TOP > BLなりきりチャット

鳴河崎町にて(〆)/503


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
484: 風見 蓮 [×]
2021-04-09 00:39:38

(パソコンで作業をしている時、相手から返信を着信し確認して。メールを確認すれば面白そうに笑い声を漏らし『本当にお兄さんは心配性だよねぇ。面白い光景が見られたようで良かったよ』とメールを返信して。メールの返信後、どうしてそこまで颯馬さんは颯太くんとの関わりで僕に迷惑をかけていないかってことをやや過剰気味に気にしているんだろうなと疑問に思いつつ。彼が泊まりに来たら色々からかってみるのも面白いし、お酒を飲ませてから話してみるのも面白いだろうなぁと考えながら)

485: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-10 08:22:17

(相手とお泊まりの約束をして数日後、妥当だろうと考える材料を纏めればメールにて『この中に苦手なものが無いか確認してほしい』という文言と共にカレーの材料として牛肉やニンジン、玉ねぎにジャガイモ、カレールー等とシンプルなカレーの材料に加えて茄子も記載してメールを送り)

486: 風見 蓮 [×]
2021-04-11 01:00:40

(相手からのメールを確認すれば材料の中に茄子を見つけて少し顔をしかめて。茄子は食べられないわけではないがあまり好きではなく。しかしそれを伝えるのは子どもっぽい印象を与えてしまうのではないかと思いしばし悩んで。せっかくの相手の手料理、苦手なものは入れて欲しくないと思考を巡らせ素直に記載することにすれば『茄子が苦手なので茄子は入れないでもらえると嬉しいです』と返信して。颯太という弟がいること、善人で世話焼きであることを考えれば悪い印象にはならないはずだという結論になって)

487: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-11 21:45:31

っと、ダメだったのか…(特に理由などは無いものの、ペラペラと自分流の作り方を記載してる料理ノートを見ながら返信を待ってれば、相手からの返信にすぐに気付きパッと確認し。そして相手が茄子がダメである事を知ればポツリと呟いて。勿論自分は好きではあるが苦手な人も多い食材だからこそ書いたわけだがこればかりは相手が食べたいものなのだから無理にいれる必要もないだろうと考え至り『分かった、茄子以外は大丈夫かな?』と返して。勿論いつかは自分の手料理で好き嫌いを無くしてあげたい、なんて思い浮かべるもハッとしてはなんでこんな事を考えてしまってるんだ、と顔を真っ赤に染め上げ頭を悩ませて)

488: 風見 蓮 [×]
2021-04-12 01:03:38

(相手からの返信が届けばすぐに確認し『茄子以外は大丈夫です。そのうち克服したいとは思っているんですけどなかなか。ルーは中辛で大丈夫ですか?』と返事を送って。苦手な茄子を克服するつもりは毛ほども無かったが、次に相手を泊める理由になるのではないかと思いつけば今のうちに伝えておいて。そうやってうちに泊まることに抵抗がなくなっていけばしめたもので)

489: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-12 13:52:39

(相手からの返信が届けばすぐにその内容を確認してみれば、他は平気だと知り安堵すると共に、相手が茄子を克服したいのだと知り。そしてそれが虚言であることなんて分かる筈もなく、もしも自分の手料理で克服してくれたらどれほど良いだろう、なんて考えてしまいまた顔を赤らめて。相手の事を考えるだけで何故こんなになるんだろうか…もしかして自分は本当に相手の事を…しかし自分と相手は上司と部下である上男同士で、なんて悶々としながらも「なら下記の量を用意してもらえるかな?茄子はまた今度機会があれば試してみよう。ルーの辛さはお好みで問題ないよ」という内容と余ったら冷凍保存しておいてもらって今後の相手の食事になればいい、なんて考えながら分量を記して送り)

490: 風見 蓮 [×]
2021-04-13 02:10:13

(相手からの返信を確認すれば『了解しました。当日までに用意しておきます。本当ですか? 楽しみにしています!』と返信して。返信した後、予想はしていた返事ではあったが本当に相手は善良だなぁと思って。関係を円滑にするための建前である可能性もないとは言えないが、恐らく善意で言ってくれているのだろうと思い。相手との関係を良好なものにするため、相手や鳴河崎の情報を知るためと嘘で塗り固めて颯太と打算で行動した自分とは違うなと考え小さくため息をついて。相手と早く仲良くなってやがては恋人、駄目でもそれに近しい大切な人になり、それから精神的に追い詰めて少しずつ壊していきたい。そんなどす黒い感情が沸いてくるのを感じれば恐怖や苦痛の表情を浮かべる相手の表情を思い描き口角を上げて)

491: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-13 19:57:43

(返ってきたメールを見て相手の抱く思いなんて一切気付くこと無く、自分の手料理を楽しみにしてるらしき文面に嬉しさと何故ここまで相手に気に入られたいのかわからない感覚とで悶々としながらも出来るだけ家族も含め周囲の人間に悟られぬよう過ごし相手の住まいに泊まりに行く当日、仕事終わりに相手と共に相手の家に行く事になっており、着替え等の外泊セットを鞄の中に忍ばせたまま仕事をこなしていき、過去に知人の家に泊まりに行く事がなかったからこそワクワクした気持ちと何故か今でも分からない程にドキドキする気持ちに少し蓋をしながら仕事をこなしていき)

492: 風見 蓮 [×]
2021-04-14 02:06:07

お先でーす
(特に周囲に相手とのことは話さず、当日を迎えれば業務終了を告げるチャイムが鳴を聞きそそくさとデスクの上を片付けて退社の準備をして。途中で先輩方から嫌味を言われるが適当にあしらって出入り口へ向かって。途中で立ち止まって『出入り口から少し右に進んだコンビニの近くで待ってます』とメールを送ってそのコンビニに向かって。楽しみにしていた相手が泊まる当日であり、この日のためにいくつか考えた作戦もあり上機嫌で)

493: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-14 10:35:47

(無事に終業時刻になればデスク上を片付けていればふと、一枚の書類が視界に映り。それは各警察署間の異動に関する書類で、どこに転属をさせるか何処へ栄転左遷がされるかを理由付きで当該警察署に送付するためのもので。勿論今のところここの署に送りたい人物がいると言う話は聞いておらず、ここから転属させたい人物がいるという訳でもない。強いて挙げるなら相手の事は傍においておきたい、なんて不意に頭の中を過った思考にブンブンと頭を振り何故こんな思考を、なんて思いながら荷物を持ったその時、相手からのメールが届きそちらを見れば今日の待ち合わせについてのメールで思わずドクンと心臓が大きく跳ね。顔が赤くなりそうになるも違う、自分と相手はそんな関係じゃないと必死に心の中で言い訳をすればズキンズキンと心が痛むがその痛みには目を瞑り『了解、今から向かうから』と簡易にメールを送り何事も無かった様に振る舞いながら警察署を後にしてそのまま相手の待つコンビニへと向かい)

494: 風見 蓮 [×]
2021-04-15 00:15:56

(コンビニへ向かっている途中で相手からの返信があり確認すれば返すのはいいかとスマホをしまってコンビニへと向かい。相手ががっつりこちらを意識しているとはまるで思っておらず、どんな反応をするか様子を見ながらアプローチしようと思っていて。相手にその気がなく避けられていそうであれば友人関係から、そこまで拒否感がない場合にはスキンシップを多めに取ることもありかと考えて。コンビニに到着すれば相手を待ちつつ、何か話題になることはないかとスマホでニュースを確認して)

495: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-15 01:23:31

(いざ相手の家へのお泊まりをするとなればとてつもなく緊張してきて顔が赤くなりそうで。そしてコンビニにて相手の姿を遠目に視認すれば、自分の事を待っているのだと分かれば顔が染まっていく感覚を感じて思わず足を止め。何で此処まで相手の事を意識してしまうんだ、と自分の感じた感覚を否定しようとするもドキドキと高鳴る鼓動は留まることを知らないようで思わず約束のために向かうべき筈の方へ足を踏み出すのを躊躇ってつい物陰に身を隠し。しかしあくまでも弟の友人として接するべきだ、そう自分の心に、脳内に刻み込むように言い聞かせながら軽く自分の頬を叩き、頬に集中した赤みが無くなったと感じてから意を決して相手の元へ歩み寄りながら「悪いな、少し遅れた」とあくまでも平静を装いながら声をかけ)

496: 風見 蓮 [×]
2021-04-16 00:57:25

いえ、大して待っていないので大丈夫ですよ
(スマホを操作しているところに声をかけられれば顔を上げスマホをしまい特に緊張した様子もなく微笑みながら答えて。合流出来れば「じゃあ行きましょうか」と自宅へと向かって歩き始めて。「今日の泊まりのこと、颯太くんは何か言ってましたか? 『俺も今度泊まりたい』とか」と質問して。単純に話題の一つとして颯太の反応が少し気になったから尋ねたのであり他意などはなく)

497: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-16 13:15:35

そうか、それなら良かった(相手の返答にホッと胸を撫で下ろしつつ呟いては相手の誘導で相手の家へと共に向かい。そしてその道中に問われた質問に改めて仲が良いんだな、なんて思いつつ「あぁ。『お前だけズルい、俺も蓮兄の家行きたい!』ってな」と相手の予想通りの反応であったことを告げれば改めて弟の自分と相手の呼び名の差が気になり「…その、なんだ。颯太が風見君のこと兄呼びしてるのは兄みたいだからって言ってたんだが…そう、なのか?」とやや遠慮がちに問い掛け)

498: 風見 蓮 [×]
2021-04-17 00:48:12

フフッ、想像できます。でも、今のところは颯太くんを家に呼ぶつもりはないです
(相手の口から想像していた反応を聞けば小さく笑って。これまでの颯太との関わり合いからすれば家に行きたいと言われれば許可するだろうと思われているかもしれないが、自分にその気はないと言えば意味ありげに相手ににっこり微笑んで。そうすることで家に呼ぶ相手のことを特別に思っているのだと言外に告げれば、相手はどんな反応をするだろうかと様子を伺って。自分のことを兄呼びしていることを気にしているような相手にどう答えようかと思考すれば「言われましたよ。この前一緒に町を回ったのが楽しかったみたいで」と答えて。大切に接してきた颯太を取られたように感じて悲しむかもしれないが、そうやって揺さぶりをかけお酒が入っている時にでも慰めたり優しくして好感を得ようと考えており)

499: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-17 02:31:31

っ…そ、そうか…(相手のニコリとした笑顔から紡がれた返答に思わず顔を赤らめ、そっぽを向きながら呟いて。弟を呼ぶつもりはないのに、自分は呼ぶ、それがどういう意味なのかを変に想像してしまい彼は自分に気があるのかと感じ取ってしまい。そして相手からも弟が兄呼びした理由への肯定の言葉を返されれば弟にとっていくら最近仲直りしつつあるとはいえど仲違いしていた兄の自分よりも初めて会って間もない彼の方が兄らしさを感じているのか、なんて思えば何だか寂しいような、相手が弟に取られるような気もして胸の奥が締め付けられるような、複雑な感情に眉を下げやや寂しげな声色で「…そうか」とだけ返して。当然ではあるが自分のこの感情すら相手の予想通りで相手の掌の上で踊らされてるなんて知れる訳もなく)

500: 風見 蓮 [×]
2021-04-17 21:34:01

さ、着きましたよ。荷物は適当に置いてください
(颯太を家に呼ぶつもりはないと告げた時、顔をそらされたがその顔がやや赤かったことに気付いて。颯太が自分のことを兄のように感じていると言ったことを肯定した後、相手の少し寂しそうな声音を聞けば自分の思った通りに事が運び内心では笑みを浮かべて。その後は他愛のない会話をしながら歩みを進め、やがてそこそこ新しめのマンションへと到着して。そのマンションの三階へと上がれば廊下を進んでその突き当りの部屋に到着するとポケットから鍵を取り出し玄関扉を開けて。家に入り廊下を進むと洋室へ到着して。ワンルームのようでテレビ、ベッド、テーブル、パソコンなど余計な物は少ないのかすっきりとした部屋で)

501: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-17 23:19:04

お邪魔します(他愛ない会話をしつつ到着したそこは数年前に建ったマンションであり、防音性能などの部屋もそこそこあると鳴河崎署への赴任直後にたまたま噂されていたのを思い出して。そして相手の案内の元部屋に到着すれば促されるままに相手の部屋にお邪魔して。玄関で脱いだ靴を揃えて洋室に入れば男の一人暮らしにしてはかなりスッキリとした室内に「へぇ、綺麗にしてるんだな…颯太の部屋とは大違いだ」なんて何気なく呟きながら最近久しぶりに弟の部屋に入ったときがあったが片付けの苦手な弟の部屋はかなり物が多くごちゃごちゃしていたのでつい無意識に比較してしまい)

502: 風見 蓮 [×]
2021-04-18 03:11:53

引っ越す時に不要なものは全部処分したんですよ
(物も人間関係も。と内心で付け加えつつ綺麗だと言われたことに嬉しそうに微笑みながら。「神影さんの部屋は片付いていて本がいっぱいありそうですね」と相手の印象から受ける部屋を想像して。自分の部屋にも本棚はあるものの、布をかけ本棚の本は見えないようになっており。本当に見られたくない本は段ボールに入れてタンスの中にしまってあるため、一般的な漫画やためになりそうな本くらいしかおいておらず。「荷物は適当に置いてください。洗面所と脱衣所、浴室はここから見て右の扉。お手洗いは左の扉です」と簡単に間取りを説明して。「料理は何時頃からしますか? 僕も野菜の皮を剥いたりお手伝いしますので」と相手がどのように考えているのか予定を尋ねて)

503: 神影颯馬/三川颯太 [×]
2021-04-18 08:42:07

そうだったのか…あぁ、本棚には色々と本があるよ(相手の嬉しげな様子に自分までも嬉しくなり軽く微笑みながら相手の自分の部屋の予想にクスリと笑いながら簡易に答えて。自室は弟の部屋と比べれば綺麗にはなってる部屋だがたまに面倒になると読んだ本が山積みになったりしてしまう時があり。そして部屋の説明を受ければそれに頷きながら荷物を近くへ置いて、そんなタイミングで相手から料理はいつ始めるか問われれば「いつでも始めれるし、なんなら今からしようか?」と相手に問い掛け)

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]BLなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle