TOP > 1対1のなりきりチャット

梟が鳴く深い森。─無登録─/4


▼下へ
自分のトピックを作る
■: リリア [×]
2020-09-14 21:07:25 




───ようこそ、深い森の奥
      珍しいお客さんね…

    悪いけどここから先では
      森でのマナーがあるの…───


街から外れたところにある自然豊かで広大な森。その深い深い森の奥には古びた大きな洋館がある。
街の人は誰も近付かない。
だってそこには怖い魔女が住んでいるから。 






1: リリア [×]
2020-09-14 21:13:13




【 森での決まり事 】

当サイト規約を厳守すること。
豆ロル~中ロル推奨。
24時間でリセット。
一度にお相手可能なのは一人まで。
訪問可能なのは主の合図が出てから。
毎訪問時pf必須。


【 洋館の主について 】

リリア

毛先にかけて緩く波打つ、腰まで伸びた柔らかな白寄りのブロンドヘア / 紅玉のような瞳 / 黒のエンパイアドレスは日によってデザインが様々 / 7㎝ヒールの黒パンプス / 暗闇でも分かる色白の肌 / 尖った耳 / 見た目は二十代前半

古びた洋館に住む、街の人々から恐れられる魔女。街の人にはリリーやリルといった略称で呼ばれている。

魔女に関する噂は数多い。
・本当の名前を呼ぶと呪われる
・目が合うと石にされる
・洋館に入った者は帰れなくなる
・魔女の他にも人ならざる者がいる
・迷い込んだ子を食べる為に太らせている
            …etc.


【 洋館に入るには 】

真実を知りたい人、迷い込んだ人、現実から逃げたい人。…はたまた遊びに来た人外でも。皆一様に方法は一つ。

蔦で覆われた古い洋館を、アイアンフェンスのついた煉瓦の塀が囲っている。敷地内への入り口である、薔薇が巻き付いた古びたアイアンアーチを「貴女に時間を捧げましょう。」と呟きながらくぐるだけ。そう言い伝えられている。言様は問わないらしい。
洋館に招かれるか招かれないかは魔女次第。





2: リリア [×]
2020-09-15 00:03:33




涼しい…森も静かで良い夜ね( アーチをくぐった傍にある薔薇の庭園で夜の散歩を独り楽しみ / 募集 )





3: リリア [×]
2020-09-16 23:36:26




……肌寒いくらいね。あたたかな仔犬のような子でも、迷い込んで来ればいいのに( ストールを羽織り、庭を一望できるバルコニーへ出るとアーチへ視線を遣り / 募集↑ )





4: リリア [×]
2020-09-17 01:03:50




迷い子はいないみたいね、…( ほんの少し残念そうにぽつり、羽織っていたストールを浮遊魔法でポールハンガーにふわりと掛けてはベッドへ向かい / 募集停止↓ )





▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle