TOP > 個人用・練習用

箱庭ロドリゲス -reverie of shangrila-/1


▼下へ
自分のトピックを作る
■: 匿名さん [×]
2019-02-04 10:52:00 ID:9ed30faad


暇つぶし(-.-)y-~~~




1: 匿名さん [×]
2019-02-04 11:10:53


 ある日、ロデリックが僕の前に広げたのは、幾つもの分厚い紙の束。大木を切って作られたログテーブルの上で、僅かな埃が陽の光を反射し、緩やかに舞う。窓の外では薄い青が空を支え、そろそろ紅葉を始める森は昨日と同じようにそこに佇んでいた。

 ーいいかい?これは100年先まで見通せるカレンダーなんだよ。

 暖かな室内で、言い聞かせるようにロデリックは僕に告げた。僕は何と言ったらいいのか分からなくて、ただ、今、僕に膝を提供し、父親みたいに何かを教えようとしてくれている彼を見つめ返した。すると、彼は静かに目を細め、片手で僕の頭を撫でて、もう片方の手では机上の紙をめくり始めた。落ち着いていて優しい手の感覚に、僕もうっとりと目を細めかける。だけれど、僕の瞼が落ちる前に彼は紙をめくる手をとめて、そこの一部を指でなぞりながら穏やかに続けた。

 ー起きて。大事な話。ここが君の命日だよ。




▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]個人用・練習用
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle