TOP > その他のテーマ

冴えない僕らへ/14


▼下へ
自分のトピックを作る
■:  [×]
2019-03-04 22:38:57 ID:299449800

小説書くよ


1: Heartsutra [×]
2019-03-06 21:04:14

おk。

2:  [×]
ID:299449800 2019-03-06 22:02:54

言い忘れてたけどお題も募集中です。書くかどうかはわかりません。

3: 雅 ((みやび [×]
2019-03-06 22:30:56

少し悩まされるような
ミステリー系の小説が読みたい!!

4:  [×]
ID:299449800 2019-03-07 15:47:36

>3
お題ありがとうございます。難しいので実力が追いつくまで気長に待っていて頂けたらと思います。

途中まで書いて力尽きたやつ

+++

公園の時計はとくに0時を通り過ぎた。空には仄かに星が瞬き、寒々しい街頭の明かりが真っ赤な屋台を夢のように照らしだしていた。
その真ん前で、少女が声を張り上げている。

「あなたの記憶、買い取りますよー!」

年齢は、見た目には13歳ほど。菊模様の着物を着て肩に鼠か何かの頭蓋骨を載せ、真っ赤な髪を下で二つに結んでいる。その毛先はくるくる丸まって彼岸花のよう。瞼は閉じられたまま開くことはない。その端正な風貌に成長したらさぞ美人になるだろうと思わせられるが、彼女は死産で生まれ、母親の妄想から質量を得た正真正銘の人外だ。
それでも尚、陽気な声と大きな仕草で客を呼ぶ様子はつい声を掛けてしまいたくなるような愛嬌に満ちている。

「記憶……?」
草木も眠る丑三つ時のはずなのに、一人の少年が少女に近づく。
少女と年は近そうだ。不安そうな表情で、背中には大きなリュックサックを背負っている。手には文明の利器たるスマートフォンを持っているが、その画面にはひっきりなしに電話やメッセージの通知が流れていた。電池の形のランプが赤く点滅している。
「はいな。記憶と引き換えにお金をあげる。とっても素敵なお店ですよー!」
友好的に微笑む少女はしかし、既に相手の腕を掴んでいる。乱暴になら振り払える力ではあるが、彼にそれが出来るかどうか。
「ぼ、僕、ちょっとそういうのは……」
「はいはい。お話はお席でね」
案の定ずるずると引きずられ、渋々ながら屋台の簡易的な椅子に腰を下ろす。目の前に湯気の立つお茶が差し出されても彼の気分は冴えないままだ。
「まずお名前を伺いましょ。私は曼珠沙華、もしくは彼岸。もしくはリコリス、もしくはリコ。あなたは?」
「……あの」
「はい?」
こんなところでこんな訳の分からない少女の相手をしている場合ではないのは分かりきったことだった。少年は先程よりは幾分かはきはきとした調子で言う。
「僕、本当になんでもないんです。ただ通りがかっただけで――」

「それはないわ」
少女の口調はさらにきっぱりとしたものだった。その肩に乗った骸骨がほんの僅かに震えた気がして、少年は目を見開く。
それに目もくれず言葉は続く。なんでもないことを、たとえば算数の計算間違いを、生徒に指摘する先生のように。
「あなたは望んだからここに来たんです。そんな人にしか”ひらく”ことはない、ここはそういうお店なのですから」

5:  [×]
ID:299449800 2019-03-07 17:07:49

リコちゃんはかわいいのでもっと書きたい。

6: 雅 ((みやび [×]
2019-03-07 20:07:57

返事遅くなってすいません!!

今からじっくり読ませて頂きます!

7: 雅 ((みやび [×]
2019-03-07 20:18:22

ほほう、小説書けるなんて凄いと思います!!

書いてくれてありがとうございますっ

少し気になった点は
主人公(?)である少年が名前を明かしていないこと。と
最後のリコちゃんが言った
“ひらく”が気になりました。。。!!

私の脳が追いつかないほどの
才能ある小説だったと思います!

本当にありがとうございます。((ペコリ



8: Heartsutra [×]
2019-03-07 20:53:48

恋愛小説を主様と交換して交互に書きたいです!

9:  [×]
ID:299449800 2019-03-07 22:03:47


>7
感想ありがとうございます。今後も色々書いていくので、まあマシかなって思ったものだけ拾い読みして頂けたら嬉しいです。
少年の名前と”ひらく”の件はこの続きで書くはずでした。その気になったらまた書いてみたいなと思います。

>8
お誘いありがとうございます。とても嬉しいのですが、私は恋愛中心の話が苦手(ヘタクソ)なので、申し訳ありませんが今回はお断りさせて頂きます。今後書けるようになった時は是非よろしくお願い致します。



10: 雅 ((みやび [×]
2019-03-07 22:47:18

はいっ!

また続き楽しみにしてますね

11:  [×]
ID:299449800 2019-03-09 10:06:44

ラブコメの練習のはずでした。私が恋愛が苦手な理由がなんとなく分かります。
「大会」と「敗退」で韻を踏めることを発見しました。

+++

先輩、先輩。何度も呼ばれるのは彼が慕われている証。
他の先輩は頭に苗字を付けて呼ばれるけれど、先輩だけは『先輩』。同級生にも冗談交じりにそう呼ばれていたと思う。

なんの取り柄もない高校の弱小チーム。のんべんだらりと続く日常が嫌になって入部した日がもう十ヶ月余りも遠く離れてしまった。
間延びした練習に、大会はいつでも初戦敗退。結局は大した刺激にはなり得なかったけれど、ただ一人輝く先輩の姿は私には大きな希望だった。

彼だけが本気だった。全力だった。
常に笑顔を絶やさず、明朗快活で、実力もあった。
チームの中でも足手まといだった私に声をかけてくれた。練習にも付き合ってくれた。
血の色みたいな夕焼けの中で駅まで並んで歩いたことをはっきりと覚えている。
そんな月並みな理由で、憧れは少しずつかたちを変えていった。

先輩は『先輩』だった。
きっと誰よりも、何よりも。

私もクラスメイトも、彼の同級生さえ、もうその名前を覚えてはいない。
『先輩』は『私たち』が共通で信仰する光だ。
『私たち』は『先輩』を愛している。
『先輩』も『私たち』を愛している。
お菓子なんて食べない、漫画なんて読まない。頭脳明晰で運動神経も抜群な、休憩時間でも練習を続ける、完璧な『先輩』。
彼が生きているだけで、きっと私はこの心臓を喜んで差し出せる。


「先輩」
その一言が空気を震わせる度、あなたがほんの僅かに悲哀を含んだ不思議な笑顔を見せるのは何故か。
『私たち』には分からない。

12: Heartsutra [×]
2019-03-09 20:56:31

小説じっくり読ませてもらいました!私たちと先輩を連呼しているのはミステリー恋愛小説の印象を強く持ち、読者側でミステリーが好きな人は喜ぶと思います!(特に私)私も恋愛小説書いてみました!読んでくれたら嬉しいです!

女side
「…先輩…!」
私はいつもの木陰で先輩を待った。目的は『先輩を見ること。』別に先輩にとって特別ではない。しかし、毎日の癒しに見るだけなのだ。
「さて、もうすぐ来るだろ…」
私は腕時計をちらりと見て少し身を乗り出した。その数秒後、
\キャー!せんぱーーい!/
女子の黄色い声が聞こえる女子のせいで見えない時があるが見えるようにないバックンバックンと心臓が暴れる。
「…来た…!」
そしてきずかれないようパシャッとスマホで撮る。先輩に告れないのはこの為だ。それでも言い。癒しだから。
先輩side
「いつもの盗撮のコ…いるかなぁ…」
俺は学校へ歩きながらボソッと呟く。俺は今恋している。何故なのかはわからない。人目惚れだった。俺は黄色い声おを浴びながらチラチラと探す。
「…あ。いた。」
そう呟いた瞬間彼女は写真を撮り、走り去った。嫌われているのかな。そう思い告白ができない。できるもんならしたい。でも初恋は失恋したくない。だから彼女を想うことは今日で終わりにする。さようなら。盗撮の君。

13:  [×]
ID:299449800 2019-03-09 22:00:33

感想ありがとうございます。
小説も読ませて頂きました。しかし、いくつか気になった点がありましたので指摘させて頂きます。

・…(三点リーダー)は偶数です。
・\/は小説にはほとんど用いられません。また台詞などの”音”を表すことは出来ません。
・この小説は一人称視点だと思いますが、通常語り部のキャラクターは変わりません。どうしても変えたい場合は一章ごとにすると良いかと思います。
・誤字かと思いますが念の為。「気付く」は「きずく」ではなく「きづく」です。

最後に、このトピでは第三者の小説は募集しておりません。以後お気をつけください。

14: Heartsutra [×]
2019-03-11 20:53:14

なるへそ。以後気をつけまっせ。(-∀-)じゃあ、ホラー小説を書いてほしいです!

▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]その他のテーマ
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle