TOP > その他のテーマ

【百億世界】勇者ハヤテ/25


最初 [*]前頁 ▼下へ
自分のトピックを作る
6: キャラ紹介 [×]
2024-02-16 16:00:44


「マモ助」まもすけ  

ハヤテの世界で発行された
「百億世界」小説

マモ助 主人公

AB型

好きな言葉
必ず勝つ!

妻の幸を病で亡くし
娘ニコを育ててきた良き父

(作者から一言)
本当は悪役キャラだったが
気づいたらヒーローに
なっていた不思議キャラや(汗)


7: 【百億世界】 [×]
2024-02-25 13:16:44

【百億世界】

四章 出会い

「職員室」

「トト」
失礼する!今日から貴女の
生徒となる者を連れて来た

「???」
トト様おはようございます。
アナタがハヤテ君ね
はじめまして

「ハヤテ」え?えぇえええ?
助手の立花菫!!!?
あ!この世界では先生なのか・・・

「立花菫」(たちばなすみれ)
あら♪元気な子ね今日から
よろしくね☆転入生くん♪

「ハヤテ」心の声
菫さんが教師?と。なると
源内さんは?うーーーん

  (手続きが終わり)
  (クラスへ向かう)

「ハヤテ」
あ・あの菫先生・あの・・・
左膳源内(ざないげんない)さん 
・・・て居ます?

「菫」
源内さん?知ってるの?まあ
体育の先生よ

「ハヤテ」は?たいく?
体育の先生?!探偵じゃなくて?

「菫」
探偵が源内先生じゃ難しいかも

「ハヤテ」心の声
やっぱり違う世界なのか・・・
僕の知っているは源内さんは
探偵でその助手が立花菫だ・・・
他のキャラも違うのかな

(ガラっと扉が開く)

「菫」先生
はい皆さん☆おはようございます☆ 
今日から
新しい生徒が転入してきました☆

(クラスがザワザワする)

「菫」先生
ハヤテ君☆自己紹介お願いします☆

「ハヤテ」・・・・・・・・・

「菫」先生 ハヤテ君?

「ハヤテ」え?あ!あの!は! 
はじめまして!
月森ハヤテ(つきもりはやて)です! 
よ!よろしく!お!お願いします(おじぎ)

「三平」(さんぺい)
んだよ!女じゃなかったのかよ!
つまんねーの!

「二郎」(じろう) 
残念だったな三平うひゃひゃ♪

「一太郎」(いちたろう)
妖精さん達ヨロシクだって♪

「四子楼」(よんしろう)
…… …… …… …… …… ……

「ハヤテ」心の声
うわ~めちゃ~いる~☆
憧れのキャラ達★く~♪嬉しい☆

「菫」先生
えーと?それじゃハヤテ君は
彼の隣に座ってね☆

「ハヤテ」え?は?え?

「マモ助」(まもすけ)
転入生!こっち!こっち!

「ハヤテ」心の声
えぇえええ?!マモ助って
年上じゃなかったっけ?あ!
この世界では違うのかな?

「マモ助」
よろしくな♪俺はマモ助だ!
副教師だクックックッ

「ハヤテ」心の声
はい☆はい☆よく存じております
(頭ペコペコする)ん?副教師?

「菫」先生
それでは授業はじめまーす☆

「ハヤテ」
マモ助先生?よろしくお願いします

「マモ助」先生
マモ助でイイぜ!それと
二郎と三平には気をつけろよ
不良だからクックックッ
あと!敬語も無しな♪

「ハヤテ」心の声
はい☆はい☆二郎と三平
それも~よ~く
存じております(涙目)

「マモ助」先生
なんだ?泣いてんのか?

「ハヤテ」
あ!いや!その・・・あまりの感動で

「マモ助」先生
感動?そうか?

「一太郎」
友達が居なくて~泣いてたんだって~。
な~るほどな~♪

「マモ助」先生
コイツは一太郎で!妖精と話せる
貴重な存在だ!なっ!

「ハヤテ」
あははは!チャットで噂なってます☆
イタズラされた犠牲者が多くて
あ!やば!!!

「一太郎」
ちゃつと?あ~行ったよう~な
妖精さん好きなんだって♪
おどかすの~☆

「ハヤテ」心の声
やっぱりイタズラしてたか(笑)

「マモ助」先生
で!後ろのが四子楼だ!
かなりの秀才君だぞクックックッ

「ハヤテ」
よろしくね四子楼クン☆

「四子楼」(よんしろう)
…… …… …… …… ……

「ハヤテ」心の声
・・・あれ?怒ってる?・・・

(四子楼は少し不機嫌だ)

「ハヤテ」・・・あーーー!!!

「マモ助」先生
どした?

「ハヤテ」
あは!あははは!四子楼クン
良かったら席・・・交換しようか(笑顔)

「四子楼」
……いいのか……(目が輝く)

「ハヤテ」
どぞ☆どぞ☆いいよねマモ助

「マモ助」先生 「四子楼」
 お!おう?  相棒よろしくマモ助

「ハヤテ」心の声
は~この世界でも四子楼は
嫉妬の塊だったか(汗)

親友で相棒で背中を任せられた
四子楼をマモ助から離すのは
危険だよな・・・・・ボクが守る!

後ろから見守るよ!二人を☆

「夜美」(よみ)
先生~授業つまんな~い~。
国語はいいから
源内先生を呼んでよ~!

「ハヤテ」心の声
げっ!悪女の夜美もいるのか!
小説と同じで何人も男を
泣かせているのかな(汗)

「二郎」
ハヤテ!前の学校は~どーだった?

「ハヤテ」え?前の?

「三平」
美女とかよ多かったか?♪ 
制服とかよ可愛かったか?
教えろ!俺達はな先輩だぞ!

「ハヤテ」心の声
うわ~さっそく不良達に
捕まっちゃったけど感動☆笑


「そして放課後」

「はるき」よう!
転入生♪俺は はるき!
よろしくな☆分からない事
あったら何でも聞いてくれよ

「ハヤテ」
よろしく☆はるき君

「???」
本当に!しつこいわね!

「???」
諦めないって言ったろ

「はるき」うわっ!
ハヤテ!隠れろ!早く!

「ハヤテ」
え?ええぇええぇえ?!
どうしたの?急に(汗)

「はるき」小声
アレだよ!アレ!静かに!

「夜美」
だから好きな人がいるって
言ってんじゃん!

「コウ」
告白したの?

「夜美」
コウには関係ないじゃん!

「コウ」
待ってるから僕はいつでも
待つよ夜美ちゃん

「夜美」
もう!来ないで!迷惑!
(夜美は去って行った)

「ハヤテ」
す!凄いの見ちゃった(汗)

「はるき」
うーん♪青春だねぇ♪羨まし~。笑

「ハヤテ」
はるき君?僕たちも青春
してるんですけど(汗)

「トト」
ハヤテお疲れ様!
初日の学校はどーだった

「ハヤテ」 
もー!最高だよ★憧れの
キャラ達に囲まれて話まで
出来ちゃって♪嬉しい☆

「はるき」???
キャラ?なんだ?それ?

「ハヤテ」 
あ…そーいえば・・・はるき君
百億世界に出て来てないな

「はるき」  
なんの話だい?

「トト」 
ハヤテ帰るぞ!今日は我の
手作りシチューだ☆

「ハヤテ」えぇええええ!
トトって料理作るの?

「トト」 
ああ♪この両手でな★ムフフ♪
(トトの羽根から赤い手が) 
(出てきた)ニョキーン!

「ハヤテ」うわあぁああ!
ば~けーも~のー!!!!!

「トト」
化け物とな失礼な!もう!
いい!夕飯無し!フーンだ!!!

「ハヤテ」 
ごめん!スミマセン!ごめんなさい!
初めて見たから驚いたの!
許してトト~(涙) 

「はるき」 
青春だねぇ~。笑 笑


「五章へ続く」

8: キャラ紹介 [×]
2024-02-25 13:21:23


一太郎(いちたろう)

脳の障害を持つ少年
妖精が見えて話も出来る
妖精達が一太郎に同情し
いろいろ助けてあげているが
イタズラ好き

O型 お菓子大好き

ハヤテが読む「百億世界」では
主人公マモ助の仲間の1人
一太郎は両親から暴力を
受けていたが この世界では
大切に育てられている

(作者から一言)
セイチャットで謎の現象が
起きており読者は一太郎が
やらかしたと口にしてまする
二重投稿なってたりコメント
が消えたりチャットに入れなく
なったりするので一太郎の
妖精のイタズラと言われている
(一言になってないぞな)汗

9: 一見さん [×]
ID:92cc17c6f 2024-02-29 14:30:13

学校での時間を思い出しましたが、みんなが辛いけれどもとても楽しかったです。帰りたくなりますね!ちなみに言っておきますが、ずっとこの世界に妖精が存在すると信じています。
キンより


10: 一太郎と妖精さん [×]
2024-03-01 07:15:39

「一太郎」 
あれ~?誰かい~るぞ~♪

誰かな~え~?影たん★の友達さん?

Bチャットの人なんだ~♪

な~るほどな~☆

ボクも友達がほしいな~♪

よーし!こんど「まも助」君

じゃなくて「もま助」君

誘ってみよ~かな~あはは☆


(一太郎は嬉しそうにスキップしながら)
       (立ち去った)

11: 直樹 [×]
2024-03-05 21:01:23

はやてさんかな

12: 直樹 [×]
2024-03-05 21:01:24

はやてさんかな

13: 直樹 [×]
2024-03-05 21:01:24

はやてさんかな

14: 直樹 [×]
2024-03-05 21:03:04

素晴らしいねぇ(*^^*)

15: ハヤテとトト漫才? [×]
2024-03-05 22:12:36

「ハヤテ」
は!はい!ありがとうございます
見事に三分身してますね(汗)

「トト」
一太郎のしわざだろ

「ハヤテ」
そ…そーだね…やらかしてるね

「トト」
ハヤテも!やらかしてるぞ!

「ハヤテ」
ええぇえええぇええ?!

「トト」
勇者らしくない!もっと!力強く
挨拶しろ!

「ハヤテ」
見本を見せてくださいトト様

「トト」
いいだろう!よく!見とけ!
おい!我は勇者だ!コメントしたな!

此処はコメ禁止だ!勇者蹴りを喰らえ!
な~んてな!苦しゅうない!

「ハヤテ」
勇者らしくないトト(汗)

「トト」
な~~~~~~~~~~にぃ?!


(そのまま時間が過ぎていった)

16: 【百億世界】 [×]
2024-03-09 14:39:42

【百億世界】

五章 男としての掟 前編

「トト村 学校の校庭」

「マモ助」先生
よーし!今日は校庭10周
走ってもらう!勇者になるには
体力も大切だ!


「生徒たち」
ええぇえええぇええぇええ?!


「夜美」(よみ)
ちょっと!体育の先生は
源内先生でしょ!なんでマモ助先生なわけ?

「はるき」
しかも勇者って何だよ


「マモ助」先生
もしもの時のために鍛えるんだ!
源内先生は依頼が来てお仕事だ!


「ハヤテ」主人公
10周か・・・走れるかな
とても不安(汗)しかも勇者
なんてバレたらどうしよ
でも憧れのキャラ達と走るなんて夢みたいだ☆

「トト」
おい!ハヤテ!出来るだけ
のんびり走れよ

「ハヤテ」
この世界は平和なのに
なんで勇者に拘ってるのマモ助先生(涙)

「トト」 
知らん!!!


「マモ助」先生
ゆっくり走れよマラソン感覚で


「生徒たち」
は~~~~~~~~~~~い


「三平」(さんぺい)
二郎!てめえに!だけは!
負けねぇからな!ぜってぇに!

「二郎」(じろう)
そりゃ!こっちのセリフだ!!
ぜーってぇ!負けねぇ!!

「一太郎」(いちたろう)
わー♪二人とも楽しそーだな♪まるで
勇者様みたいだ~☆


「夜美」(よみ)
最悪!それにしても三平が
頭良ければな彼氏にしたのに
残念だわ

「琴美」(ことみ)
また…はじまった…夜美の病気


「まも助」
オダ、き、緊張してきたダ
ゆゆ、ゆうしゃ、だカ

「はるき」
マモ助先生と同じ名前なんだから
頑張れよーまも助♪


「七吉」(ななきち)
四子楼君 今回は期待しているよ
一応ライバルとして君を
認めているのだからね…フン

「四子楼」(よんしろう)
…… …… …… …… …… ……


「マモ助」先生
軽く運動したら走るぞクックックッ


数分後

「マモ助」先生
それでは皆!走ってもらう!
・・・・・四子楼・・・
大丈夫か?見学でいいんだぞ

「四子楼」
…いや……走る………掟なんだ…

「マモ助」
掟?体が少しでもおかしくなったらすぐ言えよ


「ハヤテ」
あれ?この世界の四子楼クンは
体が弱いのかな?病気持ち?


「はるき」
おーい!ハヤテ!こっちだ!

「ハヤテ」
あ!はーーーーーーーーい


「マモ助」先生
位置について!よーいどーん!


「二郎」
うりやあぁああーーー!!!!

「三平」
どりゃあぁああーーー!!!!

  (二郎と三平はアホなことに)
(思いきりダッシュ!した)

「ハヤテ」〔心の声〕
うわ~(怖い)笑

「はるき」
二郎も、三平も、バカだよな
何に競ってんだかハァ~。

「一太郎」
勇者の座だよ☆あはは♪


「マモ助」先生
ったく!あの野郎共!あれじゃ
マラソンじゃねぇだろ!

他の生徒達は皆ゆっくり走り出す


「琴美」
ゆっくり…はしり…まーす


「二郎」
だあぁああ!!!ミラクル
スペシャルターボー!!!MAX!!!

「三平」
どりゃあぁあ!!!スピード
ファイヤーフラッシュ!!!
ダーッシュー!!!!

ズダダダダダダダダダダ!!!

(アホな二人がダッシュしまくる)

「ハヤテ」〔心の声〕
すっ凄い!もう7周走ってる(汗)

「夜美」
二郎も頭が良ければ狙ってたけどバカで最悪


「四子楼」
ハァ… …ハァ …ウッ…


(フラフラしながら走る)
(四子楼の後ろに一太郎が現れた)

「一太郎」
四たん☆大丈夫だよ~☆
妖精さんの加護☆受け取って

「四子楼」
ハァ…楽に…なった…あり…がと

「一太郎」
僕もね使ってるの♪楽だよね☆
    ↑
(ズルとも言う)汗

「七吉」
おい。おい。四子楼君
これぐらいのことで
リタイアなんて笑わせるなよ…フン!

「男子生徒」
二郎!三平!同時ゴーーール !


「はるき」
すげぇ~あの二人もう10周
走っちゃったよ(苦笑)

「三平」
ちきしよ!マジかよ!!!

「二郎」
そんなバカな!!!おい!
もう10周走るぞ!三平!!!

「三平」
ケリつけてやる!!!んにゃろ!!!


「マモ助」生徒
こら!こら!違反して罰を
増やされたいのか?

「三平」    「二郎」
はあ?罰~?  んだよ!それ!


「マモ助」先生
誰がダッシュしろ言った!

罰として庭の草むしり命ずる!
綺麗に掃除しとけ!!!


「二郎」
どっちが!早く!むしれるか!
競争だ!三平!オラ!オラ!

「三平」
んだと?こんにゃろ!!!
負けるか!!!ゴラァ!!!

「マモ助」先生
お前ら給食抜きに決定な!

「二郎」   「三平」
げっ!!! マジかよ!!


「男としての掟」・後編へ続く

17: キャラ紹介 [×]
2024-03-09 14:43:52

二郎(じろう)

父 五左衛門 母 ヨネ
の三人家族

血液型B

いつもテストは0点で最下位
ではあるが校長先生とトトの
お気に入りで退学にならず
好きなようにさせている

作者から一言
普通なら退学やろ(汗)

18: 【百億世界】 [×]
2024-03-10 06:56:36

【百億世界】

五章 男としての掟 後編

「四子楼」(よんしろう)
ハァ…ごほ…ごほ…ウッ…
(四子楼は倒れてしまった)

「女子生徒」
マモ助先生ー!大変でーす
四子楼くん倒れました!


「マモ助」先生
だから!ムリすんなって
言ったのに!まったくよ~!

「ハヤテ」(主人公)勇者
四子楼クン大丈夫?苦しい?

「四子楼」
…ハァ …だ …だい…じょ…
(四子楼………気絶)

「マモ助」先生
四子楼!今!保健室へ運んで
やっからなー!


「夜美」(よみ)
あーあ四子楼はイケメンだし
頭もイイんだけど体が弱いのがね残念だわ

「琴美」(ことみ)
私…狙って…まーす

「夜美」え?マジ?!

「琴美」
マジ…でーす四子楼…歌ヘタだけど…


「七吉」(ななきち)
まったく!使えんライバルだ!
なのに何故!いつも学年トップ
なんだ!おのれ!四子楼!

「夜美」 
七吉ウザい黙ってて!

「七吉」!!!


数時間後

ボクは、なんとか走れきれた
一太郎くんも(汗)
けど・・・四子楼クンが心配だ


放課後・・・

「トト」
完走したんだな偉い!さすが
伝説の勇者だハヤテ♪

「ハヤテ」
うーん。ありがとうトト
あ!四子楼クンだ!

「マモ助」先生
秀一さんスンマセンでした
もっと注意して見守るべきでした

「秀一」(しゅういち)
  [四子楼の父]
いいえ…気になさらず
四子楼も…無事でしたし…

「マモ助」先生
掟って何だったんだ?四子楼

「四子楼」
いや…才だけでなく…力も
ある…男に…なりたかった
才と力…は男として生まれた掟…なんだ…

「秀一」
四子楼…もう二度と無理しない事…
失いたくない

「四子楼」… … …
はい…父さん…ごめんなさい


「ハヤテ」
四子楼クン解決したみたいだね
掟か・・・ボクは何の掟かな

「トト」
勇者の掟だろ?選ばれし者よ♪

「ハヤテ」う~ん勇者ね(汗)


「三平」(さんぺい)
マジで!給食ぬき!って!
あ~り~え~ね~だろ!おい!
二郎!半分パンよこせ!

「二郎」(じろう)
やるか!はるき!から
カツアゲしたパンは俺のもんなんだよ!

「三平」
カツアゲは金だろ!普通!
いいから!よこせ!!!
腹減ってんだよ俺は!!!

「二郎」
うっるせぇな!赤点!!

「一太郎」(いちたろう)
ねえ?ねえ?二郎たん☆も三たん☆も 
力の競いはするのに
才の競いはどーしてやらないの~?
楽しいよ~勉強♪るんるん♪


「二郎」 「三平」
・・・・  ・・・・

「三平」
さてと・・・帰るかな・・・

「二郎」また明日 ・・・


「一太郎」
あ~♪逃げられた~☆笑


「女子生徒1」
ねぇ一太郎君ちょっといい?
なんかさぁ噂で聞いたんだけど
二郎君も三平君も誰かを・・・

「女子生徒2」
意識して競ってるって聞いたんだけど
一太郎君なにか知らない?


「一太郎」
あの二人はねトップになりたい
だけなんだよ~☆

「女子生徒3」
じゃあさ裏にヤクザが絡んでる
噂は?


「一太郎」
それ嘘だって妖精サンが言ってるよ~
だから安心してね☆
あ!でも~彼女は募集してるから
気になるなら告白してみなよ☆

「女子生徒4」
あ~私はパス!四子楼くん
狙ってるから★

「女子生徒1」
え?私もなんだけど!ライバル
発見やだーもー!


「女子生徒2」
はるき君もイケてるよね☆
でも四子楼くんかな~♪

「女子生徒3」
わかる~なんかさぁ守って
あげたくなっちゃうよね☆

「女子生徒5」
二郎と三平が彼氏は
ありえないわ♪きゃははは♪

「女子生徒6」
恥だよね~恥!キャハハハ


「一太郎」
わおぅ☆厳しいなぁ~あはは
二郎たん三たん意識してる女子は
いないのかなぁ?

「女子生徒1」
いないでしょ~ふふふふ
お腹痛いヤメてよ~も~!


「一太郎」
でも弟子は数名いるよ☆
二郎兄貴~牛乳です!どうぞ!
三平兄貴~雑誌です!どうぞ!
いってるもん☆笑

「女子生徒1」
あ~見た!見た!パシリに
されてんでしょウケる~♪
キャハハハ

「女子生徒6」
男臭くてキモいよね~笑


こっそり隠れて聞いていた
ハヤテ・・・
 
「ハヤテ」〔心の声〕
うーん女子生徒たち怖いなぁ(汗)
二郎クンと三平クンが
可哀想になってきた(汗)

「はるき」
おーい!ハヤテ!こっちだ!
一緒に帰ろうぜ!

「ハヤテ」
あ!はーーーーーい

こうしてドタバタな1日の
学校生活が終わったのだった


「まも助」
け、結局オダ、一番か、か
活躍してねだ恥の掟だべ(涙)


「男としての掟」・後編・完

19: キャラ紹介 [×]
2024-03-10 06:59:43

三平(さんぺい)

A型

趣味 競い・ゲーム

ハヤテの読んだ「百億世界」
では両親とも病死していたが
この世界では元気に生きている
性格は変わらず三平を
叱っりまくっている

作者から一言
トラブルメーカーだが
実はかなりの几帳面なのだよ

20: 爺★でございます [×]
2024-03-29 13:10:04

上げときますね★グヒヒ♪

21: ふーちゃん [×]
2024-03-29 13:21:21

やらかしました~ じいたん!

22: コウモリ君★たち [×]
2024-03-31 18:50:41

「コウモリA」
僕らも負けないぞキュ

「コウモリB」
せーのー!

「コウモリA・B・C」
あげ~~~~~♪あげ~~~~~♪


23: 爺★でございます [×]
2024-03-31 18:53:34

只今・・・読者の客人様を誘導中

グヒヒ♪ふー様もご協力

お願いしますグヒヒ♪

24: コウモリ君★たち [×]
2024-03-31 19:19:12

「コウモリC」
読者様2名様ご案内キュ~ン♪

>1←ココ押せば最初から読めるキュ♪

感想は自分の部屋で書いてくださいキュ♪


25: 爺★でございます [×]
2024-03-31 19:22:59

上と下にある番号1を押して読むことも

出来ますぞグヒヒ♪

最初 [*]前頁 ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]その他のテーマ
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) Mikle