TOP > 1対1のなりきりチャット

初恋は甘酸っぱい/116


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
97: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-07 14:50:08


ん……。(首に触れられた感覚が合ったらしくうっすらと目を開けると「…楓君…?」彼の名前を呟き起き上がろうとして)

98: 入間楓 [×]
2021-02-07 14:56:34

樺衣…(思わず椅子から立ち上がり)ちょ、起き上がんなくていいから、大丈夫か、?急に倒れたから心配したんだぞ、(すぐに目をさまして良かったと安心して)

99: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-07 15:00:59


……分かった。うん。朝よりは、結構楽になった。ごめんね。心配かけちゃって…。(起き上がらなくていいと言われれば素直に頷いて大丈夫かと聞かれれば朝より楽になっていることを伝えてから謝ると申し訳なさそうにして)

100: 入間楓 [×]
2021-02-07 22:30:25

いいんだよ、頼れって言ったろ?俺のことはいいから楽にしててよ。

101: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-08 07:00:20


……ありがとう。でも、そろそろ授業受けないと。それに、クラスメイトに迷惑かけちゃうから。それにしても、あんな寝たの久しぶりかも…(彼の言葉にお礼を言うとそろそろ授業を受けた方がいいと考えるとクラスメイトにも迷惑をかけると伝えて)

102: 入間楓 [×]
2021-02-09 17:12:45

うん、なら良かった…ほんとに大丈夫か?瑠衣がいいってんならいいけどさ、

103: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-09 19:03:54


うん…。大丈夫。教室戻ろっか。(素直に頷くと教室に戻ろうと言ってベットから降りて)

104: 入間楓 [×]
2021-02-10 18:28:07

ん、分かった。んじゃ俺より先に階段上がって?瑠衣が倒れたら困るし俺が受け止める。…できたら。(階段の前でそう言い)

105: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-10 18:34:49


?……分かった。でも、倒れることが合ったらたえるから大丈夫だと思うけど一応前行くね。(はじめは、意味がわかっていなかったがよく話を聞けば頷いて)

106: 入間楓 [×]
2021-02-10 18:39:15

耐えなくていいよ、迷惑じゃないからさ。…教室戻るか。つかなんで先生来ないんだよ。(イライラしているからかブツブツ呟き)

107: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-10 19:09:09


うん。戻ろう。……先生も、きっと忙しかったんじゃないかな?(頷くと階段を登りブツブツ呟いている彼にきっと忙しかったんじゃないかと思い)

108: 入間楓 [×]
2021-02-10 22:14:24

どうだかな、まあ良いけどさ。(教室に着き)…俺が先行くよ、普通にしてればいいから。後ろ着いてきて。(そういうと教室の扉をガラガラと開け何事もなかったかのように席に戻り)

109: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-11 08:41:16


うん…ありがとう。(頷くと彼の後ろを着いていきながら教室に入り自分も席に戻るとクラスメイトが来て「瑠衣ちゃん!大丈夫?」と心配をしていて瑠衣「大丈夫だから。席に戻っていいよ?」心配をされると優しく微笑んで見せる安心したように自分の席に戻って行き)

110: 入間楓 [×]
2021-02-11 17:36:29

…ほんとに大丈夫か?(机に肘をつきやはり心配なのかチラッと見て)

111: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-11 19:54:43


うん。本当に大丈夫だよ。(彼に聞かれると頷くと大丈夫だと伝えて)

112: 匿名 [×]
2021-02-13 09:12:35


あげ

113: 匿名 [×]
2021-02-14 11:24:42



あげ

114: 藍沢瑠衣 [×]
2021-02-17 19:00:47


あげておくね。

115: 藍沢瑠衣 [×]
2021-03-01 07:11:43


………楓くんまだいるかな?(辺りを見渡しながら)もし、いたら教えてね!(いつもの笑顔で)

116: 藍沢瑠衣 [×]
2021-03-25 15:43:13


一応再度募集させてもらうね!

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle