TOP > 1対1のなりきりチャット

でこぼこ( 〆 )/48


最初 [*]前頁 ▼下へ
自分のトピックを作る
29: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2020-12-24 22:21:01

>28
「そ、ジェンナって言うの。…美人でしょう…?きっと私に似たのね。(露子さんの反応を見て何処か満足げな表情を浮かべるも問いかけられた質問には1つ小さく頷いた後に答えるも美人さん、と言われれば少し冗談っぽく笑いながら呟いて)…でしょうね、こういう大きなワンちゃんはお世話が大変だからあんまり皆飼いたがらないのよね…(苦笑いしながら自身の愛犬の頭を優しく撫でるも聞かれたことにはええ、と返事をして)そうよ。いつもここら辺でこの子達のお散歩をしてるの…」

30: 墨田 露子 [×]
2020-12-25 09:42:56

>29

「いやあ、本当にそう…」
(口をついてでた本音にハッと言葉を飲み込む。第一印象からして、この島国には些か麗し過ぎる見目の彼に度肝を抜かれた衝撃がまだ残っていたらしい己の招いた油断に一瞬時が止まったように固まり、横目に少し相手を見遣り)
「…なら、この子達は幸せですね。」
(良い人の元に迎えられて良かったと力んでいた表情の裏で安堵を零し、相手の返答には「そうなんですね。私、この辺りが職場なのに全然知らな……」と言葉を紡いだ時点で腕時計を素早く確認する。始業まであと10分程とわかれば慌てて立ち上がり)
「と、とにかく見つかって良かった。私は仕事に戻りますんで、これで…」

(/場面転換してまた偶然会うか、それとも今ここで何かしら会う約束でもするかしたいなって思っているのですが、如何でしょうか…!)

31: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2020-12-25 10:16:37

>30
「ふふ、でしょうでしょう?(嬉しそうに笑いながら目を細め頬を緩めながら愛犬の毛を手ぐしで鋤いて行き)…ええ、幸せだと信じたいわ…(一瞬不安そうな表情をするもすぐにいつも通りの優しい笑みを浮かべながら愛犬達を見るも慌てている様子の露子さんを見てこちらも目を見開いて驚いた表情を浮かべてこちらもつられて慌て始めて)まあ…!!お仕事だったの!?それはごめんなさい…!!悪いことしちゃったわね……」

(/おはようございますっす…! そうですね、我輩はどちらでも大丈夫なので72様にお任せしますっす…!)

32: 墨田 露子 [×]
2020-12-26 13:43:20

>31

(何処か含みのある返答に気付くとどうしたのだろうかと眉を顰めたも、此方よりも慌てた様子になる相手に思わず小さく笑って)
「昼休憩だったので、全然。…気分も晴れたので」
(先程まで憂鬱だった気分がいつの間にかスッキリ消えてしまったと最初よりは多少和らいだ表情で返し、最後に二匹の頭を軽く撫でて行くと相手へ一礼、頭を下げ)
「ありがとうございました。明日もこの辺を散歩するなら、もしかしたらまた会うかもしれませんね。」
(明日も半日だけの業務があることを思い出すと、タイミングさえ合えばもしかすると今日みたく見掛けるかもしれないと可能性を説いて、その場から足早に立ち去り)

(/こんにちは?!お言葉に甘えて翌日会えることに賭けました…!( 差し支えなければ、また同じ公園でお散歩しているとかして頂けますと幸いです…!)

33: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2020-12-26 14:58:10

>32
「本当…?ならよかったわ、お昼休憩の時間を邪魔しちゃったから…(ごめんなさい…と申し訳なさそうに露子さんに頭を下げるも相手から言われれば少し安心したような笑みを浮かべるも頭を下げられれば首を再び左右に振って)とんでもない…お礼を言うのはこっちの方よ、こちらこそありがとうございました…。ええ、そうね…また会ったらよろしくね。(何処か嬉しそうに笑いながら言えば足早に去って行く露子さんの姿が見えなくなるまで見送れば自身も散歩を再開して)」

(/こんにちわ~♪わかりました…!(了解です!))

34: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2020-12-29 23:33:28

(/失敬ながら上げさせていただきます…!)

35: 墨田 露子 [×]
2020-12-30 13:25:51

>33

(翌日の昼間。午前だけの業務も終わり、繁忙期も一旦は落ち着いたと安堵した気持ちで会社のビルから出てくる。黒く無地のマフラーを巻き、昨日と違い肩から鞄を提げて歩みを進めていると、帰る方向で通りかかった公園の入口付近で歩みを止めて周辺を軽く見渡してみる。)
「あれだけ大きい人だと見つかりそうなんだけど…」
(なかなか見かけない身長だったと印象的な相手の事を思い返しながら観察しているも、早い時間に出てきたこともあってかまだ見えない姿に肩を僅かに落とし、「タイミングが悪かったか…」と一人つぶやき)

(/こんにちは!とても遅くなってしまい本当にすみません…!また遅れそうな時は此方に一言置くよう気をつけます…!
>34 上げありがとうございました!)

36: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2020-12-30 15:45:15

>35
「今日もいいお天気!(翌日の昼下がり、同じ場所で二匹の愛犬を散歩していたがふと空を見上げれば太陽はいつも通り輝いていて眩しさのあまり手の平で目を隠しながら少し嬉しそうな表情で言うもふと自身の愛犬が公園の入り口付近の一点を見つめながら歩きだしたので驚きながらも同じ方向を見ながら歩きだす)…あれ?あれは昨日の女の人…?(愛犬に引かれるまま歩いていたがふと見覚えのある姿を見ればポツリと呟くも遠目からだった為もう少し近くで見てみようと思い少しずつ歩みを進めて)」

(/いえいえ…!大丈夫ですよ!年末年始の忙しいときにこちらこそすみません…!わかりました…! あ、いえいえです…!)

37: 墨田 露子 [×]
2020-12-31 22:55:10

>36

「____っあ、」
(諦めて帰路に着こうと靴先を公園の方から逸らした直後、見えた大きな人影に目を僅かに見開く。此方の方へと向かってきていることに気付くと、一旦周りを見渡して自分で合っているだろうかと確認したあと此方からも恐る恐る歩みを進めていき。)
「ど、…どうも。」
(昨日の最後辺りに出来ていたはずのスムーズな会話のやり方を忘れたのか、ぎこちなく少し頭を下げると小さな声で挨拶を零し、今日も上機嫌な二匹の様子を見遣ると首巻の下で小さく口元を綻ばせ)

(/77様もお忙しい中…マイペースな返信になってしまいすみません…(;;)ありがとうございます…!そして念の為…短い期間でしたが今年はありがとうございました!また来年も、何卒よろしくお願い致します。良いお年を…!)

38: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2020-12-31 23:44:24

>37
「あら…!やっぱり貴女だったのね!よかった…私人違いだったらどうしようかと思ってたの…(此方に歩みを進めてくる露子さんを見て少し嬉しそうに微笑むと少し困った声色で言うも挨拶をされれば笑顔でこんにちわ、と言い返して)…この子達ね、貴女の事がすぐ分かったみたいで遠くからでも貴女のこと見てたのよ?やっぱりアンタ好かれてるのね…(うふふ、と少し得意気になりながら二匹の愛犬の頭を優しく撫でながら言うも途中から二人称がアンタに変わったことは気づいていなくそのままニコニコと微笑んでいて)」

(/全然大丈夫ですよ!気にしないでください(^o^) いえいえ…!あ、はい!丁寧にありがとうございます…!こちらこそありがとうございました、来年もこちらこさよろしくお願い致します…!よいお年を~!)

39: 墨田 露子 [×]
2021-01-01 23:30:59

>38

(変わらない愛想の良さにたじたじとした様子で合わせたいはずの目線も相手の胸もとから下で行き来を繰り返し、結局は犬へと視線を合わせる事で手一杯になる。あまりにも自然な二人称の変化に気付かないのか、緊張して注意が散漫なのか犬二匹の方を見据えたまま細々とした声を零し始め)
「そ…ですか…?私みたいなのに懐いてくれるなんて、優しい子…」
(つい卑下を挟んでしまうと言葉を飲み込み、少しばかり気まずげに口を結んだもなにか思い出したようにカバンの中を探ってみると「あ、の…ジャーキーとかってこの子達食べますか?」と近くのペットショップ屋で購入していた犬用おやつの袋を取り出し)

(/あけましておめでとうございます!77様の優しさに甘えっぱなしですが、今年も何卒よろしくお願い致します…!)

40: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2021-01-02 00:09:32

>39
「…私みたいなのなんて言っちゃダメよ、アンタ、とっても優しいじゃない。…まあ一度二度会った人間にそんな事言われても説得力ないけド…。(露子さんの様子を見て少し微笑ましそうに見守っていたが溢された言葉を聞いて首を軽く横に振り上記の事を言うも少し黙った後に自身も少し卑下を混ぜながら呟くも犬達も理解したらしく二匹同時に尻尾を振りながら一鳴きして)あら、優しいって言われて反応してるみたい…ふふ、よかったわねアンタ達…?(犬達の様子を見て少し嬉しそうに微笑みながら二匹の頭を優しく撫でながら"食べるわよー?"と露子さんを見ずに返事をするものの露子さんの鞄から取り出された犬用おやつを見るなり首をかしげて)?あら…?それ犬用ジャーキーね…、もしかして貴女もワンちゃん飼ってるの?(犬用おやつと露子さんを交互に見ながら不思議そうな表情でそう尋ねて)」

(/こちらこそ…!今年もよろしくお願い致します…!甘えっぱなしだなんてとんでもない…!こちらの方が甘えっぱなしですよ…!いつも相手してくださってありがとうございます…!m(__)m)

41: 墨田 露子 [×]
2021-01-05 09:54:14

>40

(相手の口から後ろ向きな言葉が零れると自分がそんなことを言わせたのだと罪悪感に一瞬身を固め、内心の焦りが表面に上手く出ないものの固い動きで両の手を僅かに振るうと「そ、そんなことないです」と張りのない声が否定する。カサカサと手に持っていたおやつの袋が音を鳴らすと、それを見た相手からの質問にまた動きを止め、正直に言うべきかと少しの思案を経た後にぽつりぽつりと回答を始めた)
「…また、会えたらおやつを…あげれたらと思って…。勝手に買ってきたんです。」
(相手の言葉を借りるのなら、一度二度しか会ってないような人間がそんなものを買って不審に思われないかと危惧もあったが、断れれば友人にでも譲ればいいだろうと昨日の帰り、勢いに任せて購入した記憶を思い出しながら白状を零して)

(/いえいえそんな、こちらこそ…!!いつもありがとうございます!)

42: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2021-01-05 11:27:11

>41
「そお…?ならいいけど…(否定された声と手を左右に振る動作を見て少し安心したように微笑みながら言うも話を聞いて目を見開きながら口に手を当てて)まあ……そんないいのに…!何だかごめんなさいね、気を使わせちゃったみたいで…(口から手を離せば慌ててこちらも両手を振りながら少し申し訳なさそうに謝った後にあっ、と言い)ねえ…この後よかったらお茶しない?おやつのお礼になんだけど…どうかしら?(せめてもの自分の気持ちとおやつのお礼を込めて、少し静かな声で露子さんに提案して)」

(/いえいえ、はい!本当にこちらこそありがとうございますっ…!)

43: 墨田 露子 [×]
2021-01-11 13:37:45

>42
(飼い主の方針もあることを思えば軽率な行為だった気もするかと少しばかり後悔を滲ませていたも束の間、相手から返ってきた反応が決して悪いものでなかった事に心底安堵したのか思わず小さく息を吐いて)
「……え?え、……お茶?」
(突然の誘いに安堵の後で油断もあったせいか反応が遅れ、間の抜けた声を返すと自分以外にいるはずもないのに自身を指さして「安いものだから全然、そんな気を遣わなくても…」そこまで口にしたが、折角の厚意を無下にするというのは寧ろ失礼かと少し間を置いて思案すると「…仕事も終わったので、もしご迷惑でなければ」と頭を軽く下げてお願いし)

(/またも間が空いてしまい…!!すみません…!!)

44: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2021-01-11 14:44:20

>43
「ええ、あ、でも決してナンパ目的じゃないから感違いはしないでね…?(露子さんの言葉を聞き肯定の意味で頷くも勘違いされては困ると考えてから少し小さめの声で言うも相手からお願いされれば勿論、と言い)迷惑なんかじゃないわ、貴女さえよければ…って思ったから…(ふふふ、と穏やかに微笑みながら言えばチラッ、と自身の辺りを見渡して何処にしようか、と考えを巡らせていて)」

(/いえいえ!大丈夫ですよ…!!!リアル優先で大丈夫っす…!!)

45: 墨田 露子 [×]
2021-01-15 00:48:17

>44
「____……!!っな、ナン…」
(相手が男性ということを忘れる程に淑やかな振る舞いで突然の衝撃に言葉が途切れる。仕事以外で男性と話すなんて経験が何年振りの事かと逆に意識するように緊張した面持ちで携帯を取り出し)
「…今空いてるみたいなので…この辺とかどうですかね。ドッグカフェ。大型犬も大丈夫って書いてますし」
(進んで検索をかけ、提案をするまではいいものの緊張した表情と硬い声色からどういった心境なのだと問われかねない状態で画面を相手に見せてから、二匹の方へと視線を向け)

(/はぎゃ…ありがとうございます……)


46: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
2021-01-15 08:51:15

>45
「あら…いやだごめんなさいね?驚かせちゃったかしら?(言葉が途切れてしまった露子さんを見てこちらも少し驚き目を見開くもすぐにいつも通りの表情に戻りながら少し申し訳なさそうな声色で謝って)…あら、本当だわ…それじゃあそこに行きましょうか。(携帯の画面を見ながら呟き露子さんの表情を見て緊張していることを理解すれば敢えて優しく微笑みながら小首をかしげる)…あんた達もいいわよね?(足元にいる二匹の愛犬に声を掛ければ二匹同時に返事をするようにワン!と元気よく吠えて)」

(/いえいえ!あ、後ロルが短すぎるとか分からない、等の意見などはありますでしょうか…?)

47: 墨田 露子 [×]
2021-01-19 21:24:31

>46
「い、いえ…」
(謝罪をされると良心が痛み、こんな事で挙動不審になってしまう己の情けなさが積まれて苦しげに返答すれば提示した店を快く承諾してくれた事に一つ気を落ち着かせてスマートフォンのマップを改めて確認してから先陣を切ってゆっくりと歩み始め)
「あ…そういえば名前…私、墨田って言います。」
(これから少しの時間だとしても一緒にお茶をするような相手の名前を知らないのもなんだと思い出したように呟き、軽く頭を下げて名乗れば「差し支えなければ…」と相手の名前を控え目に問いかけ)
(/全然大丈夫です!寧ろこちらに問題等無いといいのですが…!分かりにくいだとか、見づらいだとか御座いましたら遠慮なく…!遠慮なく仰ってください…!)

48: ハーヴィ・カーライル・フローレス [×]
ID:41d871eeb 2021-01-19 22:04:40

>47
「…大丈夫ならいいけど…(露子さんの苦しげな返答を聞いて少し心配そうな顔をしながらもなんとか納得してから露子さんの歩幅に合わせつつ車道側を歩いて)すみだ…さん?(露子さんの名前を聞き一瞬キョトン、としながら露子さんの名前を復唱するもすぐに理解して問いかけられれば目を見開き)やだごめんなさい!私ったら相手に先に名乗らせるなんて…。私はハーヴィ……ハーヴィ・カーライル・フローレスよ。(紳士たるもの、相手より自分から名乗れと言われているのにまさか相手が自分より先に名乗ったことを知れば申し訳なさで心が一杯になり申し訳なさそうに謝罪しながら軽くこちらも頭を下げて頭をあげて)よろしくね、墨田さん?」

中(/問題なんてとんでもない…!ありませんよ…!!!分かりにくくなんてないですし見ててとても分かりやすくて楽しいです…!)

最初 [*]前頁 ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle