TOP > 1対1のなりきりチャット

☆魅音&詩音の部屋/754


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
735: 園崎魅音 [×]
2020-09-27 15:06:57

(園崎未来)

》霊

ンッ……///// 
けれど…デザートは、ケーキも良いけれど…霊が良いかな?…/////
じゃあ…頂きま~す(笑)
……うん…美味しいよ~♪

(彼女に寄せられて頬っぺたにキスをされて…顔を赤くした時に自分も甘い口調で、デザートはケーキも良いけれど…霊が良いかな?と言って…手を合わせて頂きますと言って……うん♪美味しいよと言って笑顔で、彼女に言って)



(園崎礼愛)

》すーちゃん

……そうだね…暫くデートもして無かったし行こうか?(笑)

(彼女のデートの誘いを聞いて…気持ちを切り替えて笑顔になり行こうかと言って…彼女の手を握りながらエンジェルモートに移動して)




(魅音達の方)


(園崎魅音)

》詩音

そうだね~)汗
恐らくすだま達は、こっそり様子を見に行ってるから暫く帰って来ないだろうしね…(笑)
どうする?(笑)

(彼女の話を聞いて…そうだね~と同じく染々して言って、部屋の時計を見ながらすだま達の行動を察して…暫く帰って来ないだろうしね…と言った後に、彼女にどうする?と笑顔で、誘う様に彼女に言って)

736: 園崎詩音 [×]
2020-09-27 19:10:15

霊:明日も仕事だから今日は我慢♪(クスッと笑い気持ちは嬉しいよと言い暫くして食べ終わり冷蔵庫から箱を取り出して2つお皿とフォークの上にケーキを乗せ紅茶も準備して改めてお疲れ様と未来に告げお皿と紅茶が入ったカップを2つずつ並べ)


>未来


すだま:何食べようかな~♪お腹ペコペコだよ~(エンジェルモートに着き、席に案内されメニュー表を渡され迷い)


>れあ

詩音:先に夕飯にしちゃいます?(立ち上がり二人の分は冷蔵庫にしまえば良いと提案し台所に向かおうとして)


>魅音



737: 園崎魅音 [×]
2020-09-27 19:40:09

(園崎未来)

》霊

えーっ…残念~)汗
あっ…ありがとう~霊(笑)

……うん…霊が、買って来てくれたケーキや淹れてくれた紅茶特別に美味しいよ♪

(彼女から今日は、我慢と聞いてえーっな表情になったが、自分も食べ終わり…デザートのケーキと紅茶を用意してくれて特別に美味しいよ~と笑顔で言って)



(れあ達の方は)


(園崎礼愛)

》すーちゃん

私もだよ~)汗
う~ん……スパゲッティも良いかな~グラタンも良いかな~)汗

(同じく席に到着して店員からメニュー表を渡されて……メニューを見ながらスパゲッティかグラタンにするか迷っていて)


(その時に…)

(男性客A)

》男性客B&すだま達

オイ聞いたか?この店に美人な女性店員さん働いてる見たいだぜ(笑)

(すだま達の後ろで、早速霊の噂が流れていて)


(男性客B)

》すだま達&男性客A

マジかよ!?
此方は、プラモとか買いにおもちゃ屋を見たら若い新米の女性店員さん居たからびっくりしたよ!?
けれどあたふたしてたけれど…愛想良かったから次買いに行く時にデートに誘って見ようかな俺(笑)

(男性客Aの話を聞いてマジかよ!と驚き言って…自分の方も偶々今日おもちゃ屋にプラモとか買いに来たら若い新米の女性店員が、居た事を言って…愛想良かったから次買いに来た時…デートに誘って見ようかなと笑顔で言って)  


(男性客A)

》男性客A&すだま達 

を?やるね~(笑)
なら俺も次に食べに来た時は、その新米の女性店員にデート誘って見ようかな~(笑)

お互いにやり手ですな~(笑)

(男性客Bのデートの事を聞いて、やるね~と言って…
なら自分も次に食べに来た時は、デートに誘って見ようかな~と言って…更にお互いやり手ですな~と…頼んだコーヒーを一口飲みながら置いて言った時に二人は、自分達の隣がおもちゃ屋の女性店員の…未来の両親と気付いて無くて言ってしまい) 

 
(魅音達の方は…)



(園崎魅音)

》詩音

そうだね…(笑) たまには、詩音と一緒に二人きりで食べよう♪

(聞かれた時にたまには、彼女と一緒に二人きりで食べようと自分も立ち上がり台所に移動しようとして言って)


738: 園崎詩音 [×]
2020-09-28 09:00:54

霊:じゃあ洗い物してるから未来ちゃん先にお風呂いいよ♪ゆっくり休んでね♪(クスッと笑いありがとうとお礼を告げ台所に片付けに行きお風呂は先に沸かしてあるため先にどうぞと告げ自分は洗い物を始め)


>未来


すだま:ねぇねぇ。それって未来や霊のことじゃない?(身体をテーブルに乗り出してはれあの耳元で囁き嬉しそうに良かったじゃんというが時々は見張りが必要だねとチラチラと後ろを見ながら話していて)

>れあ


詩音:今日は煮物とお味噌汁、魚を焼きました。まぁ二人は外で食べてるかも知れませんが……。明日の朝ごはんに残りはまわしましょ。(二人で準備を進め、暫くして終わらせるといただきますと両手を合わせて食べ始め)


>魅音

739: 園崎魅音 [×]
2020-09-28 10:28:02

(園崎未来)

》霊

うん♪分かったよ~(笑)
ヨイショ…♪

(彼女から先にお風呂にと聞いて笑顔で、分かったよ~と言って近くに有ったタオルを持ち風呂場に移動してそして服を脱ぎタオルを巻いて…ゆったりと浴槽の湯船の中に入りゆっくり寛いでいて)


(園崎礼愛)

》すーちゃん
 
多分そうだろうね(笑)
親としては嬉しいけれど…変な輩に巻き込まれたら心配だからね…)汗

(彼女が、自分の耳元で未来達の事じゃないの?と言った時に多分そうだろうね~と言って親としては、嬉しいけれど…変な輩に巻き込まれたら…心配だから…時々見張りは賛成だよと…彼女の耳元にヒソヒソと言って) 


(魅音達の方は…)


(園崎魅音)

》詩音

………帰って来ても知らないフリした方が、良いかもね…
親だから…気持ち分からなく無いからね…)汗

(彼女の話を聞いて…少し複雑な表情になり二人が、戻って来たら知らないフリした方が良いかもねと言って…椅子に座り自分も両手を合わせて頂きますと言って…食べだして……美味しい♪と笑顔で言って)



740: 園崎詩音 [×]
2020-09-28 12:58:24

霊:よし、終わりっと♪(洗い物を済ませてはお風呂の準備をしつつ未来ちゃん熱くない?と声をかけ)


>未来


すだま:改めて………何食べようか?(賛成してくれてありがとうとお礼を告げると席に戻り、メニューを見始めて悩みつつもフライドポテトとドリアに決め)

>れあ


詩音:そうですね♪それもまた親心。私達も経験してますし(クスッと笑い、やっぱり親子は似るんですねと言い暫くして食べ終わりご馳走様と挨拶して食器を片付け始め)


>魅音

741: 園崎魅音 [×]
2020-09-28 13:28:26

(園崎未来)

》霊

ん?大丈夫~丁度良いよ~(笑)
霊も一緒に入ろうよ~♪

(彼女から熱くない?と聞こえて…浴槽の湯船の中から大丈夫~と言って彼女に一緒に入ろうよ~と笑顔で言って)



(園崎礼愛)

》すーちゃん

じゃあ…私は、カルボナーラにしようかな♪

(彼女からお礼を言われて改めてメニュー表を見て…カルボナーラにしようかな♪と決めて言って)



(園崎魅音)

》詩音

そうだね…(笑)
何だかんだ良い所も悪い所も似るからね…クスッ

私も手伝うよ(笑)

(彼女の話を聞いて…染々と良い所や悪い所も似るからねと言った後に立ち上がり自分も手伝うよと一緒に洗い物をしていて)

742: 園崎詩音 [×]
2020-09-28 15:49:10

霊:じゃ、じゃあお邪魔します………///(服を脱いでタオルを持ちお風呂場へと入り身体と髪の毛を洗い湯船に浸りえへへと照れながら恥ずかしいねと言い)


>未来


すだま:良いねぇ♪フライドポテト半分こしようよ!あ、ドリンクバーに行こう♪(ドリンクバーも頼んだ為立ち上がりドリンクバーのコーナーへと行き)

>れあ


詩音:ありがとうございます♪クスッ、確かに。けど良いところも似ると良いですね………。そうだ、今度久々に二人でお出掛けしませんか?(洗い物をしながら隣にいる魅音に話しかけ提案し)


>魅音

743: 園崎魅音 [×]
2020-09-28 16:17:44

(園崎未来)

》霊

いらっしゃい~何てね(笑)
ん~私は、そんな事無いよ~?
けれど…………霊の胸成長したよね~)汗

私は、小さいけれど…)汗

(彼女が、入りいらっしゃい(笑)と冗談で言って彼女が髪と体を洗い湯船に入ったら…彼女の胸を見て…彼女の方が、胸大きい事をジト目で羨ましそうに言って)


(れあ達の方は…)


(園崎礼愛)

》すーちゃん

良いね~(笑)
うん♪…えーっとじゃあ私は…コーラを入れてと♪
すーちゃんは、何を飲むの?

(彼女が、フライドポテト半分こと聞いて良いね~と笑顔で言って…更にドングリバーの方に二人で、移動しコップを持ちコーラを入れた後に彼女に何を飲むの?と聞いて言って)



(魅音達の方は…)


(園崎魅音)

》詩音

まあ…多分似ると思うよ(笑)
良し洗い物終わりっと~♪

ん?良いね~最近何やかんやで、デート出来て無かったしね…)汗
私は、賛成だよ(笑)

(彼女の似ると良いですね…と聞いて…多分似ると思うよ笑顔で言った後に、洗い物が終わり彼女の又今度デートの誘いを聞いて…私は、賛成だよと笑顔で言って……その後に今から出掛けようか?(笑)と彼女の手を握りながら言って)

744: 園崎詩音 [×]
2020-09-29 04:23:09

霊:も~未来ちゃん///(タオルを巻き、湯船に浸かりながら思わず未来にバシャッとお湯をかけてしまい)


>未来


すだま:メロンソーダ!(メロンソーダを入れて二人で席に戻り)

>れあ

詩音:今から?!;;明日でも………(時計を見ながら驚き聞いてみて)

>魅音

745: 園崎魅音 [×]
2020-09-29 05:09:46

(園崎未来)

》霊

ブハッ!?

やったな~!エイッ!!(笑)

(彼女にお湯をかけられてびっくりしたが、お返しにお湯をかけて言って)

(れあ達の方は)


(園崎礼愛)

》すーちゃん

コーラとメロンソーダ定番だよね~(笑)
あっ…料理運ばれてた見たいだね(笑)

じゃあ頂きま~す(笑)

(彼女のメロンソーダと聞いて、コーラとメロンソーダと聞いて定番だよね~と言いながら席に戻り…注文した料理が、運ばれてたので…両手を合わせて頂きますと言って)



(魅音達の方は…)


(園崎魅音)


》詩音

あ~……だよね…)汗
なら……エイッ♪

(彼女の言葉を聞いて同じく時計を見てあ~だよねと気まずい表情になり言った後に…彼女を抱き締めて甘えて言って)



(その同じ頃に…)



(園崎礼愛(パラレル))

》雛見沢住人達

うわっ…イタタ…此処は何処?)汗

(以前にすだま達が、パラレルワールドの世界に迷い込み共に戦ったパラレルワールドの礼愛で、……羽入が未来達をイレギュラーな成長をさせた為に次元が歪み…パラレルワールドの彼女が、現代の礼愛達の世界に迷い込んで来てしまい)

746: 園崎詩音 [×]
2020-09-29 08:18:58

霊:お返しだよ~♪(ジャバジャバと水の掛け合いをして数分後、そろそろ出ないとのぼせちゃうと気付き、未来に声をかけ湯船から出て)


>未来


すだま:そうだねぇ♪いただきまーす(パクっと一口食べては笑顔で美味しいと告げ)


>れあ


詩音:きゃっ///もぅお姉///クスッ、明日二人で出掛けましょうね♪(驚きの声をあげるが嬉しくてつい小さく笑いそして出掛ける約束をして)


>魅音


別場所

すだま(パラレル):…………?!此所…………何処?雛………見、沢………?(別場所へと飛ばされたが看板に幸い雛見沢と書いてあり雛見沢?!と大声です叫んでしまい通りかかったおじさんにきょとんとされてしまい)


>周辺

747: 園崎魅音 [×]
2020-09-29 08:51:16

(園崎未来)

》霊

あっ…何だか…頭が……クラクラと………ううっ………ブクブク…

(彼女と暫くお湯の掛け合いした後に彼女からそろそろ出ないと言われたが、既にのぼせてしまい…お湯の中に沈んでブクブクと言っていて)


(園崎礼愛)

》すーちゃん

うん♪やっぱりエンジェルモートの料理美味しいよ~(笑)
あっ…すーちゃん口元に付いてるよ♪
…美味しい(笑)

(同じく自分も美味しいと言った後に彼女の口元にドリアのホワイトソースが、付いてる事に気付いて言って…少し体を前にのめりにして彼女の口元に付いてるソースを指でなぞり…そして舐めて美味しい~♪と言って)


(園崎魅音)

》詩音

けれど嬉しいでしょ?(笑) 

勿論♪

………そろそろ布団に行こうか?(笑)


(彼女から嬉しそうに言われながら聞いた時に…明日出掛けましょうと聞いて勿論♪と笑顔で、言った後に…そろそろ布団に行こうか?と誘う様に言って)



(園崎礼愛(パラレル))

》周辺

此処は…雛見沢?けれど私達の世界と違う…)汗
それに私達は、未来と霊とすだまの4人で鷹野の野望を止める為に鷹野を追い詰めた時に……鷹野が、捨て身の自爆攻撃をした時に…私とすだまは、未来と霊を何とか脱出させる事に成功したけれど………私達と鷹野は、爆発に巻き込まれたけれど…)汗
気付いたら…この世界に………ハッ!?すだまは?
まさか…私だけ生き残ったの……)汗

(彼女と同じく自分達の雛見沢と違う事に気付き更に自分達は…鷹野の野望を止める為に鷹野を追い詰めたが、鷹野の自爆攻撃により未来達を逃がした後に鷹野と一緒に巻き込まれたが、気付いたらこの世界に来ていた事に困惑していて…途中で、すだまの事も思い出して辺りを見渡したが居なくて自分だけ生き残ったの…?と呟き…彼女が死んだと思い表情青くしながら言って)



(鷹野三四(パラレル))

》雛見沢の住人達

……………どうやら天は、まだ私の味方の様ね…?フフフ(笑)

(鷹野(パラレル)もれあ達の世界に来ていて別の場所で、軍服姿で…まだ天は私の味方をしてると呟きニヤリとして言って)



(詩音さんおはようございます(^o^ゞ
因みにパラレルワールドの未来達は、現代のすだま達が説得に成功してる為に反乱起きずに…二人の部下として活躍しています(^o^ゞ)

748: 園崎詩音 [×]
2020-09-29 13:41:50

霊:未来ちゃん!しっかり!!(急いで未来を引き上げ、自分も未来も着替えては寝かせて未来の頭に濡れタオルを置きうちわで優しく仰いで隣にはミネラルウォーターとスポーツドリンクを置いて)


>未来



すだま:あはは。ありがとう♪美味しいー!そうだ!ドリンクバー定番ジュース混ぜてみない?(ニヤニヤしながらコップを持ち、きょとんとして)


>れあ

詩音:そうですね♪布団引きましょうか♪(部屋へ向かい、布団を引き始めるとチャイムが鳴り)


>魅音


すだま:とりあえず………実家が無事か確かめに行こう、それから、れあの情報を確認、落ち着け、落ち着くんだ………(一つ一つ指を折りながら確認しながら園崎家へ向かいピンポンを鳴らして)


>魅音たち


(こんにちは。了解です!パラレルのすだまの存在は魅音たちは知らないのでどんな反応しても構いません)

749: 園崎魅音 [×]
2020-09-29 14:54:16

(園崎未来)

》霊

…………ふえ?……霊?私は…………?)汗

(彼女に引き上げられた時に服も着せられていてリビングに運びソファーで、寝かされて横に彼女から優しくうちわを扇がれて頭には、濡れタオルを置かれて暫くして意識を回復して彼女に聞いて言って)



(園崎礼愛)

》すーちゃん
 

良いね~やろうやろう♪


これと…これと…これと…これと…これも混ぜて(笑)
出来上がり~(笑)


(彼女の定番のドリンクバーのジュース混ぜやろうと提案を聞いてやろうやろうと笑顔で、言って二人は、席を立ち又ドリンクバーに移動して先にれあが、色々混ぜた結果…凄いどす黒い液体になっていて)



(園崎礼愛(パラレル))

》周辺

取り敢えず…情報得る為にすだまの実家に移動して見よう)汗

(……今は、此処に居ても情報が無いから分からない為に取り敢えず彼女の実家の方に移動していて)


(鷹野三四(パラレル))

》周辺

しかし……このままだと目立つわね…?
取り敢えず…私の家の方に移動しようかしら…

(このまま居ると目立つ為に取り敢えず自分の家の方に移動しようとしたが、この世界の鷹野が捕まってる事に知らずにいて)


(そして同じ頃に)


(梨花ちゃん達の家)

(羽入(ゲスト))

》梨花&紗都子


…………なっ!?
不吉なのです…プリンが、何もして無いのに真ん中に割れる何て…)汗

(小腹が、空いた為に勝手に冷蔵庫からプリンを取り出してお皿に出した時に綺麗に真ん中に割れたのを見て不吉なと不安な表情になり言って)



(北条紗都子(ゲスト))

》羽入さん&梨花 

ふうっ…さっぱりした~って!? 
羽入さん何をやってるんですの!?

(お風呂から出たら羽入が、プリンを食べてる事に驚き言って)



(園崎魅音)

》詩音&すだま(パラレル)

うん♪………ん?
誰だろうこんな時間に…二人が、帰って来たのかな?
は~いって…すだま~……アンタどうしたのその服装は!?)汗
何で軍服着てんの?しかも…れあはどうしたの?)汗


(一緒に部屋に移動した時にチャイムが、鳴り今頃誰だろうと思い…玄関の方に移動して開けたらすだま(パラレル)が、居て…魅音は彼女の事を知らずに…何故軍服姿なのかや…後れあはどうしたの?と困惑な表情になり聞いて言って)



(ありがとうございます(^o^ゞ
一応先ず魅音は、この世界のすだまだと思い込み接する流れにしました(^-^))

750: 園崎詩音 [×]
2020-09-30 04:11:44

霊:良かった~。具合どう?髪の毛も乾かしといたよ♪水飲まないとね♪(自分と彼女の髪の毛は乾かしといてあり、水のペットボトルの蓋を開け飲ませようとして)


>未来


すだま:私はカルピスとオレンジジュースとコーラ!(途中までは良かったがだんだん黒くなり)


>れあ


梨花:どうしたのです?(二人が騒いでるためきょとんとして)


>さとこたち


すだま:えっと………私は、別世界からきたすだまです。(あたふたしながらも事情を話し)


詩音:別世界……?(きょとんとして)



>魅音


(ありがとうございます♪)

751: 園崎魅音 [×]
2020-09-30 05:55:10

(園崎未来)

》霊

あっ…ありがとう~♪
うっ……ふうっ…
霊が、居てぐれなかったら危なかったよ~私~)汗

(彼女から渡されたペットボトルの水を受け取り少し飲んだ後に…彼女が、居てぐれなかったら危なかったよ~と申し訳無い表情になりながら言って)


(園崎礼愛)

》すーちゃん&鷹野(パラレル)

見事に黒いね~(笑)
同じ………す…すーちゃんあれ!?)汗驚
た…鷹野が、この店の横歩いてる…何で!?)汗

(彼女の混ぜたのを見て見事に黒いねぇ~と言いながら自分と一緒と言おうとした時に店の外の道を見たら鷹野が、横に歩いてるのに気付き驚き彼女に呼び掛けて指を差しながら鷹野の事を言って)



(羽入(ゲスト))

》梨花&紗都子

あうあう~)汗
ちょっと小腹が、空いたのですよ~)汗
それよりも見て下さい!プリンが、真ん中に綺麗に割れて不吉な出来事が、起こる予感がするのです!

(紗都子から注意されて更に梨花も来て…困った表情で、小腹が空いた事を言った後に…先程の綺麗に真ん中に割れたプリンを二人に見せて…不吉な出来事が、起こる予感がするのですと真剣な表情で言って)



(北条紗都子(ゲスト))


》羽入さん&梨花

あっ…!梨花…)汗
羽入さんが、もう夜遅いのにプリンをこっそり食べてるのですよ~)汗 
………確かに綺麗に真ん中に割れてますけれど……偶々お皿に出す時に割れたのでは?)汗

(梨花が、来た事に気付き羽入が夜遅いのにプリンをこっそり食べてる事をムウッ!としながら言った後に…羽入から真ん中に割れたプリンを見せられて……確かに綺麗に真ん中に割れてるけれど…偶々お皿に出す時に割れたのでは?と困難な表情しながら言って)


(鷹野三四(パラレル))

》すだま&れあ

エンジェルモートも有るのね……?
殆どの道は、私の世界と同じね…?

(辺りを見ながら移動していて…殆ど自分の世界と似ていたが、店の中で二人に見られていた事に気付いて無くて)


(園崎礼愛(パラレル))

》周辺


確か…この道で、大丈夫だと思うけれど…)汗

(自分達の世界の道と同じ様に辺りを確認しながら園崎の自宅に向かって言って)




(園崎魅音)


》すだま(パラレル)&詩音

………何か訳有り見たいだね…?
立ち話もアレだから中に入りなよ♪
詳しく話を聞こうじゃんか(笑)

(彼女の話を聞いた後に詩音も来たが、今のすだま(パラレル)の目を見たら…訳有りと察して…立ち話もアレだから…中に入りなよ♪と優しく招き入れ様として言って)



(詩音さんおはようございます(^-^)
いえいえです(^-^))


752: 園崎詩音 [×]
2020-09-30 06:37:46

霊:明日、仕事大丈夫………?(魅音たちと約束したこともあり彼女の身体も心配だが仕事も心配でたり不安そうに尋ねて)


>未来


すだま:真っ黒くろすけだね♪……まずっ!え?マジ?外出て確認しようよ!(えへへと笑いながらも飲むがまずいと言い、急いで食べ終わり立ち上がり会計を済ませ鷹のを尾行し始め)


>れあ


すだま:ありがとうございます。失礼します………。(実家でありながらも礼儀正しくお邪魔して挨拶したあと軽く一礼し、上がり膝を着き靴を片手で揃え魅音たちの後ろをとことこ着いていき)


詩音:そんな、すだま自分家なんだから気を使わないで♪ね、お姉♪(シリアスな雰囲気の中、詩音はムードを盛り上げようと笑顔で二人に話しかけるがすだまには笑顔が無く最早正気も無いレベルの顔つきで落ち着いてるというより不安な表情をしていた)


>魅音

753: 園崎魅音 [×]
2020-09-30 07:08:46

(園崎未来)

》霊

大丈夫大丈夫~♪
休めば回復するし…この位で休んでたら霊を迎えに行けないよ…)汗

(心配して聞いて来た彼女に…彼女の頬っぺたを優しく触り笑顔で、大丈夫大丈夫と言って、休めば回復する事や…この位で休んでたら霊を迎えに行けないよと安心させる様に言って)



(園崎礼愛)

》すーちゃん&鷹野(パラレル)

うん!
……けれど…何で鷹野が、此処に…)汗
まさか脱獄して来たの!?)汗

(同じく返事をした後に一週会計して鷹野から距離を取り尾行していたが、何で此処に居るのか疑問になり…まさか脱獄して来たの!?と少し表情青くしながら言って)




(鷹野三四(パラレル))


》れあ&すだま

…………付けられてる?
……なら…ちょっと遊ぼうかしらね(笑)

(距離は、離れていたが…微かな足音に気付き…遊ぼうかしらね~とニヤリとしながら本来の行き先と道を変えて森の方だけど道に移動していて)




(園崎礼愛(パラレル)) 

》魅音さん&詩音さん&すだま

えーっと…あっ…見えた見えた……ふうっ…落ち着け…落ち着け…


(暫く歩いたら園崎の自宅が、見えてチャイムを押して落ち着け…落ち着けと自分に良い聞かせて言って)



(園崎魅音)

》詩音&すだま(パラレル)&れあ(パラレル)

そうそう(笑)他人行儀見たいに言わなくても…って又チャイムが…)汗
今度こそ私達のすだま達かな?
は~い……って…れ…れあ!?
しかもすだまと同じ軍服着てるけれど…!?)汗驚


(詩音の話を聞いて彼女を客室まで、案内してる時に他人行儀見たく言わなくとも大丈夫と言った時に又チャイムが、鳴り…今度こそ私達のすだま達かな?とは~いと返事をして玄関開けて見たら其処には、同じ軍服を着た少し逞しい姿のれあが居た事にギョッ!?となり驚きながら言って)



754: 園崎詩音 [×]
2020-09-30 08:46:30

霊:無理しないでね?未来ちゃんの身体が一番心配なの………。じゃぁ今日はゆっくり休もうか。お布団引いとくね~(未来を寝かせたまま布団を二枚引き、未来の元に行き立てる?と尋ね)


>未来


すだま:けどあれ……どっかでみたような?(鷹野の服装を見て首を傾げているとどんどん深い森に入り怖くなってきてぶるぶる震えていて)


>れあたち


すだま:ありがとうございます。れあ?!無事だったんだね♪良かった~。(魅音かられあと声が聞こえたため近づくと嬉しそうに笑顔になり無事を安心していて)


詩音:良かった……。すだまが笑った……。れあも中に入って。(すだまが正気を戻し一安心していて良かったと告げるとれあに部屋に案内し)


>魅音たち

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle