿論大丈夫ですよ。それでは、どのような形で出会いましょうか?


177: シエル [×]
2019-09-25 21:36:00


>ノエル


あぁ、つい最近こっちに来たばかりで地理に関してはダメダメでして宜しければ是非…ってそうだ!クロノア地方のパンフレットに載ってた確かチャンピオンのノエルさん!?(尋ねてきた相手が自分が持ってるパンフレットに載っている人物であることに気づけばなんでここにチャンピオンが…と首を更に傾げ、その間ケロマツはサンダースの笑顔をみて無害であると理解し軽く挨拶をし)


(/シエルの帽子を小さな女の子が持ち去ってしまい街中を捜索、街の外れの廃墟で女の子を見つけたらそれはゾロアが化けた姿だったという感じで宜しいでしょうか?)

178: ノエル [×]
2019-09-26 12:35:14


>シエル
あれ?パンフレットに載ってたっけなぁ…?とりあえず案内は任せろ。じゃあ、念の為挨拶するぞ。俺はクロノア地方のチャンピオン、ノエル。そして、こっちが相棒のサンダースだ。宜しく頼む。(どうやらパンフレットに自分の顔が載っている事すら完全に忘れていたようで不思議そうに首を傾げ、とりあえずはと再び案内を申し出てから自己紹介をすると自分の名を呼ばれたサンダースが抱き抱えられたまま一声鳴いて挨拶し)

(/成程…了解しました!では、その間ゾロアはモブとしてそちらに操作をお願いしたいのですが良いでしょうか?
もし良ければタイミングはいつでも大丈夫なのでお好きなところでイベントを起こしてください!


179: ミズキ [×]
2019-09-26 21:05:50

>主様

(/ありがとうございます!改めて絡ませてもらう前に前回の絡み分の続きなんですが、お恥ずかしい事にヴィクティニの映画をまだ拝見してなので別の映画でもよろしいですか?
個人的には古い作品になりますがセレビィはどうでしょう??

180: シエル [×]
2019-09-26 21:16:42


>ノエル

は、はい!俺はホウエン地方出身のシエルです!相棒のケロマツと一緒に初めての旅としてクロノア地方に来ました!(あまりの大物登場に緊張しながらも自己紹介を返すと肩に捕まっていた相棒のケロマツを抱き抱えて挨拶させ。ケロマツは「ケロッ」と短く鳴けばシエルの腕の中から再び肩に飛びつき)


(/わかりました!次の此方のレスから登場させますね!)

181:  [×]
2019-09-26 21:43:13


>ミズキの背後様
(/勿論大丈夫です。ですが、此方の記憶力が壊滅しておりますのでそちらにリードして頂く形になってしまうのですが宜しいでしょうか?


>シエルの背後様
(/背後のみで失礼します。大変申し訳無いのですがリアルが忙しい為、返信が明日になります。どうかご了承下さい…!


182: ミズキ [×]
2019-09-28 19:47:25

>ノエル

ったく、わかればいいんだよ。それより暇ならジョウド地方に行かないか?しばらくチャレンジャーは来ないだろうし。

(相手の返事を書くとフンッとした態度で、ゆっくり気持ちを落ち着かせると、相手にジョウド地方は向かわないかと尋ねて

『実はこのハテノの森って場所でスイクンの目撃情報が出たんだよ!!あのねジャウドに伝わる伝説の三獣の一体!
全てのポケモンの中でも類を見ない美しさ…見に行くしかないだろ!』

(旅の目的が水タイプをこよなく愛する自身が一度は目にしたい幻のポケモンであり、熱弁しながら相手を誘い


(/ありがとうございます!あまり忠実過ぎず大まかな内容であとはオリジナルでいこうと思ってます!



>ALL


>ALL


よぉし、今日も美しいね。ミロカロス。

(リーグを離れて栄えた町にやって来ると噴水の近くでいつもの日課でポケモン達の手入れをし、コンテストでも大活躍のミロカロスの手入れを終えると撫でながら上記を述べて、ミロカロスも嬉しそうに頬擦り

『今日はチャレンジャーも来ないしコンテスト用のアクセサリーでも見に行こうか』

(そう述べて街を歩き始めて

(/改めて、みずタイプのジムリーダーで参加させてもらってるものです!よろしくお願いします!

183: ミズキ [×]
2019-09-28 21:50:58

(/失礼しました!ジムリーダーではなく四天王です!

184: シエル [×]
2019-09-28 23:02:20


>主様

(/わかりましたぁ、主様の落ち着いたところで続きからよろしくお願いしますぅ)

>ミズキ

ん?どうしたケロマツ、あの人が気になるの?(自身の肩に捕まってるケロマツがショップを目指すミズキをじっと見つめているためなんだろと思い)

って、ちょっと、ケロマツ!?(ふとケロマツが肩からジャンプしミズキの方へかけていくので追っていき)

185: ミズキ [×]
2019-09-29 09:56:23

>シエル

ん?…おぉ、どこから来たんだおチビちゃん?なかなかいい目をしてるねぇ。さぁミロカロス戻りな。あ、そうだ出て来いゲッコウガ。

(こちらに向かってきたケロマツを持ち上げると笑みを浮かべて、長年水ポケモンを見てきた為やって来たケロマツの目を見ると並みのケロマツとは違う何かを持っている事がわかり、上記を述べる。するとミロカロスをボールに戻して、ゲッコウガを呼び出して

【コゥガッ】
『ご覧ゲッコウガ、お前の後輩だ。さて…君は迷子か何かなのかな?』

(ゲッコウガにケロマツを見せると、ケロマツの頭を軽く撫でるゲッコウガ。それにしてもどこから来たケロマツなのかと疑問に思い

186: シエル [×]
2019-09-29 13:33:19


>ミズキ

待ってよケロマツ!すみませーん、そのケロマツうちの子なんです!…ってあの人確か四天王の、それにあのゲッコウガは間違いない!(はぁはぁと肩で息をしながらなんとかミズキやゲッコウガの前に来ると息を整えながら相手の顔を見てこの地でかなりの実力者の人が何故ここにと言った顔をして。)

(ケロマツはゲッコウガに大人しく撫でられていたがシエルが来るとミズキの手を離れピョコンとシエルの肩に掴まり)

187: ミズキ [×]
2019-09-29 18:17:38

>シエル

ん?、あぁ君がその子のトレーナーか。

(ケロマツが自身の手元から離れその先にいた少年が、ケロマツのトレーナーだと分かると笑みを浮かべて上記を述べると

『ミズキだ。察しの通りこの地方の四天王だよ。なかなかいいケロマツだね。初めて会った時のこいつにそっくりだ。』

(自身の身の上を述べると相手のケロマツを見たとき自身がゲッコウガに始めてあった時の事を思い出し、何か特別な物を感じ上記を述べて

188: シエル [×]
2019-09-29 20:05:32


>ミズキ


は、はい!初めまして、ホウエンから来ましたシエルっていいます!…ケロマツはカロスからきた観光客の人からタマゴから孵ったばかりの時に譲ってもらった1番目の俺のポケモンなんです!(自己紹介をし自らのパートナーが褒められて嬉しいのか出会った時のことを話し)

そっかケロマツはミズキさんのゲッコウガに挨拶したくて飛び出して言ったのか…(そういうとケロマツは肯定するようにケロッと鳴いて)

189: ノエル [×]
2019-09-30 07:52:03


>シエル
別に緊張する必要は無いぞ?完全にプライベートだしな。今の俺はただのポケモントレーナー、ノエルだ。(終始緊張した面持ちの相手に苦笑気味にまあまあと片手をひらつかせ、敢えていつもとは異なる肩書きで名乗ってみせて実感を軽減しようと試み)


>ミズキ
チャレンジャー云々は余計だが…スイクンか…。俺も見てみたい。分かった、行こうか。(一言余計だと相手の肩を苦笑たっぷりの表情ではたき個人的にはライコウが見たいと思うもののスイクンも見逃せないと頷き、ジョウト地方は行った事が無い故どのような場所か想像しつつ密かに胸を踊らせ)


190: シエル [×]
2019-09-30 14:30:24


>ノエル

はい…チャンピオンの人って結構ノリが軽い人が多いのかな、ホウエンもそうだったし…(目の前のチャンピオンが普通のお兄さんに見えて肩の力も抜けたのか緊張も解けた様子で)

……!(肩の力も抜け油断していたのか背後から忍び寄ってきた小さな女の子がシエルの帽子を奪って逃走)

えっ?ちょ、ちょっと、待って!?(帽子を奪われ咄嗟に振り返り女の子を追いかけようとするが足がもつれその場に転んでしまい、ケロマツはバランスを崩す瞬間にクッションになるようケロムースを吐き出し自身とシエルが怪我をしないようにし)

191:  [×]
2020-06-30 15:22:47

(\突然の失踪、本当に申し訳御座いません。もし、許されるならこのまま続けたいのですがまだいらっしゃいますでしょうか…?

192:  [×]
2020-07-03 08:05:59



最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]版権(元ネタあり)なりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle