TOP > 版権(元ネタあり)なりきりチャット

闇に墜ちた刀剣と光の刀剣【刀剣乱舞】/94


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
75: 一期一振 [×]
2020-09-10 20:32:24

>鶴丸

「鶴丸殿、正気に戻ってください。でないと……私みたいに、無意味に仲間を傷つけることになりますぞ!!」
(憎しみと哀しみに支配され、豹変した相手を見ては突進してきた相手の刀を防ぐ。闇墜ちしていた時にした自分の行いを思い出したのか哀しそうな顔をした後、相手に向かって叫び)

>山姥切

「…山姥切殿は…優しいですな」
(自分みたいに主を恨んでいるのでは無く、プラスの方向に考えようとしている相手を見て呟き、自分に巻いた包帯を見ながら『私は…まだ怨んでしまいます…ここに帰ってこない主の事も…その事で闇に染まり、仲間を傷つけた自分自身も』と胸に手を当てながら吐き捨てるように呟き)

76: 鶴丸国永 [×]
2020-09-10 21:11:42

>山姥切
っ…少しはな。山姥切、あんたは俺みたいになってはいけない。
(漸く機嫌が戻ったのを見て、安心したのか安堵の息を吐き。その場で腰を落とすと隣に移動し、刀を両手で持ち傷が付いた鞘に視線を移しては哀しそうに笑って。)

>一期
ッ……仲間?
(刀を振りかざした所で攻撃を防がれたので、一旦刀を引き、相手の傷を負っている箇所を見つめ。「それは仲間に傷つけられたんだろ。…俺はあんたを楽にさせてから、その『仲間』って奴を倒してやるよ。」と言っては右肩目掛けて刀を突き。)


77: 一期一振 [×]
2020-09-10 21:49:03

>鶴丸の

一振「いっ……で、ですが…前までは一緒に話していた…大切な方々なので…」
(肩に向かって突かれると避けようとするも少しかすり、肩の一部の服が破れ血が流れるが気にせずに相手から少し下がって刀を向け)



78: 鶴丸国永 [×]
2020-09-10 22:04:18

>一期
大切な仲間…。仲間だって思ってたって、いつかは裏切られるんだよ。
(自分が突いた箇所から血が流れる様子を冷たい眼差しで眺め。闇に染まっていった仲間達が脳裏を過り、苦しそうな表情浮かべ、腰を屈め低姿勢から刀を振り上げ。)

79: 一期一振 [×]
2020-09-10 22:26:13

>鶴丸

「…えぇ…ですが…私は信じますよ……貴方達が私を助けてくれた時みたいに」

(苦しそうな表情を浮かべる相手を見て目を少し逸らすもすぐに向き直り刀を受け止め、少し下がると相手の隙を付いて中傷にならない程度に刀を振り下ろし)

80: 鶴丸国永 [×]
2020-09-10 23:34:08

>一期
ッ…信じた分だけ、裏切られた時の辛さは計り知れないんだよ!
(鞘を前に出し振りかざされた刃を防ぎ、その場でくるっと踵を翻しては相手の背後に移動し。刀の先端を背中に突きつけ、唇噛みしめ辛そうに声を張り上げて。)

81: 一期一振 [×]
2020-09-10 23:58:49

>鶴丸

「…!!鶴…丸…殿?」
(自分が振った刀を止められるともう一度振ろうとするが目の前から相手がいなくなっていて、後ろだと気付くも、自分の背中に刀を突きつけられれる。下手に刺激してはダメだと思いその場から動かず『…分かりますよ…その気持ち…すごく』と相手の哀しそうな声を聞くと闇に染まった仲間を思い出したのか刀を突きつけられたまま喋り

82: 鶴丸国永 [×]
2020-09-11 20:32:48

>一期
…だったら、仲間なんて信じない方が良いんだ。
(背中に突きつけた刀を首元へ移動させ、刃を首へと向け。目を細めて首辺りを見ていると、他の刀につけられた傷跡が見えたので目を見開き、「…あんただって裏切るんだろ。」苦しそうな表情浮かべ。)

83: 一期一振 [×]
2020-09-11 20:51:22

>鶴丸

「…私は…もう…裏切りません…」
(背中の刀を首へと向けられると頬に汗を浮かべ、相手が呟いてくると後ろから向けられているため表情は分からないが声が哀しそうになっているのを聞くと本体から手を離し

84: 鶴丸国永 [×]
2020-09-11 22:17:13

>一期
へぇ…、裏切らないなんて良く言えるな?
(刀を手放したのを見て僅かに目を見開くも、直ぐに元の表情に戻り冷酷な眼差しで見つめ。突きつけていた刀を下ろす際に、首筋に刃が当たってしまい、1cm程の擦り傷のような傷を作ってしまい。)

85: 一期一振 [×]
2020-09-11 22:24:31

>鶴丸

「いっ…っ…」
(首筋に刃が当たり傷が出来て咄嗟にそこに手を当てる。自分の血で手が赤くなった所を見て少し顔を暗くするも相手の方を見て少し笑い)

86: 鶴丸国永 [×]
2020-09-11 23:11:57

>一期
?…俺に嫌なことをされたってのにさ、何で笑ってるんだよ…
(傷から流れ落ちる血を冷たい眼差しで見つめ、ふと相手の表情が視界に入り。自分は彼にとって嫌な事、辛い事をしてしまったのに何故笑っているのだと疑問に感じ、眉間に皺を寄せ睨み付け。)

87: 一期一振 [×]
2020-09-11 23:51:07

>鶴丸

「今のは事故です。気にしないでくだされ。」

(首元に手を当てながら睨んでくる相手の方を見てもう一度笑い「幸い中傷になりませんでしたから」と言って他の傷の所にも貼っているガーゼを出す)

88: 鶴丸国永 [×]
2020-09-12 14:15:48

>一期
っ…じゃあ、中傷になってたら…
(自分に笑い掛ける様子を見て少し苛立ったように言葉を投げ掛け。「…俺が中傷にしてたら、嫌でも気にしてただろ。」刀は下ろしたものの、鞘には戻さず柄の部分をぎゅっと握り締め。)

89: 一期一振 [×]
2020-09-12 15:23:40

>鶴丸

「もしかしたら…取り乱していたかもしれませんな。」
(鞘に戻さず柄を握る相手を見てどこか哀しそうに呟くも『あのまま刺されてたら、私は中傷…だったでしょうな。留まってくれて、ありがとうございます』と相手の目を見て伝え)


90: 鶴丸国永 [×]
2020-09-12 16:42:51

>一期
取り乱してる君も見てみたかったけどな?
(御礼を言ってくる彼を見ては何と無く居心地悪くなり、悪態をつき距離を置いた所で腰を掛け。持っていた刀を見て、血で汚れた刃を見ては溜め息を吐き。)

91: 一期一振 [×]
2020-09-12 20:34:04

>鶴丸

「…貴方は…これ以上汚れないでください」

(距離を置き、ため息をつく彼と血で染まった刀を見て暗い顔をしながらその場で呟き『主への怨みで闇に染まった私みたいに』と自分の刀を見て)

92: 鶴丸国永 [×]
2020-09-13 10:06:40

>一期
……俺は汚れても良いんだ。
(血で染まった刃と赤い斑点が飛び散った衣装に目をやり、鞘に本体を戻しチラッと横目で見て。「この方が、鶴らしくて…いいだろ」と何処か哀しげに笑って見せ。)

93: 一期一振 [×]
2020-09-14 19:37:46

>鶴丸

「鶴丸殿……」
(悲しそうに呟く相手を見て哀しそうな顔をし『…いつか、この本丸に笑顔が戻ると良いですな…』と昔を思い出すように呟き)

94: 鶴丸国永 [×]
2020-09-21 10:51:57

>一期
…少しばかり、君にきつく当たってしまったみたいだな。
(哀しそうな表情を浮かべる様子を見て目を見開き、これ以上相手を傷つける訳にはいかないと思ったのか、深呼吸をし。縁側に腰掛け、少しバツが悪そうに話しかけ。)

(遅くなってごめんなさい!)

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]版権(元ネタあり)なりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle