TOP > 1対1のなりきりチャット

言葉だけそれっぽくしとけば中身は後から付いてくるはず/NL/f系/創作/244


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
225: ゼシス [×]
2020-08-30 23:30:19


【ゼシス】「ああ…何かがまだこの国には潜んでいるような気がする。アレだけのことがあって、まだ足りないっていうのか……」
(俯きがちになりながら、ギュッと強く拳を握って)
【ゼシス】「……でも今はまだ起つべき時じゃない。一体何が敵なのかも分かっていない状況だ、もう少し情勢が動いてから見極めよう。だからそれまでは、この事は一旦忘れてた方が良い。そうじゃないと折角の旅行も楽しめないしさ」
(こんなことがあった後だが、いやだからこそ、気持ちを鎮めるように言って)

226: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-08-31 12:11:53

【ニア】「……ああ、承知した。その時には、私は共にある。今と変わりなく、な。」
(と、こちらも険しくなっていた表情を緩めていたかと思えば、いつものようにさながら大型犬めいて抱き付き顔をゼシスの頭に載せて。一方、船長は海図と空……そして、見えてきた陸地を入れ代わり立ち代わり睨み、得心したように頷き。)
【船長】「さっきの戦いで海が荒れたからか?目的地が見えてきた。予定より随分早く着くな。」
【スズハ】「さっきの精霊とやらのお陰かもしれないでござる。それにしても懐かしや我が故郷!……と、言っても一月も経ってないのでござるがな。うふふ。」

227: ゼシス [×]
2020-09-14 04:44:14


【ゼシス】「うわっぷ…ホントにおっきいな、ニアは…」
(一日一回はこうされてるような気がしていい加減慣れてきたのか、少し顔を動かして呼吸出来るスペースを作り。改めて自分の頭に顔を載せれる大きな身長(と胸)に感心して)
「ああ、あそこが東の国、ヤマト…船長、ここまで連れてきてくれてありがとうございます。……レヴァリエに戻るときはまた、気をつけて」
(水平線の終わりを見てはおお…と少し感動した様子で。そして今異変が起きているレヴァリエにまた戻るであろう船長に対して感謝と共にその身を案じて)

228: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-14 10:11:46

【ニア】「むふん。育ち盛りだからな。この身体はあらゆる意味で誇りとしている。」
(とうに過ぎてはいるだろうが、正面から抱きついた形を横並びに肩を組むように変えつつ豊かな胸を張り、その下の胸筋を誇るように拳で胸を叩き。今度は横から押し付けている←)
【船長】「いや、こっちも世話になった。頻繁に定期便を出しているから、都合が合えば帰りも乗っていけ。さて、野郎ども接岸準備!舫いを張れ!」
【スズハ】「うーむ、やはり故郷の空気は馴染むでござる。」
(そうして船上が慌ただしくなったころ、彼方より遠眼鏡を通し、身を隠しながら見張る影があり……)
【???】「ふん……"すず"め。よもや帰ってくるとはな……鈍感か、あるいは蛮勇か……。」

/ボスないし中ボス的な……?←

229: ゼシス [×]
2020-09-14 16:25:37


【ゼシス】「これだけの筋肉量を持ってその肉体美は、奇跡としか言いようがないからな…」
(通常であればもっと肥大化し、理想的な曲線を描くようなスタイルとは無縁となるレベルの筋力。しかしそれがこのサイズに収まり、戦場で見せる力強さと平時での美しさを両立させているというのはまさに奇跡、誇れるべきものであるのは納得の行くところであって)
「ただもう少し恥じらいを持った方が良いと思うんだけどな…嬉しくはある、けど……」
(隠してほしい気持ちもあればこのままでいたい気持ちもあって、複雑である←)

(その後船は港に付き、荷降ろし補給等を始めて。そんな中からスズハとニアと自分の三人で降りてくるとにわかに周囲がザワついて…)
【ゼシス】「まぁ何ていうか…みんなスズハと似た顔をしてるけど、やっぱり身長は普通なんだな……」
(港に降りて周りを見回してポツリとそう呟く。レヴァリエでは自分くらいの身長の人は然程珍しくは無かったが、ここ東の国ではそれより少し小さい。177cmの自分ですらちょっと目立つのだから190前後のニアとスズハが目立たないはずもなく…異国の人が珍しくないであろう港においても衆目の視線を浴びていて…だからだろうか、多くの視線に紛れてしまいその殺気の籠もったような視線に気付かなかったのは)


230: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-15 21:04:42

【ニア】「む、そうか。つい嬉しいのと、どうも戦い以外で離れていると落ち着かんでな。」
(またやってしまったか、と軽く頭を掻きつつ、ようやく少し距離を置き。それでもなおゼシスの肩へ手を添えていて。)
【スズハ】「スズハが飛び抜けて大きいのでござるよ。あとは武家のものや我が兄弟子達くらいでござるな。そういう血筋でござろう。」
(とは言ってもやはり町中にちらほら見える武家の人々もニアやスズハを軽く見上げて目を丸くしております。)
【ニア】「しかしさすがは異国、見慣れないものが多いな。……あれは掲示板か?文字が全く読めぬ。」
(ニアは町中の露店や屋台に興味を惹かれているようで。と、その中に人々が注目する掲示板を見つけ。レヴァリエにいた時に利用した、クエスト依頼の掲示板に似ているようにも見え、実際眺めているのは帯刀した浪人者が多い様子で。)

231: ゼシス [×]
2020-09-15 22:07:18


【ゼシス】「そうだね、着てるものも全然違うし、武器の形も俺達の国のものとは似てるようで似てないっていうか…」
(ゼシスは街ゆく人々の格好や持っているものを眺めていて。服装は自分達のものと違い前が開けるようになっていたり、細く反った刀や、穂先が十文字に分かれた槍といった武器の形状を興味深そうに観察して)
「あれは…何だろう、武器持った人が集まってるし戦いの依頼か何かかな…スズハ、読んでもらっていいか?」
(そう言うとスズハは背伸びをし掲示板を見て……)

【スズハ】「アレは…武芸大会の告知でござるな。この国の大名…謂わば地方を納める領主でござる、その領主が三日後の正午から武芸大会を開くから、腕に覚えがあるものは集まれ!と、まぁそう言った内容でござる。良い成績を残せば職のない武芸者なら召し抱えて貰えたり、道場の師範であれば自分達の流派の宣伝にもなる、武芸者にとっては名を上げる絶好の機会というわけでござるよ」
【ゼシス】「なるほど…」
【スズハ】「しかし妙でござるなぁ…ここの領主はあまり争い事を好まぬ性格のはず。それがこのような、かなり規模の大きい武芸大会を開くとは……」
(ふぅむ…と訝しげな顔で顎に手を当てて)


【???/A】「……準備は万全か。フッ、三日後の武芸大会が我らの悲願達成のための第一歩となるわけだ…」
【???/B】「ただ、一つ懸念がある。…"すず"が帰ってきた、しかも異人の仲間を連れてな」
【???/A】「…なんだと?我が一門から破門にしたはずのあ奴が……まだ生きておったとはな、とうに死んだものだと思っていたが」
【???/C】「だからちゃんと殺しときなってあたしはあの時言ったんだよ、全く…」
【???/B】「その話はもう付いたはずだ、姐御。…同門の中で一番強かったのはアイツだ、下手に殺そうとして抵抗されれば厄介だ。何も知らせず破門にして遠ざけるのが一番だと……」
【???/C】「あーはいはい、分かってるよ、一々うるさいねえ。ま、あの子は体術忍術の出来はよかったが勉強はからっきしだったからねぇ、そうあたしらの計画に気付くなんてことも無いだろうさ。それに、一番強かったのだってもう昔の話さ。今はこの………があるからね」
【???/A】「そう、今更あ奴等問題ではない。我々が考えるべきはーー」

(/裏で温厚な大名を殺し、それに成り代わって国を乗っ取った昔のスズハの同門達がやべえこと計画してるって風にしてみました←)

232: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-16 17:22:19

【ニア】「ふむ……それは少し引っかかるが……あるいは、強者の戦いを披露してそれを召し抱えて抑止力とするつもりかもしれんな。いずれにせよ、参加してみる価値はあるかもしれんな。何より、この国での活動基盤も作っておきたいしな。レヴァリエと違って、我々二人は全くの無名であろうからな。」
(珍しく、長々と理知的な気がしないでもない様子のニアだが、愛おしげに己の拳を撫でているところからして闘争心をくすぐられた様であり。身長のせいで目立ったのか、周りにいる浪人達との間に古典的な「バチバチ」が飛んでいて←)

/おお、クーデターいいですな……!←

233: ゼシス [×]
2020-09-17 02:06:47


【ゼシス】「と言ってもこの大会は謂わばここに居る人たちの就職活動みたいなものじゃないか、それを俺達が邪魔してしまうっていうのは…」
【???】「聞き捨てなりませんね」
【ゼシス】「え?」
(バチバチなニアとは一見対照的に温厚そうなことを言っていると、不意に後ろから声をかけられて…しかもレヴァリエの言葉で)
【???】「異国の方々とお見受けしますが、貴方がた二人はまるで自分達が出れば勝つのは当前、優勝するのは当たり前と言ったような物の言い方をしますね。特に貴方、控えめにいったつもりかもしれませんがそれが尚タチが悪い。弱者を見下す強者のような不遜な物言い…」
【ゼシス】「いや、別にそんなつもりは…」
【???】「問答無用です。貴方がどれ程の物か知りませんが、この国を下に見るような態度はこのアシナが許しません…さぁ、武器を取りなさい」
【ゼシス】「え、えぇ…ちょ…」
(アシナと名乗り刀を構え臨戦態勢を取る相手に対し、ゼシスは戸惑って。しかし突然始まった決闘に周囲は歓声を上げ二人を取り囲むように円を作っており、逃げるに逃げられない状況になっていて…仕方なく槍を手に取れば構える。早く終わらせよう、その心が焦りを産み、また暫く同格以上の相手と『タイマン』していなかったことが仇となったのか、先手必勝と動き出した瞬間、後の先、雷速のゼシスを越える、まさに神速といっていい動きでアシナがゼシスに肉薄、そして次の一瞬、攻撃を受けたであろうゼシスがその場に倒れて)

【アシナ】「…峰打ちです。他愛のないものですね。しかし、口先だけではなかったと言っておきましょうか。私の動きに『見て』から僅かでも反応したのはお見事と…まぁ、それだけでしたが」
(刀を鞘に納め、皆がポカンとしている間に去ろうとするアシナ、その後ろ姿をスズハは珍しく鋭い目で眺めていて)

(/そしてまた新キャラを突っ込んでいくスタイル←←)

234: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-17 08:10:27

【ニア】「そこを動くなッッ わたしと立ち会えッッ 今この場でッッ」
(と、ゼシスが崩れ落ちる瞬間には彼の元へいち早く駆けつけ介抱にあたっていたニアが、まさに遠雷の如き怒声で辺りの空気を震わせながら激昂し。引きつり僅かに開いた口元からは噛み砕かれんばかりに食い縛られた歯が覗いており。)

/ゼ ゼシスッッ (※ネタバレ ニアがしばらくバキっぽくなります)←

235: ゼシス [×]
2020-09-19 03:29:04


【ゼシス】「う、うう…ま、待つんだ、ニア……そんな冷静さを欠いた状態で敵う相手じゃない…」
(ニアの咆哮、殺気にピタリと時が止まったように周囲の動きが止まる。観衆は話を辞め、どこか震える者すら居る、そして件のアシナも流石に足が止まる、緊張の一瞬…しかし、それをゼシスが起き上がり、ニアの身体にもたれ掛かるような形で、不格好ながら抱きしめ宥めて)
【スズハ】「……ゼシス殿の言うとおりでござる。ニア殿、気持ちを抑えるでござるよ。アレは並大抵の術ではござらんからな」
【ゼシス】「い、今の技、知っているのか、スズハ…」
【スズハ】「うむ…アレは『縮地』でござる」
(某魁漫画のやり取りをしながらスズハの解説が始まって)
【スズハ】「縮地とはその動きから、まるで土地を縮めているように見えるため付いた名でござる。特殊な移動法により相手に動きを悟らせないまま接近する、先の先を取る技…さっきの勝負、ゼシス殿の動きに後の先でアシナ殿が動いたように見えるが、その実先に動いていたのはアシナ殿の方だったのでござる」
【ゼシス】「なるほど…だから動き出しが見えない上にかわせなかったのか……」


(/ではこっちは民明書房で←)

236: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-19 16:35:34

(ニアはアシナとゼシスを交互に一瞥し、下手人を見逃さねばならない悔しさに歯噛みしつつも、想い人や仲間の懇願を無下にも出来ずやり場なき怒りを押し留めるように、みしり、と地面を踏みしめてヒビを入れるに留まり、ゼシスを支えながら踵を返し。それでもなお振り向きざまにアシナへ険しい目つきを送り。)

/小学生などが愛好する遊戯「デュクシ」の語源であることは周知の事実である
(民明書房刊『小学生アソビ文化に見る格闘術の源泉』より引用)←

237: ゼシス [×]
2020-09-20 05:37:22


【スズハ】「とはいえニア殿が怒るのも無理はないでござる。半ば無理矢理喧嘩を吹っかけてきたようなものでござるからな」
【ゼシス】「元はと言えば、俺が不用意な発言をしたのが原因だったんだ。確かにアレは見下してると思われても仕方ない…自業自得さ」
【スズハ】「物事には限度と言うものがあるでござる。…恐らく三日後の大会にアレも出るだろうし、ニア殿、ぼっこぼこでござるよ!」
(宿場につき、一室に泊まって荷物を降ろして一息つきながら話題は再び先程のことになり。ぐっと拳握りながら他人任せな仕返し宣言をスズハがしていて)
【ゼシス】「ははは……まぁけど、それにはあの『縮地』を破らないといけないからな…ニア、何か対策はあるのか?」
(そんな熱り立つスズハに苦笑しつつ、あの技、『縮地』への対策を考えようと思って)

(/www)

238: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-21 17:42:23

【ニア】「……少し博打になるが、対策の当てはある。恐らくあれをかわすのは無理だろう。……だからこそ、私であれば奴に抗しうると思う。」
(と、自らの腕に力を込め、鍛え上げられた筋肉を張り詰めさせ。鋼鉄の如き腕、そして広背筋にかけてを頼もしげに撫でて。……そう、真正面から力技で止めるつもりである!)
【ニア】「いずれにせよ、最早一歩も退けぬ戦いだ。この体と、戦場の経験を頼る他はない。」

/やはり謎当て字と謎起源説は欠かせませんな!←

239: ゼシス [×]
2020-09-21 22:21:13


【ゼシス】「(脳筋だ…)」
【スズハ】「(脳筋でござる…)」
(二人して何か言いたげな表情でニアを見つめるも、確かにあの技に対抗出来るとすればその攻撃を喰らっても引かない、というくらいなので何だかんだ理に適ってはいると納得もして)
【ゼシス】「…それにしても、あの人よく俺達の言葉が分かったな。見た感じこの国の人って見た目だったけど」
【スズハ】「確かに不思議でござるな、異国の言葉が話せればそれだけで仕事に困ることは無さそうなもの…まぁ考えても詮無きこと、それよりも先ずは休息でござるよ。ニア殿は三日後の大会のために、ゼシス殿は今日の傷を癒やすために、温泉にでも行こうでござる」
(そう言いながら着替えとして宿に備え付けの浴衣を用意して)
【ゼシス】「これ着るの?うわ、なんだか結構スースーするんだな…」
(お互いに背を向けて着替え始めて。少々不格好ながら着るとその初めての感覚に戸惑いを見せて)

(/呉竜府とか撲針愚とか、面白いですよね!)

240: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-22 19:36:09

【ニア】「この国の服は少々小さいようだな。致し方ないやもしれんが。しかし涼しくて中々快適だ。」
(ニアは何とか見様見真似で着用してみるものの、流石に体格差はいかんともしがたく……とくに、胸元に関してはぎりぎりのところであわや溢れるか否かの瀬戸際であり。豊満なバストが少々上に押し上げられ、谷間も露わな浴衣の襟元はミチ……ミチッッ……と危険な音を立てていて。)
【ニア】「異国の温泉とはどんなものだろうな。」
/セクシーシーンのようですがほぼビ●ケットオ●バ←
/読んだことなくても民明書房だけはしっている、これは凄い事です←

241: ゼシス [×]
2020-09-23 08:59:40


【スズハ】「ニア殿……我が国の温泉は色々な効能があるでござるよ」
【ゼシス】「スズハ、今いろんな言葉を飲み込んだな…」
(スズハも高さはニアと似たようなものであるが、体格の違いからかそこまで違和感なく着こなしていて。ゼシスも何か言いたげにニアを見つめるが、もはや何も言うまいとばかりに首を振った。なんで艶やかさよりも頼もしさの方が増すんだろうか、完全に姐御!って感じである←)
【スズハ】「あ、そうそう。男女一緒に入れる混浴というものがあるでござるから二人はそちらへ行くがよかろう。ではスズハはコレで…」
(そう言ってはシュババっと足早に自身は女湯の方へ向かっていって)
【ゼシス】「え、ちょっ……なんだかスズハはいつも変な気遣いをするなぁ」
(はははと苦笑しつつ、じゃあ行こうか、とニアの方を見て。二人でゆっくり湯船に浸かるのは久しぶりだなと思いながら混浴の方へ向かっていって。その一方──)

【スズハ】「フッフッフ、どうやら成功したようでござるな…」
「あら、貴女は……奇遇、ですね。こんな所で」
(女湯に入ったスズハに後ろから声がかかって)
【スズハ】「…!…その声は──アシナ殿、か」
【アシナ】「ええ、そうですよ。それにしてもまさかこのような場所で出会えるとは…センドウ流、元上忍……イチゼン・スズハ殿」
【スズハ】「……」
(女湯の方では、静かに、ピリッとした空気が張り詰めていて──)

(/なんか服の形状そのままにして脱ぎそうな雰囲気がある←
/それではスズハはそちらに任せますね(丸投げ←←)設定とかは好きに付け足してください!収拾できなくなったら爆発させますのでご安心を←)

242: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-23 20:08:53

【ニア】「ほう、これは凄いな。夜風が気持ちいい。どうやら夜景も見えるようだな。この国は夜も賑やかなようだ。」
(混浴風呂は露天であり、ニアは感心したように見回しており、そんなニアの戦士の身体を石灯籠の僅かな明かりが薄っすらと照らしていて。バスタオルなんてものも無く、手拭い一枚を豊満なバストへ申し訳程度に覆って載せている姿はどこか彫像めいた雰囲気があり。静かに見つめる先には、上陸してきた港町を沢山の行灯や灯籠であろう灯りが彩っているのが見えて)
【ニア】「明日はもう少しあの町中を歩いてみたいな。良いだろう。」
(少しはしゃいでいるのか、彼女の上半身が勢いよく振り向いて。当然ながら手拭いを被せた豊満なものがばるん、と揺れ。)


【スズハ】「果たして奇遇か……センドウの名を知るとは。ただの手練というわけではあるまい?」
(背を向けたまま、豊満な胸元に添えた手拭い……の下の谷間に手を入れつつ、用心にと隠し持った棒手裏剣を掴み。ゼシスやニアに向けていた人懐っこい態度や口調もまたスズハ個人の本性ではあるが、アシナへ向けられている冷酷な声もまた忍びとしての本性であり。そして何より、闇に生きる彼女の素性を知る相手に……スズハは"仕事"も辞さぬ構えであり)

/ヘリコプターとの綱引きには勝てます(多分)←
/アイハブ!(副機長めいて)裏の顔っぽくしてみたり 温泉とはいえ色気の過剰供給!←

243: ゼシス [×]
2020-09-24 04:54:50


【ゼシス】「ああ、レヴァリエとはまた違った趣きがあるよ」
(街の勾配のためか、露天風呂から見える景色は少し高いところが見下ろすようであり、高い建物が少なくまたその高さが比較的均一であるためキレイに整えられているように見える町並みを眺めては同じく感嘆して)
【ゼシス】「そうだな…ニアの体に合ったこの国の衣装も探したいし、明日はゆっくり観光することにしようか」
(流石に見慣れて来たのかニアの体の揺れに動揺することはなくなって…ただそれはそれとしてしっかりと鼻血は出しているため鼻を抑えていて←)


【アシナ】「……センドウ流の、貴女の元同胞達がこの国で何やら良からぬことを企んでいるようですね。貴女はそれに関係がありますか?無いのなら早々にこの国を立ち去ることをオススメします。もし関係が有り、貴女もそれに加担しているのであれば……」
(言葉にはしていないが、恐らくアシナは国の隠密のような存在であることが窺えて。武器を構えるスズハに対して同じように冷徹な視線を向けて問いただして)

(/ハンケチ持ったまま殴り合いするニアは……嫌ですね←
/お色気イベント(物理←))


244: オリアニア・ノイプロクス(ニア) [×]
2020-09-26 22:10:10

【ニア】「ぜシスにも似合いの服があるだろうな。色んなゼシスの姿を見てみたいぞ。……と、大丈夫か、昼間の傷が堪えたのではないか。見せてみろ。」
(ウキウキしたのもつかの間、出血したと見れば少々焦り気味にゼシスに近寄り顔を覗き込み。珍しく眉毛など下げて不安そうであり。原因には例によって無自覚だ←)

【スズハ】「まことか!……兄弟子と師匠たち、隠密とはいえ不要に苛烈な動きが多々見受けられたが……よもや。」
(一方の女湯、アシナからの情報に殺気を緩め、焦りと納得を半々くらいに呟き。どうも何か心当たりがあるらしく暫し俯いた後に決意したようにアシナへ向き直り)
【スズハ】「……アシナ殿、せっかくのお申し出ながら、スズハはこの企みから背を向けぬ訳には参らぬようでござる。」

/カッコ悪ぅ…… ステーキ10万kcalも食えません←
/シリアスな空気でも谷間ポケット←

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle