TOP > 1対1のなりきりチャット

癒えぬ古傷。/文豪ストレイドッグス 夢也/528


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
509: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-09 00:49:47

(/全然全然!!!!私だけじゃなく二人で楽しめることが最優先ですから!!!お気遣いも有難いです:)
そうですねーーー…、やっぱり、高校生といえば文化祭ですし??文化祭でいきますか?)

510: 太宰治 [×]
2024-04-09 01:12:40

(/そうですね!高校生と言えば文化祭ですよね!!
催し物は何にするとかも、ここで決めちゃいますか??)

511: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-09 01:18:34

(/そしちゃいましょーーか!!!確か、サンと太宰たちはクラス違いましたもんね、
サンの所は無難にメイド喫茶とかどうでしょう?とはいえ、実は男子たちが女装してメイドをやるっていうはったりもあったら楽しそうですけれどね笑
太宰たちのクラスはどんな出し物にしたいですか?)

512: 太宰治 [×]
2024-04-09 01:54:26

(/メイドカフェいいですね!!
女装カフェも面白そうと思いましたけど、無難に執事カフェかなってこちらで勝手に考えてました笑
なんか、太宰たちにやって欲しい催し物とかありますか??)

513: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-09 07:00:26

(/なら、メイド、執事カフェにしちゃいます…?!!
んーーーーそうですねえ、個人的には何かしらの食べ物屋をやって欲しいなって思ってます。例えば、うーん!!!焼き鳥屋とか?!)

514: 太宰治 [×]
2024-04-09 14:28:03

(/焼き鳥屋いいですね!!
太宰のクラスは焼き鳥屋にします!)

515: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-09 19:35:11

(/わーーい、ありがとうございます…!!ではでは、ろるはじめちゃいますか?文化祭1日目からで始めてみましょうか?)

516: 太宰治 [×]
2024-04-10 16:12:29

(/それでお願いします!
2日目はファッションショーとかミスコンとかしたいですね!)

517: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-10 18:20:27

(/ええ!!いいですねそれ!!!!それもしましょか!!!
それでは、初ロルお願いしても宜しいですか、、?)

518: 太宰治 [×]
2024-04-10 21:10:16

なぁんで午前中ってこんなに長いんだろうねぇ
(焼き鳥を焼いている中原の隣で面倒そうに呟いて。午前中に仕事を入れているのは、午後に彼女が仕事をするという話を聞いたからで。「焼くくらいはできるだろうが、手前は仕事くらいしろ」と、蹴られながら立ち上がって「ここにサンが来てくれたらいいんだけど」と、やれやれと言った感じで)

(/採用ありがとうございます!
やりにくかったら言ってください!(蹴り可))

519: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-10 23:06:05

どこ、だったかしら。
(午後に自分のシフトがあるから午前は出歩いておこう、と校内を歩き回る。やはりまずは、太宰たちのクラスから行こうか。と、思ったはいいものの、その焼き鳥屋が見当たらない。うろちょろと歩き回りつつも、ぽつりとつぶやき)

520: 太宰治 [×]
2024-04-11 15:46:32

そこの見目麗しいお嬢さん、焼き鳥なんてどうかな
(客引きでもやってろと言われ、教室の入口でしているものの、女性にし声をかけずに。しかも、何人かから連絡先をもらっている始末。彼女の姿に気付かずに女性に「あそこにいるオレンジ色のへんちくりんに声をかけたらいい」と中原を指さすと「黙れ、手前から焼いてやろうか!!」と、中から怒号が返ってくる)

521: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-11 18:01:49

……あ!治!中也!
(どこかなとやはり探し回ってれば、聞きなれた声が聞こえてくる。手を振りながらも2人に駆け寄っては、やっと見つけた、心底嬉しそうに笑みを向けてみせた。相変らずモテモテな太宰を一瞥しては、「流石ね。」と言葉をかけるも、焼き鳥を焼いてる中原に、「一本くださいな、」と目を細め)

522: 太宰治 [×]
2024-04-11 18:35:26

私に会いに来てくれたんだね…!嬉しいよ!
(太宰のすぐ横を通り過ぎた美人にも目もくれず、嬉しそうな彼女の方へと駆け寄って。「いくら好意を寄せられても貴方だけだと誓うよ」なんて臭いセリフを言って、彼女を教室の中へと案内して。「どれが欲しいんだよ」と、中原がメニューを渡す。学生がするには豊富なメニューで、大体の焼き鳥の種類が書いていて。「ここは私が奢るよ、なんでも好きなの言って」と、当たり前のように隣に寄り添って)

523: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-11 19:26:20

二人のとこが焼き鳥屋さんやってるって聞いて!
(いい香りに頬を緩ませながらも、さらりと太宰の言った私に、を二人に、に変換しつつも、彼の臭い台詞はいつものように受け流す。メニューに目を通しては、大変そうね、と呟きながらも、「鶏もものタレで!」と告げる。奢るよ、なんて言った太宰には、「申し訳ないわ、私もちゃんとお金あるもの!」と可愛らしい財布を見せて、)

524: 太宰治 [×]
2024-04-12 01:18:57

サンに会えるって思ったら、これくらいの仕事、なんともないさ
今の私って仕事が出来る男って感じだったりするかい?
(いつの間にか呼び捨てが当たり前になってるようで。彼女にいい所を見せようと必死で。「自立してる君も素敵だけど、今回はプレゼントさせてくれないかな」と、少し甘えるような顔して。そんな3人を見るクラスの女子達の目は、軽蔑しているように見える)


525: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-12 09:41:15

…中也はそんな感じがするわ、
(客引きをして、連絡先を貰っている太宰と、せっせと焼いている中原を見たら、一目瞭然。苦笑いを見せながらも、首を傾けた。プレゼントさせて欲しいという太宰に少し悩んでは、その厚意に甘えようと、財布をしまい、「ならお願いしようかしら、」と目を細める。軽蔑の視線には気付かず、楽しそうにしていて)

526: 太宰治 [×]
2024-04-12 20:25:49

そんな…!まだまだ頑張らないといけないってことだね
(真面目な故かサボらずにずっと仕事をしている中原は、内心やってて良かったなんて思っていて。彼女には少し甘えた方がお願いを聞いてもらいやすいと学んでいて。「中也、絶対に焦がさないでよ」なんて茶々を入れながらも、軽蔑の目を向けてくるほうは、きちんと見ている。「また男ばっかとつるんでる」とか「絶対卑しい関係よ」とか、聞こえるように言ってきて)

527: サン・テグジュペリ。 [×]
2024-04-12 21:31:50

そうね、中也を見習ってみたら?
(と、笑いながら告げてみた。焼いてくれている中原の手元をじーっと見ながらも、頬を緩ませつつ、不意に後ろから聞こえた声にちくりと心が痛む。だが、こんなの慣れたものだ。聞こえないふり、知らないふりをして)

528: 太宰治 [×]
2024-04-13 01:28:45

えーーー……………
(心底嫌そうな顔を中原に向けてみるも無視させる。中原は「熱いから気をつけて食えよ」と彼女に焼きたての焼き鳥を差し出している。「手前らも、サボってねぇで働け」と、嫌味を言っているクラスメイトに視線も合わせずに言う、そんな中原の声は低く冷たくて。太宰は何も言わずに「中也、ぼんじり1本ちょうだい」なんて強請っている)

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) Mikle