TOP > 個人用・練習用

  空 白  /2


▼下へ
自分のトピックを作る
■:  [×]
2021-03-29 01:55:20 


 
 
そこには何もない。
 
 


1:  [×]
2021-03-31 13:16:15


 
 
 
(ぱちりと目が覚める。ふと見た時計の短い針は3の辺りを指して外はまだ暗闇に包まれている。嫌な夢を見た。この平和な世界が壊される夢。建物は軒並み壊され、人が死んで、灰色の世界になっていくような夢だ。ただの夢と割り切るには妙に生々しくて本当に起こったことのようだった。二度寝しようと布団を被ってもすっかり目が冴えてしまって眠れそうにない。それに1人で入る布団はシーツが冷たくて何だか寂しさを感じてしまう。だからといって隣の部屋の彼を起こして一緒に寝て貰うのをお願いするには真夜中過ぎる。幾らいつも彼を振り回しているとはいえ熟睡している所を起こすのは忍びない。ぐるぐると考えても良い考えは浮かばなくて結局は気分転換に外に出ることに決めた。といってもわざわざ服に着替えるのも面倒でパジャマにカーディガンだけ羽織って部屋の外に出る。物音に気付きそうな彼の部屋の前を通る時は特に足音を立てないように慎重に歩みを進め、階段を降りて行く。なんだかスパイみたいで悪くない気分だ。玄関までたどり着けば靴を履きそっと扉を開けて外に出る。思った通り外は夜の静寂に包まれている。それに春とはいえ深夜だから随分と肌寒い。カーディガンだけは失敗かなと思いつつも少しだけ散歩することにする。周りを見れば夢で見た光景とは違う、人の営みのある家や建物が並んでいる光景に安堵の息をつく。現実じゃなくて良かった。ただの夢だと分かっていたはずなのに実際に見るまで安心出来ないなんて随分と臆病だ。自分の夢はこの平和をいつまでも守ることであるはずなのに、いつの日か何か間違えて壊す側に回ったらと思ったら怖くて堪らない。実際に力を手に入れて守りたい人が出来てから表にでてきた自分の弱さ。自嘲するように笑ってみてもいつもみたいにツッコミは返ってこない。夜の寒さが静けさにこの世界に一人ぼっちになってしまったような錯覚に陥っていた。)
 
 
 

2: 闇医 [×]
2021-04-02 23:04:49

 
 
 
用が終わったならさっさと帰れ。いつまでそこにいるつも、ッ!?…な、に
(仄暗く湿っぽいこの場所に似つかわしく無い新品のようなスーツを着て突っ立っている来客者。メールや電話のあるこのご時世にわざわざ業務連絡の資料を手渡しで持ってくるとは。他の人に押し付けるだの方法は幾らでもあっただろうにこのお坊ちゃんがわざわざ接触してくる意図が読めない。そもそも自分の事は憎いと思っているのでは無かったか。眉を顰め彼の表情を観察してみるが綺麗に整った方の顔が真顔であるだけだ。それにこうして資料を渡したならさっさと立ち去ると思ったのに、彼は此方に目線を向けて動かないままでいる。いつもと違う感じに居心地の悪さに似た何かを感じては追い払うように冷たい言葉を吐く。彼はこんな湿った日陰のような場所にいるべき人間ではない。もっと多くの人の為に、未来の為に活躍出来る者で陽の下で輝くべき人間だ。未だ動く気配のない様子に面倒そうに溜息を付けば椅子から立ち上がり彼に近付く。追い出す意思を示そうと彼の胸を押そうとして伸ばした手を突然引っ張られた。予測不能な動きに引っ張られるまま前のめりになれば唇に柔らかな感覚。信じられない物を見るように目を見開き、言葉も出ない。一方で文字通り目の前の彼は何故か笑っている。反射的に後ろに逃げようとすると腰に手が回され、ぐいっと力強く引き寄せられた。思わず全身が強張る。唇が僅かに離れると口から上擦った困惑の呟きが零れ)
 
 
 

▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]個人用・練習用
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle