TOP > 1対1のなりきりチャット

(↑↑)紙飛行機のまにまに(お相手様*謝罪板)/193


最初 [*]前頁 50レス ▼下へ
自分のトピックを作る
172: 煙草 [×]
2020-09-25 19:08:22

今更という感じはするのだけれどどうしても君に伝えないといけないと思ったんだ。
だから此処に書き込ませて貰ったよ。

僕が君に返事をしなかったのは君が嫌いになった訳じゃ無いんだ。
君は「じゃあどうして」ってなるだろうね。だって君は「此処に来れなくなったのならもう一度別で部屋を建ててくれたら構わない」と言ってくれていたのだから。
でも僕はそれをしなかった。だから君はきっと今頃……いや、その時から僕が君に愛想を尽かした、と思うだろう。
決して違うよ、僕は君を嫌いになってなんか居ないさ。断言するよ。
言い訳になるのはわかっているけど…
実はあの時、原因はわからないのだけどアクセスが出来なくなっていてね。
アクセス禁止が数日であることを願って毎日毎日、一人部屋にレスを書こうとしたんだ。
でも、一週間経っても二週間経っても、アクセスが出来なかった。
やっと解除された頃には三週間近くを過ぎていた。
そのときに謝っておけばよかったんだけど僕は君に何て言おう、って考えていたら返事を打てなかったんだ。

許してくれとは言わないさ。
けれど今でも僕は君と話したいと思っているよ。
本当にすまなかった、友よ。

いつの日か君が僕を許してくれて、また一緒に話せることを願って仕舞う愚かな僕を許してくれ、--…………。

173: 霧隠れ [×]
2020-09-25 20:22:36

君はもういないのだろうか
守れなくてごめん
僕は雲を見る度に君を想う

174:  気怠い系な月  [×]
2020-09-25 20:57:23




……ねぇ、覚えてる?
君と僕の出会いの場所、直ぐに終わった物語だったけど…。僕は偶に、覗きに行く。別に期待してる訳じゃないのにね……。ははっ、笑えるよね?こんなの…君を愛してるみたいじゃんか。
君と僕は、恋人以上の関係にはなれないんだ。ドキドキな青春?キュンキュンする告白?1つもしなかったでしょ。偶々趣味が似てて、偶々タイプで、偶々付き合おうって話になっただけの「偶々カップル」なんだから。
偶々、君が「結婚しよう」とか僕が「名字をあげる」だとか言えたら「偶々夫婦」になれてただろうね。結局僕らの物語には「終わり」さえ訪れない。なんでって?……僕が変わらず臆病者なんだ。だから僕は……、君に返事を返せない。愛してるの続きを描けない。2年半も待たせてる、知ってる。
君は10回以上、僕が分かりやすい場所に部屋を移してくれてる。

それなのに…御免ね、本当に御免。

愛してる、完結しなくても___



    『  愛してる  』


 

175: 珈琲 [×]
2020-09-25 21:27:30

>172
こういった板で再会するなんてほぼ不可能だと思っていたが、身内の発言だと案外分かるものだな。あいつなんだろうという確信はあるが、一応名前は伏せておく。
なあ、俺が最後に残した言葉を忘れたのか?「数年ぐらいなら待っててやる」って言っただろう。一ヶ月だろうと一年だろうと、俺が此処に居る限り待ってやろうと思っていたさ。
またお前と話せる事を願っているぞ、___。

176: よふかし [×]
2020-09-30 01:17:25







眠れない夜、あなたと話すのが大好きだった。
私が話し始めると、あなたが来てくれた。
それが私の中では当たり前になっていて、いつの間にかあなたは来なくなってしまった。

私の気持ちが重かったからかな。色々と考えてもキリがない。

未練がましくたくさんあなたの名前を呟いてしまってごめんなさい。

最後にわがままをひとつ。

再びあなたと会話できたらいいな。
あなたの弟の話だってもっと聞きたいよ。
弟くんと初めて会話した時、あのつんつん具合はとても可愛かったな。

わがままがふたつになっちゃった。
ごめんなさい、許してね。







177: 常連さん [×]
2020-10-08 03:53:04



君の指す人ではない可能性もあるので、安価無しにて書かせていただきます

言い辛いのに言ってくれてありがとう

信じてくれるかは分かんないけどね、自分でも可笑しいなって少しは気づいてた、無理して動かしてたからさ

でも、君の言うとおり気付いてない部分も、きっと沢山あると思う。お別れ、もっともっと早く切り出しとくべきだったね、ごめんなさい

君を苦しめたりしたかったわけじゃないの、どうすれば正解なのか分かんなくって悩んで、モヤモヤを抱えたまま続けて、君の気持ちもろくに拾えないで、ただただ押し付けの繰り返しになってた

君にいっぱい窮屈な思いさせて、自分は相当失礼なことしてたね、それもごめんなさい

でもね…、上手くしたくても出来なかったから、君に嫌な思いをさせちゃったんだよ

次を思われる資格は自分にはないよ。それでも君は良縁に巡り逢って、幸福が訪れるといいなぁ


(/スペース感謝です)




178: 匿名さん [×]
2020-10-09 22:14:25

名前は伏せて、話し方も変える。お前には気付かれたくないから
ごめん。お前が待ってた人と再会したのを見て、話しかけづらいと思ってしまった。俺みたいな奴より、再会できたお相手の事を考えてくれ。俺と話した記憶は、どうか忘れてくれ

179: 鏡の中の真紅 [×]
2020-10-10 02:36:44





ヒビ割れた白黒の世界の裏側に色を残した方へ

あら、随分と懐かしい方がいらっしゃいますこと。ええそうだわ貴方の事などすっかり忘れておりましたのよ。わたくしったら延々と独り言を呟いていたに違いありませんわね、貴方はあの日見た夢の残像だったのでしょう。

懇切丁寧に謝罪と理由を残していただきながら大変申し訳ございませんけれど、一体わたくしがいつ愛想を尽かしたと申し上げましたかしら。それとも貴方はわたくしが知る方とは似て異なる方ですの?
それにわたくしの文章の所為にしてお隠れになるだなんて、聞いて呆れました。うわべだけ何とでも仰いませ。会話する楽しさよりも文章云々を重視なさるのなら、どうぞ机に向かってお好きなように物語でも綴るとよろしいわ。

さあ。これでもうじゅうぶんではございません?確りと貴方への怒りを表現させていただきましたもの。これで貴方はわたくしをお嫌いになって罪悪感も全て消えるでしょう?
本当は今よりもずっと前にお詫びのメッセージに気が付いてはおりましたの。でも返すのが躊躇われました、返してしまえば今度こそ本当のお別れが来てしまうと思っていましたから。

わたくしなぞの幸先を願うよりも先に、貴方はご自身の幸せの為に生きねばなりません。この狭い世界に限らず、貴方の日々には常に安らぎと愛で満ち溢れているようお祈り申し上げます。
ではお元気で。

血の女王





180: 匿名さん [×]
2020-10-17 09:41:48

あれだけ待たせちゃったんだから、居なくなって当然だよな。無理させてごめん。さよなら。

182: 匿名さん [×]
2020-10-18 05:47:10



>181

もし、もしも私の知っている方でしたら私も匿名で失礼します。気付くのが遅くなってごめんなさい。
本当にあの両方とも自演ではありません。
しかし、もう嘘のようにか聞こえないですね。

私を見つけてくれた方だったから、声を聞きたく
って話たくって時間が許す足を運んだわ。
此処では失踪するのは当たり前の世界なのに関わらず、貴方は一日一回は返したいと言ってくれた。
それは此方から何も言わなくても、本当に嬉しかった。
私のような者にそんなにも会いにきたいと言ってくれる方がいるだなんて……心が舞い上がった。
私も毎日でも会いたかったから………。
貴方との連絡が取れなくなってからも以前と変わらずに毎日足を運んだわ。
本当のところ、毎日書き込みたかった、あれでも私なりに躊躇したくらいに。
毎日ではないが、私の言葉に想いに原因があるのではと
これではいけない、どうするべきかと悩んだ挙句に此処は私から身を引くべきなのではと思ってしまったの。
自分勝手よね、私。
本当にごめんなさい。
失踪したのは私だったので今では思っています。
不甲斐ない私でごめんなさい。
言いたいことがあるなら、全て聞くわ。
私にはその権利があるはず、ぶつけて。
言わないと貴方の気がすまないはず。
何があっても全て受け止めます。
それが今の私に出来ることだから…………。

待っていますと言うと、貴方に負担がかかると思います。
帰る帰らない、関わらずにご自由に書き込んでください。
私もその都度対応します。
聞かず言わずじまいは嫌です。

このような書き込み失礼しました。
スペースを貸してもらえたこと感謝します。











183: 匿名さん [×]
2020-10-18 06:05:36



>182のものです。

自分の不甲斐なさにがっかりしています。
後の祭りなのではと。
自分勝手ではありますが、後処理は私がするものだと思っています。
周りに迷惑かけて、かけっぱなしで終わるのは申し訳ないてす。
それはなりきりとして、反した行動だと思っています。
姿を借りてる身分、後処理はさせてください。
自分が情けないです。



185: 匿名さん [×]
2020-10-24 18:00:56


唐突に気持ちを吐き出したくなっただけだから、語尾とか諸々取っ払った状態だけど許してつかーさい。

今だから言うけどおおお、実はめっちゃ好きでしたあああ!!! 小柄で女の子らしくて、ちょっと変人なところがまた面白くて、そんですげー可愛いなーって内心思ってたって訳よ。お出掛けの予定まで取り付けられて、そりゃもう舞い上がりまくりだったよね。だって、思春期真っ盛りの高校生男子だしよ。だけど、なんかこう、あんまりにも可愛くって俺にとっちゃ所謂高嶺の花みたいな存在だったもんだから、段々と拙い俺に付き合わせてるのが申し訳なくなっちゃって。終いには、なんも言わずに雲隠れしちゃったよね。あん時、普通にラーメン一緒に食って帰ってりゃよかったなーって今になって思わなくもない。後の祭りってやつ。あの後、たまたまちらっと一回だけ姿を見かけたことがあって、相変わらずの奇人変人具合が伺えてなんか嬉しかった。あと、相変わらずめちゃんこ可愛かった。
急に雲隠れしてすまんかった。そっちはなんも気にしてないかもしれないし、俺の存在なんて今では綺麗さっぱり忘れてる可能性も大いにあり得るし、モブの如き存在の俺としてはそれはそれで良しだけどよ。
それから、変な絡み方ばっかしてすまんかった。一回普通にドン引きされて以降反省した。変なチンピラヤンキー設定でダダ滑りしてて悪かった。あれは黒歴史。

他にもまだまだ謝りたい事ある気がするけど、とりあえず甘酸っぱい初恋として昇華させて終わりってことで、どうか許してくれ! あと出来れば俺の存在忘れ去られててくれ! 恥ずかしいから! ( 汚い文字列が書きつけられた紙飛行機をくしゃくしゃに丸め、大きく振りかぶると上空に向かってブン投げ )


186: 陽向の花 [×]
2020-11-14 21:49:48


…やっぱり、わたしのことは好きになれなかったのかな。それでもあなたは優しいから付き合ってくれてたのかな。未練がましくも今でも時折あなたの様子を覗きながらそんなことを思ってしまいます。こんな事を言ったらあなたはきっと否定するでしょう。…でもね、今とあの時ではあなたは全然"違う"から…そういうの、どうしてもわかっちゃうんです。

それでも、たったひと時でもあなたの時間をわたしにくれてありがとう。被害者面してごめんなさい。わたしはあなたに相応しくなかったってことだけわかったから、もう大丈夫。どうかお幸せに、ね。



187: 匿名さん [×]
2020-12-28 20:28:25

三回目の奇跡が起きればいいのに、なんて思ってしまう自分が情けない。そんなもの起きる訳がないのにな。
なあ、別れの言葉でもいいんだ。もう一度、お前の声を聞きたいよ。

188: 匿名さん [×]
2021-01-04 22:01:28



お世話になった皆さんへ


もう2年以上も前

謝るのが遅れちゃってごめんなさい

何も言わずに置き去りにしてごめんなさい 

辛かったよね

一言停止といえばよかった

大切な時間と素敵なお子さんを預けてくれてありがとう

お世話になった皆さんが幸せな日々をすごしていますように

______飛んで行け 紙飛行機のまにまに



189:    [×]
2021-01-05 22:36:26





沢山の幸せを有難う、本当に幸せだった。なのに、最後まで俺は弱いままで、変われなかった。もうお前の幸せを壊したりしない。

ごめん、もう、許さないで。






190:   [×]
2021-01-22 17:13:23



謝んのも責められんのも俺のほう、…なんてコソコソ言ったって説得力ゼロだけど。どの道戻れやしないから、あっちじゃ黙ったまんまでいるよ。ごめん。本当に。
ただ、君に落ち度なんて1ミリも無い。こんだけ心底惚れ込んだのは君が最初で最後だし、君の一言一句一挙一動が好きだった。…正直、今だって愛おしくて仕方ない。それだけは伝わってほしい、なんて虫の良い事を考えてる。

図々しいついでに、君がアホみたいな寒さにもウイルスにもやられず平和に過ごせているように、あわよくば毎日幸せにやっているように、身の程知らずにも願わせて欲しい。
生憎無病息災とはいかなかったけれど、君のお陰かどうにかのこのこ生き延びてはいるから。君もどうか元気で。…本当に、幸せな時間をありがとう。



191: 匿名 [×]
2021-02-24 02:05:55

奇跡のようにまた逢えたのに、こうも会えないなんて…神様がダメ出ししてるとしか思えない…。
それともやっぱりあなたは、私には会いたくないのかな…?会いたいって言ってくれた気がするのに、こうなったのはやっぱり私のせい?
ごめんね、もう期待しないようにするから。私はあなたを許します。
再会に意味があったと信じて。
じゃあね。

みんな風になれ

192: 匿名さん [×]
2021-03-23 11:28:37


あの列車はもう動く事は無いだろうね、僕達が再び談笑をする事もないさ。
強いて理由を一つ言うならば、疲れてしまったんだ、自分の力量のなさにね。誰も満足させられていないとそう思ったんだ。
それでも僕はたくさん頭を捻ったよ、たくさん思考を巡らせてアイデアを絞り出したんだ。でも限界だったんだ。
許してくれ、君が最後まで彼を呼んでいたのは知っている。僕は無視をした、固く目を瞑って見ないようにした。ごめんね。
あれから数年が経ってふと思い出したんだ、君達の事を。懐かしいだなんて言えた口じゃないね。こんな僕と、僕達と関わってくれて有難う。
君達は僕の誇りだよ、僕の大切な宝物だ。いつかまた、何処かで出会えたら、僕は黒猫となってゴロゴロするよ。
ただ、そうならない事を願うよ。
それじゃあどうか、この数年越しの謝罪が君に届かない事を願って、さようなら。

193: 匿名さん [×]
2021-04-07 15:17:29


ごめんね。謝りたいけど。もう遅いよね。ごめんね。大好きだったよ。大好きだよ。ごめんね。もっと隣にいたかった。



最初 [*]前頁 50レス ▲上へ

名前: 下げ

トリップ: ※任意 半角英数8-16文字
※画像を共有する場合は、外部の画像アップローダなどをご利用ください

規約 マナー
※トリップに特定文字列を入力することで、自分だけのIDが表示されます

【お勧め】
初心者さん向けトピック



[0]セイチャットTOP
[1]1対1のなりきりチャット
[9]最新の状態に更新
お問い合わせフォーム
(C) 2019 Mikle