TOP > 1対1のなりきりチャット

二振りの山姥切(〆)/782


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
763: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-20 01:02:14


ん、わかった。
(元々強制的な行動をとるつもりも恋人に嫌われる様な真似も絶対にしない為、撫でていた手を止め彼の話を素直に聞けば一言返事と共に額へ軽く口付けを落とし。夜の約束をして時刻はまだ昼という事もあり、離れていた分時間が許す限り傍に居たいため赤く染まった頬を撫でて愛おしげに見つめれば"長義、大好きだ"と口にして)


(/わかる!!!(即答)毎回可愛い長義くんにキュンキュンしてます!!← はぁああ…可愛い…めちゃくちゃ可愛いな!!() あっじゃあ候補にあげた場所に付けさせて頂きますね!← やばいくらいめっちゃ可愛いです、恥ずかしい時はぽかぽかして欲しい← 了解です!今更ですけど話の流れでしちゃう事になりましたが大丈夫ですか!?())



764: 山姥切長義 [×]
2019-04-20 01:17:07

ん…俺も大好きだよ。
(今夜の約束をしては恥ずかしくてどうにかなりそうだったが、頬を撫でられると甘えるように擦り寄ってみて。大好きだと改めて言葉として言われると胸の内からじわじわと嬉しさが込み上げてくると彼の頬に口付けしてみて)


(/長義くんほとんど可愛いことしかしてないですけど、長義くんだから仕方ないですね!(?) 是非ともつけちゃってください!← 照れ隠しで手が出ちゃう長義くん可愛い!!(クソデカボイス) 大丈夫です!朝チュンにしたら大丈夫です!←)

765: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-20 05:30:11


…本当に可愛いな。
(頬に口付けされるとほんのり赤く染めながらその後に続いた言葉を聞けば、彼にも言ってもらえた為か普段の凛とした表情はどこにもなく嬉しさから恋人の前で口許が緩んで。自身の目の前にいる彼を誰よりも愛しいと思う程に一途で、優しい眼差しでぽつり呟くとお返しに此方も頬に口付けして)


(/むしろこれからもまんばちゃんの前では可愛いことしてて欲しい!可愛い長義くん大好きなんで!!(必死) それは控えめに言ってめちゃくちゃ可愛い!!可愛いです!!(大事なことry) 良かったです…!その場合は軽い事前を挟んでから朝チュンの描写をする、という感じでいいでしょうか?←)



766: 山姥切長義 [×]
2019-04-20 08:42:35

ん、そんなこと…
(いつもの凛とした表情は何処へとやら、と言わんばかりに目の前の彼の表情は緩み切っていて。此方を見つめるその目からは愛情を向けられていることが分かり、頬に口付けされると恥ずかしげにして)


(/もうめちゃくちゃ可愛いことしまくりますね! ばか!って言いながらぽかぽかする長義くん…控えめに言って可愛いですね! そうですね!そういう感じでいいと思います!)

767: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-21 00:41:01


俺には可愛く見えるぞ、その照れた顔もな。
(恥じらう様に頬を染める彼の顔を見つめたまま指で撫でつつそう言うと、先程から可愛い仕草や表情を見せてくる姿に我慢する事もなくちゅっと音を出して唇に触れるだけの口付けをして)


(/わあ…!ありがとうございます!! それすらも可愛いと思ってるだろうなまんばちゃん…() わかりました!ではそのようにさせて頂きますね…!)



768: 山姥切長義 [×]
2019-04-21 02:59:36

んぅ、ばか…っ!可愛いとか言うな
(音を立てて唇に口付けされると思わず目を瞑って。先程から可愛い可愛いと何度も言われてはさすがに恥ずかしくなってきてはポカポカと僅かに抵抗して)


(/その方でよろしくお願いします!)

769: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-21 05:35:24


本当に長義が可愛いんだ、仕方ないだろう。
(突然胸を何度も叩いて抵抗する様子にあまり痛くは無いものの、その姿さえも自身からすれば可愛いと思えてしまうもの。思わずくすりと笑みが零れてはぽんぽん頭を撫でながらじっと目を見て)


(/はい…! あ!えと、寝間着はどういうものを着てますか?内番服に似た感じでしょうか。しちゃった()後に服を着せて長義くんをお風呂に連れていく時の参考にさせて頂きたいので…!)



770: 山姥切長義 [×]
2019-04-21 05:55:03

くそっ、だから可愛いとか言うなって…!
(彼の身体を叩いて抵抗して見たものの、特に嫌がるような様子もなくて。余裕のある笑みで頭を撫でてくる彼は悔しくもかっこよく思えてしまうとどこまでも自身は彼にぞっこんなんだなと改めて再確認して。余程悔しかったのか、顔を近付けるとそのまま彼の唇に口付けをしては触れるだけではなく少しだけ食むとぺろりと控えめに舐めてみてからそっと離れると“仕返しだ”と頬を染めながらそう言って)


(/浴衣タイプでもいいかなと思ったんですが、それだと祭りの時に新鮮さがなくなるかなと思いましたので内番に似た方でお願いします…!後処理大事ですからね!() 最近語彙力欲しくてくにちょぎ小説ばかり読んでますけど、全然語彙力増えないです←)

771: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-22 00:12:40


んっ…、…!
(完全に自身のペースに持ち込めている且つ余裕綽々たる態度で更に笑みを深め明らかに恋人の反応を楽しむ様子見せていたものの、顔が近付いたかと思えばいきなり彼の方から唇に口付けをしてきて。軽く食む上に薄い皮に覆われた部分を舌先で舐められ少し双眸を見開き、思わず小さな声を漏らすと先程までの余裕のある笑みが消え時たま見せる彼の積極的な行動には弱いのか未だに慣れていない所為でどきっと胸が高鳴り顔を紅潮させて。いつもはキス以外の愛情表現をしてくれる彼にされるのは嬉しく、然し自身にとってその行動は誘われたサインだと勝手に受け取り、"長義がその気なら俺もしてやる"と言うと彼の首筋に顔を近付けては舌を這わせ)


(/了解しましたー!ですね、初めての時は優しくしてあげられなかったので() あー全然小説読んでないです(大半寝てる)でも語彙力欲しいのわかる……。多分私が読んでもポンコツだから今と何も変わらないですね←)



772: 山姥切長義 [×]
2019-04-22 00:41:29

やっ…、ま、待て!
(彼の珍しくも頬を紅潮させる様を見ては満足そうに勝気な笑みを浮かべてみて。しかしそれも束の間のことで何故か彼もする様で逃げようとしたものの彼に抱きしめられていることでそんなことも出来ず。ぎゅ、と目を瞑ると口付けされるとばかり思っていたが唇に触れる感触はなく、その代わりに首筋にぬるりとした感覚がしては思わず目を開いて。元々そういった場所の感覚は敏感で声が漏れぬように口元に自身の腕を押し当てては悩ましげに眉を寄せ耐えているがその口からは“……ふっ…んん、”と抑えきれていない声が出ていて)


(/煽られたら誰でもそうなりますって!← 色々と要らないであろう知識が増えていって妄想が捗ります← うちもポンコツなので何も変わらないですよ!())

773: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-22 03:13:19


…もっと声、聞かせろよ。
(以前に首筋が敏感に反応を示した事は把握済みで漏れた声が耳に届き、ちらりと彼を見れば回した背の腕を解いて口元に押し当てたその腕を簡単に離させては低い声を出して。現在の時刻が昼過ぎだと理解しつつも横向きでは少々遣り辛さを感じ彼の肩を優しく押して仰向けの体勢にさせ、当然といった態度で身体の上に覆い被さりもう一度敏感な首筋を狙うかの様に顔を近付けると今度はゆっくりと下から上にかけて舌を這わせてゆき)


(/あれ??これまんばちゃんかな??あとごめんなさい、イチャイチャの範疇を越えてます、よ、ね?決して裏がしたいとかじゃないんです!(あたふた)← 大体支部の小説読むとそうなりますよね!今のでくにちょぎ小説読みたくなった…← いやいや、そんなことは…!ロル数を気にして伝えたいことを打ち忘れる私より遥かにマシですよ!())



774: 山姥切長義 [×]
2019-04-22 03:27:51

ひっ…?!や、そこ…っんん!
(声を聞かせろといつもの様な優しい声音でなく低い声で言われては簡単に口元を抑えていた手は解かれてしまってそのまま流れるように仰向けにされては彼が自身の上に覆い被さってきていて。外はまだ明るく、中庭で遊んでいるであろう短刀達のはしゃぐ声が遠くで聞こえてはそれすらも羞恥心を煽り、せめて顔は見られないようにと顔を横に背けて。耳は当然真っ赤に染っていて、ふるりと震えるとまだ昼だからと彼の名を呼ぼうとしたその途端。またも首筋に舌を這わせてきて、それは焦らすかのようにゆっくりとした動きで思わず自身のものとは思えないような声が出てしまえば恥ずかしさで瑠璃色の目はじわじわと潤んでいき)


(/攻め攻めなまんばちゃんですごくかっこいいと思ってしまいました(変態め)まだ、まだ、ホントギリギリ大丈夫な気がします…?(根拠はない←) そうなります!でもほんと知識なくて、ずっと疑問に思ってた単語を調べたらほんとすごくてなんか感動しました← うちも時々忘れるので大丈夫ですよ!(フォローにならない))

775: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-23 00:14:52


ここも感じるんだろ?
(中庭方面で短刀達の声が遠くで聞こえるが、意に介さず耳許で出される彼の甘い声に唆られ普段の優しい印象を与える姿は何処にもなく今は欲望を剥き出しにした様に目を爛々とさせて。自身の劣情を煽り立てる反応でにやりと口元が歪み、意地悪な部分を露にしつつ更に彼を虐める行動は続け、そのまま態とらしく感じさせる様に舌を動かしながら次に真っ赤な耳を舐めると軽く耳朶を甘噛みして)


(/お褒めの言葉嬉しいです!ちゅーの他にも攻めたい所があったので、文章を打ち込んだら絶対規約ギリギリになるんですよね(自分のせい) 同じく私も知識がないのでわかります← ああいうの書ける人がすごい() ありがとうございます…!)



776: 山姥切長義 [×]
2019-04-23 01:25:25

やぁっ…!それ、だめ……っ!ば、か国広!
(迫り来る快感に身を捩り、溢れた涙は頬を伝って。今の彼に何を言っても伝わらないのは誰よりも分かっている。早く彼を止めなければいけないのは分かっているが、耳を舐められては直接的に脳内に響く粘着質な音にビクリと体を跳ねさせて。耳朶まで甘噛みされると彼の腕に縋るように顔を寄せてその感覚から逃げようとしていて)


(/ちゅー以外にも長義くんの弱いところは沢山あるから仕方ないです() ほんとに自分知識がなくて驚きです← めちゃくちゃ羨ましいです!あらすじは考えられても中身が書けない…!)

777: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-24 00:24:28


耳も弱いのか。
(此方の腕に顔を寄せてくる姿にまだ甘噛みしたままの耳朶を吸えば彼の話を聞く気など無く、弱い所を見つけると徹底的に虐めたい欲が出てきて口から離して。最早自身の感情を制御せずに態と耳許で喋ると、ふーっと息を吹き掛けては覆い被さった状態では服を脱がす事も出来ないため身体を離して。上に跨がったまま欲望に従うかの様に彼のジャージのファスナーに手をかけ、緩慢な動作で徐々に下ろしていき)


(/まんばちゃんが知ったら絶対いじめちゃう()裏が~…とかほざいてた癖にすごいアウト感出てるんで、あの、止めてください(他人任せ) そういう事に関しては私も疎いんで← 尊敬しますよね!わかります、文才が無いせいで最初の出だしで詰んじゃいます…!)



778: 山姥切長義 [×]
2019-04-24 00:54:47

(ちゅ、と耳元で吸われた音が聞こえてはふるふると首を横に振ると身を捩り。そのまま息を吹きかけられるとゾワゾワとした感覚に身体を小さく震わせて。ジャージのファスナーを下ろす音が聞こえては彼の手を止めようとその手に自身の手を重ねるも力が入らずに呆気なくジャージを脱がされると“やっ……見るな!”と明るい部屋の中で自身の姿を見られるのは恥ずかしいようで)


(/絶対いじめますね() 長義くんがまんばちゃんの股間を蹴るとか物理的に止めたらいいですか??← このまま事後に持っていったらセーフと思われます!(こいつ) 分かります!文才無さすぎて積みますよね笑 )

779: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-24 05:02:45


俺が素直に従うと思うか、
(目の前で恥じらう態度を取る様子を眺めつつ、今更止めるほど意地悪な面がある自身は優しい訳ではなくて。問答無用で服を捲り上げ華奢な体格をした白い肌が露になり、視線を遣るその目付きは好色そうに見えつつ腹部から胸元にかけて指先に感じる感触を堪能するように指を滑らせ)


(/この雰囲気でまんばちゃんも上半身裸にさせたらまずいかな?と思って敢えて描写してません(何の報告) それ悶絶するやつ()でも物理的に止めないと多分やめないかも← そうしましょうか?夜のお誘いされたのに毎回真っ昼間に盛っててほんと申し訳ないです() 文章力が小学生並みだから才能ないんですよね笑)



780: 山姥切長義 [×]
2019-04-24 05:13:51

くそっ……ふ、んんっ!
(直に肌に触れられると、彼の言う通り止める気は無いのが分かって。触れるか触れないかの感覚は思った以上に感じてしまうようで、敏感な所に掠れると小さく身体を跳ねさせて。きっと今の自分は情けない顔をしているのだろうと思えば顔は横に逸らして)


(/なるほど了解ごちそうさまです(こら) 不能になったら困るのはあんただ!って悶絶しながら言ってそう← それくらいしないとまんばちゃんに伝わらないと思ってます() そうした方が良いかと!いやいや恋人前にして煽る長義くんも長義くんだし、我慢できない気持ちわかります← ほんと小学生すぎて笑)

781: 山姥切国広( 極 ) [×]
2019-04-25 03:05:12


──…俺があんたのこと、もっと気持ちよくしてやるよ。
(晒した素肌に少し指で触っただけで身体は正直の様で、抑える様子もなく漏らす声とぴくりと反応するように動く姿を見れば劣情が煽られその瞳の奥に確かな欲を堪えて目元を蕩けさせ。両手で身体の至るところを焦らしながら触りつつ彼の敏感に反応した部分は舌を這わせ、流れるように細い腰へと手を遣ればゆっくりとした動きでなぞり。ちらりと見た彼の横顔は涙に濡れ、上記の言葉と共に次に下の方の奥深い場所へと手を伸ばしていき。自身の思うまま、彼を求める度に色気のある吐息を吐き出し熱っぽい目で見つめては、段々と身体の奥が熱くジャージを脱ぎ捨て無我夢中で彼と繋がる内に外の日も傾き出して。満足したようにくたりと彼の横に寝転ぶと、微かに汗ばむTシャツは乱れて腕枕してやり優しく頭を撫でながら"……大丈夫か?"と気遣う言葉をかけて)


(/なんかもう毎回ギリギリな気がしますよね!!!すみません表現が難しくて…(言い訳) ちょっと笑ってしまった← 確かにそうですね!長義くんの気持ちも考えないといけないし、その時は遠慮なくして下さって大丈夫ですよ!(どの時←) これ夫婦になったときもっとやばい気が() 小説は書けないけど、なりきりの方が自分に合ってるって気づきました笑)



782: 山姥切長義 [×]
2019-04-25 03:32:49

…ばか、恥ずかしいって言ったろ。
(欲望を曝け出した彼は止まることを知らないようで、欲の赴くままに自身を求めてきて。求められることは嫌ではないし、彼とのそういった事が嫌いな訳でもない。前回よりも、もっと優しくそれでありながら激しく熱を交えているうちに自身の口からは彼を求めるような言葉しか出なくなり。そうしてしばらく彼との時間に甘く痺れるように過ごして漸く息を整えることができた頃には既に外は夕刻になっていていつの間にか短刀達の声も聞こえなくなっていて。散々彼に泣かされたせいで目元は涙で赤くなっており誰が見てもそういった行為の後だと言うのが分かるもので。大丈夫な訳があるかと彼の足を軽く蹴ると掠れた声で上記を述べつつ“…でもまぁ、悪くなかった”と小さく呟くと胸元に顔を埋めて一気に身体を襲う疲労感にウトウトとし始めていて。身体は汗などでベトベトで、風呂に入らないといけないのも分かっているがそれどころではないと目を瞑り)


(/でも表現大好きです!ギリギリでこれは凄いです! ほんとどの時だ笑 もう我慢することやめますかね← うちもです!たまに小説書きますけどほんと文才なくて爆散してます←)

最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle