TOP > オリジナルキャラなりきりチャット

とある魔道大学の考古学者/3


▼下へ
自分のトピックを作る
■: 学園長 [×]
2019-03-10 13:28:29 


我がガリアン帝国が誇る世界最大の魔導師教育機関それがこの『フィルグランス魔導大学』。充実した設備、整った環境、一流の教師、完璧なカリキュラム、この学び舎に入れば卒業する頃にはどんな落ちこぼれでも一流の魔導師になる事ができる。
この学園に勤めている考古学教授は変わり者だとちょっとした有名人になっている。
そしてその変わり者が最近助手を取ったという事で学園内ではちょっとしたニュースになっていた


ルール
ロルは50字以上。確定、終止、小説ロルは禁止

最強チート禁止

横槍、不適切なコメントは即通報させてもらいます。

なりすまし禁止。

キープ24時間キープ可能、登録期間3日

レス禁止


1: 学園長 [×]
2019-03-11 09:20:43

募集キャラ

A見習い魔導師♀18 歳
フィルグランス学園に入学した一年の見習い魔導師。
誰もが3日も持たなかったアランの助手を続けられている唯一の生徒。よくアランに連れられて遺跡に向かうことが多い

Bアランと同期の魔導師。28歳
アランと大学で共に考古学を学び変わり者アランの数少ない友人。冒険好きで迷路のような遺跡の攻略したいと思いトレジャーハンターになった


C Bの弟子
有名なトレジャーハンターであるCに弟子入りした。
特異体質で魔力が全くない。しかし、左手で触れた魔法、魔術を消し去る力を持っている。

『セリフ』
名前
年齢
性別
容姿
性格
魔法
使い魔
備考

主PF

『確かに僕はまともではないだろ、でも偉大になった人達はまともじゃない』

『いい考古学者にへの近道は図書館から脱出する事だ』

名前・アラン・グラウン
年齢・28
性別・男

容姿・オレンジに近い明るい茶色の髪。サラサラして長髪の為後ろで結んでいる。肌の色は白くで目は青色でつり目。
服装は黒色のハットを被っている。茶色いコートを来ていてその中に上下とも黒のストライプのスーツ。白のワイシャツを着ていて赤いネクタイ。履物は黒のブーツで同じ色の手袋をしている。全てピシッと着こなしていて皮のトランクケースを持っている。

性格・冷静で落ち着きの方がある紳士的な性格。自分に対して強い紳士としての誇りを持っていて、束縛を嫌い他人に対して縛るような事をしない。慈愛の精神を常に持っていて人や考古物に対して常に優しく愛情を込めて接している。 好奇心旺盛で気になることは調べずにないられない

魔法・青色の水晶がついた長杖を使用して水を操る魔法が得意。応用して氷塊魔法にや、霧状にして幻覚魔法を使用する事ができる。

使い魔・
サンダーバード♂
名前イカロス
乾燥した気候に暮らす巨大な鳥類である。不死鳥と非常に近い種族でもある。
ワシに似た頭を持ち一対の強力な翼を有しており、雲のような模様がついた羽毛は光を放つ。サンダーバードは飛翔時に嵐を起こすことができ、その際に羽毛がさまざまな色合いの黄金や電気的な青、灰色、銀など、カラフルに色を変える。
イカロスは真面目で忠誠心が強くキッチリした性格。真面目過ぎて自身がダラけると叩いて注意してくる。
アランに視界を共有する事もできる。

備考・フィルグランス魔道大学の考古学教授。この学園のOBであり、卒業後大学の教員として就職して2年で教授になるという過去最年少のスピード出世をなした。
それも数多くの遺跡の発見、古代ルーン文字の解読など様々な功績を挙げているからである。
誇るべき功績だがそれ故に同じ大学の教授の数名から疎ましく思われている。
助手を希望する者は多数いたが癖のある自身の対応に耐えきれず3日持たず辞めていくものがほとんどだった。
しかし、今年の一年生の見習い魔導師は辞めずに続いている。自身も彼女を気に入り評価している。
同期の友人は心から信頼していて、その弟子の能力も非常に興味を持っている。
現地に向かって採掘や遺跡の研究などで学園を留守にする事が多く帰るたびに多くの生徒達にレポートの確認をせがまれる。
東方の地で剣術を学んでいた。空間圧縮したトランクの中に刀をしまっている。


レス禁止

2: 学園長 [×]
2019-03-11 09:40:45

それでは募集開始

3: 学園長 [×]
2019-03-13 14:08:38

あげ

▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]オリジナルキャラなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle